« 雪の思いで | Main | その後のMac mini »

December 17, 2005

ライブレポ・向井滋春

 体調が少し沈みがち。こりゃいかん!ってことでリハビリ(?)がてら向井さんのライブへ行って来た。今回のメンバーは・・・
 向井滋春:言わずと知れたスーパートロンボーンプレーヤー
 古野光昭:こちらもおなじみアルコベースの名手
 後藤浩二:名古屋を中心に活躍されてるそうです
 東原力哉:東のポンタ、西の力哉と言われる日本を代表するお方。
です。向井さんのライブは今年3回目ですが、古野さんは1年ぶりです。力哉さんにいたっては実に17年ぶり(?)ですか。多分香津美さんのツアーに峰さんと一緒に福井へ来た時以来かも!
相変わらずパールの黄色いドラムセット(バスドラ、でけ〜)が鎮座してました。セットが黄色いのは知ってましたが、譜面台まで黄色とはしらんかった(^^;

 さて、8時頃に向井さんのオリジナル「フルービオ」でライブが幕開けです。ここしばらくは弦カルとのジョイントが多いせいか、比較的おとなしいライブが多いんですが、やはりこのメンツで燃えないわけはない!
一曲目からいきなりヒートアップ。力哉さん、叩きまくり!とにかくあおる、あおる。どうせリハなんてやってないんだろうな〜って思いつつも呼吸はピッタリ。
力哉さん、やっぱり4つがすごいですね。浪速エキスプレスや野獣王国等のフュージョン色が強いバンドにいることが多かったようですが、何が何が。。4ビートのスゥィング感が素晴らしいです。そしてお約束の足技。って言うか、バスドラ早すぎ(^^;
良い子がまねをすると足が吊ってしまいますよ。
さらにライドシンバルを叩く音が凄い。今まで気にして聞いたことなかったけど、木の音がするのです。これって気のせいなんでしょうかね?
とどめはブラシ。やっぱり本物のブラシはすごい。あのなめ回すようなブラシワーク!もし俺が女の人だったら、あのブラシなら全身をなめられたい、、、って、血だらけになるわ。。

とうぜん今回も古野さんのアルコは炸裂!いつきいても素晴らしい。前日に楽器を割っちゃったとのこと。でも、そんなこと関係ないんですね〜。特にオリジナルの「To the East」ドラム入りバージョンは絶品。CD、買わなきゃな〜。

そして今回の向井さん、やっぱりいつもと違う。ジャズライフで絶賛してた「カンストル」の向井スペシャル、春に聞いた時より音が丸くなってる。前回は明るい音色で発音が良い楽器だな〜って印象だったけど、今回はトッププロが1年近く吹き込んでるせいか、音が柔らかくなっているのに音の粒がぼやけてない。KINGの枯れた音も好きなんだけど、高音域が無理無く出てる気がする。ご本人様曰く「この楽器、吹きまくっても疲れないんだよね〜」とのこと。KINGの時はラスト近くになると高音域(一般人の高音域からはかけ離れてますが・・・)が細くなる印象があったんですが、楽器のせいか最近はライブのラストまで音がやせません。
まじで凄い楽器ですね〜。。

そして今回もマイチェロを持参です。やはり前回よりパワーアップしてる。。レパートリーも増えてるし、そうとう練習してるんですね〜。一芸に秀でた方は他の楽器を練習しても上達が早いようです。

さて、ライブ本体は10時過ぎに終わったんですが、結局打ち上げが終わったのは1時頃。毎度のように楽しいお話を聞かせて頂きました。
ここで知ったんですが、バイオリン、ビオラ、チェロ、ベースの中で一番弓が短いのはベースだそうです。実際に比べてみせてもらったら弓本体はベースの方が長いんだけど、毛の部分はチェロの方が長かったです。ちなみにこの弓、お二人とも使ってるのは30万くらいだとか・・・。。

と、楽しかったライブ、本日は第2ラウンドへ行って参ります。楽しみだ(^^)v

|

« 雪の思いで | Main | その後のMac mini »

音楽」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。
ライブの様子すごい伝わってきてとっても羨ましくなりました。
しばらく行けそうにないですが、またいつか行きたいです♪

Posted by: 空 | December 19, 2005 at 02:42 AM

おっ、いらっしゃい!
って言うか、豪雪見舞い申し上げます(^^;

そっちもビックアップルの余韻がまだ残ってるんじゃないかな?
こういう素晴らしい経験をすると、やっぱり音楽に携わってて良かったな〜って思うね。

雪との格闘、大変だけど頑張ってね〜!
こっちへ来るときは、ちゃんと連絡するのだぞ!

Posted by: | December 19, 2005 at 07:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雪の思いで | Main | その後のMac mini »