« 灯台下暗し | Main | リッチーコール・音楽のルーツ »

November 06, 2005

ホーンセクション

 松阪のマクサと言うライブハウスへ行って来た。津が誇るスーパーバンド「チェイン・ギャング」(サム・クックに同名の曲が有ったけど関連あるのかな?)を聞くために。本当に楽しかった。素晴らしいライブで、久々に胸がドキドキ、心がワクワクだった。チェインを聞くのは2回目だけど、メンバー全員が個性的で素晴らしい。しかも指向性が結構バラバラなのにまとまりがある。音のイメージがしっかり共有されてるんだろうね〜。
残念ながら肝臓がペケポンなのでひたすら牛乳とウーロン茶だったけど(^^;

 本番前にボスから「ちゃんとホーンが入る場所があるからね〜」と言われてた。演奏を聴くと確かに空間が空いている曲がいくつかあった。
そもそも去年まで話は遡るが、このバンドのスーパーギタリストとジョイントするチャンスを頂いた。その時に「管が入ってるバンドをやりたいんだよね〜」と言われ、その後にバンドの音を聞いて「あっ、なるほど〜」と思った覚えがある。ここをホーンセクションでやりたいんだろうな〜って部分がはっきり見える。

 それ以来ホーンセクションには興味が合った。先月ボスから話を聞いてお誘いも頂き、本当に光栄なことだ。。
が、ブルースブラザースやブレッカーブラザース(毛色は違うけど)、JB'sやビッグ・ホーンズ・ビー、ケムリなど、ホーンセクションまたはホーンを抱えるバンドには必ずトランペットが入ってる。まれにサックス×2+トロンボーンって編成もあるけど、理想はペット、ボーン、サックス×2(または1)の3〜4人編成だろう。幸いサックスには不自由してないし、ボーンも師匠が手伝ってくれる(勝手に決めてるが)だろうし、最悪自分で吹けばいい。でもペットがいないんだよね〜(T_T)

 ってことで大阪のつれからBack5C(マウスピースの番手)を送ってもらって、ラッパの練習を始めてみたけど。。やっぱり難しい。音の出やすさはボーンの方が楽だったと思う。特に高音域はきついな〜。マウスピースが小さすぎ。。そう思うとサックスって楽な楽器だよな〜。中学を卒業してれば誰でも吹けるもんな〜。
ラッパはまだ1オクターブのB♭スケールしか吹けない(T_T)
まっ、そうこうするうちに本職のラッパ吹きも見つかるだろう。

 素晴らしいブルースミュージシャンに出会え、その熱い思いを聞かされると、なんとかその夢を一緒にかなえたいって思っちゃうよね。まったく手探りだけど、来年くらいには「なんちゃってホーンセクション」を結成しよう。
とかなんとか言う前に、ちゃんとサックスも吹けるようにならなきゃ(^^;

|

« 灯台下暗し | Main | リッチーコール・音楽のルーツ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

昨日はようこそ、下見にご参加ありがとう!
いつもの「酔っぱらいイケイケライブ」でまたもややってもた、って感じで穴があっても入れない。ミストーンもキャラの内、ご勘弁を!!
さて、いよいよ念願が叶う時が来た。こんな出会いはまたと無いだろう。先行き短いせいか、チャンスには敏感だ。
今のバンドを結成して3年近くになる。大した進歩もないが、確実に手ごたえは感じているつもりだ。だが最近ちょっと、選曲や構成にマンネリ化が見えるのも否定できない。そこで菅の登場ということになるのだが、正直いって菅楽器と1、2の3でスタートしたことが無い。段取りと意志の表現方法が解からない。初心者マークです。とりあえず始めは菅の入っている曲の中から選曲し、「この曲をこんな感じでやりたいんや!」って伝えたらよいかしら?
ホーン構成についてはあなたの考えている通りです。大西ユカリと新世界ではサックス2本でいい感じでしたけどね。でもやっぱペットは必需品かな。
まあ講釈たれてないで、まずはアクションですよね。何曲か私の好みをセレクトしてみますので、まずは聞いてみてください。
それと「チェインギャング」は大好きな今は亡きサムクック大先生の持ちネタです。ゴロがいいのでパクりました。歌詞の意味は「鎖につながれた囚人」という意味ですが、私自身の中では「鎖のように結束の強い仲間」と考えています。ただし、暴力団ではありませんので念のため。。。
また一人、二人とすてきなギャングが登場することを心待ちにしています。

チェイン 林

Posted by: ボス★Gang | November 07, 2005 at 12:00 AM

とりあえず、ホーンセクションは何管になるかは別として、楽譜が必要になると思います。難曲か選んで頂いて、その管の部分を譜面にして配ることになると思いますので、練習の一ヶ月程度前には曲を教えて下さいませ。
まだラッパの目星はついていませんが、バリトンサックスはキープしてますので厚みが望めると思います(*^-^*)
どちらにしても、ホーンセクションとして落ち着くには半年くらいかかると思います。気長にお付き合いくださいませ。
まずはブルースカンパニーのライブに全力投球です。近藤さんのチケット、買っちゃいやですよ〜(^^;

Posted by: | November 07, 2005 at 09:38 PM

了解!ちはるちゃん、
これからの練習は本格的にホーンを意識してやっていきます。気長に気楽に時にはエキサイテイングに末永く楽しみましょう。
ところで、「近藤さん」ってもしかして師匠の房之助先生のことですか?これは黙っていられない。でも今の俺には「ちはる」の方が大切ですけどネ!

Posted by: ボス★林 | November 08, 2005 at 09:06 PM

ボスったら・・・ポッ(*^-^*)

Posted by: | November 09, 2005 at 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 灯台下暗し | Main | リッチーコール・音楽のルーツ »