« 日本語はどこへ行く? | Main | 雪の思いで »

December 14, 2005

アイドルは?

 先日のライブの時にいきなり社長(バンドのリーダー)から「小さい時に影響を受けたミュージシャンは?」って感じの質問を振られた。
とっさに「由紀さおりです」と答えたけど、別にネタでもなんでもなく事実なのだ。
ん?「音楽のルーツ」シリーズにはまだ出てきてないやん!って突っ込みは絶対に入らないと思いますが、ある意味ルーツではあります。が、個人より曲の方が印象強いので「音楽のルーツ」シリーズには入れてません。まっ、そのうち。。
 で、なんで「由紀さおり」なのかと言われても困るんだけど、おいらと同世代の人で、幼稚園に入る前あたりに音楽番組を見てた経験がある人なら、一度は必ず「夜明けのスキャット」を聞いたことがあるはず。曲のファーストコーラスが全てスキャットと言う斬新な曲。もともと音楽の中ではリズムより旋律を好むので、この曲の旋律は強烈だった。
そして名曲中の名曲「手紙」。歌詞の意味なんて日本語もおぼつかないジャリにはわからんのだが、やっぱり旋律。今聞くと歌詞も意味が分かるせいか、当時より目頭が熱くなってしまう。まっ、そんな思い出の曲を音楽的に分解して自分の好きな曲のパターンを分析するなんて野暮なことはやめましょう。。

 で、本題。そう言うわけで幼少の頃は由紀さおりやピンキーとキラーズがおいらのアイドルだったと思う。小学生になるとフィンガー5に始まり、三橋美智也やフランク永井あたりも加わっていきます。ご多分に漏れずピンクレディーもアイドルだった。また、岩崎宏美も好きだったな〜。なんだか時代を感じるな〜(^^;
 その後アリスやイルカ、ユーミンとアイドルも変化していき、荻野目洋子やSHOW-YA、Wink、篠原涼子(祝、ご結婚!)、中澤裕子と続くわけです。
ってところがマイ・アイドルの遍歴なんだけど、ちょいとアイドル界の王道からははずれてるかも。

 さて、現在は?と言うと、これと言ったアイドルがいない。CDを買うのも昔のミュージシャンがほとんどで、最近の歌手のCDを買うことは無い。興味が無いっていうか、ピンとくる歌手がいないって言うか。なんだかアイドル不在って感じで寂しい気もする。もっとも、最近テレビに出てるような子だと親子ぐらい歳が離れてるわけで、こんだけ離れてるとアイドルって言うのも不自然かもしれんけど。
でも、アイドルがいないと寂しいのも事実。歳は若く無くていいから、胸がドキドキするようなアイドルの出現を待つとしますか。。

|

« 日本語はどこへ行く? | Main | 雪の思いで »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本語はどこへ行く? | Main | 雪の思いで »