« 恐るべし鹿 | Main | トランスミッション »

June 05, 2006

さだまさし・音楽のルーツ

 大好評(誰に?)の「音楽のルーツ」シリーズ。なのに前回は半年前かな。そりゃ〜ルーツなんて、そんなにたくさんあるわけ、、、あるかも(^^;

 近日中に書かれるであろう「新しいお皿」の6月版、すごいことになってます。なんたってすでに9枚。。いやはや、聞くだけで精一杯ですわ。
もっとも買ったのは4枚。残り5枚は東芝EMIのキャンペーンシールを送った分が届いたのです。購入した4枚のうち3枚は「さだまさし」さんのアルバム。そりゃ〜、今までの話の流れからすれば当然だけどね。。
あいかわらず単純な私・・・。

 さて、さださんの作品との出会いは中学時代に遡ります。ちょうどフォークギターを始めた頃で、そこらの詳しい話は以前にも書いたけど、人生の一番多感な時期(?)を音楽とともに過ごしてたわけですね。
入部したギター部の先輩から言い渡された課題曲は「精霊流し(グレープ)」でした。もちろん、グレープもさだまさしも知りません。当時のおいらはアリス一色だったので(^^;

難しいアルペジオ(分散和音)やバレーコード(Fが有名。左手人差し指で6本の弦をすべて押さえることを要求される。ちなみにFとB7は初心者にとって鬼門のコード)が出てくるから!って理由だったんだけど、あとで聞いたら先輩がさださんのファンだったから!でした。ありそうな話やね。。

で、それでもアリスを頑固に聞いてたんだけど、先輩が弾き語りするさださんの曲がめちゃくちゃ気に入ったんですよ。その先輩、歌もうまかったんですね〜。
で、一気に「飛梅」って曲が気に入り、いつしかさださんの曲も聞くようになったわけです。

さださんの曲は日本の叙情を歌うものが多く、すご〜く難しかったんですよ。だって「飛梅」にしたって菅原道真さんの話を知らなければ意味がわかんないし、「風の篝火(かがりび)」、「檸檬(れもん)」、「案山子(かかし)」なんて読めないってば(T_T)
しかも当て字も多く、「歳時記(ダイアリー)」、「療養所(サナトリウム)」なんてのは、そのままそう書くもんだ!って思い込んでたくらい。。

さださんのマイベストソングをあげるなら、1位から順番に「飛梅」、「風の篝火」、「くるみの日」「まほろば」、「晩鐘」、「加速度」、「空蝉」って感じです。
そう、アルバムにすれば「帰去来」「風見鶏」「私花集」「夢供養」までがおいらにとってさだまさしさんのすべてな訳です。その後はご活躍は知ってるんですが、他のミュージシャンや楽器プレーヤーに流れて行っちゃったので、接点が薄れて行っちゃったわけです。

また、当時はアリスファンがモーリスギター、さだまさしファンがヤマハのギターって分類も成立してました。金沢だけかしら??
さらに、さだまさしファンの人はギターが上手かった。そしていつも青筋を立ててた(^^;

それにしても、今聞き直すと、とてつもない歌詞ですね。けっこう重いものも多いし。そんなんをギターもって歌いまくってた中坊って・・・。

ちなみに、上で紹介した「帰去来」以外の3枚を一気に買ってきました。なんだかノスタルジーですね〜。人生で一番モテた時代でもあったし。。はぁ(*_*)

|

« 恐るべし鹿 | Main | トランスミッション »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 恐るべし鹿 | Main | トランスミッション »