« ターゲットは・・・ | Main | 一触即発 »

June 13, 2005

書斎

 何事も形から入る私。小説を書こう!と心に決めてから、欲しいものがいくつか(1、2個じゃ収まらないのが私・・・)ある。
 その一つが最近盛り上がってる万年筆。中学時代から高級(その当時は安物でも高級に見えたが)万年筆を所有したいと言う欲はあった。もちろん、高価な万年筆ではなく、高級な万年筆。せいぜい出したとしても、10万は無理。せいぜい7万ってとこかな。(十分高価だが)
 次が書斎。一人で1LDKに住んでて、何が書斎!?と思うかもしれないけど、男ってそう言う生き物なのです。(居直り)
 きっと世の男性の数割は、せいぜい茶室か納戸程度の2〜3畳しかない狭いところに机や椅子、それに(ほとんど読みもしない)本を並べ、お気に入りの模型なんかを置ける「自分だけの城」を欲しがっているのではないか?と思う。
 それは小さな頃に「秘密基地ごっこ」をする延長なのだろうが、俺もまさにその一人なのだ。6畳二間とも言える空間に、無造作に散らばった本屋各種メディア、数台のパソコンに洋服の山。。そんなやつに書斎なんて無理!と、思った人は大正解。とうぜん2畳なら2畳以上、6畳なら6畳以上にものを置き、足の踏み場も無くなるのが関の山なのだが。
 次回部屋の片付けをした時には、少し書斎っぽい空間を作ってみよう。。

|

« ターゲットは・・・ | Main | 一触即発 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

書斎・・・納戸・・・物置・・・夢の島とエントロピーは増大の方向に進むのであります。

Posted by: Dr.contami | June 14, 2005 04:18 PM

なるほど。と言うことは、書斎も宇宙に通じているということか。
たしかに、部分的に電波を感じているかも(@_@)

Posted by: | June 14, 2005 09:29 PM

The comments to this entry are closed.

« ターゲットは・・・ | Main | 一触即発 »