« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

設定温度の誤解

 会社を休んで一日中ゴロゴロしてた。薬を飲んで栄養を補給し、安静にする。まさに風邪の最大の治療方法。おかげで夕方あたりから体調が少しずつ回復してきたようだ。明日も仕事は無理しないようにしよう。

で、楽になってきたので連続アップ。

 インターネットをブラブラと散歩してたら某全国紙のM新聞から抜粋された記事が流れてた。内容は次の通り。
「鳥取県は設定を試験的に20度から「17度を下回らないよう18度を目安にする」とした。しかし予想外の寒波の襲来で1月上旬には幹部会議で「寒すぎる」との意見があり、設定温度を1度上げた。」

クールビズほどウォームビズが定着しないことを記録的寒波のせいにしてる人をよくみかけるけど、それは大きな間違いではない。最近のエアコンはほとんどが外気温に影響される空冷式。
冬だと、外気が冷えてるせいでエアコンの能力も落ちてしまうから、思うように室温が上がらない。(上がりにくい)

しかし、ここに書かれてることは根本的に勘違いしている。「外が寒いから設定温度を1度あげる」と言うのは関連があるようで、実はなんの関連も無い。
以前にも書いたけど、設定温度に達していないなら暖房機は運転し続けるし、設定温度に達したなら停止する。もちろん誤差はあるだろうけど。
でもね、18℃の中で仕事をしなさい!って話しなのに、外が寒いから室温を上げるってのは矛盾でしょ?系が違うことを比較してる。
そもそも外が寒ければ、室内外の温度差をなるべくつけないように努力するのが普通でしょ?
暖かい部屋から寒い場所へ出た時に受ける「ヒートショック」で亡くなる方も多いのですよ。
だから正解は「外気が低いから設定温度を更に1℃下げた」のはず。その上で、室内でも防寒着を着てがんばりましょう!ってのがウォームビズの本質だと思うんだけど。

と、こんなことをぬくぬくの布団の中から書いてても信憑性がないですね(^^;

ちなみに設定温度が17℃でも19℃でも、室温がその温度に達しないうちはエアコンは運転しっぱなしなので(インバーターモデルなど一部の機種はのぞく)、温暖化ガス削減にも省エネルギーにもなりません。

| | Comments (0)

確定申告

 確定申告と言っても、リーサラなので源泉徴収されてるから無縁の世界。と思ったら、去年は入院したり通院したりで「医療費控除」が受けられるらしい。
そこで総務部へ行って用紙をもらい、さぁ、記入!と思ったんだけど、目がチカチカして断念(T_T)
もっと記入しやすいように作ってよ〜。。

で、また総務部へ行って泣きついたら「今年から手書きが嫌な人のためにパソコンで作れるみたいですよ〜」って話。
おぉ、そうか〜!んじゃ、それ使って作ってよ(^^;
ってことで作ってもらいました。

まず去年1年間の医療費は663,890円。そのうち高額医療費補助で戻ってきてるのが106,625円。ちなみに今年に入ってからは医療費を8万ほど使って15万くらい戻ってきてるかな。この計算だと今年は還付金はなしだな。。

んで、源泉徴収やらなんやらを記入していくと、還付金額は36,600円でした。う〜ん、微妙な金額。。
束になった領収書を並べて表計算ソフトでリストを作り、いそいそと持っていったんだけどね。まっ、何もかえってこないよりはいいし、生活費の足しにしよう。

さて、手続きなんだけど、それらの書類を持って、津市のHPで調べた場所(センターパレス2階)へ行くと、職員さんが数人と確定申告書を作ってるお客さんがゴロゴロいた。受付で書類を見せたら「仕上げ」とかかれた場所へ行くよう指示された。
そこで源泉徴収票を指定された紙の裏に貼り、領収書を軽くチェック(ほとんど見ずに袋に入れてたけど・・・)してオッケー。
領収書の束を入れた袋は封をされて帰ってきた。無くしたと思った領収書が出てきたら、1年以内ならこの封筒と一緒に持参すると差額を計算して還付してもらえるらしい。俺の場合はでてきても数円〜数十円だろうけど。。

きっとこれで3月末くらいには振り込まれるんだろうね〜。

さて、病気全体としての収支について。全然まとめてないけど、インターフェロン終了までの支払い総額が74万程度。生命保険や高額医療補助で戻ってきたのが42万くらい。それに今回の還付金を足して差額を計算すると約30万の支払いとなる。
どうりで生活が苦しいわけだ。そうと知ってたら、あんなに大量にCDを買わなきゃ良かったよ(^^;

もしB型肝炎とかで治療費を気にして治療をためらってる人がいたら、これを参考にして下さいね。(あくまで参考ですよ〜)
肝炎以外でも、病気って言うのはお金がかかるものです。自分で防げる部分もある訳ですから、日頃の生活をもう一度考える必要がありますよね。

やっぱり健康が一番ですよ〜!
でも、なっちまったものは仕方ない。無理せず、しっかり治しましょう!

| | Comments (0)

February 27, 2006

ミュージックストア

 アップルが提供してるミュージックストア、便利なのでたまに利用してる。特に一般の店では在庫でおいてないものやピンポイントで1〜2曲だけ欲しい時は非常に便利。
オープン当初は登録されてる曲数も不十分で、若干鳴り物入りのきらいはあったけど、今はそれなりに充実してると思う。もちろん、欲しいものすべてをオンラインで買うつもりもなく、相変わらずCDは増殖してるのだが。

 ここで、今までミュージックストアで購入したものをご披露してみようかと。まだそんなに買ってないけどね。
Call Me                                        Blondie   
Karma Chameleon                       Boy George & Culture Club
Love Song                                    CHAGE & ASKA
1984                                            David Bowie
Isn't She Lovely                            David Sanborn
よォーこそ                                    RCサクセション
雨あがりの夜空に                          RCサクセション
  Kilimanjaro(アルバム丸ごと)     Russ Freeman & The Rippingtons
  限界Lovers                                   SHOW-YA
Isn't She Lovely                            Stevie Wonder
Englishman In New York              Sting
Looking Up                                  カシオペア
熱視線                                          安全地帯
思えば遠くへ来たもんだ                海援隊
ミ.アモーレ(Meu amor e...)           中森明菜
地上の星                                       中島みゆき
夜明けのスキャット                       由紀さおり
手紙                                             由紀さおり
とまぁ、なんと節操のない買い方(^^;

けっこうかゆいところに手が届いてたり、逆になんで?ってものが無かったり。ようは使い方だよね。

いま考えてるのは、アリスを全部CDで買うかミュージックストアで買うかってこと。CDで買うならタワレコのポイントもたまるし便利。HDがクラッシュしても心臓が止まることはない。逆にミュージックストアで買えば、取り寄せてもらう手間もいらなければiTunesに取り込んだ後の皿の保管場所もいらない。

もちろん、それはそれとして、早くサザンや甲斐バンドを全曲そろえてほしいな〜。

デビッドボウイの1984なんて原曲を聴いたのは小学生の頃以来だわ(^^;

| | Comments (0)

February 26, 2006

風邪

 水曜の夕方から体調が悪かった。木曜に主治医の検診を受け、風邪薬と抗生物質をもらって飲んでいる。今日で5日目くらいだけど、まだ喉の痛みが少々と咳が忘れた頃に出る。熱は6度台の後半を行ったり来たり。
若干関節が痛かったりめまいがすることもあるけど、回復に向かっている。。はず。

 年に2回くらい体調が限界まで悪くなる。毎年同じ時期だから、いいかげんに自己管理しなけりゃいけないんだけどね(^^;
体調が悪くなる原因はわかってる。疲労の蓄積が限界まできてるときだ。かっつまってた仕事が一段落し、ほっとするのがいけないのかも。
今回も重なってた工事のメイン部分が一段落したからだろうね。もっとも、本当に一段落程度で、実際にはまだまだ続くのだが(T_T)

 こうしてみると、心と体のバランスって密接な関係があるようだ。気が緩めばそれだけ物理的な外部からの圧力に対する抵抗力も減ってしまうということか。
ここから先は専門家に任せるとして、とりあえず早く風邪を治さないとね。

| | Comments (0)

February 23, 2006

体調不良

 先日から喉の痛みとめまいが少々。若干悪寒がし、こりゃ〜風邪かな〜と思いながらも、今日は月に一度の検診日。血液検査の結果は次のようになってました。

   GOT 43→52→56→71→69→29、GPT 80→105→105→134→136→45
   γGTP 76→68→63→66→72→48、ALP 351→475→432→370→368→416
   PT% 81.7→75.3→73.8→75.3→85.3→70.3
 WBC×100 28.8→47.4→38.9→50.7→46.4→96.9
 HBV 8.2→7.2→4.8→3.9→3.7>→3.7>

そう、肝炎が良くなってました〜!ぱんぱかぱ〜ん!
次がドクターとの会話
ち「最近忙しくて〜」
ド「う〜ん、だから数値が、、おれっ?良くなってますね〜♪」
ち「ありゃ、良い感じですね!」
ド「でもご飯とかちゃんと食べてます?」
ち「う〜ん、不規則な生活してましたから。。」
ド「そうですね。炎症の傾向もありますから、喉を見せて。」
ド「少し腫れてますね。風邪と過労でしょう。」
ち「肝炎は良くなってますね。」
ド「そうですね。これで落ち着けば再発率はぐぐっと減るでしょう。」
ち「普通のキャリアに戻るってことですか?」
ド「まぁ、まだまだ慢性肝炎ですが、良くはなってますよ。」

ってことで、気分的にだいぶ楽になりました〜!

いや〜、一時はあきらめかけてた部分もあるんだけどね。このままず〜っと肝炎が治らないんじゃないかって。
でもね、自主的に食事制限をしたり、上司や友人たちに色々とお世話になりながらも、なんとかここまでたどり着けたよ〜。みんな、ありがと〜♪

今日は風邪薬と抗生物質をもらってきたよ。これで風邪も治ればいいけどね。来月はエコーの検査も久々にやるそうです。
このまま完治しないかな〜(^^)v

その前に、早く風邪を治さないと。。来週からは少し人並みの生活もできそうだから、休みもとれるかな〜♪

| | Comments (3)

February 22, 2006

シグマリオン3

 シグマリオン3を中古で購入してから1年ちょっとたつ。これはWindowsCE機で、普通のPCほどではないけど、LANカードとメッセンジャーが使えるし、軽くて便利なので使っていた。PDFも表示が遅いけど読めるからね。
出張先とか旅先でちょいとテキストをうつにも便利。連続稼働時間も長くて重宝していた。

それがここ半年くらい埃をかぶることに。

友人とぶつぶつ交換(旧式のiPodと)したVAIOがきたから。やはりPCなので便利。ペン3の500だし、RAMもHDも増設してあるからね。現場に持っていくには最強。もちろん入院中もDVDを見たり、FOMAとつないでブログを書いたり。当然楽譜も書けるし、やっぱりパソコンだよな〜って思ってた。

しかし、やっぱり重い。手帳を3冊も持ち歩くおいらとしては、いくら便利でもノートパソコンを鞄に入れるのはしんどい。
それにバッテリーが死んでるから、必ずACアダプターもいるし。

さらに、最近はインターネットカフェや漫画喫茶も充実しているから、USBメモリだけあれば出先でも(町中なら)それほど困らない。

そろそろこのシグマリオンも嫁に出す日が来たか〜って思ってたら、意外と便利なことを発見!
発端は会社でスキャナーを買ったことにあるんだけど。

この小さいボディーでもページ数を少なくすればPDFが読めるシグマリオンは、実に便利なのです。必要な書類をスキャナでPDF化し、SDカードに放り込んでおけば、現場で非常に重宝するのです。

さらに、USBメモリ(一個は相性悪かったけど、他の2個はスムーズに認識)が使えることを発見!
そして、メディアプレーヤーが意外と使えることも発見。テレビを録画してポケットPC用に圧縮し、SDカードに放り込んで通勤電車の中で見る!
おぉ、この小さいボディーがなんとも力強く輝いているではないか!

少なくとも一般的な現場作業ではこれさえあれば、十分役に立つことがわかった。
なんだか嬉しくなってしまうね。
なんでこんなに便利なものが廃盤になっちゃうんだろうね〜。。

| | Comments (0)

February 21, 2006

カレーパン

 肝臓に病を持つ者にとって、これほどふさわしくない食べ物はないのでは。もちろん、カレーパンにも言い分はあるだろうが、少なくとも油で揚げたパンは脂肪分が多すぎる。
その多すぎる油が、さらに質の悪いものを使われた日にゃ最悪。健康な体であっても胃にもたれてしまう。昔はそんなカレーパンが山ほど売られていた。

 実は昔からカレーパンが大好きだったりする。コンビニで売られているものもそうだけど、普通のパン屋さんに売られているものも個性が強くて良いのです。
決してカレーパンにうるさい訳じゃないんだけど、おいらが好きなのは油分が少なくて辛みが強くないもの。
本格激辛かレーパン!なんてのは少し敬遠しちゃいます。

 おいらにとっての理想的なカレーパンは、カラッと揚がっていて表面にはカリカリのパン粉がのっているもの。中のパン生地は油がしみ込んでいないのにしっとりもちもち感があり、そんな皮に包まれたカレー餡は適度なとろみを残しつつも肉と野菜のバランスが適当で、なおかつ少しソースが強め。
そんな、高級感と安っぽさがベストマッチしたカレーパンを求めてるのです。

 近鉄名古屋駅のコンビニに「松阪牛カレーパン」なるものが並んでます。遅くに行くと買えないんだけど、何回か食べてみた。
まずくはない。ただね、牛肉の脂身って冷えると食感が急速に悪くなるの。それに牛肉入りのカレーは普通のパンやご飯と合わせるからおいしいのであって、揚げパンに合わせるのはおいらには油分が強いかな。
しかもカレーパンに使うには良い肉を使っているんだろうけど、そのせいか肉の甘みが揚げパンの甘みと相まって、やはりくどくなっている。
どうせなら赤みのパサパサした肉を合わせた方が良いのではないかと思ってしまう。

企画ものとしては面白いと思うし、1個300円近く(だったかな?)するカレーパンを売ろうとする発想は悪くない。ぜひ改良して、究極の「松阪牛カレーパン」を販売してほしいものだ。

 また興味のあるカレーパンがあったら紹介しましょう。

| | Comments (0)

February 19, 2006

久々の休日

 何日ぶりの休日だろう?と思うくらい久しぶりに完全オフだった。と思いながら手帳を見たら、今月初めての休みだった。しかも変則な勤務時間のため、睡眠時間も平均4〜5時間程度。自分で言うのもなんだが、疲労もピークに達している。

 そんな時こそ気の置けない仲間とプチ旅行。先月から計画して、現場にもさんざん予防線を張っての出発。まっ、その内容はプチ旅行日記を見てちょ(^^)v

 結構ヘビーに動き回った割には疲労感も無く、帰りの電車での睡眠のおかげで心も体もリフレッシュ。ニコニコして帰ってきたら宅配便の不在配達通知が。送り主は海外!?
さっそく電話したら、すぐに持ってきてくれた。まっ、こちらについても詳しくはStarWarsBlog(JEDIを目指して)を見てちょ(^^)v

 そしてあちこちのブログを一気に更新。それでもまだ10時前ではないか!なんとも豊かな一日。
今回もぱしゃぱしゃと下手な写真をとってきたから、また時間を見てこれをiPhotoのブックやスライドショー作成機能で遊ぼう。できたらメンバーに配ろうかな〜。
まさに、そんな遊びのためのMacintoshだね。聞いてる?師匠!?

 それにしても、人間にとって休息がどれほど大切かを痛感した一日だった。仕事も大切だけど、本当に大切なのは、やはり友人たちと過ごす他愛の無い時間なのかもしれない。少なくとも、俺にとっては間違いなくこれが一番だな。

| | Comments (0)

February 17, 2006

疲労感

 43時間ぶりの帰宅。退院以来、実に久しぶりの夜間工事。今までと違って、基本的には夜10時以降は現場から帰るようにしている。
それでもトラブルやなんかがあると、ついつい現場を離れられなくなる。

 昨日はいつも通り5時半にでかけ、ちゃっちゃと出社。その後夜間の現場へなだれ込んだらトラブル発生。。んで、現場を離れたのが6時半。
その足で近鉄名古屋駅へ向かい、そのまま志摩へ(^^;
昼を食べたらとんぼ返りで名古屋の事務所へ行き、伝票と他の仕事の段取り君。さすがに今日は10時半に現場を失礼した。

 う〜ん、なんだか疲れる。やっぱり歳のせいかな〜。と思ったけど、よく考えたら退院してまだ半年やそこら。
この忙しさは5月いっぱいまで続きそうな予感。嗚呼。。

| | Comments (0)

February 12, 2006

久々のCD

 最近の忙しさには少々参っている。ストレスがたまると食べるか寝るか買うか。それが一番発散できるのだが、忙しいので寝る時間が短いし、肝臓に悪いから食べまくることもできない。当然貧乏な上に忙しくて店が開いてる時間に帰れないから買い物もできない。

 ところが今日は久しぶりに早く帰れた。そんなわけでCDを4枚購入。ちょいと満足かな(*^-^*)
買ってきたのは次のアルバム
 Time Waits/バド・パウエル(ブルーノート)
 Curtis Fuller Vol. 3/カーティス・フラー(ブルーノート)
 At The Five Spot Vol.1/エリック・ドルフィー
 Steamin' /マイルス・デイヴィス

下の2枚はLPで所有してる者の買い直しだけど、やっぱり久々に聞くと新鮮。ここしばらくのうっぷんが一気に晴れそうな勢い。
ちなみに4枚買ったとはいえ、タワレコのポイントカードがいっぱいだったので、大きな出費じゃないってのが嬉しいね。そのうえ、ブルーノートのシールも6枚貯まったから、送料のみで再び2枚ゲットできる!
これで所有する1500番台も60枚。のこり38枚です。このキャンペーンそのものは3月で終了するみたいだから、早めに欲しそうなものだけはゲットしとかなきゃ。まっ、コンプリートする必要はないんだけどね。おいらはコレクターじゃないし(^^;

 それにしても、あらためて聞いたエリックドルフィーは素晴らしい。特にバスクラリネットの音は、本当に胸が熱くなってくる。(別にどぎつい油物を食べた訳じゃないですよ・・)
いつかはバスクラリネットを吹きたいな〜。やっぱり自分にとっての管楽器の原点だからね。
しばらくはジャズバスクラリネッターでも探求してみようかしら。最近はあまり聞かないしね〜。マーカスミラーの片手間ぐらいしか。。

| | Comments (0)

February 11, 2006

アイドル喫煙問題

 先日発売された写真週刊誌に某アイドル喫煙問題が掲載されていた。購入して読んだけど、事実から言えばこのアイドルは相当重く罰せられるだろう。

 俺も高校3年の2学期に喫煙で謹慎処分を受けたことがある。喫茶店で煙草を吸っていたところ、通っていた高校の教諭に目撃された訳だ。二つとなりの席に座っていたそうな。
その処分のおかげで推薦で受験するはずのところを一般試験で受験し、第一希望ではなく第二希望の建築学科へ通うことになった。仕方のないことだろうが、今でもたまに「電子工学かへ行っていたらな〜」と思うときがある。

 この時に思ったのは、「なぜその場で注意してくれなかったのだろう?」だ。俺は校章の入った制服を着ていたから、あきらかに自分の学校の生徒だとわかったはず。世間体を気にしてくれて、その場で注意しなくても、出てすぐに追いかけてくることはできたはず。なのに俺が捕まったのは一週間位してから職員室で顔を合わせたときだ。
自分のやったことを棚に上げるつもりは無いが、少なくともまじめに反省しなかったことだけは事実だ。その後20年近くもその依存性薬物のお世話になった訳だから。

 今回の件で疑問に思ったのは「その記者はその場で注意を促したのだろうか?」だ。少なくともこの記事を読む限りは深夜に未成年が喫煙をしていることは知っていたはず。もちろん、些細なことで殺傷事件に発展する昨今ではそのような注意をしないからと言っても誰も責めはしない。
しかし、逆に何一つ注意もしないばかりか隠しカメラで撮影したあげくにそれを雑誌社に売り収益を上げるというのはいかがなものか。
それを何一つ話題にせず、雑誌の売り上げを伸ばしている出版社のモラルとは?

 同じような経験を持つ俺としては、ぜひこのトップアイドルにはきちんと罪を清算した上で、これをバネによりいっそうの成長を遂げてもらいたいものだ。

 タバコの投げ捨てをしてる者がスピード違反をする。信号無視をする者が脱税してる者を避難する。世の中これだから面白い。
少なくとも俺なら顔から火が出るくらい恥ずかしいが。

| | Comments (0)

February 10, 2006

モバイル

 ここんとこ不規則な生活が続いている。体調管理が必要な身なのだが、相変わらずの自覚症状の無さとインターフェロンを卒業できたことからの安堵感からか、ついつい無理をしている。
それでも入院以前のような無茶はしないようにしてるし、ちゃんと最低でも5時間は寝るように心がけてる。

 と、現場が重なると欲しくなるのがモバイルオフィス環境。色々と分析してみると、オフィススィート(ワードとエクセルの文書が読み書きできるソフト)とJW-CAD(Windows環境定番のフリーソフト)、それにメールがやり取りできれば、あとは優秀な事務員さんが一人いれば現場事務所は不要と言える。
で、漫画喫茶へ行くんだけど、オフィススィートはOpenOfficeを使う。そしてJW-CADとメッセンジャー。これらはすべてフリーソフトなので、行った店でダウンロードしてそのままインスコ。便利な時代だな〜。

 そして図面に修正を加え、それを事務員さんにメールし、必要部分を業者さんにファックスしてもらう。はたまた必要な書類はPDFにしてもらってメールに添付してもらう。しかも地下にある漫画喫茶は電波が入らないので、電話で仕事を中断させられる心配も無いから集中できる。それにお茶は飲み放題。

 やっぱり我々のような職種には漫画喫茶は絶好の隠れオフィスだね。実際に午後も遅くなるとリーサラがうじゃうじゃで、結構席も空いてなかったりする。
いつも利用するのは3時間パック800円ぽっきり。

 たしかに自分でパソコンを持ち歩いて、行く先々で簡易オフィスを設営することもあるのだが、いかんせん常時接続環境が無いと都合が悪い。
逆にネットにさえつながっていれば、ファックスですらスキャナーで読み込んでもらってPDFで送ってもらえる。その逆はこっちがワープロなんかで作ったものを事務員さんにメールして、ファックスを送ってもらう。(モバイル環境からもファックスを送れる方法はいっぱいあるけど)

 やはりホットスポットがどんどん増えて、どこででもNetが使えるようになるのが一番望ましいね。まっ、そこまでして仕事をするのもどうかと思うけどね。

| | Comments (0)

February 08, 2006

ウィジェット

 自宅ではマックをメインに使ってる。個人的には仕事でも使いたいのだが、残念ながらWindowsマシンを使わざるを得ない。
そうなると、なるべく日常的な環境を似たようにしたいと(どっちかというとWindows環境をマックに似せていこうとする)思ってしまう。
 一番手っ取り早いのは同じソフトを使うことだが、ブラウザをFirefoxにしてMSNメッセンジャーを使うくらい。ビジネスソフトは仕事でエクセル・ワードを使って自宅ではNeoOfficeを使ってるが、同等の環境みたいなものでしょ。仕事を自宅に持ち込まない主義なので、メッセンジャーとJW-CAD(これはWindowsマシンだけど)で済まない仕事は部屋ではやらない。
.MacのiDiskとYahooJapnのブリーフケースも必需品の一つ。これとUSBメモリがあれば、ちょこっとした仕事には何の不自由も感じないね。

 ところで、マックのOSを虎にしたらウィジェットって機能がついてきた。昔のDA(デスクアクセサリー)の様なプチソフト(ソフトサイズは小さいが機能は素晴らしいものが多い)をいっぱい起動して、キー操作一発で表示してしまう優れもの。カレンダーやアナログ時計、天気予報(津と名古屋)、電卓は非常に便利で必ず入れてある。

 そんな便利なものを知ってしまうとWindowsマシンでも使いたくなってしまう。で、発見したのが米Yahooが提供してるYahooWigetsなるもの。これを職場のマシンに入れてみたが、なかなか都合がよろしい。もちろん操作性はマックに劣るし日本にはまだ未対応(対応すればYahooMailやなんかも便利になるのに)なのだが、とりあえずは十分。

 最近はまた夜勤(と言ってもこの時間に帰って来れるが)が続いてるので、昼間に2〜3時間ほど漫画喫茶で休憩してることがある。そんな時も漫画喫茶(インターネットカフェと言った方がよいのかな?)のマシンに勝手にJW-CADとYahooWigetsを入れて使ってる。それとメッセンジャーがあれば、だいたいの仕事はできてしまうから楽な世の中だ。(ただし、おいらの部署の事務員さんの一人には相当おせわになってるけど)

 今後はソフトバンクにがんばってもらって、早く日本にもYahooWigetsが対応してくれることを祈ろう。まっ、これも一度使うと癖になる機能で、知ってしまったが故に無いと不自由するものの一つだね。

| | Comments (0)

February 07, 2006

 いろいろと検討の結果、マックのOSをTigerにバージョンアップした。なにを検討したかはおいといて(^^;

 まっ、.MAC(ドットマック)を利用し始めたこともあり、FireFoxのブックマークを.MACへアップするにはSafari経由の方が簡単ってのも理由の一つ。
意外とこういう些細なことがアップデートの理由だったりするケースは多いんじゃないかな。

 もっとも、今回決め手になったのは、Mailとアドレスブックの検索機能がアップしたことだ。環境をどんどんマックに移行していくと、パンサー(MacOS10.3)に付属するアドレスブックやMailの検索機能ががしょぼいことが気になりだした。
それがTigerからはSpotlight機能のおかげで、数百万倍も性能がアップした訳だ。これはiTunesやiPhotoで使われてるスマートリストと同じ機能があるわけで、たとえばアドレスのメモ欄に「大学」とか「年賀状」とか入れておくと、スマートリストにこの条件を入れておけば勝手にリストが作られちゃう訳です。

 これって、めっちゃ便利なんですわ。今まで手動でフォルダーを作って放り込んでたのが、今後はそんな必要もなくなる訳です。
さんざんほめたって、CDの一枚でも送ってくる訳じゃないんだけど、最近のマックはどんどん理想に近づいてる気がする。つまり、マックを使うことを気にせずに、ツールとして目的を達成することだけに専念できる訳です。
やっぱり素晴らしいですね。

| | Comments (0)

February 05, 2006

天丼 vs カツ丼

 天ぷらは和食、トンカツは洋食。なのに天丼もカツ丼も和食。って定義をしてるのは俺だけ?

 先日、実に久しぶりに天丼が食べたくなった。最後に食べたくなったのは8年ほど前だから、実際に食べたのも8年ぶりくらい。人間、天丼を8年食わなくても死ぬことは無い。。。あたりまえだが。。
で、食べた天丼。。。これが非常に不味かった。ほとんど残して帰ってきた。もちろん、お店の名誉のために付け加えておくが、俺はそれほど天丼が好きじゃない。天ぷらそのものは嫌いじゃないけど、どちらかと言うとトンカツ派だろう。
だけどね、、噛み締めたとたんに油がにじんでくる天丼って美味しいと思います?
油そのものは植物性で癖の無い、良い油を使ってたと思う。エビの火のとおり具合も適当だったから、決して腕の悪い職人さんじゃないと思うのだが。。
でもね、油はしっかりきろうよ。。いくら茄子が油と相性が良いからって、これじゃ茄子の油漬けだよ。。

 そんなこんなで、また次回天丼を食べる機会が遠のいた気がする。逆に、カツ丼を食べたくなってきた。もちろんトンカツはロースよりヒレが好き。だからカツ丼もヒレカツ丼。長野で食べたソースカツ丼も大変おいしかった(詳しくはプチ旅行日記を見てね)けど、カツ丼の王道はやっぱり溶き卵。しかも半熟。
できればうどん屋さんのカツ丼が美味しいのだが、これは出汁が美味いからであって、決してカツがうまいわけじゃない。
チェーン店でカツ屋ってのがあるけど、ここのカツ丼もチェーン店の侮れない味だと思う。つくりもしっかりしてるしね。

う〜ん、明日の昼はカツ丼に決定かな〜。。一応、油控えめに!って言ってみようかな。。

| | Comments (0)

February 03, 2006

メールソフト

 メールアドレスがNiftyを筆頭にYahoo、Hotmail、docomo、Livedoor、.Mac.com、会社用と7つくらいある。それぞれ用途が違うんだけど、これまたメッセンジャーと一緒で、一度整理しようかと思っちゃう。

 電子メールは建設業界ってこともあって、通常業務では使用することも少ない。ちょっとしたCADデータのやり取りやIT関係のお客様では仕事でも使う機会がある。それと社内連絡(HPの掲示板を使えば良いのに、なぜか我が社ではワードで作った書類をいちいち添付して全員に送りつけたりする)用で送られてくるメールが週に数通程度。

 一番良く使うのはバンドのMLや友人達との連絡用。それも最近はi-modeメールが主流だけど、やっぱり落ち着いて(どうでも良い内容だけど)メールを送ろうとするとPCでメールをやり取りする方が多いかな。

 最初にNiftyserve(現Nifty)で初めて電子メールを使った頃から考えると、メールソフトは意外と進化していないかも。と言っても目につかない部分では大きく変わってきたんだろうけどね。今まで使ってきて便利だったのはクラリス(マック用ソフトを作ってた会社。今はアップルに吸収されてる)から発売されてたクラリスメール。マック用ってこともあり、使い勝手は本当に良かったと思う。

 その後長い間マイクロソフトのアウトルックエクスプレスを使ってたんだけど、マックにメール環境を移行してからはサンダーバードを使ってた。
使い始めた理由はブラウザをFireFoxに変えた(あまりにもSafariが使いにくかったので)ため、気分的に同じ開発元のものを使おうって思っただけなんだけどね。

 ところが、サンダーバードを最新の1.5にアップしてから動作が不安定になっちゃったの。それと、アドレス帳をマック純正の「アドレスブック」に統一、整理した(情報をなるべく一元化したかったので)ら、サンダーバードのアドレス帳とアドレスブックを統合するものが無いことが判明。そもそもアドレスブックのファイル形式が他のソフトと互換性が薄いってことなんだけどね。

 で、ブラウザーほどのこだわりも無いので、メールソフトをマック純正のMailに移行。やっぱりシステマチックに統合された環境では、メーカーから提供されてるものが一番使いやすいのかもしれない。(サファリはタイガーになってからどうなったんだろうね〜?)

 ところで、このメールソフトのデーターをアウトルックエクスプレスからサンダーバードへ全て移行した。それをさらにMailへ移行したので、うちにある一番古いメールは1998年の5月にやりとりしたもの。内容を見ると、マック(たぶんLC630)から富士通のA5サイズノートに買い替えたためメールソフトが上手く設定できなくて、その試験メールを友人達とやりとりしてるものだった。懐かしいな〜。
逆に、それ以降の全て(スパム以外)のメールは手元に残ってるってこと。このメールが世に出たら・・って考えたら、夜も眠れなくなっちゃいそうな内容のものもあったりして(^^;

| | Comments (0)

February 02, 2006

ここはどこ?Part2

 先日のスカイプデビュー(って、あれ一回きりなんだけど・・・)で味をしめ、今日は大学の後輩ちゃんとMSNメッセンジャーを使ったビデオチャットをしちゃいました。俺って、ひそかに最先端?

 もっとも、今回は俺のほうにビデオカムが無いので映像を受信する専門だったんだけど、バイオちゃんのマイク,スピーカーともに良好で、映像の受信スピードも十分に実用レベル。フォーマのテレビ電話機能も使ったことあるけど、まったく論外。そりゃ転送スピードが違いすぎるからね。俺のテレビ電話のイメージだと、数秒に一回ほど静止画が送られてくる感じなんだけど、普通に動画が流れてきてた。マジ、感動!

 ただ、今回は映像を見てるほうだから気楽だったけど、自分の映像を流すってことを考えると、少々恥ずかしいかも。絶対にてれちゃいそう。。
文字のチャットはまったく問題ないし、音声チャットも電話と感覚は同じだからね。でも映像チャットの場合は、そもそもテレビ電話の経験がほとんどないに等しいからね。慣れるまでは時間がかかるかな〜。

 そう言えば、むかし「私をスキーに連れてって」って映画の中で、電話機を二台使って3人で会話をするシーンがあった。それを真似して、固定電話と携帯で同じ事をやったことあるけど、離れてるもの同士が普通に会話ができて面白かったな〜。
それと同じ事を文字チャットや音声チャットでできるみたい。ただ、似たような声の質の人がいると、誰が話してるとのかを意識しなきゃいけないから面倒かな。
なんてことを考えるとマックにiSightをつければiChatを使って4人でビデオチャットができちゃうよね。それでオンラインマージャンなんてやると面白いかも(^^;

 スカイプはまだビデオチャットをするには制約が多いみたいだけど、ここ1年程度でビデオチャットをめぐる環境は素晴らしく充実するだろうね。
さっきチャットで後輩ちゃんとも話してたけど、これだけ距離感がなくなると、オンラインで接続さえできれば、俺が火星にいようが海底二万哩にいようが関係ないよね〜。

 それにしても、ここまで技術が発達してるとは。。さっそく明日にでもビデオカムをひとつ手に入れてこよう(^^;

| | Comments (0)

February 01, 2006

ここはどこ?

 今日から出張で志摩にいます。ただいまビジネスホテルにてこのブログを書いてます。なんとも便利な時代。。今回持ち込んだのはソニーのVAIO(PCG-Z505N)。ペン3の450MHzと、現行機種に比べるとかなり見劣りするスペックのマシンですが、ネットで色々チェックしたり、簡単な報告書(OpenOffice.orgを使用)を作ったり、現場の図面を修正(JW-CAD for WIndows)したりする程度では全然問題ない。さすがにシグマリオンじゃつらいし、今回は車だから少々重くても問題ないからね〜。

 そう、今回泊まってるビジネスホテルにはLAN回線が引いてある(部屋が3部屋ある)のだ。これって宿泊場所を選ぶときには当然の選択基準なんだよね。だから値段とかも踏まえて、東横イン(これもいま話題ですが)をよく利用してるんだけど、志摩にはないので。

 別にネット中毒ってわけでもないし、なにも出張先出までブログを更新する必要もないんだけど、なんだか旅先で書くブログってのも、、、う〜ん、、いつもとかわらん(^^;

 ところで、昨日せっかくアップした新しいウェブサイト、いきなり更新ストップですね〜。マックでお手軽に作っちゃったから、Windowsマシンで旅先からどうやるのかわかんないわけです。まっ、これも無理やり更新する必要もないんですがね。
そう考えるとマックのノートも欲しくなるけど、仕事柄、JW−CADが使えないと都合が悪いので、無理な話かも。。でもG4の1GHzくらいでバーチャルPCを走らせて、それでJW-CADが使いもんになるレベルならWindowsマシンも要らなくなりそうだな〜。
誰か人柱を探さなきゃ。。

 それにしても、パソコン1台がネットにつながれば、もはやそこはオフィスであり自宅である。メールを送ろうがチャットをしようが、「俺、いま火星にいるんだよ〜」でも誰も問題ないですね。すごい時代だな〜。
音声チャットどころかビデオチャットでも始めちゃったら、本当に距離感ってのがなくなっちゃうね。

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »