« December 2004 | Main | February 2005 »

January 31, 2005

アリス-音楽のルーツ

僕の音楽のルーツをたどると、必ず避けては通れないミュージシャン、それがアリスだ。言わずと知れた谷村新司、堀内孝雄、矢沢透の三人で活動(デビュー時は二人)しているバンドだ。その音楽スタイルは60年代のフォークソングをもう少しわかりやすくしたもので、70年代から80年代にかけての音楽の基礎となるものでもあった。
もう少し大雑把に、シンガーソングライターが作った歌謡曲とも言える。このムーブメントに参加(と言うより、一緒にこのムーブメントを作り上げた方々)したミュージシャンには南こうせつさん、イルカ、中島みゆき、さだまさし、松山千春等など。彼らの作り上げる音楽は元来のフォークソングに対してニューミュージックとも呼ばれた。
んで、なぜ音楽のルーツになったかって言うと、彼らの音楽を聞いて初めて「ギターを弾きたい!」って思ったの。まさに小学校5年の終わりごろだった。それまでは自分で音楽をプレイすることを拒否(歌を歌うことも)していたのに、楽器に触りたいと思ったのだ。刺激的でした。むさいにぃちゃん(当時はまだ30前?)が二人ギターを弾いて唾を飛ばしながら歌いまくってる。後ろで寡黙にドラムを叩きつづけるかと思うとおもむろにピアノを弾きだす。びっくらこいた。これは当時の歌番組「ザ・ベストテン」にスポットライトのコーナーで出場した時の一コマ。次の日から頭の中が「アリス」になったことは言うまでもない。
もちろん小学校を卒業するまではギターではなくホウキを抱えていたけど(^^;
そして中学に入学と同時にギター部へ入部。まさにそれが死ぬまで続きそうな「音楽を奏でる」ことへの第一歩だった。そこで植え付けられた様々な音楽への思い。
さだまさしをこよなく愛する先輩と、ディープパープルのギターソロを完コピしてた先輩、それにショパンを軽く弾きまくる同級生、クリムゾンキングやデビッドボウイを教えてくれた小学校からの同級生、ポールモーリアが好きな絵描きの同級生。この妙な異種格闘技戦の中をすくすくと育っていったのだった。はぁ、すでに脈絡ないわ。。。

| | Comments (0)

January 30, 2005

レンタルCD

レンタルレコード(死語)はあまり利用しなかった。と言っても積極的にと言う意味で、全く利用しなかったわけではない。良い作品は手元に置いておきたくなるし、当時は試聴させてくれる(売り物を出して店のプレーヤーで聞かせるわけだから、今に比べると少々乱暴かも)店も多かったので、じっくり聞いてから買うことが多かった。
レンタルが賑わいだしたのは高校2年か3年の頃からだろう。その2〜3年後に立場を取って代わられるCDが発売されるまで、それなりに重宝した。
レンタルで借りてくるものは聞いてみたいけど買おうと言う気にはならないものがほとんど。で、借りて聞いた結果買ったりもする。
高校時代に借りまくってたのは松任谷由美の「NoSide」とかスクエア。音楽がどんどん変わって行く最中だったから聞くもの聞くものが新鮮で、それこそスポンジが水を吸収するように色んな種類の音楽を聴いた気がする。
で、今日はツェッペリンジャーニーオフコースを借りてきた。なんだか懐かしくて聞き入ってしまった。
Zepはもちろん「天国への階段」で有名だけど、そのファーストアルバムからすでにその音楽性が決定されている。メンバーで一番好きだったのはベースのジョン・ポール・ジョーンズだった。今映像を見ても渋いな〜。
ジャーニーはTOTOとライバル関係にあったけど、結局TOTOの方が売れたのかな。そのライトな感覚が意外と好きだったんだけど。んで、オフコースは言うまでもない。高校の2年生くらいに聞きまくった。解散する前後かな?「YesNo」「一億の夜を越えて」なんて絶品。ぜひ機会があったらお聞きください。
まっ、なんだかんだと借りてくるのはほとんどLPが部屋にあるやつばっかりだけどね(^^;

| | Comments (0)

January 29, 2005

NHK問題の真相は?

