« August 2005 | Main | October 2005 »

September 30, 2005

TOTO・音楽のルーツ

 毎回おいらの音楽のルーツを紹介する、すっかりおなじみ(?)のこのコーナー、今回はTOTOです。
 たぶん1978年頃のデビューだと思うのですが、70年代後半から80年代初頭に大活躍したロックバンドです。おいらがちょうど中学に入ったあたりにヒットしていたため、どこへ行っても耳にすることができた。特にTOTO(東陶機器株式会社のこと。衛生器具で有名ですね。)のCMにTOTO(こっちは今回のテーマのロックバンド)が「99」って曲(ジャパニーズコメディアンではありませんよ〜)で出演してたのが印象的でした。イメージ的にも奇麗なCMでした。
 と、TOTOを紹介したのですが、実はこのバンドのアルバムは「TOTO」「HYDRA」「Turn Back」の3枚しか知りません。それ以降はクラシックに凝ってたので、だんだんロックは聴かなくなっちゃったんですね〜。。
 さて、このバンドのギタリストがスティーブ・ルカサーと言う方で、そりゃ〜もう、めちゃウマ。この時代はもう一人ジャーニーと言うバンドのギタリストだったニール・ショーンもスーパーギタリストでした。同世代(に洋楽を聴いた)の方はだいたい知ってるんじゃないかな?世界に2本しか無いすっげーギターをこの二人が1本ずつプレゼントされたって逸話があったくらい。
 もしTOTOの音楽を聴く機会がありましたら、ぜひギターの音色に注目してみて下さい。今風のデジタルエフェクターでは出ないような素晴らしい音がしてますよ!

| | Comments (2)

September 28, 2005

バリアフリーって、、

 今日は(いつもだけど)まじめなお話を。世間でバリアフリーという言葉が認知されるようになってからすでに10年近く経っていると思います。特にここ数年は官公庁もやっきになり取り組んでいるようです。それは非常に良いことだと思います。
 退院してまだ1週間たらずですが、まだ体力の回復はボチボチで、日常生活をするにしても少々辛いことがあります。足の筋力もかなり衰えているようです。通勤時に津駅や名古屋駅等の主要な駅はエスカレーター、エレベーターがほぼ装備されていて便利なのですが、我が家からの最寄りの駅は無人駅でもあるため階段を使用します。これが意外とこたえるのです。ただ、施設の問題は特に気になることも少なく、本当にここ数年でバリアフリーになってきたな〜と感じます。
 しかし、なかなか難しい問題があります。それは我々が見た目は普通の健常者と変わらないと言うことです。友人の妊婦さんとも話したのですが、妊娠初期の一番体調が安定しない時にはまだお腹も大きくなっていないため、周りに妊婦さんだとわかってもらえず、公共交通機関の中でも席を変わってもらったりしにくいと言うことでした。これは当事者しかわからない部分ですね。
 私も普段は公共交通機関も短い距離なら座ったりしないのですが、今は本当に立っているのが苦痛な時があります。これには自分自身も驚いてしまいますが、本当に5分や10分でも座りたいのです。しかし対外的にアピールする手段が限られています。いちいち「すいません、慢性肝炎で入院していたため体力が落ちてしまい、立っているのが辛いので席を譲って頂けませんか?」と説明するのも精神的に辛いのです。辛いなら言えばいいというのも理屈ですが、なかなかそうもいかないのです。いっそ「I am 肝炎」とか「体力回復中!」とか書いたステッカーでも作って身につけようかとも思ってしまいます。
 こんなとこで問題提起をするのもなんなんですが、このようなことは体験したものでないとわかりにくい部分もあります。相手がしんどいな〜って思ったら自然と席を譲ったりする土壌は日本にもまだまだあると私は感じていますが、それをどのようにアピールしたら良いか方法がわかりません。ハード的なバリアフリーがある程度浸透したので、次はソフトウェア的なバリアフリーを考える時代が来たのかもしれませんね〜。本当に何か良い方法はないかしら。やっぱりステッカーかな。。

| | Comments (2)

