« マーラーの話 | Main | 扁平率 »

July 25, 2006

ノックアウト

 音楽ネタ三連ちゃんですいません。しかもクラシックばっかり。まさか自分でもここまではまるとは思わなかったよ。。

ブラームスにすっかりのめり込んでいる。今日はヴァイオリン協奏曲を買ってきた。MUTTER&Karajan&BerlinerPhilharmoniker。まさに、これ以上なんの不満があるの!って演奏です。

そもそも、おいらはドヴォルザークのファン。だからブラームスに対しても自然と入って行きやすいのは仕方が無い。ハンガリー舞曲はスラブ舞曲を聴く前から好きだったしね。もちろん、ブラームスを聴かなかった単純な理由は以前に書いた通り。しょ〜もない理由だったな〜(^^;

とりあえず、来月には岩城宏之=オーケストラ・アンサンブル金沢のブラームス第3番が発売されるはず。これでOEK盤のブラームス交響曲は全て揃います。
そんな理由で、我が家にはまだブラ3がありません。でも、美しいに決まってます!
この交響曲第1番素晴らしさと言ったら。。第1楽章のリズム変化の楽しさ。まるで映画のオープニングの様です。そして2楽章の静けさ。ヴァイオリンのソロに絡んでいくフルートの旋律。。これ、絶対に練習しよう。。
第3楽章にかいま見る4楽章の予告編、なんてミステリアスな響き。出だしのクラリネットのメロディ、高校時代に聴いていたら絶対に練習していただろう。まるでベートーヴェンのピアノソナタ「月光」の2楽章を彷彿するようなリズム遊び。それをオーケストラにやらせちゃうんですから。。
最後に流れる第4楽章。この美しい旋律、、、はぁ、、、ため息しか出ない。
白状するけど、ベートーヴェンの第9と似てる!って思っちゃいました。しょせんおいらも俗人です。でもね、良く聴くと全然違うの。何がって?フレーズの意味が全然違うんですよ。とにかく、全く違うフレーズです。
最後の音がやんだ瞬間に全身に走る閃光。歓喜。嗚呼・・・・。

この世に”もし”が存在するなら。。
もし、高校時代にブラームズの交響曲第1番を聴いていたら。。。
おいらはジャズをやっていなかったかもしれない。
いや、ジャズを知ったからこそブラームスの良さもわかったのかも。。
だからあえて”もし”なのだが。。

今は小沢さんと岩城さんのブラームスしか手元に無いけど、もっと色んな人のブラームスを聴いてみたい。。はぁ、、、美しい。。

|

« マーラーの話 | Main | 扁平率 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マーラーの話 | Main | 扁平率 »