« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

ピアノへの憧れ

 

以前にも書いたけど、ピアノは好きな楽器であり、弾きたい曲がある楽器の一つでもある。ベートーベンの「悲愴」(大きく出てしまったが・・・)がそれ。それに「テンペスト」や「月光」も。。不思議と回りにピアノが弾ける人は多く、環境的にも恵まれている割に、なかなか弾く機会が無い。
 で、なきゃ作っちゃえ!ってことで、アンサンブルの練習の合間にピアノを練習してみることに。教則本も「ブルグミュラー」を買うつもりが「ツェルニー第一課程の練習曲」に。。理由は「知らない曲集だから」と、いたっていい加減(^^;
 で、久々に三大ソナタを聞きたくなって、LPを再生するのもめんどうなので「ホロビッツ」の三大ソナタ集を買ってきた。うん、良いな〜。。でも、やっぱりアシュケナージが好き!
 ベートーベンの三大ピアノソナタは昔から好きで、ケンプとアシュケナージのを持ってる。その他にも友人宅で色々聞かせてもらったりしたけど、やっぱりアシュケナージが良い。。賛否両論だろうけど、彼の「月光」は「グッ!」とくるものがある。解釈が独特なのか、、、細かいことはわからないけど、それ以上に「グッ!」とくる演奏にはまだ出会ってない。。
 クラシックの場合、好きなプレーヤーが好きな作曲家の作品を演奏してくれるとは限らず、せっかくレコーディングしても良いとは限らない。。そう言う意味で、お気に入りの演奏に出会う確率はジャズやロックより少ないのではなかろうか?
 まさにその代表的な例ってわけじゃないけど、今回ついでにアシュケナージのチャイコのピアノ協奏曲も買ってきた。好きな曲を好きな演奏家が演奏しているにもかかわらず、昔から持ってるギレリスのピアノの方がしっくりくる。。クラシックの奥深さをあらためて感じた。。それにしても、アシュケナージさん、もう一度ピアノ弾かないかな〜。。

| | Comments (2)

July 29, 2005

本当に暑いですか?

 今日は同僚に運転してもらって現場へ。蒸し暑い1日だな〜、、と、ふと車の窓を開けた。あれっ?結構風は冷たいじゃん。同僚に「車のエアコン、切ってみ。。」と、促す。しばらくすると「やっぱり暑いわ〜」と、再びエアコン投入。おい、窓を閉めたままだと風は入らんぞ。。と、心の中で叫んでみた。
 我が社にも「クール・ビズ」なる言葉が入ってきた。俺の場合はもともと作業服だから、それほど関係はない。それでも室温28度には賛成だ。内勤の人もさぞ寒いだろうけど、外回りで40℃近くの外気の中を歩いてきて、仮に25℃の部屋に入るってことは、温度差15℃を経験することになる。実際には外の温度はもう少し高く、室内の吹き出し温度はもっと低いから、下手をすると20℃以上の温度差を体感することになる。はっきり言って、良い訳ないです。本当にそこまで冷やす必要って、ありますか??
 ここ数日、台風一過のおかげか、比較的夜も過ごしやすく、エアコンを使ってません。換気扇を回して外気を部屋に取り込めば十分。でも同じアパートの他の部屋ではびんびんにエアコンが動いてます。本当にエアコン、必要ですか?
 電気の持つエネルギーの質(価値)は非常に高いのです。でもそれをいったん熱エネルギーにしてしまうと、ものすごくその価値は下がります。その上、いったん我々が空調で利用するレベルの熱に変換してしまうと、もう高質なエネルギーには戻れません。いま、ものすごい勢いで原油の価格が上がっています。もう一度エネルギーの価値を見直してみませんか?
 全国的にもクールビズや打ち水等、環境への配慮がブームになってます。このブーム、みんなで便乗しましょう!そして、縁側で夕涼みができる日本の夏を取り戻してみませんか?

| | Comments (2)

July 28, 2005

こりゃ〜やばそうだ。。

 今日は間違えずに病院へ(^^;
 さて、恒例の血液検査を行い、しばし待った後で診察室へ。先生、開口一番「う〜ん、良くないですね〜」。。あっ、良くないんだ(*_*)
 ざくっと今日の血液検査の結果を記述すると、、、

  GOT 189H, GPT 497H, ALP 462H, LDH 246H,
  γGTP 62H, UA 6.6H, TG 156H, AFP 10.60H, PT% 61.4L
  参考:GOT,GPTは通常40程度、ALPは83〜217
     γGTPは男性で50以下、女性で30以下
     AFPは10以下

 で、どうだと言われると、さっぱりわからない。この数値の意味も帰ってからネットで調べたものだし。ただ先生曰く「かなり良くないB型の慢性肝炎ですね〜。ほっとくと肝硬変になりますよ。」だそうだ。
 こりゃいかん。それは嫌だ。。とりあえず今飲んでる薬「ウルソ100」に「グリチロン」を追加され、一週間様子を見ることに。数値が下がらなければ、入院しなきゃいけないみたい(T_T)
 ちなみにGPTとは簡単に言うと肝臓の壊れてる量だそうで、ここ1年の間に9回血液検査をした中では最高値だった。しかし数ヶ月単位で増えたり減ったりで、一番少ない時で49。。。どうなっとんのじゃ?
これも先生曰く「変動が激しいってことは、それだけ肝臓に負担がかかってるとも言えるんですよ。」だそうだ。ここ1ヶ月は全然お酒も飲んでないのに。。

 と言う訳で、私の周りには(アルコール性)肝炎予備軍が多そうなので、今後の治療や体調に変動があったら逐次ご報告します。。
 それにしても「沈黙の臓器」と言われるほど、肝臓は手遅れになるまで自覚症状無しに黙々と働くそうな。しかも「身体がだるい」ってのも、俺はてっきり怠け癖がついてるからだと思ってたけど、そうでは無かったみたい。みなさんも、少しでも体調がおかしい!と思ったら、まよわず病院へ行かれることをお勧めいたします。はぁ、、、どうなるんかいな〜。。つづく

 と、書いた後で先輩のHP(奥様のHP?)をのぞいたら、先輩の奥様、γ-GTPが2000を超えて速入院のご経験がお有りとのこと。。おみそれいたしました(^^;
それにしても2000って、、TOYOTA-γ2000GTP・・・などとつまらないギャグを飛ばしたくなってしまいます。。。反省。。

| | Comments (0)

July 27, 2005

手違い休暇

 病院へ検診に行く日。ってことで休みを取った。朝一番で自動受付機へ並んで、開始時刻とともに診察券投入!。。。あれっ?なんか画面がいつもと違う??
 総合案内で確認したら、予約は明日だった(^^:
 まっ、このお休みは神様の贈り物ってことで、たっぷり昼寝をして久しぶりにネットゲームをしたり。。台風のおかげでエアコンをつけるまでもなく、部屋の中もそれほど暑くなく。夕方から本を読んだり、本屋さんでぷらぷらしたり。なんだか久しぶりにのんびりしてる気がする。
 今週も日曜はバンドの練習がある。ピアノが使えるなら少し練習しようかな〜。やっぱりピアノが弾けるとかっこいいしね。なんて本屋さんで楽譜を見ながら思ったりした。ブルグミュラーでも買おうかしら。。金沢までとりにいくほどでもないし。。

| | Comments (0)

July 26, 2005

多読日記

 簡単そうなGL(Graded Readers)を買ってきて読んだ。どうせなら読書記録をつけよう!(多分1ヶ月くらいでやめると思うが・・・)
 ってことで、今日現在、6冊読んで5100語。100万語まで残りたったの99万4千900語(T_T)
 もっとも、ハリーポッターはこれに入れてないんだけどね。1日1章のペースで読んでるけど、1ページ250語、1章あたり20ページくらいだから、プラス1日5000語なんだよね〜。。って、ハリポタ1冊で15万語だよ(^^;
 まっ、読みゃいいってことらしいから、意味がわかんなくてもバシバシ読んでいこう!

| | Comments (0)

July 25, 2005

どんどん読みましょう

 会社帰りに買ってきた「100万語多読入門」。相変わらず影響されやすい自分を可愛いと思ってしまう。ざくっと内容を言えば、意味が分からなくてもたくさん読めばわかるようになる。って感じ。1890円したけど、600円くらいの初心者用の本2冊分がまるまる収録されてるから、損をした気にはならない。読み方のコツや初心者用の本の種類も書いてあるので、初心者用洋書(英語学習者用の段階別読み物:GR)を探す助けにもなる。
 さっそく帰って収録作品を読んでみたけど、これが250語レベル?と思うくらい面白い内容だった。ハリーポッターシリーズは第一巻、第二巻あたりまでは400語〜600語レベルみたいだけど、その後はどんどんグレードがあがっていくからね〜。今読んでる6巻に比べると、250語レベルは非常にサクサク読めて気持ちがよい。ふむ、これが多読への第一歩か!
 早い人では3〜4ヶ月程度で100万語を読めるそうな。俺も年内には100万語に到達したいな〜。。あっ、ハリーポッターの6巻、やっと10章に突入。ってことは約3割読んだってことか。。まだ大きな動きはないかな。でも伏線がいっぱい。何章あたりではじけるのかな・・。

| | Comments (0)

July 24, 2005

きっかけとは・・・

 中学時代、1学期で俺の英語は終わった。。それは先生が「ビー動詞だから・・・」と言ったのを眠い目をこすりながら聞いた時。そう、「いつの間にエー動詞を習ったんだろう?」と思った時に俺の義務教育に置ける英語は終了したのだ。
 訳の分からないまま、高校に入学。友人にはなぜか成績優秀者が多く、なんでそんな中に俺がいるんやろ?と思いながらクラブ活動に勤しんだ。英語はすでに終わっていたから物理に燃えた。おかげで大学入試は散々なものだったが、なんとか入学できた。。受験のために一応、人並みに「試験に出る英単語(通称しけたん)」を買ったのだが、2ページ目以降を開いた記憶が無い。それでも3年の時に留学生がクラブへ遊びにきたときはちゃんと(ハートで)会話した。
 大学に入り、アメリカ人の英語の先生(シーガル先生、元気ですか〜?)にクラブの演奏会のチケットを割引で売りつけた。その程度の会話は(ハートで)なんとかなるもんだ。割引が効いたのか、その授業の成績はBだった。過去に英語でこれ以上の点数はもらったことが無い。チケットは割り引いて売るものだ。。
 社会人になり、今から英語を覚えるのも西語を覚えるのも変わりはない!と思い立ち、西語を勉強し始めた。高価な教材は買わず、ひたすらNHKのテキストで。スペインの幼稚園児が読む程度の本は(単語を飛ばしながら)読むことはできるようになった。
 それでも何度かは英語を勉強しようと思った。コナンドイルやヘミングウェイを原書で読んでみたい。そんな欲求もある。なにより洋書は安い。ペーパーバックなんてだいたい1000円だ。文庫本でも最近はそのくらいするし、ハードカバーなんて2倍や3倍はする。それに翻訳本が出るより早く読める。
 もともと外国語を勉強しようと思った理由は「かっこいいから」だ。俺の美学は「ぼろは着てても心は錦」なのだ。バリバリの名古屋弁(金沢出身で津に住んでいるのに)を話していても、外国人に突然道を聞かれても(なぜか道を聞かれやすい人間らしい)流暢な異国の言葉でペラペラ。そう言う人ってかっこいい(いやらしいとも言う)でしょ?それに、エレベーターの中でペラペラ日本の悪口を西語で言ってるやつや、コリアン・バーで女の子同士が母国語でぼそぼそ言ってるのを聞いて、その国の言葉で「君たちの言っている意味が分かる日本人もいるんだよ」とたしなめたりしたら、そりゃ〜も〜!(あぁ〜、いやらし〜)
 と、そんなことで数(十)度の挫折を繰り返したが「ハリー・ポッター」シリーズを読んだのをきっかけに、なんだか英語が面白くなってきた。もちろん辞書を調べたり単語を覚えるのは嫌いだが。そんなおいらには「多読学習法」が向いているみたいだ。
 とりあえず、"and the Half-Blood Prince"を読み終わったら、たっぷり多読をしてみよう。幸い、のってきそうな仲間も(君だよ、君!)いるし。また(エセ)英文チャットをしましょう!(*^-^*)
 それにしても、なんで俺の友人達って英語が達者なのが多いんだろうね。。大学時代の仲間内で、英語がボロボロなのは俺だけじゃん。。

| | Comments (2)

July 21, 2005

漫画喫茶

 このブログにも何度か書いたけど、仕事で遅くなるとホテルやサウナではなく漫画喫茶で寝ることが多い。なんと言っても価格が魅力。11時から朝9時までいても2000円。エアコン完備、個室ブース、フリードリンク、漫画の最新刊常備、インターネット使いたい放題、テレビあり、PCのUSBから携帯やアイポの充電はできるし、椅子はリクライニング。カプセルで4000円払うなら、絶対こっちの方が俺向き。。

 今日はエアコンの洗浄整備の立会いだった。洗浄業者の方には「11時には電車が無くなるから早く帰りたいな〜」って、さりげなく言ってあった。もちろん、綺麗にならなきゃ意味がないから、別に時間にこだわったわけではないけど、少々帰ってからやりたいことがあったので。。

 洗いにきてくれた業者さん、そりゃ〜もう一生懸命やって下さいました。ありがたいことです。そして「監督、11時に終わったよ!」と笑顔で。う〜ん、ありがとう!でもね、11時に名古屋駅発なの。。と、心の中で小さく思ったけど、「うん、ありがとう!またお願いね!」と爽やかに。気持ちがうれしいじゃないか!

 と言うわけで、久々に漫画喫茶へ。。ほんの2日ぶりなんだが。。ところが、なぜか上の階でハツリ(コンクリートを削ってるわけです。。いわゆる、道路工事のガガガガ〜状態)工事をしてるわけです。。つい2ヶ月前に、自分もハツリ工事があって、そのビルの守衛さんを朝まで寝かさなかったことがあるので、なんとなく文句も言えず。。

 はぁ。。。とりあえず、ヘッドホンでアイポでも聞きながらハリポタでも読むか。。そのうち終わることを祈って。。。それにしても、この状態で正規料金を徴収するなよな〜。いやなら他へ行けって言われてるみたいで面白くない。。ぶ〜。。

| | Comments (0)

July 20, 2005

盛りだくさん

 今日は朝から忙しかった。打ち合わせラッシュに電話ラッシュ。現場が栄近辺に固まっているとはいえ、全部が同じビルの中にある訳でも隣同士でもない。。栄の真ん中にマイちゃりんこを置いておく訳にもいかず、移動はもっぱら徒歩。炎天下の下では結構きついでござんす。。
 でもバスや電車で移動する時は読書タイム。今日も順調にハリーポッターを読みました。6章に突入です。この章を読み終われば2割済んだことになります。ん?すでに2割近く読んでるわけだ。。ネタバレしたいんですが、そこまで詳しい内容は理解してないので。。でもちょこっとだけ言うなら、伏線の嵐です。どんどん次の章へ読み進みたくなります。さすがミリオンセラー。。
 そして、ハリーが○○なことを□□したうえに、なんとハーマイオニーが××でロンと△△なことに!!って、これじゃ昼メロだよ(^^;
 それにしても、体調が今ひとつ思わしくない。。多忙で疲労が蓄積してるのはわかってるのだが、しばらくスターウォーズを見に行ってないのも理由かも。まだ5回しか見てないのに〜!

| | Comments (0)

July 19, 2005

ハリーが・・・

 ハリー・ポッターの新作を読んでいる。1日1章のペースはなんとか保っている状態。続けて読みたいのだが、英語を母国語として無い民族(無理矢理”血”のせいにしちゃいましょう)の悲しさ、どうしてもサクサクとはページが進まない。たとえそれが1ページで20個の単語を無視したとしても・・・(^^;
 それでも何となく意味が分かっちゃうのが、この小説の素晴らしいところだと思う。そう、”読めた”気になってしまうのが怖い。。
 ところで24時間の売り上げ部数が米英で既に890万部を超えたそうな。執筆料はわかんないけど、日本式に印税を計算すると印刷部数×定価(日本では再販商品なので”定価”と書いても良いはず)×1割くらいだそうな。ってことは、1冊が2500円くらいとしても、、、、大金です(*_*)
 桁が違いすぎて訳が分かりませんが、少なくとも私が生きている間には、これほどのベストセラーは発売されない気がします。だって、へたしたら世界中での売り上げが24時間でテンミリオンですよ!
 と、人の収入に熱くなってもしょうがないけど、私が親なら中学生くらいの子供にはぜひ原書で読ませたいな〜。。といいつつ、周りを原書ブームに巻き込もうとするのであった。。一番被害を被るのって、、、、

| | Comments (0)

July 18, 2005

音楽番組

 日曜の夜に車でお買い物。お供のアイポ達を忘れたので久々にラジオをつけた。FMを色々漁ってたらクラシックの音色が聞こえてきた。なんて曲だろうな〜、と思いながら聞いていたら、パーソナリティーが中澤裕子さんだった。ありゃ!
 「モーニング娘。」のリーダーとして活躍中から彼女のファンだったので、そのまま最後まで聞き続けた。おぉ、NHKもやるじゃん!
 この放送はNHK-FMで日曜の夜にやっている「気ままにクラシック」という番組だ。久しぶりに素晴らしい音楽番組に出会えたと思う。ジャンルは違うけどサントリーウェイティングバー「アバンティー」って番組も面白いが、こちらは内容がミュージシャン中心に偏っているし、どちらかと言うと音楽番組(”音楽”を聞く番組とは違い、音楽を題材としたエンタメ番組と思ってください)とは少しタイプが違うと思う。
 その点「気まま〜」は完全に音楽番組(私が好きなタイプの)と言える。純粋な音楽番組としては大昔にテレビでやってた黒柳徹子さんと芥川也寸志さんの「音楽の広場」が大好きで、この番組の影響で音楽好きになったと言っても過言ではない。その次に盛り上がったのはタモリの「音楽は世界だ」だったが、少々遊びに偏りすぎた嫌いがあって、長続きはしなかった。その轍を踏まないようNHKにはがんばって継続して欲しいものだ。
 久々に楽しいな〜って思える番組に出会えたのでご機嫌。来週もぜひ聞かなきゃ。それにしても中澤裕子さんはNHKで良く見かけますが、民放より向いている気がしますね(^^)v

| | Comments (0)

July 17, 2005

新作。

 とうとう発売されました「Harry Potter and the Half Blood Prince」、早速購入しました。今回はハードカバーで600ページ。洋書の特徴でページ数の割には軽いのですが、はっきり言ってかさばります。。じゃまです。。通勤の途中に読むには辛いです。どうも外国には通勤電車の中で本を読む習慣が無い(あったらすいません)ようです。文庫本とは言わないけど、せめて普通のペーパーバックサイズで出版して欲しいものです。。
 と、文句を言いまくってますが、全30章のうち2章読み(眺め)ました。話の流れ方が今までと少々違うように(内容は言えません・・いや、言えるほど理解してません)思いましたが、やはりついつい読み進んでしまいます。ハリーポッターシリーズは全て洋書で(最初4冊は翻訳版と両方)読んで(くどいけど、”眺めて”です)きたけど、話が進むにつれてページ数が多くなり、出てくる単語も難しくなっていくようです。ハリーと一緒にこっちも進級試験を受けてる気がします(^^;
 とりあえず通勤で読むかどうかは思案中だけど、読みたい本は山のようにあるし、時間は限られてるし。。原語で読み出すとついつい語学の勉強も(そう、スペイン語とハングル)やりたくなるし。。はぁ、どれも中途半端やな〜。。でも、興味のあることは興味のある時にやる主義だし。。まずはハリーの行く末を確認しなければ。。

| | Comments (0)

July 14, 2005

匠味!

 デジタルプロジェクターでスターウォーズを見るために、名古屋の笹島へ行ってきた。それについてはこちらを見てくださいな。
 んで、その劇場の下には緑のモスがあります。ちょうど昼過ぎに映画が終わるので、お昼ご飯はモス!と決定。終了後に店の前のちらしを見たら、なんだか食べたことの無い商品が。「匠味十段」!?
 普通の匠味バーガーは何度か食べたことがある。ハンバーガー一個が600円くらいするんだけど、厳選素材を使った、まさに至高の逸品。緑のモスそのものが近くには無いので、さっそく「匠味十段」を食べることに。値段がなんと一個1000円。。ははは、とうとう一個1000円ですか(^^;
 もちろん、今まで全ての期待を裏切らなかったモスバーガー、とうぜん期待は膨らむ訳です。席で待っていると、匠味のサービスと同じでテーブルセッティングをしてくれる。目の前にはナイフとフォークにスプーンが。気楽さはみじんもありません。
 でてきたバーガーはこちら。もう、完全に洋食です。味?説明するまでもないでしょう。どこをとっても全てが素晴らしいのです。その中でもあえて選ぶなら、ベーコンが素晴らしかった。ベーコンエッグバーガーにして500円くらいで売ってくれんかいな?と思うくらい。
 ただ匠味シリーズ全てに言えることは、手でもってかぶりつくことができない(無理すればできるんだろうが・・・)と言うこと。ナイフとフォークで食べる時点でそれをハンバーガーと定義して良いのかしら??
 全てを一体化して食べてこそのハンバーガーではないかと思う訳です。おにぎりをご飯と具とのりをバラバラに出されれば、たんなる朝定食であるように。手でもってかぶりついて初めて「おにぎり」という料理になると思うのです。
 だから匠味シリーズも、ハンバーガーとしての原点を考え直してほしいのです。この世の中、ちゃんとした食べ物(安全で、手間と暇をかけて作ったもの)を食べようと思えば、ハンバーガー一個が1000円になってもしかたないでしょう。だからこそ、「ハンバーガー」が洋食になるのではなく、「ハンバーガー」として1000円で売ってほしいと思うのはエゴでしょうかね〜。。
 まっ、それにしても、本当に美味しかった。。個数限定、発売時間限定なので気楽には食べれない(そもそも昼飯に1000円は気楽と言えないけど)のが残念だ。

| | Comments (0)

July 12, 2005

今週発売!

 文化、芸術的な作品について、スターウォーズは私のライフサイクルの一つ。だから趣味とか嗜好とかの枠は超えている。で、それ以外ではアメリカンコミックスが大好きだ。秋にはファンタスティック・フォーが実写版で上映されるのを楽しみにしているし、スパイダーマン3にも期待している。アメコミキャラではマイティー・ソーが大好きだが、今の技術なら実写版も作れそうだから楽しみだ。
 音楽が素晴らしい上に原作も面白いのでハリー・ポッターも大好きだ。映画の第4作目も作られているようなので期待したい。その最新作がいよいよ今週発売になる。と言っても英語版なのだが、不思議と(なんとなく)読めてしまう。もちろん予約を入れたし、土曜は仕事で名古屋へ行くから、発売と同時に入手できる。
 今回はなぜかハードカバー(丸善の担当者曰く、今までもソフトカバーはハードカバー発売の1年後だとか。おかしいな〜??)の発売だから、通勤電車の中でよ読むのは苦労しそうだ。新刊が発売される足袋にページ数が増大するうえ、日本のように上下巻に分かれていないので、その厚みはほとんど辞典並みだ。
 ハリーもいよいよ6年生となり、次回作が最終話となるはずだ。もちろんサイドストーリーや後日談も作ってもらってかまわないが、やはり一度は完結してほしい。スターウォーズ同様、こちらも目が離せない。今年の夏は色々と楽しめそうだ。

| | Comments (0)

July 10, 2005

お掃除

 現場で何気なくセーラーの万年筆をばらしてみたら、インクが無くなってた。ちょうど切りもいいので、帰ったら万年筆の掃除をしようと心に誓う。
 帰ってから早速お掃除。カートリッジタイプなので、使い終わったカートリッジにスポイドを取り付けたお手製の道具で中をしゅぽしゅぽ。ジャムの空瓶の中に、鮮やかなブルーブラックの花が咲く。これってけっこう楽しかったりする。
 しょっちゅう洗うほどマメじゃないけど、インクの色を変える時と空になった時は洗うようにしている。ニブの太いやつはインクの減りも早いから、この楽しみも多く、ペン先も奇麗に保てるんだけど、細いニブはインクが減らず、なかなか洗えなくて寂しい。
 さて、次はどの万年筆を洗えるかな〜♪

| | Comments (0)

July 07, 2005

健康第一

 かれこれ一ヶ月近くお酒を飲んでいない。もともと晩酌をする訳でもなく、習慣的にお酒を飲んでた訳じゃない。でもお酒は大好き。おいしいお酒に出会うと、自然と顔がほころんでしまう。今までずいぶん多くのアルコールを摂取してきたと思う。
 別にやめるつもりは無いけど、肝臓の検査結果が出るまでは控えようかと。そりゃ当然だわね。全く飲めなくなったら嫌だからね。だけど、お酒が好きで、かつ、ある程度飲める方なので、お酒を飲む場所に行くのはちょいと寂しい。周りが飲んでるのに自分が飲めないのはね。。これは「飲めない」と「飲まない」の違いに起因するものだと思う。
 タバコはすっかり吸わなくなったから、「吸えない」ではなく「吸わない」ので、周りに吸う人がいても気にならない(別な意味で気になるが・・・)。しかし、お酒の場合は「飲めない」の割合が強いから、少々辛い。しばらくお酒が入る席は辞退しようかな。。でも、これだけ暑くなると、ついつい飲みたくなっちゃうよね〜。。無くしてわかる健康のありがたみって感じだね。。

| | Comments (0)

July 06, 2005

プロの技

 基本的に残業はしない。残業しなければこなせないのは、自分の能力を呪うことにしている。もちろん、人に同じことを強要するつもりもない。
また、全く残業しない訳でもなく、この時間に漫画喫茶で始発を待つことも多々あるシーン。いわゆる客先都合による夜間、休日の時間指定工事。そのかわり、昼間は爆睡している。
 現場監督をしていると、さまざまなプロフェッショナルと出会える。今日は解体のプロフェッショナルと一緒だった。
 その手際の良さと丁寧な仕事振りにより、機械室の中が見る見る空になったいく。搬出されたゴミは、これまた整然とトラックに積み込まれていく。すばらしい。彼らの大半は、今日始めて現場を見たはずなのに。
 そう、チーフの指揮が素晴らしいのだ。他の業種はわからないけど、この業界では段取りが仕事のほとんどを占めるのだ。段取りが良ければ、それぞれのプロフェッショナルの能力は最大限に引き出され、その逆は目も当てられない悲惨な状態になる。私は自分の能力を超えるような仕事は引き受けない。それは消極的なわけではなく、プロとしては当然のことだと思っている。チャレンジするのは自分の勝手だが、それに振り回される人がいるなら、それはチャレンジではなく、単なる迷惑だからだ。

 個々のチーフの能力を最大限に引き出す段取りをするのが私の仕事。朝まで帰れないかな〜って思ってたのに、この時間にこれを打ってるってことは、今日は俺の勝利でもある!!と、ブログには書いて見た(^^;
本当は匠のおかげなんですよ〜。感謝、感謝(^^)v

| | Comments (0)

July 05, 2005

暑中見舞い

 アドレスブックを書き直しているが、なかなか進まない。遅く帰ってゲームに勤しんでればあたりまえなんだけど。それでも、そろそろ暑中見舞いの準備をしようかと。
 当初の計画では絵も自分で書くつもりだったんだけど、さすがにそこまでは手が伸びず、とりあえず絵はがきでも買ってお茶を濁そうかな〜って。。それでも宛名は手書きでがんばろうかと。まっ、年賀状より枚数も多くないし。せいぜい10枚から20枚(倍違うけど・・・)程度かな。近場の人には出す必要もないだろうし。
 それが過ぎると今度は残暑見舞い。そこまで盛大に書くことは無いと思うけど、出すタイミングが難しいね。梅雨明け=残暑って感じになりそうだし。俺がガキの頃と全然気候が変わっちゃったしね。昔は35℃もあったら大騒ぎだったのに。
 今年の夏、涼しいと嬉しいな〜。。

| | Comments (0)

July 03, 2005

検査入院

 肝臓の生体検査のため、一泊二日で入院してきたよ。思ったより簡単だったけど、予想したより大げさだった。(なんのこっちゃ。。)
 まず入院手続きをしたら部屋に案内され、止血時間測定(耳に針を刺し、血が止まるまでの時間を測定する)、心電図、レントゲン撮影をした。その後、部屋でゴロゴロ。iPodを持参してきて良かったわ〜。るんるんにブルーノートを聞いていたら看護士さんが検査の段取りを説明してくれ、点滴を開始。一本4時間近くのを3本打つとのこと。その後、抗生物質のアレルギー検査を数カ所やって、血液検査。う〜ん、やっぱり大げさ??
 その後も「腹減った〜」を繰り返し(説明では晩飯まで何も食べれないらしい・・・)ながらも本を読みながらiPodを聞いてたらドクター登場。「さて、始めようか。」。。。ん??ここで??
 そのままカーテンを閉めて抗生物質をうち、筋肉注射(これ、めっちゃ痛かった)も三本うって、さらに麻酔を数本。。ところで「先生、ヘッドホン外さなくていいですか??」と、私。「声が聞こえてるならそのままでいいですよ〜♪」とドクター。う〜ん、思ったより簡単??
 サンプル採取に成功したらしく、見せてもらったのは赤い糸状のおいらの肝臓。てっきりレバ刺しみたいのが皿にのってるかと思った(^^;
 その後は約3時間は寝返りもダメ。さらに2時間は起き上がってもダメ。血圧計をつけたまま、ごろごろ、いや、ごろり。と言っても注射の影響で、ほとんど寝てた。うつらうつら。目が開いて、看護士さんの「どうですか?気分悪くないですか?」の声に「特にないです。。でも眠いですね〜」って感じ。
 やっと血圧計が外れて晩ご飯。実は病院食って好きなんですね〜。薄味が好きなので、好みに合うとです。んで、またまた爆睡。途中、知らないうちに消灯になってたみたいけど、おかまいなく爆睡。看護士さんが点滴を外しにきてくれたのは覚えてるけど。
 んで朝になり、快適な朝食。そして朝一番の血液検査。これの結果に問題無ければ退院とのこと。ってことで、無事に退院。
 一泊二日とはいえ、やはり病院というのは慣れないね。しかも入院したのは扁桃腺の手術をした幼稚園の時以来、実に34年ぶり。はぁ、俺って健康だったのね。
 さて、この結果はまた27日の定期検診で明らかにされるだろう。この結果によっては相当きつい薬を飲まなきゃいけないかもしれないらしい。はぁ、ちょび鬱。って言っても今更始まらない。とりあえず、ちょこっとずつダイエット。
 みなさんも健康には気をつけてチョ!

| | Comments (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »