« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

ねぎラーメン

大変好評な(T_T)「庶民的グルメ」シリーズの第二回目です。
表題の「ねぎラーメン」と言うのは非常に漠然とした名称なんだけど、今回のお薦めは「来来亭」のねぎラーメン。
ここで使用しているねぎは京都九条ネギだそうで、おいらはこのお店で初めて食べたんだけど、その甘さにぶっとんだ!
もともとネギは好きなんだけど、生で食べて美味しい!と思ったことは無かった。そもそも生で食べるなんて邪道って言うか、それはネギそのものの味を楽しむのではなくて薬味として用いるってことしか想像もしたこと無かった。
だから最初に「1日30杯限定!」の言葉につられてオーダーしたものが目の前に出てきた時は、はっきり言って期待してなかった。
それが一口食べて目がドット。。。
とにかく柔らかく臭みは微塵も無い。そしてかみしめるたびに口の中になんとも言えぬ鮮烈な甘さと若々しさとも言える風味が漂ってくる。
もちろんそれだけなら「ネギの功績」だけなのだが、このお店のスープが素晴らしい。見た目は非常にこってりしているのだが、脂のコクが口の中に入って旨みを落としていった後になんのあとくされも無く消え去ってしまうのだ。その潔さが素晴らしい!
そのスープがこのネギの旨みを更に引き出しているのだ。
どちらかと言うと店の作りがちゃち(失礼)で、看板もあまりセンスが良いとは思えない。まるで安っぽいチェーン店のイメージを受けるのだが、これぞまさしく羊の皮をかぶった狼って感じ。
鈴鹿店が有名なようだけど、ちょっと前にできた津店(混むと俺の食べる分がなくなるから場所は教えない!)がおいらの住んでるところからは便利。
ちなみにこのお店、キムチが侮れない。適量な「ミニキムチ」がなんと80円。笑いがこみ上げてきます。
実はここ数ヶ月、月に4回(毎週ってことだが・・・)食べに言っています。もちろんネギラーメン。
庶民の味方「ネギ」と庶民の武器「ラーメン」の絶妙なコンビネーション。素敵です!

| | Comments (2)

March 30, 2005

モネ

トラックバックって言うのを始めて使ってみたんだけど。で、どうなんだろう?まっ、いいか(^^;
前置きはここまでにして。。

中学2年の時、通知表の美術の評価が2だった。もちろん10段階評価。。
課題を一つも提出せずに出席だけしてると2なんだそうだ。。ははは(^^;
別に美術が嫌いだったわけでもなく、昔から絵を眺めるのは好きだった。美術部の友人も何人かいたし、そのうちの一人は画家と教壇の二つで活躍している。そう、鑑賞は好きなんだけど、自分で書くのは・・・(T_T)
もちろん絵を描いてみたい!と言う欲求はあるんだけど、今んとこ優先順位はまだ先かな〜。。

さて、本題。一番好きな画家はモネ。それこそ中学の時に教科書で睡蓮を見て以来、好きな画家はモネと答えている。
柔らかく優しいイメージがあり、見ていて懐かしく、そして引き込まれていく・・・
あるがままをそのまま写すのではなく、まさにその印象のみをありのままに映してくれている。。
モネの作品にはそんなイメージがある。
と、言ってるわりには実際に本物を見たのは2年くらい前なんだけどね。んで、その前の年にはルノアールも見てきたんだけど、これまた素晴らしかった。1枚の絵に10分近くも(後ろがつかえてたので押し流されてしまった・・・)吸い込まれていた。やはり本物というのは素晴らしい。。

ところで友人のブログにゴッホについて書かれていた。実はゴッホは好きじゃなかったりする(^^;
もちろん本物は見たこと無いけど、印象が強烈過ぎて、なんだか攻撃されているような気がしちゃうのが好きになれない理由かな〜。本物なんて見た日にゃ、見も心もボロボロになっちゃいそうで。。

最近は上司の奥様が日本画の部門で愛知県知事賞を受賞されたのを見てきたけど、やはり絵は生で見ると迫力が違う。音楽と一緒だね!

またモネ、見に行きたいな〜。。

| | Comments (0)

March 29, 2005

ドヴォルザーク・音楽のルーツ

好評の(誰に?)音楽のルーツシリーズですが、今回はクラシック編です。
そもそもポールモーリアグランドオーケストラを耳にしていたため、比較的にクラシック音楽に違和感や拒否反応は無かったようです。しかも幼い頃からNHKの「音楽の広場」という番組を見せられていたため、むしろ興味がある部類ではありました。
もちろん小学生時代は歌謡曲に、と言うより音楽に興味は無かったのですが、アリスとの出会いをきっかけに音楽の道へ足を踏み外して、、いや、踏み入れていくわけですが、そこでクラシックとの出会いがあったわけです。
小学校の6年生くらいか中学1年くらいか忘れましたが、オーケストラ鑑賞会のようなものが金沢市の主催で行われていました。金沢中のガキんちょが集められて聞かされるわけです。
そこで出会ったのが「新世界」であり、自分にとっても「新世界」だったわけです。
もしこれが別の曲だったら今の私は無かったかもしれません。そのくらい影響を受けてしまいました。あの独特の旋律。まるで印刷したばかりのインクの匂いのような、新しくて古い、そんな感覚・・・。
それ以来、私にとってのクラシックはイコール・ドヴォルザークでした。単純に、「オーケストラに入って新世界を演奏したい!」ってだけで高校で吹奏楽部に(高校にオケが無かったので)入ったくらいです。昔から単純だったんですね〜。。
今でもその思いは強く、できればフルートで参加したいと思ってます。「新世界」のフルートって最高にスリリングですよ!
管楽器も色々と練習してますが、そのほとんどはジャズのために練習しているようなものです。そんな中でフルートだけはクラシック以外に興味が湧かないのは「いつかはオーケストラで・・・」って言うのが根底にあるせいかもしれません。吹奏楽にあんまり興味が無いのもドヴォルザークの曲が吹奏楽にむかないせいかもしれませんね。。
そこまでドヴォルザーク好きですが、室内楽曲にはまりだしたのはここ1年くらいで、NAXOSから発売されているお手ごろCDがきっかけでした。特に「糸杉」は目から鱗ではなく涙が零れ落ちるくらい気に入ってしまいました。
ドヴォルザークの真価って実は室内楽にあるのかもしれないですね。みなさんも一度聞いてみてくださいな。「糸杉」を始めとする美しい旋律の数々を。。

| | Comments (0)

