« 悲しい食事 | Main | 県道工事騒音苦情のその後 »

May 10, 2005

津警察だけの問題?

昨夜9時ごろから私の部屋の前の道路で舗装工事が始まったようだ。

施工業者からも発注者からも、どこからも工事に対する事前案内はなく、まさに寝耳に水だった。

必要な工事なのだろうから10時半頃までは我慢したが、さすがに津警察へ電話を入れた。夜間の道路工事を行うのだから当然届出が出ているはずだからだ。
それに対して当直の方からは「当然出ているとは思いますが,担当が帰宅しているので何時まで工事が行われるのかはわからない」との返事が。
それぞれの立場もあるだろうから11時半頃までは我慢した。再度当直の方に電話を入れたところ、同様の苦情がきているので署員が現場へ向かったとのことだった。。
その直後から静かになったので安心して眠ろうと思ったところ、12時半くらいから再び工事が始まった。どうも休憩時間だったらしい。
業を煮やしてもう一度苦情の電話を入れたところ、直接現場に赴いていただいた方が電話に応対してくださった。
現場監督の話では(警察では相変わらず詳細はわからないらしい)工事の届は提出してあり、自治会との折り合いはついている」
とのこと。しかし私は自治会に入っていないし、存在も知らない。あらためて工事完了時刻を尋ねたところ、朝4時頃まで続くだろうとのことだった。

私が問題に思うのは、まず当直の方ではどこでどのような工事が行われているか調べる統べが無いと言うこと。それでは何のための許可や申請なのだろう?

次に自治会との折り合いは結構だがそれに含まれない人間はどうすればよいのだろうか?必要な工事だろうから仕方の無いことだが、日常生活の最中に気が付く程度の看板やちらしをポストに放り込むぐらいの「近隣対策費」は無かったのだろうか?
自治会の存在を知らない私に責任があるのでしょうか?

また夜間工事に際して最低限の音で済ます努力(クラクションを鳴らしたり大声で呼び合わなければならない状況を努力の結果とは言えない)をするべきではないのだろうか?

そして最大の問題はそのような状況において警察は同情することしか(対応してくださいました警察官の方は大変親身に話を聞いてくださいました)できないのか?
私の怒りはどこへ向ければよいのか?何時にどこで工事があるか、毎日問い合わせなければならないのか?

そして今日の昼に4度目の確認の電話を入れ、工事期間(5月20日まで)の連絡と警察から工事申請業者に対し近隣から苦情があった旨を伝えたと言う連絡を頂いた。

これは津警察だけの問題なのでしょうか?
こう言うことに対して苦情を申し入れる期間は三重県内には無いのでしょうか?
なるほど、過去に交通死亡事故全国一を記録したのはだてではないようです。

私はこのような工事を許可した方やずさんな工事を発注した方をゆるすことはできない。
くれぐれも現場で働いている方や受注業者にはなんの責任も無いことを同じ建設関係の仕事をしているものとして理解しているつもりだ。

|

« 悲しい食事 | Main | 県道工事騒音苦情のその後 »

苦情・いやみ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 悲しい食事 | Main | 県道工事騒音苦情のその後 »