« ライブ終了〜 | Main | アイドルは? »

December 13, 2005

日本語はどこへ行く?

 電車の中の吊り広告を見てたら、日本語の乱れについておもしろおかしく書いた本を紹介していた。「千円からお預かりします」なんて表現を憂う内容のようだ。
そんな広告を見た後でコンビニへ行って買い物をした。525円の買い物で1025円渡したら「1025円からお預かりします」と言われた。う〜ん、どこのレジへ言っても良く聞く表現かも。聞くたびに突っ込んでやろうか?とも思うのだが、疲れるのでしない。

 このように日本語として?マークが四つくらい頭の上に点滅するシーンは多い。仕事で電話をかけたら相手方の事務員さんが「少々お待ちいただけますか?」。。「嫌だ!」と言ったらすぐに替わってくれるのか??
うちの事務員さんからメールが届く。「○○株式会社の××さん、電話下さいとのこと」。。お〜い、俺は電話屋さんじゃないぞ〜。。
またまたコンビニのレジにて。商品代金を払うと「ちょうど○○円、お預かりします」って、返してくれるのか?
事務所へ戻ったら机の上にメモが。「○○さんより電話がありました」。で?

と、思いつくままに書いてみるが、やっぱりこれらの表現は乱れた日本語じゃなかろうか?
国文学を専攻していた友人がいるせいか、たまにこれらの日本語について語ったりするのだが、この手のことは考えだすととことん耳についてしまう。

自分自身、たいそうご立派な日本語を使うから、人の言うことにいちいち突っ込みを入れるのもどうかと思うけど、もう少し母国語を大切にしたいな〜って思う。
と、書きなぐってる文書がすでに日本語としてはおかしい文書かも(^^;

|

« ライブ終了〜 | Main | アイドルは? »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.