« 一触即発 | Main | 秒読みと葛藤 »

June 15, 2005

エネルギー

 町ぐるみで一斉に打ち水をして気温を下げようという企画があった。実に素晴らしい試しみで、どんどん継続的に続けてほしいと思う。
 学生時代にちょこっとだけエネルギーの効率について勉強したことが有る。現在も仕事が建築設備関連なので、エネルギーの有効利用や環境への影響について、常々考えさせられることは多い。
 ひとつだけ言えることは、たとえどれほど立派に「環境を守ろう!」だとか、「地球に優しく!」と唱えてる人でも、自分の居住空間は常に快適でありたいと思ってるってことだ。まるで「国を健全に運営しよう」と言いながらも身の回りの権益ばかりを守ろうとしてる与野党の笑える方々のように。
 たとえば、それほど暑くもない日に走ってる車を見てみる。俺はカーエアコンがそれほど好きではないので窓を開けて走るんだけど、ほとんどの車は窓を全閉。決して我慢大会をしてる訳ではなく、単にエアコンをつけて走ってるだけ。
 カーエアコンをつければ車の燃費は落ちる。これは誰でも知っている。しかし、そもそも冷房とは、ある空間の熱を他の空間に放り出すだけってことを知ってる人はいるのだろうか?部屋の中でエアコンをつければ、それは「部屋の中の熱を外気に放出している」ってこと。車でも同じこと。しかも条件が悪いことに、車の中は日射の影響も大きく熱がこもりやすい。だから放熱量も多いのだ。
 あれっ、でも部屋の中の熱を外に出すだけなら、地球上の全ての熱の合計は同じだから環境に悪くないんじゃないの?
 そのように考えた方は素晴らしい。しかし熱を放出するために使用したエネルギーを考えなければ行けない。熱を吸い取って放出する作業と言うのは非常にエネルギーを必要とすることなのです。その作業に電気が使われたりガスが使われたりするのです。(詳しくは専門書をご覧になるか、メールでも下さいな)
 さて、話がエキサイトしてきたけど、もう一度考えてみてください。本当にいま、エアコンをつけなきゃいけませんか?

|

« 一触即発 | Main | 秒読みと葛藤 »

苦情・いやみ」カテゴリの記事

Comments

ふとわいた疑問。窓を全開にすると、車の空気抵抗は大きくなると思われます。クーラーを弱にしてエンジンに負荷をかけるのと、窓を開けて、空気抵抗を大きくすることでエンジンに負荷をかけるのでは、どちらがエネルギー効率はいいのでしょうか?当然、車の形状や、速度によって大きく左右されるとは思うのですが。なんとなく、速度の出せない街乗りでは、窓を開ける方がいいような気がします。

Posted by: Dr.contami | June 15, 2005 at 11:22 PM

 単純な実験方法として、同じ速度で走行中に「窓を開けた場合」と「エアコンをつけた場合」のエンジンの回転数を比較してみるといいでしょう。
 詳しくは調べてませんが、走行中に窓をあけることによる空気抵抗の増大がエンジンの負荷として無視できない速度って、一般道じゃ少ない気がします。
 ちなみに、一番初期型のホンダCR-Xには効率よく外気を取り入れて室内を循環させるベンチレーターシステムが使われていたと思います。もっと有効に発展させてほしかったですね。

Posted by: | June 16, 2005 at 12:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一触即発 | Main | 秒読みと葛藤 »