« ご購入! | Main | 次から次へと »

June 22, 2005

やっと入手!

 と言ってもビンテージ万年筆でもなければ楽器でもない。昨年から(一人で)大騒ぎしている、東芝EMIから発売されているブルーノートの1500円シリーズの話。
 入手したのはカーティス・フラーさんの「BONE & BARI」と言うアルバム(だけでは無いけど、とりあえず内緒)。その名のとおり、トロンボーンとバリトンサックスのツーフロントにソニー・クラーク(p)、大好きなポール・チェンバース(b)、そしてアート・テイラー(ds)と言う最高の布陣。先輩の部屋で聞いて以来、はや20年。今聞いてなお色あせることは無く、その輝きは増すばかり。
 そもそもバリトンサックスが目立つアルバムと言うのは今でも多くはない。ましてやその頃はジェリー・マリガンやペッパー・アダムス、ロニー・キューバー程度しか奏者の名前も知らず、バリトン吹きにとっては非常に選択肢の少ない状態だった。他のサックスやトランペットにはジャズ・ジャイアンとがひしめいていたのに。
 そんな時に先輩が聞かせてくれたのがこれだった。ジャズの間口の広さと奥行きの深さを一度に知った思いだった。当時のアマチュアバンドのバリトン奏者は必ずと言って良いほど、このアルバムを聴いていた。。。に、違いない。。かも。。
 このアルバムのバリトン奏者が他のアルバムで活躍しているかどうかは全くわからない。ただ、憧れるに値する音だということだけは言える。ALGONQUIN、久々に吹きたいな〜。。

|

« ご購入! | Main | 次から次へと »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ご購入! | Main | 次から次へと »