会長辞任。これで全て丸く収まるはずだった。それがなぜか顧問就任、そして辞退。額面どおり受け止めれば「NHKは国民を甘く見ている」とか「一般常識の通じないばか者の集まり」になってしまうし、実際に他のマスコミもそうのように取り上げている。「新会長は世間知らず」くらいの勢いだ。
しかし俺はこれには裏があると思う。仮にも日本を代表する報道機関にそのようなばか者がいるはずがない!
つまり、あのまま会長辞任だけではほとぼりの冷めた頃に再び関連会社の役員に就任ってシナリオだろう。それがいきなりの顧問就任だ。もちろん抗議が殺到して辞退せざるを得ない状態になる。ここまで世間を騒がしてしまえば二度と表舞台に出ることはできない。それどころか、ほとぼりが冷めた頃であっても危険を冒してまでこの三人にポストを用意して企業イメージを自ずから悪くする愚か者のいる組織など一つもないであろう。
つまり、今回の件は誰かが書いたシナリオどおりで、これでこの三人は完全に終わりなのだ。
と、思えば腹もたたんだろう(^^;

| | Comments (0)

January 28, 2005

コンビニでEdy

名鉄のホームにはサンクスがテナントで入っている。もしや?と思ってレジを見るとありました!Edy読取機が。
いつも朝食は金山駅の中で買うのだが、早速サンクスに入ってサンドウィッチを。
あまりにも普通すぎて退屈なぐらいスムーズにお買い物ができてしまった。ははは。
友人がおサイフ携帯に変えたらしい。故障、紛失時の登録マネーは保証できないようなことを言われたらしいが、詳しくはまたレポートがあがってくるだろう。
確かに内臓のICチップに金額データ−が入っているなら、チップが壊れたら金額の保証なんてできんわな。んだで金額チャージの上限が25000円なのかも。もちろん彼がGEOの会員(GEOの宣伝員じゃないよ)に登録したことは言うまでもない。
いずれにせよ、財布を出して小銭をジャラジャラさせる必要が無いことを考えると小額の買い物のほうがEdyカードのメリットは大きい気がする。
ついでにちらっとANAのHPを見たらマイルが6マイルになってた。ちょっと嬉しい(*^-^*)

| | Comments (0)

January 27, 2005

手間

毎度のことながらWindowsアップデートは手間。台数が多くなると特に。
何度やっても次から次へと同じことをやらなければならない。便利な世の中なのだが、それに振り回されている気がする。もっともMacOSにしても同じなのだが、Windowsよりその回数は少ないかも。
たまたまダークエンジェルという電子機器が全く使えなくなった近未来を題材にしたドラマを見てるからそう思うのかもしれないが、なんでもかんでも電子データ−で管理ってのも問題だね。
文明って一度知ってしまうと過去に戻ることはできないからね。便利もほどほどにすべきか。

| | Comments (0)

January 26, 2005

デビュー?

2日ほど前から鼻水が止まらない。眼もかゆく、喉も少々違和感がある。んでもって悪寒が走る。
これって花粉症?それとも風邪?もしくは両方??
今年は去年の10倍の量の花粉が飛び散るそうな。えらいこっちゃ。しかも現場は熊野。なんかあったら労災おりるんやろか??
とりあえず熱を測ったら若干の微熱があり、風邪のような気もする。。医者へ行けばよいのだが、そんな暇がない。俺は自分の体が大切なのだが、会社はそうでもないので。「気をつけろ!」「無理すんな!」とは言ってくれるが、だからどうと言う事もない。はぁ。。
一応、業務用の防塵マスクをしたり鼻炎用の薬を買って飲んだり、シジウム茶を沸かしてみたり。。
花粉症でなければ良いのだが。。もちろん、風邪も嫌だが。。

| | Comments (0)

January 25, 2005

ラ・フランス

 なんとなく今年に入ってからは毎日書いてる。なんでも義務感が出てくると嫌になるものだ。でも今月いっぱいは毎日書いてみようかと。で、明日(正確には今日)は出張で出先にNet環境がなさそうなので、日付変更線を超えたところでダッシュで書いてみる。なんだか官庁の期末予算消化のような気持ちだ(^^;
 昨年、後輩が結婚した時の引き出物に「ラ・フランス」が入っていた。恥ずかしながらそれがどんなものか全く知らなかった。どう見ても洋梨だ。洋梨の一種なのだからあたりまえだが、逆に洋梨は1種類だと思ってた。誰に突っ込まれるわけでもないのにめっちゃ恥ずかしかった。
 で、調べてみたら、原産国のフランスでもほとんど栽培されていないようだ。つまり国内に流通してる「ラ・フランス」はほぼ間違いなく全て日本の国内(特に山形県)産らしい。やはり栽培の手間がかかりすぎるため敬遠されるようだ。それをあえて作り、かつあの味まで育て上げてしまう日本の農家の皆様の努力、農業技術に感動してしまう。まさに昔ながらに勤勉で根気の良い日本人でなければ作れないだろう。
 調べてみて初めてわかることも多い。高級果実というのも納得だ。和洋問わずに梨は好きだから、来年に向けてもう少し梨も研究してみよう。また楽しみができた(^^)v

| | Comments (0)

