« ノン・アルコール・ビール | Main | 今年の目標 »

April 20, 2006

ハリーポッター

 ふら〜っとコンビニに入ったら「ハリーポッター炎のゴブレット」が発売になっていた。そう言えば、見に行こうと思いながらも行けなかった映画だったな〜。
ってことで帰りにタワレコで買ってきた。

原作はすでに第6巻まで発売されていて、いよいよ次回作が最終回となる。日本語版も第5作まで発売されていて、5月には第6巻も発売されるようだ。
英語がチンプンカンプンなのに、なんとか第6巻まで読んだ(眺めた)から、次回作が待ち遠しくてしかたない。

で、買ってきたDVDを見たけど、あの厚い本をうまくまとめたな〜ってのが印象。マッドアイ・ムーディーをどうやって表現するのか楽しみだったが、さすがにこれが限界かな〜って感じ。第5作目の「フェニックス・オーダー」では、もっと実写での表現が難しいキャラクターが出てくるけど、大丈夫かしら??
まっ、湖の底のキャラを丁寧に作ってあったからなんとかなるの思うけど。
おいらの読み違えか、セドリックが○○されるシーンが少し順番が違ってる気がした。
それより何より、ハーマイオニーがセクシーになっちゃって(*^-^*)
前作より全然美しいじゃあ〜りませんか。おじさん、ニコニコ。でも、チョウにはがっかり。。もっと端正な顔立ちを想像してたんだけど、まるっきりガキだった。インリン様でも出しといた方が(年齢的に無理があるけど)良かったかも。

それにしても、このシリーズはどんどん陰鬱になっていきます。原作がそうなんだから仕方ないけどね。シークレット・チャンバーで見せたような爽快さはみじんもございません。
たぶんフェニックス・オーダー、そして最新作のハーフブロッド・プリンス(放題は「謎の王子」になったようだ。さすがに「混血の王子」はまずいか・・・)なんかは、もう涙無くしては見ることができませんな。
この話題で盛り上がりたいんだけど、早く翻訳版が発売されないかしら。

さて、個人的には映画化されてない残りも今と同じ俳優さんで作成して欲しいんだけど、物理的に人間の成長が早すぎるからな〜。なんとか作りきって欲しいものだ。せめてハーマイオニーだけは変えないでおくれ〜。
そして、早く最終話が発売されないかしら。もう、結末が気になって仕方ない。たぶん来年の今頃のような気がするけど、その前にもう一度おさらいとして一通り読もうかしら。

一つだけ言うなら、ファイヤー・ゴブレットが醸し出す陰鬱な雰囲気は、まだまだプロローグにすぎないのだ。。

|

« ノン・アルコール・ビール | Main | 今年の目標 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.