« 津警察だけの問題? | Main | 万年筆 »

May 12, 2005

県道工事騒音苦情のその後

久々に昼間に活動できたので、さっそく国土交通省に電話を。工事の苦情は津県民局にて受け付けてくれるとのことで電話を入れた。
俺「がみがみがみがみ・・(中略)・」
担当「・・(中略)・・申し訳なかった」
と言うことで、部屋まであやまりにきてくれるとの申し出もあったけど、そんなことで時間を取られるのも面倒だし、そこまで誠意を見せてくれるなら謝罪の文と工事経緯、落ち度を列記したものを封書にて郵送してちょ!ってことで良しとしました。
前の道路は県道で、苦情は警察からもしっかり業者を通して県の担当者に連絡が行っていたようです。隠蔽体質ではなかったことに少々喜びを感じました。
ただ、工事に関する案内は自治会を通して回覧板と道路に工事案内の看板を立てるしか伝達方法が無い!と言い切られたのですが、回覧板は見てない方が悪いとしても案内の看板は非常にお粗末なもので、「道路工事通行止め」と書いた看板が出てるだけ。普通は工事概要(工期、工事懸命、作業時間、内容概略、施工業者名等)を書いた看板が必要だと思うが、それはなし。担当者はまだ看板の内容までは確認していなかった様子。おもわず怒りで「あんたが自分の目で看板の内容まで見たんか!」と言ってしまい、少々大人げなかったと反省。

まっ、そんなごたごたも有ったけど、とりあえず誠意ある対応を見せてくれそうなので本件は終了。。パチパチパチ。
県道の工事なら県に苦情を、市道なら市に、わかんなかったら国土交通省に問い合わせてみましょう。そうすれば怒りも治まり、平穏な生活を取り戻せますよ〜!

さて、出勤するか。。

|

« 津警察だけの問題? | Main | 万年筆 »

苦情・いやみ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 津警察だけの問題? | Main | 万年筆 »