January 24, 2005

懐かしいCD

タワレコのポイントがいっぱいになった。3000円分相当の金券だ。
何にしようか考えてたけど、懐かしい曲を聴きたくなったのでそれにした。
TOTOエリッククラプトン。LPで持ってるんだけどCDの方がアイポちゃんと相性いいからね。
で、TOTOのハイドラ宇宙の騎士ターンバックが三枚セットで2000円弱に461Ocean Boulevard をつけて百円玉三枚。やはり嬉しい(*^-^*)
70年代から80年代はロック小僧もどきだったから、この時代の曲には特別な感情がある。中学生から高校生あたりって時代だね。ロックがハードロックからヘビーメタルに変化してきた時代。
もちろん歌詞の意味はわからなかったが、メロディーやギターの音色が鮮烈だった。まさに言葉なんてわからなくても熱くなれた時代。まだCDなんて売ってなかった頃だから1枚を大事に聞き込んだ、そんな不自由だけど音楽が安売りされなかった時代。そんな時代に生まれることができた良かったな〜。
お薦めはハイドラからは「99」。当時衛生陶器メーカーのTOTOがCMで使ってた。ターンバックからは「グッドバイ・エレノア」。アマチュアバンドの登竜門的な曲だった。461からは「マザーレス・チルドレン」「レット・イット・グロウ」。まさにブルースの神様って感じ。いわゆる「乾いた」音なのです。チャンスがあったら聞いてみてくださいね!

| | Comments (0)

January 23, 2005

アップルストア名古屋栄店

 たまたま仕事で名古屋の栄にいたので、さっそく行って来ました。OPEN初日です。もちろん粗品ねらい(^^;
OPENは10時だったのでちょうど午前の休憩時間。あらら、大行列。。仕方ないのでお昼休みに再度トライ。20〜30人くらいの列だったので、久々に行列に並んでみた。おっ、5分くらいで自分の順番!
入り口でもらったのはチラシだけだった。1500枚のTシャツ、もうなくなったのね(T_T)
腹いせにiPod shuffleでもかって帰ろうかと。やはり売り切れ。。なんだよ〜、売り切れなら並んでる時に言えよ!
と、怒りモード。しかもほとんどの従業員が首からかけてるではないか!それを売れよ!!と大不満。店内はうるさいし、やっぱりOPEN初日に行くんじゃなかったよ。早い人は徹夜で並んでたって。そこまでして手に入れたシャッフルをしっかりヤフオクで売るわけだからちゃっかりしてる。まっ、それを標準価格の2倍で売るわけだからアルバイトとしては割があわんと思うが。。
 さて、店内で実際にシャッフルを見て第一印象は「でかい」だった。軽いのは軽い。しかし見た目が予想よりはるかにでかいのだ。ちょびがっかり。まっ、値段が安いから512のを一台買って、本屋に行く時につけようかとも思ったけど、そんな用途ならiPod miniの方が便利そうだ。第一、いまのアイポちゃんのバッテリーがもう少しもてば問題ないわけだし。じつに微妙。とりあえず並んで買うほどのものや予約までするほどのものではなかった。今あるMuVoで十分。もっともクリエイティブさんからは「AACに対応する気はないよ〜ん」って返事をもらったので、いまiTunesの中に入ってるデータ−は一切使いまわしがきかない。嗚呼、やはりシャッフル〜。。ぶつぶつ。。
 と、そんな中で目を引いたのは、Mac mini。このサイズでこの値段、しかもこのスペック!微妙にHDの容量やRAMの容量が少なく、買う時は一番安い本体の5割増になりそうな戦略が素敵。
 まっ、いま部屋にあるパワーマッキントッシュG3(G4-466Mhz、RAM320MB、HD60GB、OS-X10.2.8)が引退したら考えようか。とにかく、あのサイズは魅力だ。うちのもらい物のスタジオディスプレイも液晶のが欲しくなる。これでJW−CADが起動するならそくMacに乗り換えだな。やっぱりエミュ使うか。。。Apple社って14年程前にクラシックIIを買って以来腐れ縁だけど、本当に購買意欲をそそる上に金を食いまくるまじやばい商品を作りつづけるのね。。
 それにしてもあのガラスの階段、面白いくらいにバリアフリーじゃないね。降りる時も怖かったし。久々に質の悪い独り善がりなデザイナーの作品を見た気がしたよ。これがAppleの進む道でないことを祈るばかりだ。。

| | Comments (0)

January 22, 2005

愛媛県警の捜査費不正支出問題

 かなり驚いた。何に驚いたかというと、この手の話題が公になることに驚いた。
俗的な考え方をすれば、なんらかの権力を持つものはそれなりの利権を有するって言えるかもしれない。
しかし通常は常識(そんなことをすること、そのものが非常識なのだが)の範囲内であれば誰も騒がない。だってそのぶん辛い仕事やきつい仕事をしているわけだし。ほとんどの警察官が身を粉にして働いてるのは誰だって気づいてる。口に出さないだけだ。それなのに今回は公になってしまった。だから驚いたのだ。
 良いこととは思わないが、汚職も駐車違反もどちらも同じ犯罪であり、どちらが軽い罪なんて議論はありえない。それなのに汚職は追及され、駐車違反やスピード違反は正当化しようとする。信号無視は車が来なければOKだけど談合は犯罪などと考える人間がほとんどではなかろうか?
今の世の中はそのくらい不正に対してのモラルが低下しているのだ。
 そんな時代でも正義が存在することを知った。告発者はきっとこれから大変な人生を送らなければならないだろう。色んな意味で告発の代償は大きい。考え様によっては警察機関は不正を暴くプロフェッショナルだ。ってことは当然不正を暴けなくする方法だって熟知している。それを知る人間があえて真相を公に知らしめたのだから、受け止める人間全てが真摯な態度をとらなければならない。そうでなければ正直者が馬鹿を見る世の中になってしまう。それだけは絶対に嫌だ。正直者は決して馬鹿を見てはいけないのだ。