March 28, 2005

メロンパン

さて、PC関係のネタばかりだと一部の読者(いるのか?)から不評なので、久々に連続アップを。
昔から美味しいものには目がない。それなりに長い年月生きてるので、それなりに高級な(高価な)食べ物も食べたことが有る。もちろん一般的に言われる「グルメ」とはほど遠いが、味音痴ではないと自負している。
そこらの話はバンドの仲間に聞いてもらうとわかるけど、俺が紹介したお店にハズレはなかったと思う。
さて、そんなおいらがお送りする「庶民的グルメ」シリーズの第一回目(二回目は有るのか?)は、うちの近所のスーパー(JR阿漕駅の近くのオークワ)の前で休日に売っているメロンパン。なんてエリアの狭い(^^;
たぶん最近流行の移動式フランチャイズの一軒だと思うのだが、ここのメロンパンは非常に美味しく、焼きたてだとこれ以上無いくらい最高に美味い。
外の皮はビスケット状でサクサクなのに中のパンは本当にフワフワしっとり!!
なんて完成度の高い。。俺にとっての理想の一品なのだ。
まだ暖かいメロンパンのカリッとした皮を剥いでパリパリ食べて、中のパンを口の中に放り込むと、、その異次元的柔らかさの対比に、、嗚呼、、、至福だ〜!
このブログを読んだそこの奥さん!早速メロンパンを買いに走ろうとしてるでしょ?
そう言えば最近メロンパンが流行なのだろうか?町中でも焼きたてショップがあっちこっちにできてる。
まっ、好物の一つだからどんどん流行って切磋琢磨して美味しいものを安く安定供給していただけるなら俺は満足です。(*^-^*)
ちなみにそこのメロンパン屋さん、イチゴメロンパンなるものも売ってます。中にイチゴジャムが入ってるんですね〜。まずくは無いけど好きではない。よく見かける「夕張メロン果肉入りメロンパン」なんてのも邪道です。
メロンパンにはメロン果汁なんて不要です。。そう思いませんか?

| | Comments (0)

iPodPhotoレポート2

という訳で、あんまり不便なのでDockを買ってきた(^^;
アップルストアで4500円。まぁ、仕方ないか。んで箱を開けてみると、あれあれ??
えらい過激なデザイン。配線やら剥き出し??あっ、ケースが二つ??
そう、30GBと60GB共用のDockなのだが、この2種類は厚さが違う。なのでケースが2種類あって、必要な方を取り付ける(一度付けると外すのは大変っぽい)ようになっている。2種類売り出すよりコストダウンできるのだろう。
Dockケーブルは今までのを流用できるから問題なし。やはりDockは必需品だよね。
ついでに買ったのがAVケーブル。これでテレビやビデオにつなぐことができ、中に入ってる写真を写すことができる。
そもそも写真はアイポフォ(縮めすぎか?)用に画質が落とされてるはずだから、、とたかをくくっていたが、実際にテレビに映してみると意外と綺麗。なるほど、テレビごときに写すなら十分なのね。
それをスライドショーにしてアイポフォに入ってる音楽をバックにしてみると、これまたなかなか良い!
う〜ん、売れるわけだ。。ただしこれをやると急速に電池が減る。
ところでアップルストアでもアイポフォ60GB用の保護シールやシリコンジャケットは売ってなかった。取り急ぎソックスを買っといて良かったな〜。。
続く・・・

| | Comments (0)

March 27, 2005

iPodPhotoレポート1

と言うことで、さっそくご報告いたします(^^;
まず今まで使ってた第3世代iPod20GBとの差を。。
もちろんタッチホイル方式からクリックホイル方式に変更されたのはHPでも見てもらえば良いので、HPとかではわかりにくい部分について見ていきます。
で、一番の違いは付属品が大幅にしょぼくなったことか。。
まずリモコン、Dock、ファイヤーワイヤー接続ケーブル、ケースが付属しなくなった。これはでかい。
リモコンは必ずしも必要ではないけど、本体をどういう風に持ち歩くかで必要なる。例えばケースやオプションのソックスに入れて持ち歩くとすると、いちいち本体を出して操作しなければならない。別売りで5000円近くするから標準添付が望まれる。Dockも無いのは悲しい。いちいち同期をとるのにコネクタを挿さなければいけない。それにケーブルがUSBしかついてないのは一番つらい。(もっとも今までのケーブルも使えるからいいんだけど)
ベルトクリップ付きケースが付属しないのも悲しい。これも今までのが使えるけど本体の厚さが数ミリ増えてるので、広がっちゃったら20GBを入れれなくなっちゃいそう。。
と言う風に、付属品が別売り価格で15000円分くらい削られてる。なるほど、価格を抑えるためにはやむなしってことなのだろうか。。とうぜん箱も小さくなり、前のより豪華さがなくなっちゃった。。
う〜ん、付属品が減った分と値下げした分を考えると、まだ値下げ率の方が大きいみたいだから嬉しいんだけどね。
ちなみにDock以外の付属品は第3世代と共通で使えるから問題ないと言えばそれまでか。。
それにしてもMac miniと価格差が約1万円。これを高いと感じるか安いと感じるかは次回からの使用レポート編をお楽しみに!(誰に言ってるんだ?)

| | Comments (0)

March 25, 2005

I have a bad feeling about this...

うちのアイポちゃん、のこりが189.4MBになった。
なんだ、このいやな予感は。。。

| | Comments (0)

March 24, 2005

ハリー・ポッター

久々に某出版社(転載禁止と書いてあったのだが、公表されている内容だから良いと思うけど)のHPを見たらハリー・ポッターシリーズの最新作「Harry Potter and the Half-Blood Prince」の原書発売が7月16日となっていた。
んで新刊の表紙も発表されたみたい。
このシリーズは「不死鳥の騎士団」だけ日本語版を買ってない(高いから)けど、あとは原書と日本語版の両方を買って読んでる。原書は「ハウルの動く城」より読みやすくて(ハウルは難しすぎて断念した)好きだ。7月末はどっぷりハリー・ポッターに浸りそうな予感。
ところでこのシリーズ、イギリス版とアメリカ版が発売されていて、微妙に違うようだ。表紙も違うし、当然英語と米語の違いもあるのだろう。3巻まではスペイン語版も持ってるけど、もともとの文がわかり易いためか意外と苦にならない。名古屋の丸善ではポルトガル語版とフランス語版、ドイツ語版がおいてあったと思う。ハングル版もあると買ってしまいそうだが。。まぁ、見かけても自粛しよう(^^;
ちなみにイギリス版はサイズも2種類あり、それとは別に「アダルト仕様」も発売されている。別に「アダルト仕様」だからと言ってハリーが○○○○をしたりチョーと△△△したりするわけではなく(当たり前だが)、単に表紙と書体が違うだけのようで、全て値段は同じだったと思う。もちろん残念ながらハーマイオニーが×××になったり(くどいか・・・)もしない。
個人的にはイギリス版の大きいほう(A5サイズより少し小さいかな?)の子供向け(アダルトでない方)を読んでいる。理由は単純で、字が大きくて見やすいから。普通なら小さい方(普通のペーパーバックサイズ)がカバンに入れやすくて通勤に便利と思いがちだが、厚みが増すのでかえって持ち運びにくいのだ。
これでまたマイブームに再び火がつくわけだが、またバンドのメンバーは「原書で読め!」とか言われるんだろうな〜。。とりあえず今年の楽しみがまた一つ増えた。

| | Comments (0)

March 23, 2005

おさかな

歳をとったせいか、最近は魚を食べる機会が多い。と言うより、好んで魚を食べている。
小さい時は欧米人かと思うほど肉を食べた。おいらに限らず、若い世代は肉が好きだ。それが30歳辺りを境目に魚を好むようになる。生物学的な部分はわからないが、食べたくないと言う事は体が欲していないのであろう。
もともと出身が金沢なので、好むと好まざると小さい頃から魚を食べる機会は多かった。よく食べたのがの刺身。次いでイカ、甘海老、鱈などの刺身。煮物でも鰆、こぞくらささカレイが、焼き物ではブリの塩焼きが一番好きだった。名古屋、三重と移り住んできたけど、やはり美味しい刺身にはなかなか出合えない。出合えないというより食べる魚の種類が違うようだ。家庭によって違うだろうけど、おいらの実家ではタイやハマチはあまり食べなかったな〜。
で、最近のマイブームはアジ。昨年志摩(鳥羽かな?)で食べた「なめろう」がたまらなく上手かった。先日友人がその味を再現してくれたが、それ以来アジの刺身が食べたくて仕方ない。
そもそも金沢に住んでいたときはアジはフライにするものだと思ってた。まっ、それほど我が家の食生活が偏っていたのかもしれないが。ちなみにふつうのアジの干物もあまり食べなかっがムロアジの干物がなぜか好きだった。
アジの干物は静岡で食べたのが美味しかったけど、出張へ行くと時々買ってくるが紀伊長島から尾鷲あたりのものも美味しい。しかし今は干物より生のアジ。。書いてたらまた食べたくなってきた(^^;
まっ、そこまで食べたいってことは体が必要としているのだろう。。

| | Comments (0)

March 22, 2005

レフトアローン

先日GEOで「スウィングガールズ」を借りてきた。ついでに「キャバレー」も借りてきた。
前者は言うまでもなく昨年の公開映画で、久々に傑作にであったと思える作品だ。自分がジャズを好きなのも作品に入り込んだ理由だろうけど、単純に映画としても楽しかった。これを機会にBigBandJazzも盛り上がってくれると面白いのだが。
さて本題は後者の方だ。おいらが大学時代に公開された映画だから、もう20年近く前になるのかな?
当時はジャズをモチーフにした映画だったこともあり、やはり話題に(クラブの中では)なった。詳しいことはググってちょ。素晴らしいレビューがいっぱいあるから。
で、題材が「レフトアローン」と言うアルトサックスを使った名曲中の名曲ということもあり、この映画に刺激されてよく田んぼの真中で練習したものだ。
そんなことがふと懐かしくなりiTunesを検索したら3種類のレフトアローンが出てきた。各々を聞き比べてみたが、やはりオリジナル(作曲者マル・ウォルドロン本人のアルバムで、サックスはジャッキー・マクリーン)が一番しっくりくる。たぶんオリジナルが一番音数が少ないのだが。
今でもちょくちょく吹いてみるのだが、いまだかつてメロディーの部分を最後まで丁寧に吹ききれたことが無い。シンプルな分だけごまかしが利かず、また耳なじんだ曲だけあって理想も高い。
いつか自分だけの「レフトアローン」を見つけたいな〜。
ちなみにこの二つの映画は両方とも演奏を吹き替え無し(俳優さんが練習して楽器も吹いている)で撮影している。やはり一芸に秀でた人は素晴らしい。

| | Comments (0)

March 21, 2005

音の差

バンドの友人たちが部屋の片付けを手伝ってくれた。まぁ、俺の部屋は物がありすぎて(未整理物件が多すぎて)一人では整理しきれないのだが。
で、今日それをやったんだけど一番嬉しかったのは1歳児。。彼がテレビ下に並んでいるCDを後ろにずらしてくれたおかげで裏に落ち込んでいたCDを発見!長く探していたから嬉しかった。。あっ、もちろん掃除をしてくれたり粗大ゴミの搬出を手伝ってくれた友人にも大感激です(^^;
CD発見をきっかけに久々にCDを(普段はiTunesを使って圧縮された音ばかり)聴いてみた。
あっ、、、音が違う。。我が家のオーディオ装置はSONYの333ESXIIと言うアンプにLuxの60wのスピーカーという貧疎なもの。CDプレーヤーにいたっては1万円そこそこのコンパチ機。
何がどう違う?といわれても困るくらいの差で、日常の貧雑なCDとっかえひっかえをやらなくて済むことを考えると圧縮オーディオで十分なのだが、何かが違う。
むかしCDとLPを聞き比べた時、あきらかにLPの音の方が心地よく感じたことがある。再生装置の性能の違いでは無い何かが違った。。
今日も友人と「これからデジタルオーディオはどう変化するのだろう?」って話をしたけど、彼曰く「限りなきアナログ音源の再生」だそうな。やはり人は0と1では割り切れないようだ。
まぁ、LPであれCDであれ、聴きたい曲を探してセッティングして再生する。その動作に手間がかかるほど綺麗に聞こえるのは「手間をかけてまで曲を聴くほど心にゆとりがある」時なのかもしれないね。

| | Comments (0)

March 20, 2005

アレンジの結果

ひょんなことから年末年始にアレンジを引き受けてしまい、なんとか楽譜を書いてお渡しした。その楽譜が演奏されると言うことで今日は二見へ行ってきた。
そのイベントは二見町の主催する「中山 譲」さんのコンサートで、会場には幼稚園から小、中学校の生徒がいっぱい集まっていた。どうも有名な方らしい。。
そもそも今回のアレンジは「中山さんの曲を地元の中学生の伴奏で一曲やりたい」という企画で、知り合いを介して話が舞い込んできた。当初は相談に乗るだけのはずだったが、主催者を始め学校の関係の方もアレンジについては全く知らない様子で、しかも担当者が今から勉強して楽譜を書かなければならない状態に陥っていた。
その担当者の方がまじめで誠実な人柄だったので「まっ、プロではありませんので、できた楽譜は参考にしていただいて自由に変更して使ってくださいね」ってことで引き受けた。
その中学の吹奏楽部は人数も多くなかったのだが、金管を交えて、、しかも18人分の編成を考えるのは初めてのことであり、作ってからもどきどきの連続だった。色んな楽器に手を染めてて良かったな〜。
今日初めてその完成した生音を聞いた。自分の書いたものが人前で演奏されるのってなんだかくすぐったい気もするけど、気持ちの良いものだ。いつも譜面を書くときは演奏する人を思い浮かべながら書くのだが、今回は会ったことも無かったので不安だったが、中学生が一生懸命練習しているのを考えながら書いた。
演奏してくれた中学生のみなさん、こんな貴重な体験をさせてくださった主催者の担当の方、本当にありがとうございました。気持ちの良い、楽しい一日でした(*^-^*)

| | Comments (0)

March 18, 2005

イーグルス・音楽のルーツ

楽天のことではない。(^^;
「ホテル・カリフォルニア(もちろん名古屋にあるエッチホテルではない)」という名曲(アルバムタイトルも同じ)を生んだロックバンドのことだ。初めて聴いたのは、やはり中学の頃だと思う。70年代と言うのは一種の変革期だったのではないかと思うくらいロックを始め音楽が多様化していった時代のように思う。ジャズもクロスオーバーに、そしてフュージョンに変わっていった時代だし。
さてイーグルスだが、カントリー・フォークがそのルーツになっているバンドのため、初期の作品にはバンジョーやスティールギターが用いられている。中期以降ロック色が濃くなって行くのだが、根底にあるカントリーの影響なのか音楽が乾いている(こういう表現しか思いつかない)のだ。またメインボーカルに対してハーモニーの付け方が独特で厚い。聴いていて荘厳ですらある。歌だけではなくギターも多数オーバーダビング(実際には4人くらいなのだが、何回も重ね撮りをして厚みを出す手法)されていて、ライブではどうするんだろう?と心配したものだ。まっ、事情通に聞くとステージの裏に数人の影武者が存在したらしいが、その真実は定かではない。。
フォーク系といえば俺もその音楽の根底に「アリス」があったりするからフォーク系のロックと言うのは実に体にしっくるくる。
「ホテルカリフォルニア」のイントロには12弦ギターが使われていて、それに絡んでくるフォークギターやベースが美しい。何度聴いてもしびれてしまう。そして当時は定番にもなっていたギターソロの掛け合い。最近は口ずさみたくなるソロフレーズはめっきり少なくなったが、今聴いても新鮮だ。もちろん「ホテル・カリフォルニア」は歴史的名曲なので誰もが一度は聞いたことがあると思うけど、隠れた名曲(別に隠れてるわけではなく、どうどうと名曲なのだが)として「Take it to the limit」という曲がある。メンバーの一人でベーシストの「ランディー・マイズナー」のオリジナルで、彼はソロ活動でも歌っている。本人の声の質が美しいのだが、聴いていると地平線が見えてくる。アメリカはでかいんだな〜って思ってしまう。この曲はマイフェイバリッとの一つだ。ぜひ聴いて欲しい。
まぁそう言うわけで中学時代はこのバンドをひたすら聞いていたが、当時はイーグルスの詩集も発売されていた。
あっ、それに思春期の思いを落書きしたのを思い出した。次回里帰りした時はまっさきに本棚から出して処分しなきゃ(^^;

| | Comments (0)

March 17, 2005

便利な道路

伊勢自動車道と東名阪が直接つながった。この道路を利用しない人は何事かと思うかもしれないけど、名古屋から津まで高速道路を使おうとすると東名阪自動車道で亀山まで行き、そこから国道を介して伊勢自動車道路の関から津まで乗り継ぐわけです。
途中で国道をはさんでいるため料金所を通過することになりロスがでていたわけです。それが一本につながったのです。
初めて利用してみましたが、やはり便利。
なにより今まで津から関が550円、亀山から名古屋西までが1550円で合計2100円かかっていたのが、なんと1950円。150円もお得なわけです。
料金所を減らしたのであたりまえといえばあたりまえですが、ちゃんと距離による算定基準を用いているあたりが大変印象良く思えました。
まっ、これで津から東名高速が乗り継ぎ無しで利用できるようになり、便利になったな〜としみじみ。
もちろん、だからといって利用するかどうかは別問題ですがね(^^;

| | Comments (0)

March 16, 2005

デジタルな楽しみと落とし穴

2年位前にカシオのデジカメを中古で買った。それ以前もザウルスにカメラを付けてたんだけど、やはり解像度がすごい勢いで違う。
そもそもザウルスにデジカメを付けたのは、天井裏の状況をお客様に判りやすく説明するためだった。その他の用途はせいぜい時刻表をメモ代わりに写す程度だった。
おいらはもともと遊びに行っても写真をとるほどマメな性格ではなかったし、誰かが写してくれてたので気にもしなかったのだが。
とうぜん今まで写してもらった写真も箱に入れて置きっぱなし。。
そんなあなたにマッキントッシュ(^^;
まぁ、マックの前に携帯のカメラを使って旅ブログを作ったのがきっかけなんだけどね。
んでマックに付属のiPhotoの登場なんだけど、マジ楽しい。さっそくバンドのメンバーで遊びに行ったのを素材にちょっとした写真帳を作ってみたら、予想以上のできに満足。。こりゃ老後の楽しみに良いわ!
それ以来部屋に置きっぱなしだったデジカメがポッケに入りっぱなしになった。有効活用できるかな〜。
ところでデジタルデータ−について警笛を鳴らす記事を見たことがある。
印刷した写真は劣化はするけどデジタルデータ−は突然なくなる可能性があるって話だった。確かにハードディスクがクラッシュしたら一巻の終わり。アナログデータ−は劣化してもいきなり0になる確率は低いからね。
そう思うとデータ−のバックアップについてはまじめに考えないと、貴重なデータ−が一瞬のうちだもんね〜。
くわばらくわばら。。

| | Comments (0)

March 15, 2005

楽しい会社

建築関係の仕事をしている。と言えば聞こえがいいのだが、建築設備の設計、施工、保守をやってるいわゆるサブコン(sub contractorの略。詳しくはググってちょ)の中で主に空調・衛生設備の保守管理や改修工事、修理を受け持っている部門にいる。別名便利屋とも言う。。へへへ(自嘲気味に)
どちらかと言うと広く浅い知識を必要とされる訳で、俺には向いているかも。
まっ、仕事のことを語るつもりはないんだけどね。でも空調関係で聞きたいことが有ったらメールでもなんでもくれれば、一応聞くだけは聞くからね。回答する保証はございませんが(^^;
いわゆる3K(死語の世界?)の職場ではあるけど、楽しいことも多いのです。
んで今日は久々に笑った。それと言うのも1枚の社内報のせい。そこには来期の夏期休暇、年末・年始休暇の日程が書いてあったんだけど、その下の方に「誕生日休暇」制度を導入!と書いてあった。ほぉ、我が社にしては粋なことを!と思ってよく読んだら「有給を使って誕生日もしくは誕生日近辺に休んでください」と書いてあった。
思わずこけてしまった(^^;
有休消化が進まない(よく考えれば当然なんだが)のを打破しようと、たくさん給料をもらってる人達が一生懸命考えたんだろうね。大変良くできました。花○でもあげよう。
まぁ、せっかくの新制度なんだから、今年の6月28日は意地でも休んでみよう。

| | Comments (0)

March 14, 2005

大河ドラマ

友人とチャットをしていてNHKの大河ドラマの話題になった。
「利家とまつ」をほぼ全話見たのは記憶に新しいが、では過去の作品は?と言われると、ほとんど記憶に無い。
その前に覚えているのは竹中直人さんが演じた「信長」くらいか。徳川家康を西田敏行さんが演じていたと思ったら友人に「吉宗だ!」と指摘されるありさまだ。
なるほど、俺は金沢出身で就職して名古屋に10年住んでたから「利家とまつ」には共感を覚えたり懐かしさでつい見入ってしまったが、縁も縁も(あれっ?同じ字なの?)無い土地の物語になると全然興味が湧かない。
日本人だから忠臣蔵は好き(なぜ?)なのだが。
ところで、NHKに一つ不満が。(本当はいっぱい)
大河ドラマもそうだが、今までに作った作品を全てNETで見れるようにならないだろうか。制作費は受信料等でペイできてるはずだし、せっかく作成したソフトを自由に見れないと言うのは受信料納付者としては合点が行かぬ。外で買い付けた番組ならいざしらず、自社製作者は著作権もNHKにあるはずだし。
大河ドラマはDVDで「総集編」が発売されているが、やはり全話もう一度見たい(「利家とまつ」だけ)と思う。DVDだと高い(くどいようだが作品の制作費はペイされているわけだし、純粋にDVDの焼き増し代だけでよいはずだが)ので、NETで1話200円程度なら損もしないだろう。
あほなことばかりやってたお詫びという訳じゃないけど、汚名挽回のためにもぜひ実現してもらいたいな〜。シルクロードとかNHKスペシャル、プロジェクトXなんかも見たい人いるだろうし。
時間帯が合わず、録画も忘れちゃった受信料納付者にも番組を見る権利はあるはずだしね。

| | Comments (0)

March 13, 2005

メディアの行方

時事ネタは好きではないのだが、今回のlivedoorの件はすっきりした。素人が客観的に見てフジサンケイグループのマイナスイメージしか伝わってこなかったからだ。まっ、そんな評論はプロに任せて。。
俺が一番期待しているのはインターネットとラジオの融合だ。テレビはあまり見ないのでどうでも良い、、と言うのは乱暴だが、今時の番組を見ても興味をそそるものがない。逆に、そう言うものはインターネットでいくらでも見つかる。
ではラジオなんてよけい聞かないのでは?と思う方もいるだろうが、本当に聞かない。で、なんでネットと融合?ってことにつながるのだが。
阪神淡路大震災の時に友人が東大阪市に住んでいた。俺は当時名古屋に住んでいて、それでも大きな地震だと感じた。朝になってテレビを見て(当時はネットで画像を垂れ流しにできるほどインフラが整備されていなかった)ことの重大さを知った。当然電話は一日経ってもつながらない。やはり心配だ。。
なにげにメールを送ってみた。笑ってしまうくらいにスムーズに連絡が取れた。電話は非常回線を確保するため内外の通信を交換機で遮断していたらしい。当人に後で確認したら意外と市内通話は可能だったらしい。
んで、なんでメールがスムーズだったかと言うと、インターネットは専用線が様々なルートで様々な業者間を結んでいるため、よっぽどのことがない限り切断されないらしい。なるほど、確かに「インターネット」と言う「もの」が物理的に存在しないのだからあたりまえか。
さて、今はどこの家庭にも専用回線が引かれつつあり、インフラの整備も進んでいる。音楽も写真も動画も、ほとんどのメディアはパソコンのディスクに収めることが可能(手間は有るが)であり、実際に俺も部屋でCDを再生することはなくなった。おかげでアイポは残り500MB程度になってしまったが。
このような時代に、映像をこれ以上奇麗に配信する必要はあるのだろうか?音楽をこれ以上奇麗に記録する必要があるのだろうか?
人間に可聴領域を超えた記録など何の意味も無いわけで、当然可視領域を超えた映像を見て感動などする人はいない。と言うことは、ある一定のところでメディアのハードウェア部分はその発展の限界を迎えることになる。もちろんこれは乱暴な言い方であり、「今わかりうる範囲で考える限り」と言う前提の上でだが。
結局、必要なのはその報道内容であり、少なくともあと数年は運転をしながらテレビを見る技術を人間が取得することは難しい(ハードウェアのサポートが有るとしても)以上、ラジオが消えてなくなることも無い。また制作コストの面から言っても有利だし、なによりラジオの方が物事の描写を丁寧に伝えている。「百聞は一見にしかず」とは言え、一見して判断できる理解力を全ての人間が備えている訳ではない以上、「見ればわかるだろ!」と言うテレビの姿勢より「こうなっているのをご理解いただけましたか?」と言うラジオの方がわかりやすい。テレビでは必要以上の説明をしてくれないからね。
このように考えると「必要な情報を必要な時に得る方法」として、はたしてテレビ業界が単独で生き残る可能性があるのだろうか?そんな可能性など無いことなど自明の理だと思うがいかがなものか。今後のメディアの行方には興味がある。
もっとも、今はいっぱいになりつつあるアイポをどうしようか?の方が重要だが(*_*)

| | Comments (0)

March 11, 2005

死語の世界

「ナウい」って言葉があった。まっ、今でも使ってるけど、基本的に死語。。ふとまわりを見渡すと、意外と廃れていった言葉は多い気がする。
最近某プロレスラーによって「ハッスル」が復活したけど、一度なくなるとなかなか復活してこない。レトロネタを使って当たるコメディアンが出ない限り無理かな。「モーレツ」もそのうちプロレスで出てくるかも。
大体「レコード」が死語になりつつある。俺は古い時代に近い人間だから、今でも「レコード屋さん」とか「レンタルレコード」って平気で言っちゃう。
また「パソコン」を「マイコン」って言ってた時代も会った。今は「マイコン」は炊飯器とか電化製品に組み込まれたチップのことを指してるみたい。
SONYがクリエをやめることでPalmOSってのも死語になる日が近いかもね。あっ、「コードレス電話」って言葉も死語かな??
そのうち死語をまとめて「死語の世界」とか本を作ったら売れるかな〜(^^;

| | Comments (0)

March 10, 2005

ダイエット

友人のBlogでダイエット方法を教えて欲しいとの書き込みがあった。個人的に女性はぽっちゃりした方が好みなので、必要以上のダイエットはしてほしくないのだが。。本人たちは必死なんだろうね。。
と言いつつ、去年は10kgのダイエットに成功した。これがまた特に努力をした訳ではなかった。
そもそもダイエットをしようと思ったのには次の理由があった。
1.からだが重く感じ、動くと疲労がたまりやすくなった。
2.ふと鏡に映った自分を見た時、あまりの醜さに驚いた。。
3.サックスを構えたら腹につかえた。(←うそ)
まっ、身長が160センチ程度のチビなのに70kg越してりゃ論外だわな(^^;
で、そのダイエット方法だが、まず炭水化物を減らした。仕事の都合で外食が多いのだが、俺の1.5倍くらい体格が良い人と同じ量を食べてることそのものが不自然。ってことで、どこへ行っても「ご飯を少なめでお願いします」というのが口癖になった。
次に夜9時を過ぎたらご飯を食べない。また晩御飯は基本的に豆腐、納豆、モズクのみ。お米も味噌汁も飲みません。だって寝るだけだからね〜。かわりに朝ご飯はコンビニのサンドイッチだろうがミスドのマフィンだろうが必ず食べることにした。また、飲み物は当然お茶またはブラック珈琲。そしておやつは蒟蒻畑。そして毎日数回は体重計に乗る!これが大切みたい。
実は実行したダイエットはこれだけ。これで10kgやせて62kgまで落ちました。軽いリバウンドはあったものの、今でも64kgあたりをうろうろ。冬はダイエットしない主義なので。
さて、この勢いで今年の夏までに体重を58kgあたりまで落とそうかと。身長から計算しても大体54kg前後だろうし。まっ、基本は無理をしないってことだしね。どうなることやら。。
目標は「黒いTシャツが似合う男」なのだ。もちろんiPodShuffleを首からかけて目立たせたいだけなのだが(^^;

| | Comments (2)

March 09, 2005

ブルースな日々

サックスアンサンブルの団体とは別に某ブルース・C(カンパニー)と言うバンドに数年前から所属している。メインがアンサンブル団体なのと休日出勤やなんやの関係で年に数回しか参加できていなく申し訳ないのだが、そこでの音楽は別な意味で刺激的でもある。もともとフォークやロックにも音楽のルーツがあるため、演奏曲目もオリジナルにしろコピーにしろ共感できるものが多い。メンバーの音楽性も素晴らしく、特にリードギターのボトルネック奏法(ガラスや金属のパイプを指にはめてギターの弦を滑らせる奏法。ハワイアンギターを想像してちょ)は私のお気に入り。まるでクラプトン!(何か出るかな〜。。)
そのバンドのライブが先日有ったんだけど、俺の演奏はボロボロ。PAのせいにするつもりは無いけど、大音量の中自分の音が全く聞こえない状態はつらい。近年まれに見る不完全燃焼だった。が、そこで知り合ったブルースギタリストは渋かった。和製BBキングって感じ。チョーキング(ギターの弦をぐぐっと持ち上げて音程を変える技法)に魂が入っていた。久々にブルージーなギターを聞いたな〜。。気持ちよかった。。
その影響も有ってか、最近はクラプトンやライクーダー(昔ジーパンのCMではやったかな?)、オールマンブラザースバンド(クラプトン/正確にはデレク&ドミノスの名曲「いとしのレイラ」で有名なソロを弾いている人がリードのバンド)、はてはアレサフランクリン(映画ブルースブラザースでレストランのおかぁちゃん役で出演してた方)を聞きまくっている。
これだけ心引かれて聞いていてもBluesがよくわからない。音楽なんて理解するものでもないのだが、なぜ心引かれるのかすらわからない。分けも無くスペイン(国の方ね)が好きなのと同じだろうか。。
とりあえず、今年はブルースについて色々研究してみる年にしようかな。。あっ、これは布教活動しないから安心してくださいね〜、某アンサンブル団体の皆さん(^^;

| | Comments (0)

March 08, 2005

久々にEdy

今日もチヂミを作ってる間からオイキムチをポリポリ、白菜キムチをハムハム。。至福だ〜。。あっ、テーマが違う(^^;
今日は久々にEdyカードのお話。
おいらが使ってるのはANAマイレージEdyカード。Edyカードとして使えば200円に1マイル加算される。まっ、これだけで旅行クーポン分が貯まるとは思ってないが。
それでもHPを見たら132マイル貯まってた。全然飛行機に乗ってないのにね。なんだか嬉しい。なんとか有効期限までにそれなりのマイルを貯めたいものだ。
ところで、先日発見したんだけど、近所のGoodWill(中部圏最大のパソコンショップ)にEdyチャージ機がおいてあった。ってことは??おっ、Edyが使えるじゃないか!!
パソコンショップで年間に使用する額はそれなりになってしまう。CD-R、DVD-R、メモリにケーブル云々。これは朗報だ。しかもGoodWillは単独の会員カードでもポイント還元があるし。パソコン買うならGoodWill(宣伝費もらってないですよ〜)だね!
Edyとして一番多く使ってるのはコンビニかな。サークルKとサンクス。毎日1マイルづつお腹に放り込んでます。名鉄名古屋駅の構内にサンクスがあるので便利便利。朝の混雑時にお釣りを数えたりするのはイライラするからね。みんなEdyにすれば並ばなくて済むのに。
さて、次にEdyのお話をする時は何マイル貯まっていることやら。。

| | Comments (0)

March 07, 2005

運命の赤い・・・

あぁ、僕は信じてたよ、再び君に会えることを。。。
君に会えない2週間、どれほど辛かったことか。そしてどれほど僕にとって君が必要だってことも痛いほど感じた。。
僕の愛しの「オイキムチ!!」 少々しつこいですか・・・(^^;

友人が鶴橋までわざわざ僕のため(?)にキムチを買いに行ってくれた。しかも胡瓜と白菜をそれぞれ1kg、合計2kg。(これは真実。ペットボトルの大きいのを一本と同じ重さを大阪からわざわざ。。)
ついでに彼は彼の友人の結婚式にも出席したらしく、帰りはそうとう荷物が増えたことだろう。。ありがたい話だ。
そして受け取るや否や台所に駆け込んでちゃっちゃと切り刻み、今夜の晩御飯に。あっ、夜遅かったから食べたのはキムチだけだよ〜。。
はぁ、、、彼は神!
本当に美味しいのですよ。。週末には少しくらい残ってるだろうから、バンドのメンバーにも食べさせてあげたいよ。。
ちなみにこのキムチは鶴橋コリアタウンの入り口近辺にある「キムチギャラリー」ってとこのです。
通信販売もやってるみたいですが、私のような一人暮らしは受取人がいなくて。。
スターウォーズのDVDも一通り見たし、キムチも食べたし、これでしばらくは情緒も安定しそうだ(^^)v

| | Comments (0)

March 06, 2005

チヂミ

ここんとこMacintosh関係の話題が多いとのご指摘。たしかに。。そんな若奥様のために??
晩ご飯にチヂミを作ってみました。材料は豚の細切れ、ニラ、美味くないキムチ。(美味しいキムチは近々届くはず。。。)
小麦粉をカップ1、水をカップ半分、卵一個。これがHPで調べた生地のレシピ。とりあえず混ぜてみる。
う〜ん、なんだかもったりしてる。。まっ、そんなことをいちいち気にするB型ではないので、その中に材料を適当にぶち込み、多めの(これがポイント)ごま油で中火でこんがり・・・めんどうなので火が通ればOKってことに。
あっ、生地の中に塩を少々とコチカル(唐辛子)を少々入れるのをお忘れなく。
さて、食べてみると、、、、なんだか油っぽい。。2枚目は油をクッキングペーパーに吸わせてみた。おっ、これならいいかも。と、食べ終わってからタレを作るのを忘れたことに気がついた。。
まっ、これならタレが無くてもいいか。。って感じ。
あと、生地はもう少し水を多くした方が良いかも。チヂミらしい薄さが出せず、なんだか薄いお好み焼きって感じになっちゃった。。でもこれで一つレパートリーが増えたよね(*^-^*)
今回は具に豚肉(一人暮らしだから当然材料が余る。ってことで次回も・・・)を使ったけど、代わりに色々と入れてみると面白いかも。しばらく主食はチヂミになりそうだな〜。。

| | Comments (2)

March 04, 2005

重症

アイポのリモコンがいよいよダメっぽい。。接触が相当悪くなってきた。
本体に接続する方のコネクタの付け根が原因のようで、完全にダメになったら分解して修理しようかと。保証書を見たらちょうど1ヶ月過ぎてた(T_T)
まぁ、SONYタイマーじゃないけど、そんな時期なのかも。とりあえずポケットに入ってたビニルテープで補強だけして、今日のところは問題なく再生できて一安心。さすがに4500円も出すのはもったいないからね。
それにしてももう少し修理しやすい構造にしてくれれば良いのに。
・・・ほとんど毎日使ってて、さすがにバッテリーもへたってきたな〜。。最長で5時間もたなくなってきたよ。保証期限も過ぎたから自分で交換してみようかしら。。

| | Comments (0)

March 03, 2005

イースターエッグ

イースターエッグ:復活祭に卵を食べると、腹の中で卵が孵って卵を産み続けるため永久にものを食べなくてもお腹が空かないと言う言い伝えが、、、ないない(^^;
ググる(検索エンジンGoogleで検索することを一部ではそう読んでいる)と「ソフトウェアの中に開発者がこっそり隠したメッセージ。公開されない特殊な操作で起動するようになっている。」と書いてある。
ソフトウェアと言うのが微妙だけど、たとえば初期のMacintosh(そう言えば昔から”まっく”って入力して変換ボタンを押すだけでここまで変換したな〜)ではケースの裏側に制作者のサインが掘られて(型に掘ってある訳だから性格には浮き彫り)たのも一つのイースターエッグだよね。
Macintoshについて言えば日本語OSの「漢字Talk7」が出たときにだいぶ出荷が遅れたんだけど、”7”のキーを押しながら起動したら「お待たせしました漢字Talk7(だったかな?)」ってメッセージが起動画面に出た。また正月に起動すると起動画面が「あけましておめでとうございます」になってた気がする。最近はわからないけどね。
世界最大の自主制作映画スターウォーズシリーズでもジョージルーカス様の処女作「THX1138」にちなんで「1138」の文字列がどこかしこに出てたり、ETにヨーダ様のぬいぐるみが出てきたことに敬意を表してTFM(Episode I のこと)にETを出演させたり、スタッフがあちこちに出演してたり。まっ、ここらへんは教科書に書いてあるからみんな知ってると思うけど。
日本でも古くから大工さんが作品の中(柱の継ぎ目とか梁の裏とか見えないとこ)に名前を書いたりしてるのは有名な話。我々でも苦労して納めた現場の機械にこっそり・・・(自粛)・・・ってのはよくある話。
そんな遊び心って人間には必要なんだよね〜。特にクリエーティブな仕事をしてる人には。「て〜んしの〜そら〜、ほ〜しはお〜よ〜ぎ〜」、、、それは「クリエーション」やろ!!
ひょっとしたら盲腸の手術をした切り口にもこっそりとイースターエ・・・

| | Comments (0)

March 02, 2005

懐かしい・・・

たまたま中古CDショップへ行ったら「めんたんぴん」ってバンドのお皿が売ってた。70年代に活動してたロックバンドで、俺の地元出身の方々のようだ。中学時代に入り浸ってた楽器屋さんで名前だけは聞いたことあるけど、実際のサウンドは聴いたことがない。興味はあるけど今回はおあずけ。
そんな時、中学時代の友人達は何をしてるのかな〜って思ってたまたま検索してヒットしたのが画家の息子で、本人も画家になったようだ。なんだかすっごく嬉しい!
もちろん当時から絵は上手かったし、音楽(当時の友人も基本的には音楽つながり)の趣味も部分的に合って、特にポールモーリアが共通のフェイバリットアーティストだった。
卒業して22年。ちょっと懐かしく、久々に会ってみたい気もした。
そうそう、今年はスターウォーズの年でもあり、最初に上映されてから四半世紀になろうかと。。すげぇ。。
最近調子が悪いな〜って思って、よく考えた2ヶ月くらいスターウォーズを1作も観てなかった。。こりゃいかん!ってことでおとといから観てるけど、やっぱり素晴らしい。心が落ち着く。
あぁ、今の俺に足りなかったのはこれか〜!ってしみじみ思った。早く夏にならないかな〜。。

| | Comments (0)

March 01, 2005

Mac mini レポ Part3

うちのミニ子、今日も絶好調です。職場でも欲しがり族が増えてます。もちろんまじめに布教してますよ。
ところがアップルのHPからアップルストアを見ると、思いっきり納期が2〜3週間!
俺ってラッキー?ただたんにオープンしたてだから名古屋のアップルストアに商品が集中入荷してるとか?
シャッフルも1Gがたんまり並んでたし。。。
それにしても初めてマックを買ったのはクラシックIIだった。感動だったな〜。。それ以来LC630やPowerBook(カタカナで入力したら勝手にアルファベットに変換しちゃったよ!)165、Power Mac(あっ、これも!)7200。。OSも漢字Talk(あっ、これも!)6から7.5あたりまでかな。。それに比べると原チャリからセルシオだね。とうとう理念にハードが追いついたってことかな。
ところで、やっぱりアイポのある生活って素晴らしい。アイポとアイシャ、使い分けはきっちりしてる。アイポは通勤の電車の中でアイシャは徒歩や地下鉄に乗る時。落ち着いてる時と忙しい時って分け方かな。曲名を気にする時としない時って言うか。。たぶんアイポを持ってて徒歩が多い人はきっとアイシャも欲しくなるはず。そう、そこのグラスを持ってちびちびやってるB型のあなた!(くどいか・・・)
そうそう、今月号のマックピー○ルにミニ子のばらし方とグレードアップ方法が書いてあった。しっかりPDFにして保存しておかねば。少なくとも1年はいじらないだろうし。それよりアイポのリモコンが接触悪くなったみたい。消耗品かな〜。。。

| | Comments (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »