« CDDB | Main | 将来の夢 »

December 22, 2004

ドラゴンクエスト

初代ファミコンに初めてはまったのは大学1年の時じゃなかったかな。同期のリッチー君の部屋でスーパーマリオブラザースにいそしんだ覚えがある。もともとトロイ方なので、アクション系やシューティング系のゲームは苦手だ。だからマリオもエンディングなんか見たこと無い。なんではまったかと言うと、様々な裏技を実践したかっただけだ。
その後グラディウスってゲームにもはまった。これも裏技で、スタート直後から最強装備で戦える方法があったからだ。結局トロイのには変わりないので、これまた本体を購入するには至らなかった。
そして運命の出会いが大学4年の時に。ドラクエ(ちなみに今もってるFOMA900isでプレイできる!)である。反射神経を要しないため、どんなにトロイ自分でもゲームが進行する。なんて素晴らしいのだ!
まず部屋にテレビが無かったから1万円ちょいでテレビを買った。ファミコン本体はバイト先の友人から3000円くらいで買った。とにかく毎日がドラクエだった。シリーズも重ね、5作目からはスーファミになり、これも買った。そしてエンディングを見たのもここまでだった。
6作目からは気がふれたようにマップが広くなり、社会人が日常生活に支障を来さない状態でゲームをすることが不可能になった。それでも7作目はプレステ対応と言うことで購入。もちろんエンディングは見ていない。この作品からは視野を360度回転することが可能になり、余計エリアが広くなったこともあって自分がどこでなにをしているのか全くわからなくなった。
さて8作目が発表された。プレステ2を持ってないこともありまだ購入してないが、もう購入しないような気もする。
どんどん複雑になるマップや操作方法は、そのストーリーに対する魅力を失わせるには十分だ。きっと今日も引きこもってたり登校を拒否してる人や勤めにも行ってない人達がゲームの世界にのめり込んでいることだろう。
そして現実に戻れずにドラクエの世界の中で生き続ける人達がどんどん増えていくことだろう。。日本は本当に平和な良い国だ。

|

« CDDB | Main | 将来の夢 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.