« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

ジャズ系サックス奏者へ100の質問

こちらで発見して面白そうなのでチャレンジしてみます(*^-^*)

1.ハンドルネームは?
「chiharu」または「ちはる」。本名「智治」だとそう読んでもらえないことが多いので。

2.生年月日は?
1966年6月28日

3.現在の居住地(都道府県)は?
三重県

4.血液型、星座は?
B型、蟹座

5.学生?社会人?

社会人。

6.プロ?アマチュア?
アマチュア。漢字では「素人」

7.コンボ系?ビッグバンド系?
たぶんビッグバンド系だけど、今はロックバンド系とアンサンブルバンド系。

8.音楽のルーツは何?
ポール・モーリアとアリス。とか。
詳しくはこのブログの「音楽のルーツ」シリーズを読んで下さいな。

9.小中学校時代の音楽の成績は?
小学校はまぁまぁ。中学は良かったけど通知表に10がついたことは無い。
先生に「なんで?」って聞いたら「授業中の態度が悪い」だって(^^;

10.初めて買ったレコード・CDは何?
アリスの「冬の稲妻」。

11.サックスは何歳の時から始めた?
18歳でバリトンサックス、20歳でアルトに転向。同時期にソプラノも購入。

12.サックスを始めたきっかけは?
昔好きだった子がサックスを吹いてたから。

13.サックス吹くようになってなにか変化はあった?
貧乏になった(T_T)

14.ジャズを好きになったのはいつ?
高校1年生の頃。

15.サックスでジャズをやろうと思ったきっかけは?
どっちかって言うと「ジャズをやるためにサックスを始めた」かな。。

16.音楽をやっていることに対して家族の理解は得られてる?
実家では俺が何をしてるか知らないかも(^^;
たま〜に「反対してくれる家族が欲しい・・・」と思ったり。。

17.吹奏楽は経験している?
高校の3年間をバスクラリネットで経験。

18.アドリブやってる?
それらしいものはたまに。って言うか譜面通り吹けない(*_*)

19.ジャズ理論は勉強した?
来年こそは・・・

20.練習時間は週にどのくらい?
3時間くらい。来年こそは・・・

21.普段はどんな場所で練習してる?
地方に乱立してるホールのリハ室とか。

22.普段は主にどんなことを練習してる?
アンサンブルの楽譜。

23.リードはどのくらい使うと替えてる?
粘りが無くなったら変えちゃう。早ければ1日。長ければ1ヶ月。

24.耳コピやってる?
やれません。来年こそは・・・

25.お勧めの教則本・エチュードは?
ジェイミーのマイナスワンシリーズ

26.英語で書かれている資料(教則本や雑誌など)読みます?
英語が読めません。もちろんフランス語も。たまに日本語も怪しいアル。

27.プロ奏者にレッスンを受けたことは?
一度だけ。

28.定期的に購読している音楽雑誌は?
ザ・サックス

29.ジャズを聴く時間は週にどのくらい?
4時間以上。真剣に聞いてるのは30分くらいかも(^^;

30.ジャズ以外にはどんな音楽を聴く?
最近はブルースやR&B、ソウル。クラシックやロックは大好き。最近のラップとかは聞かない。

31.カラオケに行く?十八番はどんな曲?
もう数年行ってない。あっ、今年は1回行ってた(^^;
18番は「加賀の女」

32.お酒は飲む?
今年の6月までは週に1回は飲んでた。6年前は週に3回以上飲みに行ってた。
飲まない理由はウィルス性肝炎が完治してないから。

33.タバコは吸う?
3年ほど前に吸わなくなった。主な理由は友人が妊娠したから。その後なんとなく。。

34.音楽以外の趣味・特技は?
特技は無い。趣味は読書かな。パソコンの自作はしなくなったしな〜。
あっ、特技は「すぐのめり込んで飽きること」かも。。

35.メインにしているサックスはソプラノ/アルト/テナー/バリトン/それ以外?
アルトだけどアンサンブルではソプラノを使うことも多い。

36.使っている楽器は(メーカー・品種)?
カイルベルスのEX-80とヤナギサワのS-6(銀メッキ)

37.使っているマウスピースは?開きは?
アルト メイヤー6MM
ソプラノ セルマーS90-180

38.使っているリードは?硬さは?
アルト・テナー・ソプラノ全てグランドコンサートの3番

39.使っているリガチャーは?
ロブナーまたはBGの布製

40.使っている楽器ケースは?
もともとついてきたやつ

41.メイン以外に吹いているサックスは?
テナー。バリトンは好きだけど重いから吹きたくない。

42.ビンテージ楽器に興味はある?
中古に興味は無い。音が良くてもコントロールできないし。

43.将来的に手に入れたい憧れの楽器は?
セルマーのバスクラリネット。

44.今5万円持って楽器屋にいます。何買います?
マウスピース

45.今50万円持って楽器屋にいます。何買います?
アルトかテナー。

46.今150万円持って楽器屋にいます。何買います?
バスクラリネット

47.サックス以外に弾ける楽器は?
フォークギターを少々。ピアノはバイエル100番まで。フルートはビックバンドの持ち替えで使ってた程度。クラリネットはしばらく吹いてない。トロンボーンを練習中。トランペットも練習中。
やりたいと思ったら始めてかまわないのがアマチュアの特権と思ってるので。

48.弾けないけれどこの楽器が弾けるようになればいいなぁ・・・、という楽器はある?
やっぱりピアノ

49.ネットオークションで楽器類(マウスピース等含む)を買ったことある?
ない

50.好きな外国人サックスプレイヤーを一人選ぶとしたら?
生きてる人ならリッチー・コール

51.好きな日本人サックスプレイヤーを一人選ぶとしたら?
1枚しかアルバムを持ってないけど佐藤達哉さん

52.サックスプレイヤー以外で好きなミュージシャンを一人選ぶとしたら?
向井滋春さん

53.無人島に持っていくアルバムを一枚選ぶとしたら?
ジャズ・アット・マッセイホール

54.初心者にお勧めのジャズ系サックスのアルバムを一枚選ぶとしたら?
パーカーのナウズ・ザ・タイム(ヴァーブ)

55.コルトレーンとロリンズ、どっちが好き?
コルトレーン

56.ジャズ以外で好きなミュージシャンは?
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

57.オーディオにはこだわってますか?
こだわらないように気をつけている

58.レパートリーは何曲ぐらい?
10曲くらい?

59.レパートリーの中での十八番は?
枯れ葉。でもすぐに枯れ木になってしまう(T_T)

60.これはあまり演奏したくないなぁという曲は?
コードがコロコロ変わる曲。今年こそは・・・

61.アップテンポとバラード、演奏するのはどっちが好き?
バラード

62.低音ゴリゴリ系?それとも高音キラキラ系?
高音ギラギラ系好きなのは中低音なのだが・・・

63.モードの曲を演奏するのは好き?
嫌いじゃないけど15年以上演奏したことが無い

64.ライブやってる?
ジャズ以外なら(T_T)

65.ジャムセッションに行ってる?
行ってない。なかなか近くでやれる場所が無くて。来年こそは・・・

66.演奏中に楽譜は見る?
アンサンブルの場合は。ロック系でもコード進行を覚えられない時は見る。

67.演奏時(演奏中またはその直前)にお酒を飲むことはある?
今は飲めないけど、内輪のセッションなら飲みたい。少しは飲みたい時もある。
演奏終了後は飲まなきゃやってられないくなる時が多い。

68.エレピ(電気ピアノ)との共演はOK?
ノー・プロブレム。ローズとか大好き。

69.エレベ(エレキベース)との共演はOK?
フュージョンも好きだから問題なし。でもウッドが好きかな。

70.唄伴(ボーカルとの共演)は好き?
好きだけど得意じゃないかも。

71.フュージョンは好き?
好き。

72.自分の演奏は録音して聴きなおす?
誰かが録音してくれれば聴く。

73.録音するとき機材は何を使ってる?
自分で録音することが無いので。

74.ライブハウスと音楽ホール、演奏するならどっちが好き?
ビックバンドやアンサンブルはホール。ケースバイケースかな。

75.演奏する上でどんなことに一番悩んでる?
良い音(好きな音)が出ない(T_T)

76.サブトーンは使える?
出る。と言うレベル

77.フラジオは使える?
出る。と言うレベル。最近のアンサンブルの曲では普通に出てくるけど、「当たる」と言うレベル

78.オーバートーンの練習してる?
たまに。来年こそは・・・

79.ネット歴はどのくらい?
15年くらい。まだマックでコムニフティーを使ってた時代から

80.自宅で一日に何時間くらいパソコンの前に座ってる?
1〜2時間くらい。座らずに寝ながら使ってるけど。。

81.お勧めのジャズ−サックス系サイトは?
新・SAX&音楽ノート

82.オフ会に参加したことある?
13年前にニフティーサーブのジャズ・フォーラムで1回だけ

83.パソコンを練習に活用してる?
MP3にマイナスワンを変換する程度。楽譜をサックス用に転調する時。

84.MIDIは使える?
つなぎ方は知ってる

85.楽譜は手書き?それともソフト使ってる?
手で書くと読めない(T_T)

86.服装にはこだわる方?
1年にTシャツを1枚買う程度には。来年こそは・・・

87.携帯の着メロは何?
スターウォーズのテーマ。

88.ライブ聴きに行ってる?
年に10回くらいは

89.今まで聴いた中で一番印象に残るライブは?
読売ランドで開催際された六本木ピットインの10周年記念の「キリン」

90.一度は聴いてみたいライブは(故人の生きかえりも含める)?
チャーリー・パーカー。

91.演奏を聴きながらお酒は飲む?
ケースバイケース。今は飲めないので。

92.アマチュアのライブは聴きにいく?
知り合いがやってれば。

93.音楽を職業にして食べていけると思う?
思わない。

94.絶対音感は持ってる?
欲しい(T_T)

95.自分でリズム感はいいと思う?
相当悪い方。と思ってたら、そこまででもなかったみたい。

96.この世からジャズがなくなるのとサックスがなくなるの、どっちが困る?
ジャズ。サックスは手段なので。

97.お気に入りの楽器屋は?
金沢楽器(みなさん、お元気ですか〜?)

98.お気に入りのCDショップは?
近鉄パッセのタワーレコード

99.お気に入りのライブハウスは?
スター・アイズ

100.最後に一言どうぞ!
まだまだ学ぶべきことは多い。by Yoda

| | Comments (0)

November 29, 2005

アストの返事

先日メールを送った質問に対して、早々にご連絡をいただきました。津市は本当にこういう問い合わせには親切に対応して下さいます。以下、その全文を記します。
また、そのメールへ私が返信した文も続けて記します。
こういう些細なことでも、こちらからきちんと質問すれば行政も誠意ある回答をしてくれると言う例ですね。良い気分になります。
ちなみに電子メールにも著作権はありますので、私は通常原文を記載することは無いのですが、館長名の公式文書でもありますのでそのまま記します。もしご覧になって気分を害された方がいらっしゃいましたらご連絡ください。すぐに全文削除いたしますので。

以下原文-----------------------------------

道倉智治様 

先日は、当館をご利用いただきましてありがとうございました。

 道倉さまから頂戴いたしましたご意見・ご質問につきまして、次のとおりお答えさせていただきます。

ご利用いただきましたスタジオは、エアコンを入れなければ換気はできないシステム、エアコンでの換気システムとなっております。
 建築基準法にはこのような無窓の居室は、自然換気または機械換気による換気が必要と定められており、当該スタジオは機械による換気システムを設置しております。
 また当館の施設は、季節によりまた天候・気温によりエアコンが不要な時もありますので、使用料金は部屋代とエアコン代とを別々に設定しております。
しかし、道倉様にご指摘いただいたとおり、スタジオは密閉状態となり、また使用される方の健康を害するようなことは、避けなければならないと考えております。
 申請受付時や使用時の説明が充分でなくご迷惑をおかけてしまいまして、道倉様には申し訳ございませんでしたが、ご指摘の点を踏まえてスタジオの料金設定や申請時の説明等について検討いたします。
 また、その結果を道倉様にご連絡させていただきます。

 以上 ご意見・ご質問への回答とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

              

 平成17年11月  日

  アストプラザ館長   家 木  

以上-------------------------------------
以下、おいらの返信メール--------------------

早々にご返信いただきありがとうございます。
このような誠意あふれるご回答をいただき、大変嬉しく思います。

たしかにシーズン中と中間期では空調動力も違うため、利用時期による使用料金の不公平をなくすためのご配慮は私も十分に理解しています。しかしながら、利 用者の健康を考えた上での値上げなら十分納得のいくこととも思いますし、良識ある人間なら理解できることと思います。なんとか良い方法が見つかるよう、よ ろしくお願いいたします。

利用者のわがままついでに、もう一つお聞きください。
スタジオを利用する時に通路の解錠・施錠をいちいち事務所の方にお願いしなければなりません。もちろん建物の設計に関する問題であり、運営上はセキュリティー対策としてやむを得ないことと思います。
利用する方としても1回の解錠で全員が一度に入退出すれば良いのですが、諸々の事情により遅れてくるものや早退するものもいます。また、途中で機材を駐車 場まで取りに行く必要が生じることもあります。こちらもなるべく気をつけてはいるのですが、やむなく解錠のお願いをすることになるのですが、やはり現在進 行中の仕事の手を休めなければならないため、若干不機嫌な顔で応対される場合があります。当然のこととは言え、あからさまな場合はこちらも「金を払ってる んだ!」と不愉快になってしまうこともあります。
貸す方も借りる方もこれは不本意なことと思います。なんとか解錠・施錠についての妥協案は無いかと考えたのですが、利用者の代表にそのドアの鍵を貸すと言う程度しか思いつきませんでした。
もし機会がございましたら、この点についても一度ご検討いただければと思います。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

November 27, 2005

アルト購入計画?

 アンサンブルの練習の時にメンバーが買ったアルトを吹かせてもらった。ヤマハのYAS-62に標準のG1ネックじゃなくてカスタム用のG1ネックを合わせたものだ。
自分のマッピを持ってなかったので友人のセッティングのまま吹いたけど、久々に腰が抜けた。「なんじゃ〜、このかっこいい音は!?」
うちのバンドにはヤマハの回し者(じゃないかと推測される)がいる。自分の音に不満を持ってたおいらの耳元で「ヤマハはいいですよ〜!ジャズやるんだから82Zなんて最高にお勧めですよ〜」とささやき続けてきた。
その彼が「こんなすごい音がするなら、なにも82Zなんて買う必要ないじゃないですか!」と言ってのけた。。おいおい(^^;
まず音が渋い。15年くらい前に吹かせてもらったアメセルのマーク6と全然遜色がない。しかも値段は3分の1!
俺は中古の楽器に60万以上も出すほど金持ちじゃないからね〜。
本当に楽器を吹いて震えるような感動を覚えたのは初めてだった。
ただね、ソ#キーがおいらの手では少し遠いの。たぶんおいらの楽器の持ち方が悪いんだと思うんだけど。。楽器の個体差かもしれないし、、なんとも言えないけど、ソの#は頻繁に使うからスカをくらうと困るんだよね〜。。

 で、実はもう一つ候補があるの。カドソンのA-902AS。楽器店で展示品の色を見て(お〜い、音は??)一目惚れ。渋い。しかも一緒に並んでたセルマーのリファレンスやセリエ3に比べても、そのディテールの美しさや仕上げの丁寧さは際立ってた。こりゃやばい。試奏したら買っちゃいそうだからちょっと遠目に見ながら。
ところで、このカドソンからは材質や造りの違いで何種類かのモデルが発売されている。その全てのモデルを比較した音源をアップして下さってる方がいらっしゃったので、その音源を聞かせて頂いた。その中でもゴールドブラスの900Gと目をつけていた902ASの音が好み。どちらも捨てがたいけど、やはり902ASが一番の購入候補かな〜。あとは試奏してキーの配置と吹奏感を確認してみたい。。はたして62を吹かせてもらったような感動はあるのだろうか?

う〜ん、久々に楽器を買いたいと真剣に思ったな〜。ちなみにアルトは1本あるからテナーを買うと言う考え方もあるのだが。。
と、悩んでる時が一番楽しいのかもね(^^)v

| | Comments (0)

アスト津

 先日アンサンブル団体の練習でアスト津内のスタジオを利用した。レンタル料金はそこそこ安いし交通の便が良いので便利だな〜と感じたのだが不満も多かった。
まず第一に、スタジオのある区画から外へ出る時は内線で連絡した上で解錠・施錠をいちいちお願いしなければならないこと。車へ機材を取りに行ったりする時は不便で仕方が無い。また、うちのバンドのように遅刻や早退で人の出入りが激しい場合も不便だ。これはセッキュリティーの問題だと思うので仕方ないけど、何か工夫をして欲しいな〜。そもそも我々のように集団で個人練習を行うものが利用しては行けない施設なのか?
 次に駐車場の割引が無い。これも車ではくるなってことなのか?日常的に練習会場として借りてる場所では駐車場が無料なので、なんだか割高に感じてしまう。タダにしろとは言わないけど、せめて割引サービスくらいして欲しいものだが、財政を圧迫するのでこれも仕方の無いことだろう。

 今回一番疑問に感じたのはそんな些細なことではない。それは換気についての問題だ。内容は次のとおり。

練習中に少々気分が悪くなってきたので内線で「すいません、換気をお願いしたいんですが・・・」と連絡したところ、「冷房ですね、帰りに料金を精算してもらいますよ」との返事が返ってきた。事務所のおっさんに突っかかっても仕方ないので空調を運転してもらって帰りに660円支払ったのだが。。

ここで整理をすると、建築基準法では無窓の居室には機械式換気設備を設けなさいとの指示がある。通常練習用スタジオには窓は無いし、実際に空調設備は設置されているから問題は無い。
でもね、中に人がいる時って換気設備を使わなきゃいけないんじゃないの??
混乱する人がいると行けないので簡単に説明するけど、空調設備と冷暖房設備、換気設備ってのは密接な関係はあるけど同じものじゃないんです。冷暖房設備は温度を調節する設備、換気設備は換気をする設備。で、空調設備は空気調和設備の略であり、温度や二酸化炭素濃度その他を含めた総合的な空気環境を整える設備のことです。
だから何?と思うかもしれないけど、中に人がいる時は換気をしなければいけないのに、換気をするためにはお金が別途必要ですってことが問題だと思うわけです。
これは利用者の健康に関わる重大ことだと思うんだけど、どうでしょ?
んだもんで、俺は「換気をして下さい」と頼んだわけで「温調をして下さい」と頼んだわけではないのです。わかりにくいですかね〜??
別に揚げ足を取ってるわけじゃなくて、空調設備を運転すれば電気代やなんかがかかるのはわかってます。だから空調設備を運転しなければならないものなのだから最初からスタジオのレンタル料金に含めるべきだと思うのです。どうでしょ?
とりあえずこの件は津市に問い合わせ、必要なら法的手段に解決を求めることにします。少なくとも中で人が体調を崩しても津市長が責任を取ってくれるとは思えないので。

今回はアスト津のことだけを例にとりましたが、基本的に練習用のスタジオや会議室等の建築基準法で定められた「居室」が、その法に定めるところの趣旨に反して設備だけを設置して実際に使わないってことは大きな問題だと思うのです。
健康は他人が守ってくれるわけじゃないですからね。。

| | Comments (3)

November 25, 2005

今日の収穫

 毎月25日は給料日。ってことで本日もタワレコへ収穫に出かけました。実りの秋だからね〜。と言う割には新譜は買わないのだが(^^;
 Aretha Franklin/So Damn Happy
 The Edwin Hawkins Singers/Oh Hppy Day
 Sister Rosetta Tharpe/The Gospel Of The Blues
 The Blind Boys of ALABAMA/Spirit Of The Century
以上四枚を購入し、めでたくタワレコのポイントカードが一杯に。今手元にはスタンプが全て押されたタワレコのポイントカードが2枚と10個くらい押されたのが1枚。何に交換しようかしら。高くて買えなかったサイモンとガーファンクルのライブDVDにしようかジャコのライブインジャパンのDVDにしようか。。まっ、4月までに交換すれば良いのでのんびり考えよう。それにしても恐るべしポイントダブルキャンペーン!

ところで今日買ってきた4枚もアレサ以外は名前すら聞いたことが無い。ゴスペルの棚に並んでたのを適当に買っただけ。やはりゴスペル、ブルース、ソウル、R&Bって奥が深い。いや、奥が浅い音楽なんて無いのかもしれないけど、近代音楽とは違って情報が少ない。少なくともビートルズあたりまでくれば俺も生まれてるんだけどね。

さて、今からゆっくり鑑賞。楽しみだ〜!

| | Comments (0)

November 23, 2005

未知の領域

 昨日あれだけ熱くチェコフィルを語った割には、今日はあっさりR&B系のまとめ買いをしちゃいました(^^;
まっ、もともとタワレコのポイント2倍キャンペーンが始まったので色々と買う気まんまんで仕事帰りに足を運んだんわけです。予算は1万円也。当然のように若干オーバーしましたが、通勤の交通費を精算した分が入金になりましたので。って、これも余剰のお金ではないのですが。。いつものことですわ。。

さて、本日の入手リストです。
 Mahalia Jackson/In My Home Over There
 Aretha Franklin/AMAZING GRACE(Complete Recordings)
 Ray Charles/Genius & Friends
 Ray Charles/the definitive Ray Charles
 Stevie Wonder/A Time 2 Love
 Solomon Burke/Got To Get You Off My Mind
 Sam Cooke/at the Copa
相変わらずの節操の無さ。。アレサ、レイ、サム・クック以外は初体験です。
それにしてもアレサが素晴らしいのは当然なのだが、レイ・チャールズは素晴らしい。このアホ、何を今更・・とは言わないでちょ。別に今まで彼の音楽を聴いたことが無いわけでもなく、学生時代にアルバムも1枚買って聞いたりもしたんだけどね。当時と何が違うんやろ?
ジャンルが完全に自由って言うか、ジャンルの壁を感じさせない、いや、そもそも存在しないってことに気づかされてしまう。様々な音楽を耳に放り込んできたからこそ、やっとレイの音楽を素直に感じることができるようになったのかも。

今はマヘリア・ジャクソンを聴いてる。ゴスペルって耳にする言葉の割に「これ!」ってのを知らない。ソウル、R&B、ブルースと聴けば自ずとゴスペルを通らずにはすませない!と、立ち読みした本に書いてあったので、何も考えずに棚から1枚出したんだけどね。で、聴いてる感想なんだけど、好きなタイプの声です。曲調はシンプルだし、サウンドも素直。それよりなにより、このアルバムに入ってるアメージング・グレースはすげぇ。CD聴いて鳥肌が立ったのは久々だ。少しゴスペルも研究してみようと思った。

サム・クックのライブは2枚目だけど、先に買ったハーレムのライブとはエラい違いな気がする。別人とは言わんけど、なんか洗練されてるって言うか。だいぶ期間があいてるのかな?個人的には今回買ったコパのライブよりハーレムのライブの方がパワーがあって好きだな〜。バックのホーンもコパはごてごてしてる(ほとんどビックバンド?)から少々重く感じるかも。

ソロモンとスティービー・ワンダーはまだ聴いてないけど、きっと楽しませてくれることだろう。う〜ん、、今月は少々皿を買いすぎたかな。。と言っても、中古や輸入盤がほとんどだから、1枚1000円〜2000円ってとこなんだけどね。

しっかし、音楽をジャンルにとらわれず聴く喜びを感じることができる人間に育ててくれた親に感謝。民謡しか知らん親父だったけど、俺が聴いてたディープ・パープルをこっそりヘッドホンで聴きながら首を傾げてたのを俺は知ってる。自分が良いと思った音楽はばんばん紹介し、自分の好みじゃないジャンルの音楽を聴いてる俺を黙って眺めててくれたおかん。やはり俺は恵まれてるね(*^-^*)

| | Comments (0)

November 22, 2005

夢心地

 まさに至福の一時。本日は全国的にスターウォーズ「シスの復讐」のDVD発売日だ。タワレコのポイント2倍キャンペーンが明日から始まるのに今日買ってしまうのは人として当然だろう。今回は入院生活のおかげで劇場へは5回しか行けなかった。そのせいか、普段より新鮮さが大きい気がする。逆に言えばまだ映像が単なるビジュアルとして目に入っていると言うことだろう。今後は心にしみ込むまで鑑賞できる。まさに至福だ〜。

 ところで至福と言えば、先週の土曜にチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴きに行って来た。プロのオケは実に久しぶりであり、しかもノイマンが亡くなったとは言え大好きなチェコフィルだ。おまけにプログラムがドヴォルザーク三昧とくればファンはよだれものだろう。しかもS席で9,000円。前から27列目のど真ん中!チケットの手配をしてくれた友人に感謝!
 今回のプログラムは序曲「謝肉祭」に始まり、交響曲8番、9番を連続で演奏すると言う大掛かりなもの。全て大好きな曲であり、特に9番はおいらをクラシックの世界に導いた記念すべき曲でもあるので思いも格別。
まず「謝肉祭」だが、これはオープニングってこともあるせいか、少々軽く流してた感じだ。まっ、ホールの特性を確かめるような演奏ってことかな?
曲はドヴォルザークお得意のスラブ民謡風。普通は平行調(Cメジャーに対するAマイナー)を使うところを同じキーでメジャーとマイナーを同居させちゃうところがいかにもドヴォルザークらしい独特の雰囲気を作ってる。
さて、いよいよ8番。どしょっぱつの弦楽アンサンブルで鳥肌が立った。これぞ世界のトッププロの音。本当に素晴らしい!
8番全体を通して少々色気過剰(マカルの趣味?)とも思えるが、雰囲気がいやらしくならないのは(若干いやらしい部分も有ったが)奏者の力なのかな?
で、8番があれほどねちょねちょの仕上がりだと9番は相当重そうだな、、って思ったら、なんとすっかり意表をつかれた。これぞチェコ・フィル!ってくらいドヴォルザークを知り尽くした音。我が家にあるCDと比べても驚くくらいサラッとしているのに音に説得力がある。やはりドヴォルザークはチェコフィルが最高だと思う。
そしてアンコールがスラブ舞曲の第2集の7番。ひっくり返るくらい笑った。いや、演奏は本当に素晴らしく、感動しまくったのだが、その選曲にユーモアがあると思ったのだ。だいたいスラブ舞曲は第1集の方が有名で、アンコールでも第2集から持ってくるのは珍しいと思う。しかも終わりの方の番号。やはりプログラムも考え尽くされてる気がした。いや〜、感動、感動。

 今回一番素晴らしかったのは、クラリネットだと思った。もちろん全てのパートが素晴らしい(フルートはいまいちだったかな。ピッチも悪かったし。)のだが、自分でもクラリネットを吹いたことがあるから思ったのだが、どうやったらクラリネットであれほど太くて芯のある、それでいて柔らかい音が出るのだろう?と思った。
そもそもチェコフィルは金管の迫力に定評があるのだが、その金管に勝るとも劣らぬクラリネットの音には恐れ入った。やはりB♭管よりA管の方が音が太いのかな?マウスピースは同じものらしいけど。ちょっとA管にも興味がわいたな〜。

それと感動のあまり気がつかなかったけど、「謝肉祭」でハープを使ってたんだけど、2台ステージに並んでたんだけど両方とも使ったのかな??
奏者は一人だった気がするんだけど。。まっ、そんなことはどうでも良くて、機会があればぜひもう一度聞きたいと思った。
でも、次にチェコフィルが聞ける日もいつかわかんない上に、プログラムが全てドヴォルザークってのも少ないだろうな〜。チェコまで行けば聞けそうだが。。

| | Comments (0)

November 21, 2005

今月の血液検査

毎月恒例の主治医による検診。しっかり血液検査を受けてきました。
 GOT 89→77→43→52→56、GPT 159→157→80→105→105
 γGTP 90→111→76→68→63、PLT 8.9→8.0→11.8→9.7→8.7
 TG 201→250→196、AFP 14.20H→62.70H、HBV 8.2→7.2→4.8

肝炎の方は横ばいですが、ウィルス数が減ってきました。ドクターが久しぶりに笑顔で「ウィルス数が減ってきましたね〜、良いことです。」と言って下さったので手を叩いて喜んでたら、「このくらいは減ってもらわないと困りますね。」といつものクールなお言葉(^^;
まっ、高い注射をしてるんだから!とも思うけど、効果が現れてるみたいで少し嬉しい。
肝炎の方は中性脂肪の影響で治りが遅いのだろうとのこと。だいぶ食事制限はしてるものの、入院中ほど厳格な制限でもないしね。まっ、引き続き食事は注意しながら頂きましょう。
ただドクターから「動けるようになったからと言って動き回って良いわけじゃないですからね。なるべく安静にして下さい。」と釘を刺された。たしかに日増しに体力が戻って行くせいか、入院前に近い生活をする日もでてきちゃうからね。そもそも周囲もそうだけど本人が意識をしなくなっちゃうからね〜。気をつけよう。。

腫瘍マーカーは突然数値が増えてるけど、ドクターが何も言わないので気にすることも無いだろう。。ちなみに腫瘍マーカーとウィルス数は結果が出るのが遅いため、前回の検査結果です。

| | Comments (0)

人類の叡智

 この地球上に人類が発生してどれだけの時間が流れたことだろう。その歴史において最大の発見は火に違いない。最初の人類は燃え盛る炎を見つめて何を思ったのか?
その明るさに驚き、その温度を感じ、時には優しく、そして時には恐ろしく。最初に火の中へ食物を入れたのは意図的なのか偶然なのか。

と、いつものようにくっだらね〜前置きですが(^^;
とうとう石焼き芋ゲットです!しかも自家製。ホームセンターで「焼き芋鍋」なるものを見つけたのです。その価格はなんと782円!
そのままでも作れるらしいけど、やっぱり石は必要。ってことでセラミックの焼き芋用(?)を購入。これが380円くらい。
で、さっそく晩ご飯に石焼き芋を作りました。所要時間は弱火で40分程度。じっくり遠赤外線で暖められたお味は・・・
至福です。中は完全にほくほくしっとり。甘さは極限まで高められ、昨日食べた蒸かし芋とは比べられない食感。これです、私が求めていたのは!

で、一応サツマイモについても調べてみたんだけど、一般に石焼き芋で売られてるのは石焼き芋専用の品種みたいです。おいらが買ってきた(実は今日も買ってきたのですが)のは「安納もみじ」って品種と実家のある金沢の加賀野菜「五郎島金時」って品種。どちらも大きさは握りこぶし程度と手頃で、安納もみじの方が甘さは強く、逆に五郎島金時はほくほくとした食感が素晴らしかった。
これでしばらくは石焼き芋にはまりそうです。もう食べたい時に涙を見せずに済むし、好きな大きさのものを好きなだけ作ることができる。しかも味は最良にベストな時を逃すことが無いとくれば、まさに至福と言えよう。2本くらい自分で作れば鍋の元は引けてしまうしね(^^)v

| | Comments (0)

November 20, 2005

会いたい時に君はいない・・・

 これほど恋いこがれているのに、君は姿を見せてくれない。もう三日も待ち続けてると言うのに。
 もちろん、君が声をかけてきてくれた時に無視した俺が悪いのはわかってる。でもそれは些細なすれ違いだったんだ。もし怒ってるならあやまるよ。ごめん。

 と、これ以上書くとくどいので終わり(^^;
おいらが待ちわびているのは石焼き芋屋さん。はぁ、今日なんて市内を30分以上走り回って探したのに。。ついに出会えなかった。
 そもそもこれほどポピュラーな料理なのに家庭で手軽には(最近は家庭用石焼鍋なるものが売ってるけど)作れない。しかも専門店も近くになく、とうぜん移動店舗を待つしか無い。さらに移動店舗の出現も時刻が決まってないし、その場所も予測がつかない。現代社会に置いてこれほど売り手市場のビジネスが他にあるだろうか?

 と、嘆いても買えないものは買えない。あきらめて帰りに亀山のハイウエィオアシスで買ってきたサツマイモをふかして食べた。ところがこのサツマイモ、非常に美味だったのです。かなり太くて長さも20センチ以上の大物が4本で200円!
これが石焼き芋として商品になると一本600円は下らない。
大きいためふかしても中までびしゃびしゃにならず、真ん中はそうとうほくほく状態。良い買い物をしたな〜。

 ところで、先週は安納芋という品種を買ってふかして食べた。これがまた甘くて美味しかった。いったいどのくらい品種があるのだろうか?
おいらは結構サツマイモ好きなので、冬はちょこちょこ買ってくる。キムチ鍋に入れても美味しいし、豚汁やみそ汁にも合う。栄養もあり、食物繊維も豊富な上、肝臓にも良い成分が含まれているとか。

それにしても、今度いつ会えるのだろう・・・石焼き芋(T_T)

| | Comments (2)

November 19, 2005

女性ボーカル

 女性の歌声は本当に素晴らしい。ジャンルはともかく、中音から高音に向けての伸びのある太い歌声を聴くとゾクゾクしてしまう。
一番好きな歌手はエラ・フィッツジェラルドだ。自由に歌いまくりながらも声に優しさがあり、そして力強さが同居している。まさにマイアイドルだ。
確かに声の太さならサラ・ボーンの方が太いかもしれないし、せつなさならビリー・ホリデーが一番だろう。しかし、エラのスキャットを聞いて虜にならないわけが無い。イン・ベルリンのハウハイザムーンはまさにマイフェイバリットソングだろう。

 ジャズボーカリストではないがアレサ・フランクリンも大好きだ。ゴスペル調のソウルミュージックを歌う人だが、映画「ブルースブラザース」のレストランの女将さんと言った方がわかりやすいかも。もともとゴスペル調の曲は大好きだから、まさにドンピシャではまる。大学時代に友人から教えてもらって以来、いまでもちょこちょこ聞く。
10数年前にミュージカルで来日したディアトラ・ヒックスも好きなのだが、アルバムはほとんど見かけない。ミュージカルのサントラも持ってたけど、どこかへ行ってしまった。見かけたら買いたいな〜。

 この他にもカーメン・マクレーやアニタ・オデイ等も好きだが、タック&パティなんかも心地よくて好きだな〜。と、外人ばかりになっちゃったけど、日本人なら美空ひばりさんがいない平成の世では矢野顕子さんが一番好きかな。次が荻野目洋子さん。そして寺田恵子さん。う〜ん、こちらも節操無いな〜(^^;
 まっ、何はともあれ、寒い冬の夜は暖かい女性ボーカルで心を癒しましょう!

| | Comments (0)

November 17, 2005

冬の味

 金沢で生まれ育ち、名古屋に10年済んだ後に津へ流れて5年が経つ。それぞれの土地に思い入れがあるわけだが、不思議と津で「冬の味覚」ってイメージが無い。
そもそも津に住んでから土地の味覚って言っても、伊勢うどん・安乗フグ・牡蠣・鰻・久居の梨・松阪の牛(ホルモン)と、津がなかなか出てこないのだが。これと言って取り上げるほどのものが無いのか、そもそも食文化にやかましく無いのか。別に美味い店が無いってわけでもないんだけどね。あっ、平治煎餅と蜂蜜饅頭は世界に誇れると思う!

 わが故郷の金沢では冬と言えば鱈じゃなかろうか。もちろん甘エビやズワイガニ、寒ブリはもちろん、鴨(一般家庭では食べんと思うが)なんかも有名。ひいき目で無くても、異常なくらい食は豊かな土地だと思う。
鱈は鍋に入れると最高なのだが、醤油で軽く炊いても美味いし、白子を粕汁にしても最高。なんと言っても一番好きなのは刺身だ。きっと鱈をたくさん食べる地方へ行かないと生の鱈は食べれないかもしれないね〜。はぁ、今年の冬は久々に帰省しようかしら。美味い魚介が食べたくなってきた。。

 そんな食の宝庫から名古屋に移った時は心の底からひっくり返った。トンカツやおでんに味噌をトッピングする習慣が無いものにとっては当然のリアクションだろう。未だに名古屋の食文化には異次元の感覚を覚えてしまうが、そんな中でおいらの心の琴線(大げさな・・・)をかき鳴らしたのが「味噌煮込みうどん」だ。
出会いのひどいものほど馴染むと離れられなくなるのは一つの法則だと思う。名古屋に来て初めて食べたとき、思わず店員さんに「あの〜、麺が生なんですが・・」と聞いたのはまじめな話。これが味噌煮込みだ!と言われた時は「食べ終わる頃にちょうど火が通るようになってるのかな〜??」と考え込んだものだ。
それが冬になると(夏でも食べるけど)恋しくなるのは名古屋マジックなんだろうか。あの特徴的な硬い麺だけはまだ好きになれないけど、こってりした味噌と鶏肉と半熟卵(この二つは必需品。これが入ってないのは味噌煮込みと認めない!)のハーモニーが胃に収まると同時に季節を冬から春へ(だから夏も食べるんだってば〜)導いてくれる。
 とうぜん名物だけ有って有名店も多いのだが、個人的に好きだった店は数年前に無くなってしまった。1300円くらいでボリューム満点だったのに。。残念だ。
もし風邪をひいてしまったなら、ぜひあつあつの味噌煮込みを食べて布団にくるまって早寝をお勧めする。今年の冬も(だから年中食べてるのに・・)お世話になることだろう。
ちなみにわが故郷の金沢では味噌煮込みは無く、普通に鍋焼きうどんを愛してましたが。この鍋焼きうどんの中の「すだれ麩」が絶品なのです。チャンスがあれば食べてみてね〜。

| | Comments (2)

November 16, 2005

冬の足音

 詩的なタイトルにしてみたけど、たんに寒いって話なんだけどね。さすがに11月も真ん中を超えると、後は冬へまっしぐらだね〜。豚汁食べたいけど脂肪分が気になるから豚肉抜きで作ろうかしら。。って、単なる汁じゃね〜か(T_T)

 そうこうするうちに年賀状を書く季節になっちゃいますね。毎年ぎりぎりなんだけど、今年もぎりぎりなんだろうな〜(^^;
しかも毎年プリンターで印刷してるんだけど、今年は万年筆で宛名を書こうと思ってるからよけい大変。裏面はことしもプリンターのお世話になりそうだけどね。
その前に住所録も整理しないと。。う〜ん、年内に間に合うかしら。。

 で、今年は万年筆を使うことを前提にインクジェット用年賀状を買わなかったんだよね〜。インクジェットプリンターで印刷する分には問題無いんだけど、宛名書きを万年筆でするとにじみまくっちゃうからね〜。

 若い頃は年賀状を書くのは面倒(今でもそうなんだけど)で嫌だったけど、最近は年賀状だけのおつきあいになってきた友人もいるから、なんとなくまじめに出すようになっちゃったな〜。今年は暑中見舞いなんかも出したりしちゃったしね。
そりゃ4万も5万もする万年筆を買ったんだから、ちゃんと使わなきゃ(^^;

| | Comments (0)

2回目のただいま。

 仕事がスムーズに済んだため、今日は終電で帰って来れました。ありがたいことだ。そう言うわけで今日は始発と終電で帰ってきました。昼間は寝てたとは言え、さすがに疲れたな〜。

 退院して2ヶ月弱、だいぶ体力も戻ってきた感じ。自発的に身体をいたわってるのと食事に気を使ってるのを除けば、ほぼ入院前と同じかな。そうなるとついつい仕事も無理をしてしまう。まだ徹夜作業をするには体力が足りないと感じてしまったけど、その分、昼間は意地でも寝てた。
幸い上司が気を使ってくれるので、休息を取りやすい環境にあるからありがたいことだ。どっぷり甘えてしまいましょう(^^;

 ただ、徹夜したその日よりも、むしろその後数日の生活のリズムが狂ってしまうことの方が辛かったりもするよね。ある意味時差ぼけ状態だしね。
今週は少しのんびりと生活してみよう。。立て直さないとね。

| | Comments (0)

November 13, 2005

すっかりブルースな日々

 今年の5月のブログでブルースについて書いてる。読み返してみて、いかに俺がブルースについて知らないかってことをあらためて知った。そう、俺にとってブルースって言うのはクラプトンであり、美川憲一(柳ヶ瀬ブルース。。なんちゃって・・・)でしかなかった。なんと薄い(^^;
そもそもブルース、R&B、ソウルなんて言われても何が違うのかわからない。きっと理解したいと思っても永久に理解できないものであり、それがわかっていても追い求めてしまうものなのかもしれない。音楽ってどのジャンルに限らず本質的にそんなものなのかな〜。まさに一期一会だね。

 で、本日はそれらについて、もっと深く知りたいと思い「ArethaFranklin/LADY SOUL」「BuddyGuy/I Was Walking Through The Woods」「Otis Clay/Trying to live my life without you」の3枚。アレサフランクリンは何枚か持っていて良く聞くんだけど、それ以外は全く初体験。いやはや、音楽って化け物の間口の広さと奥行きの深さを思い知らされた。いや、そんなことはとっくに知ってるんだけど、それを目の当たりにしたってのが正解か。
 それにしても、こう次から次へと新しい音に出会えると本当にわくわくしてしまう。って言うか、まだまだ新しい音を受け入れることができ、興味を持って接することができる旺盛な好奇心を与えてくれた全ての環境に感謝だね。

 そうそう、Fried Prideってミュージシャンも紹介してもらったけど、これも面白かった。和製タック&パティだね。探せばすごいミュージシャンもいっぱいいるもんだと思い知らさせれた。伊太地山伝兵衛さんのようにメジャーレーベルからお皿を出さない人もいるし、音楽への興味って本当につきることがないね〜。

| | Comments (2)

November 11, 2005

親展

 事務所へ行ったら机の上に「親展」と書かれた封筒が置いてあった。管工業健康保険組合からの「支給決定兼医療費通知書」だそうだ。
封を開けると「高額療養費及び付加給付金支給決定通知書券医療費通知書」と書かれている。早い話が7月に検査入院した時の支払った額に対して健康保険組合から還付される付加給付金の振込通知書だ。
この時は自己負担額が27,039円で、還付される付加給付金は2,000円。額の大小は別として、そんな還付金があることを知らなかったから嬉しい。いや、嬉しいのだが、7月に支払った医療費の還付金が11月とはエラい計算に手間を食うもんだと思った。雰囲気から言うと、8月の支払いに対する高額療養費は来月頂けそうだ。

 この手の制度は以前このブログで教えて頂いたから何となく知ってはいたんだけど、自分で計算して申請するわけじゃない(管工業健康保険組合では勝手に計算してくれるようだ)から、なんとなくいつにいくらもらえるのかわからなかった。
なんとなく嬉しいが、医療費を会社から前借りしてるから全てその返済に変わるので手元には残らない。もちろん、そのお金でCDを買いまくっていたことに気がついたのは最近のこと(^^;
まだ楽器を買ってないだけ成長したものだと、けなげな自分をほめてしまいたくなる。ははは。。。

| | Comments (2)

November 10, 2005

退院。。

 退院と言ってもおいらが再入院していたわけではなく、調整に出していたアルトが帰ってきたお話。昨夜楽器屋さんから電話があり、調整が終わったとのこと。
今日の夕方に早速引き取りに行って来た。価格は税込で7350円と、予想以上にリーズナブル。こんなだったら年に1回は出さなきゃな〜。。

 で、お店で状態の確認をするためにケースから出してみた。なんと、キーの位置が変わってるではないか!?
右手のテーブルキー(右手小指で操作するキー。ドとレ#で使用)の高さが違う。押してみても今までとストロークが変わっている。はっきり言って、非常に使いづらい(T_T)

その様子を満面の笑顔で見つめるリペア担当者。「いや〜、予想以上にひどくて苦労しましたよ〜。相当キーが曲がってましてね〜。」だそうだ。。きっと一生懸命調整してくれ、予想以上の仕上がりなのだろう。プロが見せる笑顔と言うのはものすごく充実感と安心感がある。。。はずなのだが。。
その言葉を聞くと、おいらとしては感謝の言葉を述べるしかないわけで。。
って言うか、どんな楽器を今まで吹いとったんじゃ!?って話だよね。。
こまめに調整していればこんな大きな変化にはつながらなかっただろに。う〜ん、大失敗。

 まだ音は出してないけど、キーを動かした感触そのものはいい感じ。穴が閉じて行く音も心地よいし、キーが動く音も軽やか。今までしていた異音(!)も無い。きっとこの楽器本来のポテンシャルが蘇ったのだろう。
さて、土曜の練習がおっかなびっくり。はたして新しい(って言うか古い?)キーの位置においらの手が慣れることができるのだろうか。。

教訓:楽器は原形をとどめているうちに調整しよう(^^;

| | Comments (0)

November 09, 2005

雑誌の効用

 今年の1月に「雑誌」って記事をブログに書いた。いつものようにたわいもない話なんだけど、一年を通して本当に雑誌を買わなくなったと思う。
この1年余りで購入した雑誌は「月刊クラシックジャーナル」を一冊、DIMEと週間アスキー、サライ、MACピープル、MacFanを各1〜2冊程度。それも入院中に買ったのがほとんどだ。

雑誌を買わない分、ネットで色々情報を検索してるから不自由は感じない。感じないんだけど、何か偏ってる気がする。

例えば、内緒だけどおいらはスターウォーズが大好き。だからスターウォーズに関する検索をちょいとかければいろんな情報を仕入れることができる。ところが、スターウォーズのことしか情報が入ってこないに等しい。これがスターウォーズのことを知りたいから雑誌を買って読んだとすると他の映画についても情報を知ることができる。実際、最近になってようやくハリーポッターの4作目が映画化されていたことを知った。それもたまたま映画雑誌の表紙を見て知っただけだ。

このように自分の知りたい情報はかなり深いものまで知ることができるようになったけど、その情報を核にどんどん広がった情報を仕入れることは難しくなっている気がする。

それがわかっていても雑誌を買う頻度が少なくなったってことは、雑誌に魅力が無くなって行ってるのか、自分が雑多な情報を仕入れたくなくなってるのかわからない。ただ、情報過多の時代において、後者のような自然淘汰が行われるのは自然の流れなのかもしれない。

みなさんは情報の選択をしているうちに、そのふるいの目を細かくしすぎてることはありませんか?

| | Comments (0)

November 08, 2005

見た目

 自分で言うのもなんだが、見た目より若く見える。来年40歳ってことを考えると、喜んでいいんだか悪いんだか。親父が俺の歳には家を建て替えてたよな〜。
そう思うと何とも情けない30代最後の歳だな〜(^^;
 視線が違うかもしれないけど、俺が小学生の頃だと40代なんてのは相当年配だった気がする。大学時代でも40代って人生の終わりくらいに思えてた。それが今の自分の歳だから笑っちゃうよね。寿命が延びたせいで精神年齢が実年齢に追いつかないのかしら。

 なんてことを考えてたらふと思いついた。ひょっとして精神年齢ってのは寿命に対する割合じゃなかろうか?
平均寿命が60歳くらいの世の中で40歳だと、約3分の2。今は80歳近いわけだから、それの3分の2だと53歳。つまり今の世の中で53歳くらいが昔の40歳相当の精神年齢ってのはどうだろう?
 それから逆算すると今の40歳は昔の30歳に相当することになる。女性の出産年齢が10歳くらい多くなってるらしいから、この計算も意外と大きな間違いじゃないかも。世紀の大発見??にはならないだろうな〜(^^;

 ただ一つ言えることは、たとえ今の40歳が昔の30歳に相当したとしても、それでも精神年齢が低いということ。まっ、個体差はありますからね〜。。へへへ。

| | Comments (6)

November 07, 2005

リッチーコール・音楽のルーツ

 私の音楽のルーツを紹介するこのコーナー、振り返ってみるとなぜかジャズミュージシャンを紹介していない。はて?
と言う訳で、今回ご紹介するのはリッチー・コールさんです。と言っても、今はどこでどうしているのやら。最近お皿を出したって話も聞いたけど、全然見かけないな〜。

 一番最初に聞いたジャズがエリック・ドルフィーだって話はしたけど、紹介してくれた店員さんに「あの〜、アルトサックスのかっこ良いアルバムはないですか?」と聞いて紹介してもらったのが名盤「ALive!」だった。これはDVDでも発売されているので見たことがある人もいるかも。

 今から20数年前に日本でも大ブレークし、笑っていいともに出演してタモリとスキャット合戦を繰り広げたのを覚えている人もいるかもしれませんが、チャーリー・パーカーの弟子のフィル・ウッズの弟子でもあるリッチー・コールは正統派バップ(ジャズの分類の一つと思って下さいな。)プレーヤーと究極のエンターテイナーの二面性を持つプレーヤーで、後者の印象が強すぎるせいか、いつの間にやら正当な評価を得られなくなって表舞台から消えてしまいました。麻薬に溺れたためとも言われていますが、真偽は定かではありません。

 では、どんな時にリッチー・コールを聞くか!?
それは「スカっとしたい時」に他なりません。これでもか!と畳み掛けるようなソロ、アルトサックスの可能性を無限に広げてしまう縦横無尽な音域、そしてユーモアあふれるフレーズ。そのくせ心憎いばかりに泣かせるバラードも聞かせてくれます。何より音が素晴らしい。

と、ここまで持ち上げておきながら、ほとんどのお店の棚にリッチー・コールのアルバムは並んでません。ごめんちゃい。
お詫びの印においらの部屋に来てくれればたらふく聞かせてあげます(^^;
中でもウェストサイド物語のカバーは本当に素敵ですよ〜。
そしてリッチー・コールの師匠の師匠ってことからチャーリー・パーカーにたどり着き、どっぷりとジャズにはまっていったのは言うまでも有りません。

| | Comments (2)

November 06, 2005

ホーンセクション

 松阪のマクサと言うライブハウスへ行って来た。津が誇るスーパーバンド「チェイン・ギャング」(サム・クックに同名の曲が有ったけど関連あるのかな?)を聞くために。本当に楽しかった。素晴らしいライブで、久々に胸がドキドキ、心がワクワクだった。チェインを聞くのは2回目だけど、メンバー全員が個性的で素晴らしい。しかも指向性が結構バラバラなのにまとまりがある。音のイメージがしっかり共有されてるんだろうね〜。
残念ながら肝臓がペケポンなのでひたすら牛乳とウーロン茶だったけど(^^;

 本番前にボスから「ちゃんとホーンが入る場所があるからね〜」と言われてた。演奏を聴くと確かに空間が空いている曲がいくつかあった。
そもそも去年まで話は遡るが、このバンドのスーパーギタリストとジョイントするチャンスを頂いた。その時に「管が入ってるバンドをやりたいんだよね〜」と言われ、その後にバンドの音を聞いて「あっ、なるほど〜」と思った覚えがある。ここをホーンセクションでやりたいんだろうな〜って部分がはっきり見える。

 それ以来ホーンセクションには興味が合った。先月ボスから話を聞いてお誘いも頂き、本当に光栄なことだ。。
が、ブルースブラザースやブレッカーブラザース(毛色は違うけど)、JB'sやビッグ・ホーンズ・ビー、ケムリなど、ホーンセクションまたはホーンを抱えるバンドには必ずトランペットが入ってる。まれにサックス×2+トロンボーンって編成もあるけど、理想はペット、ボーン、サックス×2(または1)の3〜4人編成だろう。幸いサックスには不自由してないし、ボーンも師匠が手伝ってくれる(勝手に決めてるが)だろうし、最悪自分で吹けばいい。でもペットがいないんだよね〜(T_T)

 ってことで大阪のつれからBack5C(マウスピースの番手)を送ってもらって、ラッパの練習を始めてみたけど。。やっぱり難しい。音の出やすさはボーンの方が楽だったと思う。特に高音域はきついな〜。マウスピースが小さすぎ。。そう思うとサックスって楽な楽器だよな〜。中学を卒業してれば誰でも吹けるもんな〜。
ラッパはまだ1オクターブのB♭スケールしか吹けない(T_T)
まっ、そうこうするうちに本職のラッパ吹きも見つかるだろう。

 素晴らしいブルースミュージシャンに出会え、その熱い思いを聞かされると、なんとかその夢を一緒にかなえたいって思っちゃうよね。まったく手探りだけど、来年くらいには「なんちゃってホーンセクション」を結成しよう。
とかなんとか言う前に、ちゃんとサックスも吹けるようにならなきゃ(^^;

| | Comments (4)

November 05, 2005

灯台下暗し

 マック用のディスプレーがご臨終。復活してないかな〜と思って再度つないでみたが、前日にも増して異様な音を出すのであきらめた。火を噴かれても困るしね。
で、枕元にある2台のPC。マック同士、Windows同士なら1台にしてしまえば良いんだが、それぞれ1台で用途も別。これを1台にまとめられないところが困る理由なのだが。G5デュアルでもあればバーチャルPCでソフトウィンドウズでもぶち込めばいいんだけどね〜。このご時世、マック1台ではできないことも多いし、今まで使ってるソフトをいじるのも嫌だ。

 こりゃ〜ディスプレーを買いますか。。とも思ったんだけど、いかんせん医療費がかさばる人間なので極力大きな買い物は避けたい。(その割に細かいものをごそごそ買ってるって話もあるが)
んじゃディスプレー切り替え機でも買うか。これなら安いし。。。って、よく考えたら1台部屋に転がってた。あっ、そうか!前に使ってたけど面倒だからPC切替器を買ってきて付け替えたんだった。たまには部屋を見渡してみるもんだ(^^;

 で、さっそく久々に登場願って接続。ディスプレー1台にキーボードとマウスが2セットあるのも異様な風景だが、実に快適。これを機会に、少し部屋を片付けようかしら。。きっと意味不明なものやだぶついた機材が出てくるんだろうな〜。

| | Comments (2)

November 03, 2005

不思議なランキング

 久々に怠惰な一日を送った。起きてからご飯を食べてゴロゴロ、横になってうとうとしてまたご飯を食べてゴロゴロ。その罰が当たったのか、マック用のディスプレーが死亡。はぁ、最近パチパチして写りが悪かったからな〜。これ、壊れたことより部屋から運び出すことの方が憂鬱だよ。めちゃくちゃ重いからな〜。またドクターの世話にならなきゃ。

 で、一日中ゴロゴロと音楽を聴いてた。しかも珍しく(?)サックスの入ってるジャズばっかりを。どうもテナーを吹き始めてからサックスが好きになったようだ。
と言っても嫌いだった訳じゃないんだけどね。ただ、好きな楽器ランキングでは1位のフルート、2位のトロンボーン、3位のバスクラリネット、4位のベースとサックス(しかも一族まとめて)は下の方なんだよね〜。一番接してる時間が長い割には愛着も少なかったりして。だから意外とサックスが入ってるジャズも持ってる割には聞かないことが多かったりして。他のサックスプレーヤーはどうなんだろうね?

そんなサックスの中で順位をつけるなら、1位がソプラノ、2位がバリトン、3位がアルト、4位がテナーかな。なんだか脈略が無いけど(^^;
まっ、どれも差はそんなに無いんだけど、最近はテナーが赤丸急上昇中。なんであれほど毛嫌いをしていたのだろう?ってくらい、テナーが気に入ってる。もちろん本質的にE♭管吹き(アルト、バリトン)なのでテナーを吹く時にコードを見てもいちいち変換作業が必要になるから不自由なんだけどね。

さて、皆さんご存知のとおり凝り性で飽き性の私。このマイテナーブーム、果たしていつまで続くのでしょうね〜。我ながら楽しみだ。。もともと低い音は好きだし、テナーって音色が特徴的(なんで吹奏楽では本来の音を嫌うのか不思議なくらい)で素敵ですよね。
唯一の難点は「重い」こと。体力の増強が必要です(T_T)
学生時代の友人達でもおいらがテナーを吹いてるのは1度くらいしか見たこと無いでしょうね〜。だって2回しか吹いてないし、しかもそのうち1回は大学5年生の時だから同級生は知らないし(^^;

12月の某団体のライブでは3種類のサックスを使う予定。それまでに自分の音を作らなきゃいけいないから大変。でも3種類それぞれの音色の違いを楽しんで頂きたいものです(*^-^*)

| | Comments (0)

November 02, 2005

郵便局

 友人からの荷物が届いたようだ。帰ったら不在配達票が投函されていた。当日の引き取りは21時以降にって書いてあったから引き取りに行った。20分ほど待たされたあげく、荷物がまだ局に戻ってません。だそうだ。公社になってから2回目だ。

 不在がちだからこんなことは慣れてるが、引き取りに行っても荷物が無い可能性があるなら取りに来いなんて書くなよな〜。。
その点、宅急便は便利。そもそも配達の時間も遅いし、配達員の携帯がだいたい書いてあるから連絡もつきやすい。しかも、最初っから9時以降になったからと言って荷物を引き取ることはできない。それならあきらめもつくというもの。
数年後に民営化されたらどうなるんだろうね〜。楽しみだ。

さて、腹いせに0時を回ったら郵便局へ行ってこよう。さすがに戻ってるだろう。

| | Comments (2)

November 01, 2005

入院。。

 入院と言っても自分では無く楽器の話。5年前に大須のコメ兵で買ったカイルベルスのアルトサックス。グレードはEX-80と、いわゆる一番安い機種。未調整のまま購入し、ほぼ毎週のように吹いてきた。カチャカチャと異音がしたりキーを押しても音が変わらなかったりと、少々へばってきてた。どのくらい費用がかかるか見てもらったら7000円くらい(タンポ交換はしない)だって言うからお願いした。全治10日程度。保険きかないかな〜(^^;

 ところでリペア担当者に見せたら開口一番に「出ない音はありませんでしたか?」って。はて??
「塞がらないキーがありますよ。それにここ、部品が無いです。」だそうだ(^^;
そりゃティッシュとビニルテープで補修しながら使ったりもしたけど、そこまでとは。。まっ、そこらの調整もしてもらえば吹くのも楽になるかな。

 と、そんなことをしてたら、最近一部でブレークしてると言われてる台湾製のカドソンってメーカーのサックスが展示してあった。HPで見かけて興味があったんだけど、現物は写真より渋い。色味がものすごく俺好みなのだ。横にセルマーのリファレンスやシリーズ2、セリエ3が並んでたけどベルの大きさ以外は良く似ている。むしろ部分的にはセルマーより造りが丁寧に見えた。う〜ん、興味津々。
その場で試奏しちゃったら衝動買いしそうだったので今日は自粛。
店員さんに色々話は聞いたけど、マイEX-80も決して悪いモデルでは無い。ただ、最近は音が明るすぎる気がするのだ。個人的には少し暗めの音が出したいのだが。
だからヤマハの62Sが一番興味あるのだが、一度吹き比べてみたいものだ。本当にこれでダークな音がするならすぐに買ってしまいそう。。

 さて、おいらは日本人だ。だから良い音が出ないことを楽器のせいにはしたくない。少なくとも理由の9割は自分の練習不足だと思ってる。が、色々と調べてみると、必ずしも9割自己負担では無いようだ。確かに友人の楽器を借りて吹いてみると本質的には俺の音なんだけど、色々違いがあることがわかった。だから楽器による音色の違いも十分考慮しなければならないだろう。昔気質の根性論だけでは良い音は出ないってことだ。それでも、まだ自分にできることは多いと思う。
今は楽器の調整が早くできてくることを待ちましょう。カドソンを吹かせてもらうのはその後にしよう。とは思うが、本当にいい色だった。。

| | Comments (2)

« October 2005 | Main | December 2005 »