« インテルMac | Main | 五木寛之さん »

January 16, 2006

ショック。。

 昨夜、晩御飯を食べようと冷蔵庫を開けたら、中から暖かい空気が。う〜ん、冬はやっぱり冷蔵庫もホットに限る!?
などと悠長なことを言ってる場合ではない。とうとう冷蔵庫が故障したようだ。数ヶ月前から異常な振動音があったのは知ってる。それでも冷えていたのでほっといたのがいけなかったのか。まっ、圧縮機が異音を発生しだしたら、取り替えるまで修理することは(分解できないので)不可能なので仕方ないけど。

人間の調子が悪いと機械の調子まで悪くなるのか。温度が上がったのは庫内の循環ファンが回りっぱなしで、そのモーターの発熱だな。と、専門家ぶって分析しても後のカーニバル。はぁ、あと一ヶ月インターフェロンを打たないかんから金がかかる時期に。。
 幸いにも年末に冷蔵庫内を大掃除(見慣れぬ物体を除去しただけだが)したので被害は最小限度にとどまった。冷凍食品数品が見事に解凍されていたのと、冷蔵庫のバターやチーズを朝一番で廃棄。今日がゴミの日で良かった。。
おととい買ってきたものは全て昨日のうちに鍋に放り込んだからセーフ。ほとんど闇鍋に近いものが出来上がったが、大丈夫でしょう。もっとも、こう言うときに限って生ものを大量に買ってたりするんだが。。一週間分の食材を一気に鍋に放り込んだからね〜(^^;

 それにしても入社したときに買った冷蔵庫、約16年で故障。通常の家電製品と比べると、ずいぶん長持ちした方なのか、それとも早いほうなのか。
同時期に買った洗濯機もそろそろ調子が悪くなってきたから、まぁ持ったほうなのかも。その間に買い換えたパソコンが6台ってことを考えると、ずいぶん長持ちしたほうかもしれないと自分に言い聞かせてみる。

 我が家で一番長持ちしている家電製品はオーディオアンプかな。大学3年の頃に買ったSONYのES-333EXIIだが、少々接触が悪い(ガリノイズが入るけど、悪い部分はわかってる)ことを除けば特に問題は無い。定期的に故障すると言われているSONY製品が一番長持ちと言うのも面白い話だ。

 今回、何よりショックだったのは、入社して16年の間に一度も冷蔵庫を買い換える必要が無かったことかもしれない(T_T)

|

« インテルMac | Main | 五木寛之さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インテルMac | Main | 五木寛之さん »