« ベースの話 | Main | 悲しい食事 »

May 06, 2005

囲碁その2

自分の性格は自分が一番良くわかっている。。。つもりだ。。
非常に気が短い。短気と片付けてしまえばそればでだが、基本的に集中力が持続しない方なのかもしれない。その割に気に入ったことは他人が驚くほど長時間やり続ける。単純馬鹿。そんな言葉が似合う私(^^;

そう言う自分の性格を考えると、囲碁ほど自分にふさわしくない趣味は無いと確信している。逆に、そんな自分の性格を少しでも変えたいと願う気持ちが知らぬうちに込められているのかもしれない。37の手習いで始めた訳だが、当然一向に上手くならない。って、まだ1年。しかもかれこれ半年以上は関わってない訳で。
それでも鉄のように熱しやすく冷めやすい性格。今も囲碁熱が微熱程度に再発している。そんな時に手元に囲碁関係の資料が無いとイライラするのだ。良かった、捨てなくて。。ここらがものを捨てれない理由なのかも。。

さて、今回は比較的支出が無い。って言うか、前回盛り上がった時に必要と思われる参考書類は一通り揃えちゃったわけで。とりあえず機械相手にちまちまやっているのだが、こいつらは手加減ってものを知らない。これが人間だったら「あっ、ここでこうやったらダメだよ」とか、言葉でなくても指導碁ってのがあるわけで、上手く上達するよう導いてくれる訳です。。はぁ、やっぱり最初は囲碁教室でも行った方が良いのかな〜。。と悩む今日この頃でした。。

|

« ベースの話 | Main | 悲しい食事 »

囲碁」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.