September 26, 2005

超疲労

 1ヶ月半ぶりに津から会社のある名古屋へ出勤。朝5時に起き、自転車でいそいそと近くの駅まで行き、そこから近鉄電車で名古屋まで。名鉄、市バスを乗り継いで出社。上司や同僚は色々と気を使ってくれつつも、休んでいた間の私の担当現場の報告をつらつらと。。本当に迷惑をかけたな〜、と思いつつ、心配して頂いた業者さんやお客さんに退院の一報を入れて午前中は終了。
 午後は2件ほど打ち合わせをしにお客様のところへ。もちろん運転はお願いして、私は座っているだけ。。なのに、すごい疲労。。やはり体力が落ちている。
昼ご飯は会社が契約しているところの弁当を注文。半分食べてギブアップ。やはり油分が多い。揚げ物主体だから仕方ないけど。ほとんど残してしまいました。まっ、胃も縮んでるから空腹感は無いけどね。
 調子に乗って缶珈琲を2本も飲んだのがいけなかったのか、夕方から脂汗が出るくらい気持ち悪くなり、帰社後嘔吐。。頭痛もし、多分熱も上がっていたのだろう。まるで車に酔ったような感じだった。
 定時に切り上げさせてもらい、会社の産業医契約をしている内科へ。事前に主治医からインターフェロンと強ミノの注射をするよう医療情報を書いてもらった手紙を総務の方へ送ってあった。退院前にも総務に確認し、出社後はスムーズに注射をうってもらうはず。。。だったのに、手違いでインターフェロンが無い。だから念をおしたのに〜!と思っても無いものはない。仕方ないからインターフェロンは今週2回しかうてません。そんなんでいいのか??
 少々気分を害しながらも、だいぶ吐き気と頭痛も治まり、大事を取って特急で帰宅。自転車も断念。。明日の帰りにでもとりに行こう。。
それにしても、1ヶ月半の入院は、予想以上に体力が無くなっていた。。相変わらず自覚症状に乏しいため、以前のように仕事ができるかなって思ったけど、しばらくは無理だな。。自分で疲れたって言うのは恥ずかしいから言わないようにしてたけど、今日は本当に疲れたよ。。しばらくはリハビリに勤しみます。。

| | Comments (10)

September 25, 2005

FFIVその2

 FFと言ってもファイナル・ファンタジーではございません。と、説明するまでもないのですが、先日見に行ってきました。少々ちゃちいシーンもありましたが、おおむね満足です。スパイダーマンほどヒットはしないでしょうが、個人的には十分及第点。ファンタスティック・フォーを初めて知ってから25年、映画化を待ち続けた期待にこたえてくれたと思います。
 ところでスーザン訳の女性、見たことある。。すっごくかわいくて、見とれてしまったけど、帰って調べたら「ダーク・エンジェル」のマックスじゃありませんか!演技は、、、ですが、可愛いので許可。ぜひ続編も作って欲しいものです。
 さて、アメコミに興味の無い人には申し訳ないのですが、ちょいとつぶやかせて下さいませ。
 思い出す限りマーベルのヒーローは「スパイダーマン」「ファンタスティック・フォー」「マイティー・ソー」「シルバー・サーファー」「ハルク」「X'men」「キャプテン・アメリカ」「デア・デビル(オリジナルのアメコミは見たこと無い)」「アベンジャーズ(キャプテン・アメリカやマイティー・ソーが参加してるスーパーヒーローチーム)」、とまぁ、有名どころはこんなところかな?
 おい、スーパーマンが無いぞ!と怒らないで下さいね。前にも書いたけど、スーパーマンはマーベルのヒーローでは無くDCのヒーローですので。。ちなみにスターウォーズはダーク・ホース社から出版されてます。
 個人的に好きなヒロインはX'menのストーム、FFのスーザン。もちろんこれは実写版の話だけど。。マーベルはこういうチームの一員を単独で取り上げて新しいシリーズを作るのが得意(デアデビルのエレクトラとか・・・)だから、ぜひ単独で取り上げて欲しいものだ。そう言えばX'menのストームってミュータントじゃなかったと思うんだけど、記憶違いかな〜。。もう少しアメコミに詳しくなりたいな〜。って言うか、何か資料がでてないかしら。。

| | Comments (0)

September 24, 2005

ハウマッチ?Part2

退院時に9月分(23日間)の医療費が請求来ましたのでご報告しますね。

○投   薬 243円  イソジン×1本、痛み止め(ロキソニン)
            胃薬各12回分、ウルソ1月分
○注   射 82,350円 強ミノ×10本、スミフェロン×17本
○検   査 5,550円 血液検査×4回、尿検査×1回
○入院料 90,942円
○診療料 4,560円
○食事療養費 17,940円(保険適用外につき全額自己負担)
◎合計 201,585円(自己負担額)

やはりインターフェロンは高いですね。単純に自己負担は1本5,000円くらいですか。うつ量は1ccなんですけどね。それでも効いてくれれば安く感じるんだけどね〜。効く保証は無いし。まっ、少しは減るんだろうけど。。

ところで、高額療養費制度ってのがあって、1ヶ月分(1日から末日まで)の医療費自己負担額のうち72,300円を超える部分は保険(おいらの場合は社会保険組合)が負担してくれるのだ。で、どうすれば良いかを会社の総務に確認したら「勝手に帰ってくるので、ほっといて下さい」だそうだ(^^;
保険証を病院に提示してあるから、勝手に組合で集計して振り込んでくれるそうな。手続きがいらなくて楽だね。
それと、生命保険会社からも保険金がもらえる。これは所定の用紙を病院に記入してもらわなければならないが、病院の事務窓口へ持って行くと「10日くらいで出来上がると思いますので連絡しますね」だそうだ。ちなみに1通5000円。
さて、退院後は注射は名古屋の病院で、検査は久居の病院で行うのですが、生命保険会社に通院の書類を提出するのは各病院で書いてもらわなければならず、病院が2件にまたがるから1万円いるわけです。。はぁ、世の中金かよ〜。。
医療費に上乗せしてくれてもいいから、こういう面倒な事務手続きは全て病院でやってくれると嬉しいのだが。。

| | Comments (0)

September 23, 2005

ラストデータ

 エリックドルフィーの名盤タイトルにちなんだタイトルを付けてみました。知ってる人ですら「ふ〜ん。。」で終わりそうなネタですが(^^;
 で、30分ほど前に無事退院いたしました。次のデーターは今週火曜日のもので、退院前最後の血液検査のデーターです。
結果は、またまた微妙。。
 GOT 73→89→77、GPT 144→159→157、γGTP 84→90→111
 PT% 49.9→73.8→81.7、HBV DNA 8.2→7.2→??
 WBCx100 56.2→34.4→28.8(白血球数のようです)
 PLT 13.9→8.9→8.0

WBC、PLTが少ないってことは白血球も血小板も少ないってことです。インターフェロンの影響のようで、そのうち落ち着く(はず)だそうですが、とりあえず血が止まりにくいです。実際に注射をうった後の出血(ってほど大げさではないが)がなかなか止まりません。「あんまり止まらないようだったら言って下さいね〜」と、いつものにこやかなクールさでドクターに言われましたから、それほど気にすることも無いのでしょう。。
はっきり言って、劇的に良くなってるわけではありません。先生曰く「PTの値がだいぶ向上してますから、少なくとも回復基調にはあると思います。」だそうです。
 ウィルスが体内から全く無くなるか抗体ができない限り、この病気に終わりはありません。少しでも無理が続けば再び急性増悪となり、入院して絶対安静の日々を送らねばなりません。はぁ、たまにならいいんですがね〜。。医療費も(医療費のお話はまた後ほど)高いし。。帰り際にお土産としてウルソを一ヶ月分頂きました。まだ部屋にはだいぶ残ってるんだけどね〜。。
 担当看護士さんからも「まっ、無理をせずにのんびりと生活に身体を慣らして下さいね。体力はそうとう落ちてますからね〜」と優しいお言葉。個人的に焦る気持ちも無理をする気もさらさら無いのですが(^^;
 それにしても、まずは退院できたことを素直に喜ぼうと思います。この場をお借りして、お見舞いにきて頂いた方や励ましのメールを頂いた方々、病院のスタッフの皆さん(見てないってば。。)、職場のみんさんにお礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました!
 そして、当分は無理をさせないで下さいね〜(^^)v

| | Comments (2)

September 19, 2005

筋肉痛

 私の中ではすっかり今週末に退院の予定。まっ、大きく悪くならない限り大丈夫だろう。退院に備えて少しリハビリをしなければ・・・と思い、昨日は9時から17時まで外出許可をもらった。
 午前中はブルース・カンパニーと言うバンドの練習に参加。実に久しぶりアルトを吹く。ほぼ一ヵ月半ぶりだ。そもそも練習日の都合やなんやかんやで、ブルース・Cへの練習参加は半年ぶり、、、以上かも。。。
Dsがメンバーチェンジしたため、少々演奏にぎこちなさがあった。ノリが変わるから仕方ないか、、と思いつつもリハビリに専念。う〜ん、音の感覚がつかみ難い。やっぱり退化してる(T_T)
 練習を終えてお昼ご飯。実に1ヵ月半ぶりに外食!病院食じゃない!何を食べようか、前の日から悩みつづけた。お好み焼きも食べたい、ケチャップベトベトのイタリアンも食べたい、こてこてのソースや生そばも、ハンバーグも、回っててもいいから寿司も食べたい!
が、結局いつもの漫画喫茶(このお店、お好み焼き屋さんも経営していて、味はなかなかなのです)でトンテキ定食サラダドレッシング抜きのご飯小盛りに決定。1ヵ月半ぶりに食べた豚のお肉。。。嗚呼、至福だ〜(*^-^*)
 さて、午後からはクローバーサクソフォンアンサンブルの練習へ。通常は土曜の夜に練習なんだけど、月に1回は日曜のお昼も練習場所を押えてもらってる。きっと人が少ないだろうけど、その分のんびりできていいや!
ソプラノを持って久々に登場。そう言えばソプラノを吹くのは二ヶ月ぶりかな?
案の定一番乗り。静かな練習場所の中、たっぷりロングトーンをします。やさしく,やさしく、高音域から低音域に向けて、そ〜っとppからmfくらいまで音量を変えながら。一つ一つの音を丁寧に確かめながら息を吹き込んでいきます。やわらかいヴィブラートからトレモロに近いヴィブラートまで、たっぷり時間をかけて。ああ、音を出せるって素晴らしい!
今度の演奏会(サタデーサンデーコンサートってイベントに出場します)で演奏予定の曲も練習します。指、動くように練習しないとね。でもその前にしっかりした音を作らないと。基本は音色だからね〜。。

リードの振動が、空気の振るえる音が、、管を出た音が壁にあたって跳ね返って耳に入ります。今この瞬間、私は楽器を使って音を出しています。そして音を出すことを楽しんでいます。本当に至福だ〜!
 その後、久々に顔を合わすメンバーと雑談を交えて再び入院生活へ。はぁ、絶対に退院してやる〜!!と、心に誓いながら。。
 それにしても、約4時間程度楽器を吹いただけで、今日は一日中筋肉痛でした。腕が張って痛くて痛くて。。腹筋は思ったほどじゃなかったけど、手がパンパン。良かった、トロンボーンやフルートを持っていかなくて。。サックスを吹いただけでこれだもんな〜。。しばらくはリハビリが必要だな。。

| | Comments (0)

September 16, 2005

FFIV

 いよいよファンタスティックフォーが公開間近だ。非常に楽しみにしている。SFXやCGの発達により、今まで実写化不可能と思われていた作品がどんどん映画化されている。素晴らしいことだ。特においらのようなアメリカンコミックスファンにとっては、まさに夢のようだ。
 そもそもアメコミのヒーローで映画化されたものにはスーパーマン、バットマンのDCコンビが有名だ。バットマンは好きではないから見ないけど、スーパーマンは当時の技術力を考えると素晴らしいできだと思う。音楽もジョン様だし。
 そして最近ではスパイダーマン、X'men、ハルク、デアデビル、とマーベルヒーローが続々と登場。そして満を持してのファンタスティックフォー。これを期待せずに何を期待すると言うのか!実はアメコミヒーローの中で、一番好きなのはマイティー・ソーとファンタスティックフォーなのだ。そして出会いはファンタスティックフォーが一番古い。次がスパイダーマンかな。
 今回一番期待しているのは、やはり-ヒューマントーチが燃えるシーン!と思ってる人は多いだろうけど、やはり通はリチャードの身体がゴムのように伸び縮みするシーンを楽しみにしていることだろう。まさに小学生の頃からこれを楽しみにしていた私。。そして、ぜひ雷神(マイティー・ソーのこと)も実写版で撮影して欲しいものだ。

| | Comments (0)

September 14, 2005

のだめ効果

 「のだめカンタービレ」の最新刊#13が昨日発売になった。詳しい内容は買って読んでもらえればすぐわかると思うけど、本当に面白い。この漫画をきっかけに、昔楽器を吹いていたけどしばらく遠ざかっている人や、以前から興味はあったけどなかなか始めることができなかった人が楽器を始めたり再開したりと言う話をよく耳にする。素晴らしいことだと思う。
 そう言うおいらも学校を卒業して名古屋に就職し、約10年間は楽器から離れていた。三重に転勤になったのをきっかけに、再び楽器を吹きたくなり再開。素晴らしい仲間にもめぐり合い、名古屋へ再度転勤になっても津を離れずに毎週楽器を吹いている。幸せな生活だ。。
 社会人になって楽器を始めたり再開したりすると言うことは、ものすごくパワーが必要なことだと思う。しかも一人でやるのではなく、仲間を集めてやると言うことは相当な重労働。それでもやめられないのは、やはりその魅力の大きさ、得るものの素晴らしさに尽きるだろう。約1ヶ月、入院して楽器から離れていると、楽器を吹ける喜びと言うのをふつふつと再認識してしまう。
 我々の団体にも転勤やなんだとこの地を離れていかなければならない人がいたりして、やはりメンバーの変動は出てきてしまう。それでも継続していけたら素晴らしいな〜と思う。そして離れたメンバーがこの地を訪れた時に、ふら〜っと顔を出せる、そんな場所がいつまでもあったらいいな〜。。
 本当に俺から音楽を取ったら炎症を起こした肝臓しか残らないかも(T_T)

| | Comments (0)

September 13, 2005

ハウマッチ?

 8月分の医療費の請求がきた。たぶん病気になって病状が安定し、一番気になるのはその治療費ではなかろうか?
今回はインターフェロンの金額が入ってない(9月から始めたため)ため、ほぼ予定通りの金額だった。8月分対象期間は8月9日〜31日の22日分。
○注   射 2,214円 強ミノ×17本
○検   査 4,614円 血液検査×4回
○画像診断 4,305円 エコー×1回、CT×1回(エコーは検査に入るのかな?)
○入院料 118,500円
○食事療養費 17,940円(保険適用外につき全額自己負担)
◎合計 147,580円(自己負担額)

となる。インターフェロンは相当高い薬だ!とドクターにも言われている。そう思うと強ミノは安価な薬だと思う。それだけで治ってくれれば良かったんだけどね〜。。まっ、それでも良くなる保証が少しでもあるから喜ばねば。
逆に医療費が心配で治療に踏み切れない人はこれを参考にしてもらって、早めに治すよう治療に着手してくださいね〜。
これからは高額医療費負担制度(確か7万何がし以上は負担してもらえたはず)の請求方法や医療費貸付制度(そんなんもあるはず)等についても逐次レポートいたしますね。

それにしても、もしこれが医療費1割負担の時代なら7万くらいで済んだと言う事か。。

| | Comments (4)

September 12, 2005

検査速報

 今日の血液検査の結果、またまた微妙。。
 GOT 80→73→89、GPT 176→144→159、γGTP 92→84→90
 PT% 51.9→49.9→73.8、HBV DNA 8.2→7.2
 WBCx100 59.3→56.2→34.4(何の数値かわかりません)
 PLT 13.6→13.9→8.9(血小板の数と先生は言っていたような・・・)
 と、実に摩訶不思議。インターフェロンを使用し始めると一時的に肝炎の数値も悪くなる(ウィルスを殺したのと一緒に血液中に流れ出すそうな)ことがあるから、GOTやGPTが一時的に悪くなるのも変ではないとのこと。ウィルス数は前回の結果なのでインターフェロンの効果は次回の血液検査に持ち越しとなります。それよりPT%の値が大幅に向上しているのは好機に受け止めてよい材料だとおっしゃっていました。それにしても、人間が鈍感なせいか、検査結果まで反応が鈍いような・・・(^^;
 そんなわけで、もう少し様子を見るのと、再来週が祝日の影響で週に3回インターフェロンを射ちにいけないのとが重なって、退院は23日か24日の朝になりました。結局1ヵ月半の入院となり、大学時代の夏休みとほぼ同じになりました。。
 ちなみに先生曰く「天然型インターフェロンはうち始めると肝炎の数値が劇的に下がることが多いんですが・・・、まぁ、経験上の話ですけど」とのこと。
この淡々とした口調、実は気に入ってます(^^)v

| | Comments (0)

ぺーぱーばっく

 中学生の頃にBeatlesの訳詞集を買った。文庫本上下2冊組で、たしか片岡義男さんの訳だった気がする。一時期はBeatlesに狂ってたからね〜。その前はEaglesの訳詞集を買ったけど、こちらも素晴らしかった。
話はBeatlesの訳詞集に戻すけど、この訳がすさまじかった。目次を見てるだけで楽しくなる。「女の子」、、言わずと知れた「Girl」だ。「ガール」で良さそうなもんだが。。それに「長く曲がりくねった道」、、、これも「The Long and widing Road」なのだが。。何も全て訳さなくても・・・と思うのは俺だけ?
 まっ、ここまでは良いとして、悩んだのが「三文小説家」だ。。これは訳詞集の方だったかアルバムのライナーノーツ(死語?)に書いてあったんだけど、原題は「Paperback Writer」。。お〜い!って感じ。
そもそもペーパーバックはハードカバー本に対しての廉価版、つまり薄い紙表紙の本を指すわけです。日本語で言う三文小説って、どちらかと言うと「低俗な」って意味が強い気がするし、完全な意味違いかと。。
 で、現在読んでるのがAgatha Christieの「And Then There Were None」邦題は「そして誰もいなくなった」と言う名作。映画にもなったけど、まだ一度も読んでないので好都合!って思って買ってきた。背表紙には「TOEICスコアレベル470点〜 」ってシールも貼ってあったし。このシールが貼ってある本は辞書を引く回数が少なくて済むので良い。すでに半分くらい読んだけど、なかなかお勧めですよ!って、俺が勧めるまでも無く、世界中の人が絶賛してる作品ですが(^^;
 これを読み終わる頃には退院したいものです。。

| | Comments (0)

September 09, 2005

病院食

 病院の食事は美味しくない。と、言われているが、それは食べる方の問題による場合が大きいと言うことがわかった。
おいらが9月1日に実際に食べたメニューを紹介すると、、
○朝食
ご飯、ほうれん草のお浸し、パック入り鰹味噌、豆腐となめこの味噌汁、卵豆腐
○昼食
ご飯、人参と大根の煮物、茹で茄子の味噌のせ、鳥肉と菜っ葉の煮物、パイン(缶詰のタイプ)
○夕食
ご飯、じゃが芋と人参の煮物、ほうれん草のお浸し、煮魚(鯛)、ヨーグルト
と、工夫されたメニュー(実はほとんど毎日メニューに変化はないのだが)だと思う。味付けは当然薄い。
さて、おいらの食事は肝臓障害者用の低脂肪低カロリー高たんぱくが基本。だから鳥肉と魚以外に肉類が出ることはない。基本はあくまでも野菜だ。そうなると必然的に偏食をする人には不評だ。さらに味付けの濃い食べ物が好きな人にも苦痛のようだ。だからおいらのように偏食も無く薄味が好きな(金沢で育ててくれた両親に感謝!)人間にとっては大きな苦痛はない。根が真面目(?)な人間なので間食もしない。だいたい病院の食事を全て平らげる上に運動しないから、それほどお腹が空くこともないのだ。
逆に言えば、病院の食事を好きではないと言う理由だけで半分くらいしか食べず、お腹がすくからと間食をする人間は実はかなりな人数に上るのだ。
と、食べる方の問題だけを書いたけど、実は作る方の問題もそれなりに多い。たとえば、ここに書いたメニューとまるっきり同じ材料で同じ調味料を使い、もっと美味しく作る事は俺でも可能だ。もちろん大量に作らなければならないと言う制約は大きな足かせではあろうが、工夫はできるはず。病院食の歴史なんて何十年も蓄積があるはずだし、もっと勉強する必要があるだろう。

糖尿や肝臓病(いわゆる生活習慣病)の場合、食事の制限も重要な治療行為である。しかしその効果を高めるためには患者がそれを食べなければ意味をなさない。今一度、食べる方も食べさせる方も、その重要性を再認識する必要がありそうだ。
ちなみに短いサイクルで再入院する方は、だいたいその間に暴飲暴食をしている。本人達がそう言っているのだから本当だろう。そういう人がいるから医療費の個人負担が増えてしまうんだろうね〜。。

| | Comments (4)

September 08, 2005

二日目の副作用

 微熱が続いてます。って言うか、昨夜は体温が何度まで上がったかわかりません。相性の良くない看護士さんが夜勤だったので、ほっといたのです。もちろん、12時頃まで悪寒が走り頭痛もひどくて眠れませんでした。12時を過ぎれば担当が替わるので、水枕と体温計を借りようと思って。熱が38℃を超えれば解熱剤(ロキソニン)を飲めばいいからね。。と、思ってたら、12時頃にすっかり頭痛が治まっちゃった。ありゃりゃ。。
 これですっかり副作用がおちついたのかな〜って思って、朝一番で熱を測ったら38.2℃。。解熱剤を飲むかどうか悩んだんだけど、とりあえず水枕を借りてデコデコクールS(久光から出てる熱さまし用シート)をおでこに張ったら少し落ち着いてきた。今は37℃だから、このまま下がってくれるのを祈ろう。。結局、体温計を買ってきたので、これでいつでも測れるしね。
それにしても、私の担当チーム(同じ病棟を2チームに分けて1チーム8人で担当してもらってる)の看護士さんはみなさん良い人。なのに、一人だけ相性が悪いのだ。。どんだけ苦しくても、こいつにだけは絶対に世話になりたくない!とか思っちゃうんだよね〜(T_T)

| | Comments (0)

September 07, 2005

インターフェロンの副作用

 今回使用したインターフェロンはαの天然物。ドクター曰く「天然のインターフェロンは高価だけど副作用が少ないから」だそうだ。当然おいらは「養殖でいいから安いのがいい!」って言ったんだけど、いつもの(このバカ、相変わらずしょうもないことを・・・と言いたげな)冷たい視線が帰ってきた(^^;
 で、早速の副作用レポート。周りにインターフェロンをうってる人は多いから状況が読めてるし、本でもどんな副作用がでるか見てるから、けっこうのんきなものです。。
 本当は夕方にうつはずだったんだけど、なぜか三重県内に在庫がなく、よそから取り寄せていたので遅くなったらしい。結局19時くらいに筋肉注射。やっぱり鈍感なのか、みなが言うほど痛いとは思わないのだ。。その後20時頃から少しずつ寒気がしてきた。おぉ、やっぱり熱が上がってきたかな?と思ってたら20時30分頃には悪寒が激しく、看護士さんに体温計を借りて測定したら36.7℃。う〜ん、すでに微熱状態。看護士さん曰く「悪寒がしてるうちはどんどん熱が上がってるからね〜。10時くらいにもう一度熱を測りに行きますよ〜」とのこと。
 その後どんどん悪寒が激しくなり、22時に熱を測ったら38.8℃。こりゃえらいはずだ!ってことで解熱剤を胃薬と同時に服用。0時頃には悪寒も治まり、3時には熱も下がったのか、布団を跳ね除けていた。それでも関節の痛みはなかなか収まらなかった。朝6時半に検温してもらったら36.4℃に下がっていた。めでたしめでたし。今夜は水枕を借りておこう。それと、あとで部屋を抜け出しておでこに貼る熱さまし用のシートを買っておこう。ほほほ、これで今夜は楽ができそうだ!朝の回診でドクターにはお風呂と外出の許可はもらってますので(^^)v

 ちなみにインターフェロンの副作用はこの他にも色々あり、しばらくうち続けると毛が抜けたりするようだ。う〜ん、好都合だ。最近よく毛が抜けるのよ。ドキドキしてたんだけど、これで薬のせいにできるってもんだ。こんどから薄い友人を見かけたら「おっ、インターフェロンうってるね!」と言ってあげよう!ねっ、リッ○ー君!そろそろきてるんじゃにの?

| | Comments (0)

September 06, 2005

新展開!

 昨日の血液検査の結果、悪くはなってないが前向きでもない。
 GOT 59→80→73、GPT 155→176→144、γGTP 95→92→84
 PT% 54.1→51.9→49.9、HBV DNA 8.2→??
 (HBV DNA はDNAポリメラーゼより早くウィルス量の測定に向いてるらしいです)
 と、良くなってるようななってないような。。ドクター曰く、このままの状態で安定しちゃうのも良くないし、強ミノも減らせない。ここは一発逆転を狙って抗ウィルス剤を使うのも良いかも。。とのこと。う〜ん、ラミブジンは嫌だな〜。全然予定は無いけど、やっぱり子供を作れなくなるのも抵抗あるな〜。。ってぶつぶつ言ってたら、「来年認可が下りる予定の抗ウィルス剤を待つのも手だよ」とのこと。米国ではラミブジンより評価が高いそうな。ほぉ。。それは良い!
 が、現実問題として、それまでの半年間を無駄にするのもどうかと。ウィルス量の結果が出るのが来週だが、俺は一週でも早く退院したい。しかもその結果次第では結局抗ウィルス剤を使わなきゃいけないかもしれない。そうなると退院が延びる。。う〜ん、まさに禅問答。
 ってことで、今日からインターフェロンを打つことになりました。予定は連続6日投与1日休みを2週行い退院。その後は週3回→週2回と徐々に回数を減らすことに。退院後は出勤して会社の産業医さんのところで帰りがけにうってもらうことになりそう。やっと退院のめどが立ったよ。。
 明日からはインターフェロンの副作用報告もできると思います(*^-^*)
 ちなみに副作用で発熱したときに使う解熱剤のロキソニンと解熱剤で胃が荒れたときに使う胃薬のマーズレンSをさっきもらいました。これでやっと病人らしく、、、なるのかな??
○今日のマメ知識
ドクターに「B型肝炎のウィルスキャリアだとC型肝炎にはならないんですか?」と無知な質問をしたところ、「なりますよ。ウィルス三種類のキャリアもいますよ」と言われた。。恐るべし肝炎ウィルス兄弟!

| | Comments (2)

September 05, 2005

使えない・・・

 使えない・・・と言っても、同室に入院しているアホたれのことではない。。
 病院の8階食堂においてあるパソコンのことだ。それでインターネットに繋げられるようになっている。もちろん有料。テレビ用のプリペイカードと共通になっている。テレビは見ないので持っていないから、わざわざ購入。
 さっそく使ってみると、、、使えない。。アクセス制限の嵐。まずNiftyのWebメール、ココログにはログオンできない。メールチェックとブログ記述のために買ったのが一番の理由なのに!!
さらにYahooBlogを使ってる友人のページ、表示はできるけどコメントが見れないし書き込めない。これもダイヤルアップじゃ重いから使いたかったのに。。
 おいらの感覚だと、てっきり漫画喫茶並みの使い勝手かと思ってたのに。しかもブラウザ以外立ち上がらない。ツールバーも制限されていて、時間以外表示されない。こりゃセキュリティーも万全だわね。ワードもエクセルも使えないし、メインのNiftyでメールやブログが使えない(ライブドアはOKだったが)では、本当に検索専用マシンだ。。結局またまたダイヤルアップのお世話になるのか。。FomaとDopa、どっちが安いのかな。今後もダイヤルアップで携帯から繋ぐシーンがあるかもしれないし、番号を持ち越せるようになったらエッヂかauに変えようかしら。ついでにメールアドレスもそのまま使えるといいのに。auなのにあどれすが××××@docomo.ne.jpなんて、おしゃれだよね。
 明日も台風の影響があって外出が難しいようだったら、はらいせに色々と試してみよう。。金を払ってるんだから文句も言わんだろう(^^;

| | Comments (2)

September 04, 2005

思いつき・・・思い出した!

 前にも書いたけど、おいらの友人達には英語が達者なものが多い。大学のクラブの同期で英語がペケポンなのはおいらくらい(T_T)
 で、一念発起するわけでもなく、スペイン語をかじったりハングルをかじったり。かと思えばポヨ〜ンと洋書を買って眺めたり。。相変わらずの体たらく。
 こりゃいかん!と思って外出した時に本屋さんで英検の参考書を眺めてみた。5級を手にとり眺め、次に4級。ここまではなんとなく意味がわかった。われながら「多読の成果が現れたか?」と思いながら3級の参考書を見て挫折。知らない単語が多すぎ(^^;
 こりゃ真剣に勉強しようかしら?と思ってしまう。もちろん習いに行くに越したことは無いと思うけど、仕事柄難しい。通信教育も考えたけど性格的に難しい。う〜ん。。やっぱりちまちま本を読むのが良いかしら?
 たしかに辞書を開かずに多読ってのも良いのだが、いかんせん金がかかる。5000語程度の本でも600円以上するわけだから、そりゃ金もかかるわね。せめてグレード2〜3、または洋販ラダーの1000語クラス、TOEIC600クラス用の洋書が読めるようになれば金もかからんのだが。。
 よし、来年はTOEICを受けよう!と、また脈略無く思ってしまう。何事も経験だ。しっかし、試験勉強って言っても、どこから手をつけたら良いのだろう?と、うだうだ言っていれば友人達が何から始めたら良いか指示してくれるはず!と甘く淡い期待をするのであった。。
 はっ、そう言えば今日は一級管工事施工管理士の試験日だった(T_T)

| | Comments (0)

September 02, 2005

読書の入院

 入院してからも着々と多読は進んでいる。今朝の段階で20冊以上、61000語を数えている。これにはハリーポッターと講談社英語文庫の「ライオンと魔女」は含んでいない。単語数を数えるのが面倒だからだ(^^;
 多読については前にも触れたけど、読みやすい(単語数が少ない)本をたくさん読んでいけば、辞書を見なくてもだんだん難しい本が読めるようになると言う考え方に基づいている。そう、知らない単語を調べなくても前後の文脈から判断する力がついてくると言う考え。だからおいらもGRを読んでいるときはめったに辞書は引かない。
 おいらが主に読んでいるGRはPenguinReaders、OxfordBookwormsStarters、CambridgeEnglishReadersだ。これらは英語学習者向け(非英語圏内の人の)に書かれている本で、そのレベルによって使用されている単語数が制限されている。おいらの場合はまだグレード1で、使用されている単語も300〜400くらい。原書をGRの基準に合わせて訳したものとオリジナルがあり、語数も1500〜5000語程度と楽に読めるものが多い。最初から制約にあわせて作ったオリジナルものの方が楽しめる作品が多いと思うが、簡単に訳したものもあらすじ的で読みやすい。
 それにしても100万語まで94万語、まだまだ先は長い。グレードが上がっていけば単語数の多い本もあるので語数も増えるだろう。退院までには10万語を目指そう。グレード2になれば選べる本もどんどん増えるしね。

| | Comments (2)

September 01, 2005

佳境・・・

 今週の血液検査での結果が思わしくなかった。これは実に良くない傾向だ。もちろん強ミノ注射の回数が減ったことに起因するものだと思うのだが。
 さっきドクターが回診(まめな先生で、朝と夜に必ず1回覗いてくださる。そういうシステムなのかもしれないが、他の患者さんの主治医はあまりみかけない)にいらしたときに少々話を伺った。それによると、重要なのはウィルスが自然に減少していっているかどうかだそうだ。もし自然減少していれば、強ミノを射ちながら徐々に本数を減らしていくわけだ。逆にウィルスが増殖の最中ならインターフェロン治療又はラミブジンとインターフェロンの同時使用になるだろう。
 前にも書いたけどインターフェロンでは一年間の連続投与でもウイルスの除去率が40%程度。早い話が効果が薄いわけです。で、ラミブジンを飲むわけですが、これは変種(この薬にウィルスが対応して聞かないタイプに変わってしまう)になる場合もあり、インターフェロンを同時にバランスよく使わなければいけないらしい。さらにこの薬を使うと遺伝子レベルに異常をきたす可能性があるらしく、早い話が子供を作れなくなる可能性があるらしい。薬を止めてしばらくすれば問題もないらしいけど、止めるタイミングがまた難しく、中途半端な止め方はリバウンドを招くらしい。
 とまぁ、本に書いてあることを羅列したけど、来週の月曜にもう一度採血して検査を行う。この時にウィルス数が減っていいないと、抗ウィルス剤を使用することも検討しなければならないのが目の前の現実。
 そこでブルーになるのが普通の人なのだろうが、そこはポジティブシンキングの私。まっ、なるようにしかならんわい!って感じです(^^;
これをネタに、この病院の看護士さんの中で今のうちに種をまかせてくれる人はいないかしら・・・。。。不謹慎でしたm(_ _)m

| | Comments (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »