« アイドルは? | Main | ライブレポ・向井滋春 »

December 15, 2005

雪の思いで

 ここ数日はおいらの生活圏(津から名古屋にかけて)でも相当な寒さが続いている。23年間金沢に生息してたにもかかわらず、離れてから16年を迎えようとしている今、すっかり雪の無いことがあたりまえになってしまった。FFとは言え、雪の道をノーマルタイヤで走ってた頃が懐かしいわ。。
(良い子はまねをしないように)

何年か前に津でも数センチ雪がつもり、ちょいと走るのに往生したことも。最近では滋賀へ行く途中に雪が降り、忘れかけてた雪道の運転方法を思い出しながら上手く路肩へ寄せて停車したにもかかわらず、後ろから追突されたこともあった。。雪って本当に怖いですよ〜。スタッドレスをはいてる(俺は持ってないけど)って安心感が過信に替わると絶対に事故を起こしますからね。

 で、おいらの生まれた金沢は雪国(近隣の県に比べれば少ない方なんだけど)としても知られている。子供の頃は本当に良く雪が積もったな〜。一晩で1mなんてこともあった。最近は少ないみたいけど。それでも数年に一度は大雪に見舞われるみたい。
子供の頃に母上から聞かされた38(さんぱち)豪雪の話。昭和38年に大雪が降った時、母上は成人式だったそうな。あまりに大雪だったため、2階から外へ出たそうです。東北などの豪雪地帯では毎年そんな状況かもしれませんが。

 おいらの覚えてるところでは56(ごーろく)豪雪。昭和56年の豪雪の時、おいらは中学2年生だった。鉄筋コンクリート5階建ての校舎(1学年12クラスのマンモス校だったのです)の屋上に雪が積もって危険ってことで、体育の時間に屋上の雪下ろしをした覚えがあります。
その後、なにげなく3階の廊下を歩いてたんだけど、ふと窓から外を見たらブルトーザーが走ってた(^^;
そう、地域の雪を捨てる場所が無くて学校の運動場が雪捨て場になるのです。小学校のときからそうだったから運動場が雪であふれてるのは珍しく無いんだけど、さすがに重機が走ってるとびっくり。しかも3階のレベルで。。
また、学校の帰り(徒歩で30分ほどのところでしたが)に吹雪に遭い、危うく遭難しかけたこともありました。あんまり吹雪が強くて視界がほとんど無くなり、公衆電話ボックスに避難したんだけど、みるみる雪が積もってドアが開かなくなってきて。。慌てて出た覚えがあります。マンガみたいな話ですな〜。。
ちなみにその年は4月になっても雪は融けきらず、しかも融けた雪が流れる時に運動場の土を一緒に流しちゃうため、秋の運動会開催が危ぶまれたくらいでした。夏の間中運動場の砂の入れ替え工事をしてた覚えがあります。。
その後も何度か大雪は降ったけど、豪雪って印象は無いな〜。。

 そうそう、雪が降る時って空が赤くなるんですよ。実に不穏な色に。薄暗い空が赤く染まるなんて映画っぽいけど本当だよ。そして夜寝る頃、めちゃくちゃ静かなんですわ。そりゃ霰(あられ)とか雹(ひょう)とかが降れば音もするけど、雪は雨より静かなんですよ。しいて音で表現するなら本当に「しんしん」って感じ。
そして朝、元気よく玄関のドアを開けると、、そのまますぐにドアを閉めてしまいたくなるような光景が。。
朝雪を見て喜んでたのは小学校の低学年までだったな〜。。雪の中を半ズボンで走り回ってた。なんであんなに元気だったんやろ。。

大きくなれば雪は交通の妨げでしかないですね。学校へ行こうと駐車場へ向かうんだけど、自分の車なんてどの山だかわかんない。手を雪の中に突っ込んでかき出し、ボディーの色を見て判断するしか無いですね。
しかも駐車場から一番最初に出かけるのは最悪。だって表通りまでの除雪をしなきゃいけないから。。雪の無い地域の人に比べると、冬は手間が余分にかかるんですね。こればっかりは住んでる人にしかわかりません。
だから雪国の苦労は今でも覚えてるのです。

さっき実家に電話したら、すでに30センチは積もってるらしいです。ほどほどの雪が無いと夏に水不足になっちゃうけど、故郷の友人達のためにも「ほどほど」で済むよう祈るばかりです。

|

« アイドルは? | Main | ライブレポ・向井滋春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こちら青森、大雪です。というか日本海側、北陸も凄いみたいですな。
青森では・・・スタッドレスでも滑ります、埋まります、大変です。ノーマルタイヤだと発進もできんよ。
でもなぜか、雪道をフラフラしながら自転車のってるじいさんはいます!?あの自転車はスタッドレスなのかなあ?
ここ青森から見ると金沢の雪は風情があっていいねえ!って感じですよ。

Posted by: ハニー | December 17, 2005 at 08:21 AM

ども、ハニーさんのブログを見せてもらいましたが、本当に半端な量じゃないですね〜。(^^;
これが落ち着けば少しは減るのでしょうかね〜。
金沢の雪は確かに風情がありますね。橋の欄干から眺める白山連邦を背にした浅野川や犀川のほとりに積もる雪は本当に奇麗ですよね。
冬の東北や北陸は雪で大変な目に遭いますが、その分おいしい食べ物が多いのは、神様のサービスなんでしょうね。
青森で食べたホタテ、美味しかったな〜。。

Posted by: | December 17, 2005 at 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイドルは? | Main | ライブレポ・向井滋春 »