« 5月の新譜 | Main | 大人買い »

May 04, 2006

 すべての道はローマに通じている。方向さえ間違えなければ。。。

 昔から道を尋ねられることが多い。いや、具体的に回数を数えた訳でも他人と比較した訳でもないから詳しくはわからない。ひょっとすると、他人の半分くらいしか聞かれてないかもしれない。
それでも、自分的には多いと感じてる。たんに印象に残ってるから、そう思ってるだけなんだろうけどね。

もちろん、道を尋ねられれば丁寧に教えることにしている。今日も朝から名古屋の栄で老夫婦から道を聞かれた。観光で名古屋へ来た様子で、「ここらへんで大きな地下街があるって聞いたんですが」とのこと。一応、栄地下街とセントラルパークについての説明と行き方を教えたんだけど、9時じゃただの通路だよ!ってことも説明しといた。
さりげなく栄近辺で面白そうな(老夫婦が栄に何を求めているかはわかんないけど)所も説明しといたから、少しは役に立てたかも。

ただ、自分の知ってる場所で道を聞かれるのは問題ないのだが、自分が知らない土地で聞かれるのは少々つらい。
金沢や名古屋、津と言ったところで道を聞かれてもなんとかなるのだが、横浜や渋谷、静岡に長野なんてほとんど知らない。京都や大阪でも道を聞かれたことがある。なんでやろ??
おいらって、そんなに街と同化しちゃうタイプなのかしら??

 自分が迷子になった時には、あまり道を訪ねた経験が無い。そもそも、適当にくるくるまわってるうちに目的地に着いちゃうから、あんまり道を訪ねる必要もないんだけどね。
それでも道を尋ねる必要がある時は勇気がいる。「変なおじさん」って思われちゃいやだし、相手が地元の人っぽくなければ声をかけるのもためらっちゃう。
そう思うと、やっぱりおいらは「人畜無害の地元民」に見えるんだろうか??

これも一つの特技と言えるのかもしれないね〜。

|

« 5月の新譜 | Main | 大人買い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5月の新譜 | Main | 大人買い »