« レンタルCD | Main | ノン・アルコール・ビール »

April 19, 2006

ベクトル

 やっと帰宅。う〜ん、今日も疲れたな〜。明日を乗り切れば明後日は休める!はずなのだが。。

 突然だけど、おいらのとりえは「優しい」こと。なんたってモットーは「人に優しく!自分には、も〜っと優しく!」って言うくらい優しい。きっと俺のことを知ってる人間は”このことについてだけは”異論が無いだろう。
で、こんだけ優しいのに独り者。理由は簡単で、その優しさが”甘さ”になってしまうから。そう、”優しさ”は度が過ぎると”甘さ”にかわってしまうのだ(T_T)

 ところで、どうやればこれだけ優しい人間が出来上がるか!?なのだが、たぶん家庭環境だろうね。おいらには5歳下の妹がいる。親からは常に「あなたはお兄ちゃんなのだから!」と、育てられた。誰かから何かをもらったら、必ず妹と半分こ。別にシスコンじゃないけど、やっぱり”たった二人しかいない兄妹なんだから!”と、深層心理に刷り込まれているらしい。きっと同じ境遇の人は多いだろう。

 で、なんでこんな話をするかって言うと、どれだけ自由奔放に生きてるおいらでも、必ず他人のことは考えて生きてるってことを感じたから。
逆に言えば、他人のことを全く考えない(全くではないのかもしれないけど)人間ってのを感じたからかもしれない。
だもんで、「どうやったら、これほど人に優しくなれないんだろう?」のアンチテーゼが自分だったってわけ。

 ちょいと複雑になってきたけど、発端は「なんで人がたくさん集まるとまとまらなくなるのか?」だった。そりゃ〜みんな各々の考え方で行動してるから当たり前だ!と思うかもしれないけど、「同じテーマに進んでれば同じ方向を向くはず
」って考え方もあるよね。なんでそうならないんだろう?
そう、学生時代のクラブ活動みたいに、共通の目的があって、同じ屋根の下に集まって、同じことをやってた時、、そんな時ですら必ずしも同じ方向を向いてなかったってことを感じてる人は多いはず。
人にはそれぞれ生き方のベクトルってものがあって、価値観も感じ方も全く同じ人なんていないんですよ。だから楽しいんだけどね。

で、最初の話に戻るんだけど、世の中にはすべて自分と同じ価値観、感受性を持った人間ばかりで構成されてる!って勘違いしてる人もいるわけ。そんな人に「そりゃ人それぞれでしょ?」って言っても通じないんだよね。だって、それが理解できないからそうできないわけだし。

でもね、人に対して、ほんの少しだけ優しくなってみたら?って思う訳です。そうすれば、きっと他人のベクトルも見えてくるんじゃないかな〜。そして他人のベクトルが見えてきたときに、初めて自分と他人との交点ってものも見えてくるんじゃないかと思うのですよ。まっ、他人がみんなおいらほど「優しい」人間だったら問題ないのに。そして、絶対そうなることがないことも俺は知ってるけど。

あっ、ちなみに先日、現場の天井裏で「何かおとしちゃったな??」って思ったんだけど、それが「謙遜」だったことに今気がついた(^^;

|

« レンタルCD | Main | ノン・アルコール・ビール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« レンタルCD | Main | ノン・アルコール・ビール »