« 懐かしい・・・ | Main | 重症 »

March 03, 2005

イースターエッグ

イースターエッグ:復活祭に卵を食べると、腹の中で卵が孵って卵を産み続けるため永久にものを食べなくてもお腹が空かないと言う言い伝えが、、、ないない(^^;
ググる(検索エンジンGoogleで検索することを一部ではそう読んでいる)と「ソフトウェアの中に開発者がこっそり隠したメッセージ。公開されない特殊な操作で起動するようになっている。」と書いてある。
ソフトウェアと言うのが微妙だけど、たとえば初期のMacintosh(そう言えば昔から”まっく”って入力して変換ボタンを押すだけでここまで変換したな〜)ではケースの裏側に制作者のサインが掘られて(型に掘ってある訳だから性格には浮き彫り)たのも一つのイースターエッグだよね。
Macintoshについて言えば日本語OSの「漢字Talk7」が出たときにだいぶ出荷が遅れたんだけど、”7”のキーを押しながら起動したら「お待たせしました漢字Talk7(だったかな?)」ってメッセージが起動画面に出た。また正月に起動すると起動画面が「あけましておめでとうございます」になってた気がする。最近はわからないけどね。
世界最大の自主制作映画スターウォーズシリーズでもジョージルーカス様の処女作「THX1138」にちなんで「1138」の文字列がどこかしこに出てたり、ETにヨーダ様のぬいぐるみが出てきたことに敬意を表してTFM(Episode I のこと)にETを出演させたり、スタッフがあちこちに出演してたり。まっ、ここらへんは教科書に書いてあるからみんな知ってると思うけど。
日本でも古くから大工さんが作品の中(柱の継ぎ目とか梁の裏とか見えないとこ)に名前を書いたりしてるのは有名な話。我々でも苦労して納めた現場の機械にこっそり・・・(自粛)・・・ってのはよくある話。
そんな遊び心って人間には必要なんだよね〜。特にクリエーティブな仕事をしてる人には。「て〜んしの〜そら〜、ほ〜しはお〜よ〜ぎ〜」、、、それは「クリエーション」やろ!!
ひょっとしたら盲腸の手術をした切り口にもこっそりとイースターエ・・・

|

« 懐かしい・・・ | Main | 重症 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.