| | Comments (0)

January 21, 2005

料理の本

マンガは昔から好きだ。特に料理関係のマンガは大好きで、目に入るとついつい読んでしまう。
一番最初に出会ったのは「包丁人味平」だった。最近のものと比べれば絵も内容も雑だったけど、スープは大量に作った方が美味しいとか、カレーの香辛料の中には麻薬成分に近いものもあるとか、それなりに興味を引く内容もあった。
その後は「ザ・シェフ」「美味しんぼ」「クッキングパパ」「れもんはーと」なんて素敵だし、「味いちもんめ」からは海老芋の六方剥きなんてのを学んだ。日本料理の奥は深い。「ミスター味っ子」のようにそれほど面白いと感じなかったものもあるが、どれもこれも作者の食べ物に対する情熱や研究成果が見事に表現されていて素晴らしい。
最近では「じゃぱん」と言うパンを題材にしたものもあるようだ。まだ読んではいないが、フランスパンやドイツパンについては興味があるのでぜひ取り上げて欲しいものだ。漫画は日本の文化としても世界に認められているのだから、これからも楽しく興味をひく作品が世に出てくることに期待したい。

| | Comments (0)

January 20, 2005

公衆電話

ふとYahooのトピックスを見てたら
「NTT東西地域会社は1月20日、ICカード式の公衆電話を廃止」
という記事があった。なんと!!
そんなものがあったのか(^^;
そう言えば携帯を持ち始めてからすでに10年近く(多分96年くらいだったと思う。N201が最初だったかな?)になるが、その間に公衆電話を利用したことは数回しかない。と言うより、電話帳を調べるために利用したのと圏外の場所からかけたくらいだ。もちろん去年ブロードバンドにするため電話回線を引くまで、部屋の電話機も押入れに入れっぱなしだった。
もう時代が公衆電話を必要としなくなったのだろうか。。中学生の時に下校途中で吹雪にあい、あやうく遭難しかけた時が(マジ)あった。その時に吹雪を電話ボックスの中でしのいだことがある。雨露や寒さを電話ボックスの中でしのいだことがある人は多いのではないだろうか?
もちろん本来の用途とは違うけど、何か寂しい気もする。だいたい、スーパーマンはこれからどこで着替えればよいのだろうか。。

| | Comments (0)

January 19, 2005

Edyカード初使用

GEOからDVDを半額で借りられる期間限定クーポンが届いた。ちょうどダークエンジェルの続きを借りたかったから、早速エディーカードを持って借りに行った。
カウンターでDVDを8枚渡し、「これで・・・」とカードを出したら「エディーですね?」と店員さんがニッコリ。
おぉ、なんだかわけもわからず優越感(^^;
カードを読取り機にのっけたら妙な電子音とともに店員さんのさわやかな(あっ、それほどさわやかでもなかったか。。)声が手続き完了を告げる。
めちゃ便利。レジでごにょごにょお金を出さなくていいし。そう言えば関東では西瓜で買い物ができるコンビにもあったような。。。
電子マネーも種類が増えすぎては意味が無いから、同じカードで使える場所が増えてくれるとありがたいね。もっとも、今のところEdyでなけりゃならないって便利さはあまり感じないけど。キャッシュレスならクレジットカードでもいいわけだし。。
Edyレポート、また折を見て続けます。。

| | Comments (0)

January 18, 2005

共通一次

センター試験が行われたようだ。我々の時代は共通一次と言っていた。
もちろん私大(しかも工業大学と経済大学)しか受験してないからその緊張感は知らないけど、新聞に出てた問題を解いてみて物理以外は全然わからなかったのは覚えてる。
当時先生に言われた大学の選択基準は「興味のある学部を片っ端から受ける」のと「好きな大学の学科を片っ端から受ける」というものだったが、俺の場合は「金沢にある合格できそうな大学」が選択基準だった。
本当は音楽大学(たぶん受験しても落ちて太郎けど)に入りたかったけど金沢には無いからダメと親に言われた結果だが、別にその選択を後悔はしてない。
結果から言えば、「大学はどこで学ぶかではなく何を学ぶか」が大切だと言うことだ。世の受験生の方々、人生を楽しめる場所が速く見つかるといいですね。

| | Comments (0)

January 17, 2005

マイレージ

年末の西瓜以来、電子マネーに興味がある。で、ANAマイレージカード(Edy機能付)を入手。EdyカードコンビニGEOで使えるので使ってみたくてうずうず。もちろん、入金しなければ全く意味は無いけど。
ところで、飛行機に縁が無かったせいかマイレージカードについては全くわからない。ポイントがたまれば旅行券かなにかと交換してくれると言う程度の知識しかない。おおむねあたってるとは思うけど。どうせEdyカードを作るなら、何か特典がなきゃな〜ってことでこのカードにしただけ。もちろんJALでも良かったけど、たまたまキャンペーンで発行手数料が無料だったし。。
最近よくGEOを利用するのでEdyでDVD借りるとマイルがたまるとか。年間にどのくらいたまるかはわからないけど、どうも得をするらしい。
とりあえず何か進展があればここにのせよう。。

| | Comments (0)

January 16, 2005

芋餅

 バンドの仲間から教わった芋餅。ジャガイモと片栗粉だけで作る素朴な味わい。ついつい癖になってしまい、自分でも作る。おやつにも主食にも素晴らしい。なるほど、代用食として食べられていただけある。作り方は色々と流儀があるようだけど、茹でたジャガイモをつぶして片栗粉を芋2個に対して大さじ三杯くらい混ぜて練るだけ。なんとお手軽。これを弱火で焼いて食べるのだが、鍋の具にも良いようだ。
 こういう食べ物こそ世に残すべきではなかろうか。本来入手できない時期に必要以上の安価にて食材を提供しようとするから妙なものを食べなければならない昨今、目からうろこのこの一品。紹介してくれた友に感謝。

| | Comments (0)

January 15, 2005

禁じ手

誰にでも「これだけはするまい」と心に決めたことの一つや二つはあると思う。そして、必ず一つくらいはそれを守り通しているのではないだろうか?
俺にとってそれは「そんなことも知らんのか?とだけは言わない。」ってことだ。
たとえどんなシチュエーションであっても、これほど「学ぼうという意欲のあるもの」に対してやる気をなくさせる言葉は他に無いと思うからだ。もちろんそれは仕事でも遊びでも。常に心がけている。
心がけてはいるけど、親しい間柄では言ってしまいがちだ。しかし、そこで言ってしまっては誓いこでも心に決めたことでもなくなってしまう。言ってしまった後は、やはり反省してしまうのだ。まっ、よっぽど親しい間柄は別だけど。
もしあなたが指導的立場にいたり、部下後輩がいたら気をつけてみるといい。
それだけでも「学ぼうという意欲のあるもの」はやる気を萎えさせること無く学びつづけていけるから。

| | Comments (0)

January 14, 2005

精密検査

確か15歳か16歳の時に献血をした。血の気の多いほうではないけど、バンバン抜いてやろうと思った。
抜いた血はしっかり検査してもらったようで、B型肝炎ウィルスのキャリアと報告がきた。医者で再検査をしてもらったら「特にどうということは無いので、このまま様子を見ましょう。」と言われた。
様子を見つづけて20年余り。会社の健康診断で肝臓の精密検査が必要といわれ、病院で再検査。たまたま喉にウィルスがついたらしく、その炎症の影響があるのでもう一度検査をやり直す必要があると言われた。
来月、もう一度精密検査を受けなければならない。前回のエコー検査では「脂肪肝につき要ダイエット」と診断された。それから10kgやせた。だいぶ楽になった。
さて、来月の結果次第では薬剤投与による治療を必要とするかもしれない。そうなると遺伝子に影響を及ぼす可能性があるため、子供を作らないようにしなければならないらしい。
まっ、予定もないからいいんだけど、なんだかな〜。。かといって肝炎や肝硬変、肝癌なんていやだし。。
さてさて、どうなることやら。

| | Comments (0)

January 13, 2005

パートナー

うちのアイポちゃん、急にストライキ(*_*)
妙な暴走を始めたと思ったら突然無口に、そして黙秘権。。はぁ、お休みあげてないからね〜。。んで購入したお店へ。でも「修理は個人でネット登録して直接アップルとやってちょ!」って言われた。。
あ〜ぁ、メーカー送りか〜。時間かかるな〜。。いまさら音の無い通勤とかできんしな〜。。
ってことで仕方ないから、CREATIVEのMUVON200を購入。。やっちまった〜。。しかも1G。
と、言う話を横浜の連れにメールしたら「俺も前にそうなって、HP見てリセットかけたら治ったよ」だって。。
早速帰ってやってみたら復活(>_<)
っつ〜わけで、我が家に新しい家族がお目見え。。レポートはまた後ほど。
教訓。メーカーのHPはマメにチェックしましょう〜。。

| | Comments (0)

January 12, 2005

戦略とは・・・

満を持して発表された。まさに戦略を絵に描いたような価格と性能。
なぜこのメーカーがこの時期に、しかもこの製品を発表したか。たんなる考えすぎなのか?
ソリッドオーディオの世界はHDオーディオの低価格化により収束をしめしたかのように見えたが、そのコンパクトさと使いやすさ(ファイルの移動に専用ソフトが不要になった)から根強い人気があるようだ。その上ボイスレコード機能がついているものが多く、俺のように打ち合わせメモのとり方が下手な人間には嬉しい。
確かにiPodは素晴らしい。でも重い。手軽とは言いにくい部分もある。特にA-Bリピートが使えないのは語学学習者には不満だろう。
さて、どうするか。プレイリストが使えないこの製品、価格も容量も申し分ないのに、語学CDと音楽、マイナスワンのシャッフルに俺の耳は着いていくのだろうか。。ファイル移動が手軽なんだからTPOに合わせて使い分ければいいんだが。。

| | Comments (0)

January 11, 2005

お気に入り。

毎日通勤に、遊びに行く時もほとんどいつもiPodをお供にしている。今まで買い集めた約320枚のCD(一部LPをCD化したものも含む)が常に携帯できる。まさに人生の伴侶(大げさ)だ。
で、曲数にすると約3700曲以上が収録されている。24時間寝ずに聞いても12日以上は同じ曲を聴くことは無い。
そんな中で、自分の人生にすら大きな影響を与えた曲をピックアップしてみた。ざっと27人35枚のアルバムから約50曲になった。本当に影響を受けやすい人間のようだ(^^;
折をみてそれらをまとめて紹介する機会を作ろうと思うけど、はてさてどうなることやら。
それにしてもそれだけのアルバムを携帯できる時代が来るなんて誰が予想したことだろう。10年前はまだ6連装CDチェンジャーが主流だった気がする。まだまだこれからもメディアは変わって行くのだろう。
今後も大量のソフトを耳に放り込むのだろうけど、1曲を大切に聞くことだけは忘れたくないものだ。

| | Comments (0)

January 10, 2005

便利

出張に出かけるため、高速バスの手配をネットでした。チケットの受け取りはコンビにでもできるみたい。さっそくチャレンジしてみることに。
携帯に手続き完了の通知が送られてきたから早速コンビニへ。アルバイトの子に見せて「高速バスのチケットちょ!」と元気良く言ったら「なんですかそれ??」とか言われた。。
俺も良くわからないからどんどん尻すぼみになりながらも「いや、このメールを見せればいいって・・・」
結局経営者の人に来てもらった。。タッチパネルがあって、それに携帯に送られてきた番号を打ち込むだけ。。楽。
ついでにエディーカードも使えるみたいだが、まだ到着してないから今回は間に合わなかった。横浜へ行った時のスイカに調子付いて、しばらくはここらへんの研究をしてみよう!

| | Comments (0)

January 09, 2005

コンクール

アンサンブルコンテストの県大会があったようだ。知り合いのバンドが見事に県代表になったが、もう一つの知り合いのバンドは今回は代表になれなかったようだ。まじめに音楽を追求しているバンドばかりだから、両方とも代表になって欲しかったな〜。
でもこのコンクールそのもののシステムには疑問がある。全ての団体が同じ土俵で競い合うのは良いことだと思うけど、打楽器、金管、木管、全部同じ基準ってあるのだろうか?
いや、全て音楽なのだからと言われれば見も蓋も無いけど、陸上競技大会でマラソンと短距離を同じ基準で計ることはないはず。「一番早い」基準が「ある距離を」の前提のもとで競われるはず。
特に芸術分野の場合はその審査基準があいまいと言うことで、全ての人間が納得する判定結果は出にくい気がする。いっそのこと「テンポ120で16分音符のタンギングを4小節で難易度B」とか体操を見習ってポイント制にするとか。
そろそろそう言う部分を加味したアマチュア向けのコンクールを行っても良い時期にきているのではないだろうか。

| | Comments (0)

January 08, 2005

激怒!!

なにげなくWebを見てたら高校サッカーで母校があの市立舟橋と準決勝をやってるではないか!!
しばらく母校にも顔を出してないし、そうむちゃくちゃ愛校心が強いわけではないけど、やはりうれしい。しばらく高校野球でもご無沙汰してたけど、全国ネットで校歌を聞くというのは特別な気分になる。やはり日本人だな〜。
しかも非常に良い試合をしているではないか!
胸のすくような試合。サッカーは好きなので、見ていて気持ちが良い。買っても負けてもどちらもがんばれ!と思ってしまう。
そして後半ロスタイム終了間際、なんと同点に追いついたではないか!!
歳をとると涙腺がゆるくなってしまう。。出場していたのも知らなかったのにいい気なもんだ(^^;
で、PK戦になり、それも5人目を終わって同点!6人目の船橋の選手が蹴ろうとしたその瞬間!
放送時間が終了してしまった。。。ふざけるな〜!!報道の自由を説くなら報道の義務も果たせよ!!
結局PK戦で負けてしまったけど、すばらしい試合だったと思う。高校生を食い物にして利益を追求するなら、その還元も忘れて欲しくないものだ。プロの試合でなければ延長しないということか?
あのNHKですら高校野球は最後まで責任を持って放送するのに。無責任な民放の報道姿勢に怒りを感じた一日となった。。
あほらし。さっ、練習に行こう。。。

| | Comments (0)

January 07, 2005

発掘

少しづつ部屋を片付けていたら、探していたTOSHIBAのSDオーディオ用接続ケーブルがついにでてきた!!
実は電池の持ちが悪い(単4電池1本で2時間程度しか持たない)のが難点だけど、サイズが小さくて気に入ってたのだ。(よいしょ!)
しかもSDメモリがどんどん安くなってるし、iPodの電源が切れたとき用のバックアップと語学の勉強(まだまじめに少しづつ続けてたりする)用にちょうど良いのだ(*^-^*)
で、SDメモリについて友人と話してたのだが、ザウルスは昔からSDメモリコンパクトフラッシュが使えたと思った。スマメ全盛時代でもかたくなに高価なSDメモリを使ってた。ある意味、勇気の要る選択だったと思う。でも現在の液晶の栄華を見てもそうがだ、そうとう将来を見越す力のある企業だと思う。
俺も時代に流されずにソリッドオーディオを衝動買いせず、地道に(やむなく?)部屋を片付けてて正解だったのかも!
さて、次は単四の充電池を探さなければ。。確か先月見かけたような・・・

| | Comments (0)

January 06, 2005

読書の冬

小学校3年生の頃、星新一さんの「きまぐれロボット」(角川文庫)が100円だった。何度も読み返した。買って一度しか聞かないようなCDもある。新譜だと3000円くらいかな?
文庫本に何文字印刷されているかわからないけど、1文字を2バイトとすると、はるかにCDに収められている情報の2バイトあたりの価格は安いと言う計算になりそうだ。こんな比較をする人はそんなにいないと思うけど、DVDはもっと安い。
と言う事は、実は本というのは高級品ではなかろうかと。。まっ、テキストを量り売りする会社はないと思うけど(^^;
しかし量り売りして10円/KBくらいでも売れないようなものもあるのは事実。。最後にむさぼるように読んだのはなんだったろうか?
最近では何度も読み返したくなるような本が減った気がする。。
メディアの価格と一緒に内容まで下落したのか、自分に読書をする体力が無くなったのか。。。
たしかに大学の頃のように長編の文庫本を読みつづける体力はないけど。。

| | Comments (0)

January 05, 2005

防寒手段

津から名古屋まで通勤してて津を出るのが5時半頃で名古屋には7時に着くんだけど、名古屋の方が寒くというか冷たく感じた。実際に最低気温そのものは名古屋の方が1度くらい低いようだけど、体感的にはそれをしのぐものがあった。なんでやろ?
理科年表でも調べてみればもっと数値的に実証されるんだろうけど、そこまでする気は無かったりする。
結局は心の中で「都会はコンクリートが多いから、休み明けは田舎より温まるのが遅いのさ!」などと空調関係に携わるものとしてはちょいと寂しい結論を出したりしてる。
まっ、夏のヒートアイランド現象の逆と思えばいいんだ!と、いいかんげんな納得の仕方をしてみたり。。
そもそもルームクーラーで暖房をするのが大きな間違いだ。詳しくはエアコン屋さんに聞いてもらえばわかるけど。
と、なおさらそれで飯を食ってるものにあるまじき発言をしたりする。しかもルームクーラーで暖房をかけながら。
はぁ、まるで地球環境を守る会議を空調の効いた部屋でやるようなもんだ。で、導いた結論は「寒ければ布団をかぶって寝る」だったりする(^^;

| | Comments (0)

January 04, 2005

雑誌

買わなくなった。本当に買わなくなったと思う。一番多い月だと月刊誌、週刊誌合わせて20冊くらい買ってたんじゃないだろうか。音楽、料理、コンピューター、専門誌(一応建築関係ですので・・・)、情報誌(雑貨関係が多かったかな)、エ×本、美術関係、囲碁、その他。。不思議とマンガの雑誌はアメコミくらい。日本のマンガは単行本になってから買うので。
それが今はほとんど買わない。たまに買うのがNHKの語学講座のテキスト。これはラジオとテレビと2種類あるのだが両方買う時と片方の時とある。んで過去数年間を見ても4月号と10月号が多い(^^;
まっ、再出発!と思って2ヶ月くらいで頓挫してしまうのが今までのパターン。
今年はがんばるぞ〜。。と、去年より気合を入れてみたり。
雑誌を買わなくなった一番の理由は「インターネットの普及」かも。ちょっとPC立ち上げてネットでぐぐれば大体のことは調べられる。つまり新鮮な情報を得るためには紙媒体は不利ってことかも。
専門的なものや内容の深いものはゆっくり閲覧したいので、やはり紙の方が便利だと思う。それでも出張用にスキャンしたのをPDFにして持ち歩いたりもする。文明ってやつなのか。。
どちらかと言うと俺はアナログをデジタル化したような人間だから、少々寂しい気もする。
ミュージックライフとかFMfanの写真を見てミュージシャンが使ってる楽器のメーカーを想像したり研究した時代の人間としては、のんびり雑誌を眺めてた頃が懐かしい。

| | Comments (0)

January 03, 2005

一年の計

今年実現したい目標をいくつか考えたけど、そのうちの一つに海外旅行を入れてみた。
そもそも海外へは一度も行ったことが無い。大学の卒業旅行なんてどこにも行ってない(卒論でそれどころではなかった)し、就職してからもこれと言って計画しなかった。女の子と違って男の場合は二人旅でもさまにならないし。。
それに行きたい国がスペインで、ツアーの価格を見るとぷらっと行ける額じゃない。はぁ。。
1ドル1円くらいなら行けるかも。。輸出産業は壊滅するやろうけど。。
で、昨今の韓国ブームを利用しない手はない。昔から韓国が好きな人は一時的なブームを嫌うかもしれないけど、ブームとは知らずに興味を持った俺としては非常に嬉しい。
それに韓国は北海道へ行くより安い。名づけて「韓国へ焼肉を食いに行こうツアー」!!なんて安直(^^;
もちろん他に理由は無い。今から韓国そのものを勉強するのだから、実際に行く時にはそれなりのプランもたつだろう。。
まず最初にパスポートを作らなきゃ。。って言うか、本音はスペインブームが来て欲しいのだが。。

| | Comments (0)

January 02, 2005

NHK

受信料の不払い運動が盛り上がってる。一連の不祥事に対する国民の怒りだろう。
俺はまじめに払ってる。たまに見てるし、自動引き落としだからそれを止めるのも面倒だからなのだが。
法的には支払いの義務はあるけど罰則は無いと聞いている。だから支払わない人は、それはそれで良いのではないかとも思う。
ただ、今回の不払い運動とは次元が違うのではないだろうか?
日本は右へならえの国だから、一度不払い運動が始まると相当な打撃をこうむるだろう。それはそれで国営放送としての自覚が足らなかったのだから仕方ない。ただそれを罰する方法として受信料不払いというのは筋違いな気がする。もちろん「どんな方法で?」と聞かれても専門家ではないからわからないけどね。
そもそも民主国家に国営放送って必要なのかな??
国鉄や専売事業、電信電話網だってその意義は同じだったはずじゃないかな??
だったらNHKを民放化してしまえば問題ないだろう。JTもJRもNTTも国の手を離れてもサービスは低下してない(はず)し、郵便事業ですら民営化するならその方がトラブルも減るだろう。
どうしても国営放送が必要なら年に一度「国営放送権」をかけて入札をやれば面白いのでは!
落札した放送局が各種NHK杯の放映権と日本代表プレスとして海外に放送権を持つとか。今の日本の入札に対する考え方なら問題なく実施できるはず。
あっ、これ提案してみようかな。。

| | Comments (0)

January 01, 2005

風物

この独り言のページを見てくださってる皆さん、明けましておめでとうございます。早いものですね。
で、さっそく正月の話ですが、子供の頃の正月とはレコード大賞→紅白→年越しそば→行く年来る年→初詣→(一夜明けて)→お年だま→おとそ→雑煮→年賀状の到着→年始周り×2日間→かくし芸大会。。ってサイクルだった。どこの家庭も似たようなものだろう。
そもそも正月三が日は営業してるお店が無かった。当時はコンビニなんてないしね。
んで、現代。特に年末だから、年始だから、ってものは無い。まず不自由を感じない。今日も普通にジャスコへ行ったりGOODWILLに行ったり。そこで見かける風景も普通。少々おめかししてる人が多いくらいかな。
テレビもこれといって見るわけでもなく、なんとなくつけたら初めてギター侍って人を見た。
なんとなく日本古来の正月文化ってのが少なくなってる気がする。門松も駅とか行かないとみれないしね。ましてや羽根つきなんて。。
そんな寂しい気持ちからか、ここ数年は年賀状も印刷ばかりじゃ風情も無いのでまじめに(字は汚いが)一行コメントを書いたり、年越しそば雑煮は自分で出汁をひいて作ってる。ささやかに日本気分だったりする。
そう言えば、実家の雑煮ってどんな味だったのかな〜。。角餅を焼かずに入れたすましで、椎茸とかまぼこが入ってたような。。
来年あたりは里で正月を迎えてみっかな〜。。

| | Comments (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »