« 将来の夢 | Main | コチュの魅力 »

December 24, 2004

クリスマス

仏教徒であるので我が家はクリスマスとは一切関係ない
と、幼稚園の頃に親から言われた(^^;
それなりに楽しみにはしていたのだが、なんとも実も(こっちの”み”だよね?)蓋も無い話だったりする。
そう言いつつも小学校の低学年くらいまではクリスマスツリーを飾ってもらってた気がする。。
両親からのプレゼントはミクロマンサイボーグ1号の人形とか超合金の人形だった。やっぱり嬉しかったな〜。
家族以外では叔父が毎年プレゼントを買ってくれていた。いつもおねだりしたのはボードゲーム等の対戦相手が必要なおもちゃだった。仮面ライダーゲームとかペトロポリス(モノポリーのパクリ)、沈没作戦ゲーム生き残り頭脳ゲーム。おぉ懐かしい〜。。
そう言う家族でやるゲームを好んで買ってもらってた気がする。幸せな幼少時代。。
中学以降は全然印象に無い。どこをほっつき歩いてたのやら。。大学時代はタイムカードに刻まれたクリスマス。
社会人になってからは仕事スナックか。。。はぁ。。。
ふと親の言葉を思い出す。。そんなクリスマスイブでした。
そんなおいらも可愛い姪っ子と甥っ子を持つ立派(でもないが)な叔父さん。毎年クリスマスになると二人のために色々と物色をする。おもちゃを贈ってた頃もあるのだが、最近は本を贈っている。なるべくわかりやすい小説とか図鑑とか。ポリシーは必ず自分が読んでから贈るということだ。もちろん子供用なので軽く立ち読み(ごめんなさい、丸善名古屋支店の方々)できてしまう。今年は中学一年の姪っ子には覚えたての英語で読めそうなディズニーの英語の絵本を5冊ほど。来年小学校一年生になる甥っ子には小学1年生用の物語を3冊ほど。
自分が読書好きなので、ついつい大人のエゴになってしまうのかもしれないけど、1冊でも読んで「本って面白いな〜」って思ってくれたら叔父さんは嬉しい。テレビゲームなんてやめて、もっと読書してね〜(^^)v

|

« 将来の夢 | Main | コチュの魅力 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

聞かれたのでお返事。

”みもふたもない”の”み”は
「身」のほうですよ。

ちなみにふたのある入れ物の
物を入れるほう
という意味だそうです。

自分も自信がなくて辞書で調べちゃいました。。

Posted by: リーダー | December 25, 2004 09:11 AM

コメント、ありがとう。そっか~、勉強になったよ。最初はこのコメントそのものを修正しようと思ったけど、勉強のために残しとくね。外国語も大切だけど、日本語も大切にしたいから、今後ともよろしくね!

Posted by: ち | December 26, 2004 12:41 AM

The comments to this entry are closed.

« 将来の夢 | Main | コチュの魅力 »