« 評論に求めるもの | Main | 不許可! »

August 24, 2006

高校野球

 基本的にスポーツはあまり見ない。サッカーくらいかな。それもワールドカップ程度のにわかファン。さらに応援してるチームはFCバルセロナ。
野球に関しては、ヤクルトファンなのだが、古田選手兼監督以外に知ってる選手はいない。今の順位も知らないし、そもそもテレビを見ないから(^^;
プロスポーツですらそのレベルだから、アマチュアスポーツはもっと見ない。オリンピックくらいかな〜。当然、高校野球も見ない。

いや、高校野球に関しては、母校が出てるときだけは応援する。別に愛校精神あふれてるわけでもないけど、やはり血が沸き肉が踊るわけです。ダブダブと(^^;

その母校も最近ではあまりお目にかからなくなっちゃった。まっ、県外からスポーツ推薦で生徒を入れなくなったらしく、そのせいか弱くなったのだろう。まっ、高校生なんだから、それが本当なんだろうね。

ところで、甲子園球場には春夏合わせて5回も応援に行ってる、、って思ってたけど、実は4回だったことが発覚。記憶って曖昧ですね〜。吹奏楽部に入ってたから、ただで応援に行けた(強制的に行かされた)んだけどね。好きな人から見るとうらやましいんだろうね。

高校に入学して初めて応援に行ったのが1年のときの夏。その対戦相手が早稲田実業高校だったわけです。対戦成績は応援むなしく10対1(これもず〜っと11対1だと思ってた)の完敗。でも、必死で応援したな〜。
相手投手は(これも曖昧な記憶だけど)荒木大輔さんだった気がする。まっ、有名選手を相手に1点をとっただけでも素晴らしいことだ。ちなみにこの年は池田高校が優勝だった気がする。。まっ、はるか過去の話ですな。

さて、この甲子園への応援って、実は吹奏楽部の2軍とOBが主体だったりします。吹奏楽部に2軍?って思う人もいるかもしれないけど、この時期は全日本吹奏楽コンクールが開催される時期でもあり、コンクールの上位を目指すような学校だとコンクールメンバーを1軍、その他を2軍と言ったりするわけです。
まっ、私立の学校は野球と同じくらい吹奏楽部も強かったりするので、当然、1軍が甲子園まで応援に行く余裕が無かったりするわけです。もちろん、日程の都合によっては行けるんですけどね。

だから、1年で吹奏楽部に経験者で入ってきたような子は、いきなり1軍に入ってしまい、卒業するまで1度も甲子園へ応援に行けなかったりするのです。そんな年回りに限って春の選抜(この時期は吹奏楽部は関係ないから)に出れなかったりするからかわいそうなものです。後輩の女の子が甲子園へ応援に行けなくて泣いてたのを見たこともあります。青春ですね〜。

ところで、甲子園球場ってところはものすごく日当りが良いのです。だから木管楽器を吹く人は楽器を守るためにタオルで楽器と手を覆ったりします。それをやってない子はプラ管(ABS樹脂でできた楽器)でしょう。

おいらはバスクラリネットを吹いてたんだけど、セルマー(有名メーカー)の70万くらいするやつを学校から貸してもらってた。
もしものことがあったらいけないので、楽器をしまって応援してたのです。そしたら応援でエキサイトしてきた顧問の先生がおいらを呼んで「なんでお前だけ吹かんのや!」って怒られちゃいました。。う〜ん、、、と思いながらも、別に吹きたく無いわけじゃないから、組み立ててタオルで巻いて吹き始めたんだけど、、、
帰って調べたら、やっぱりヒビが入ってた。。あ〜ぁ、先生のせいだぞ〜!

さて、この甲子園の楽しみの一つに「かち割り」があります。炎天下の中を吹き続けるわけですから、当然喉はからから口の中は乾いた唾液でねちょねちょ。。
そんな時にOBの方が貧乏学生に「かち割り」をおごってくれるわけです。
うれしかったな〜。譜面台にぶら下げた金魚すくいの金魚を入れるようなビニル袋に、かち割りを入れてストローをさしたものを大事に飲むわけです。
製造は甲子園球場の中にあるらしく、金沢から応援に行ってるおいら達がその水を「美味い!」なんて思うわけもないんだけど、それが美味しく感じちゃうわけです。本当に懐かしいですね〜。

んで帰りのバスの中で手を見れば、楽器を巻いたタオルに突っ込んだところだけが白かったりします(^^;
当然、トロンボーンの人は、楽器の陰になってしまう顔の半分くらいだけが白かったりします。冗談のような本当の話ですよ〜。

ちなみに我が母校にはオリジナルのコンバットマーチ(普通はどこの学校も同じような曲のアレンジ違いを吹いてます)がありまして、これを知ってるだけでも妙な連帯感が生まれます。久々に吹きたくなってきたな〜、、「星稜コンバット」。。
実は、半音階の下降、上昇があり、初心者の部員にはそれなりに難しい曲だったりもします。スタッカートやテヌートなんてのを一番最初に意識した曲でもありました。

なんてノスタルジーにふけってたら10数年ぶりに吹奏楽部の同期から電話があり、9月の3連休に同窓会へ出席するために急遽金沢へ帰省することになりました。
やっぱり、何かそんな胸騒ぎがあったんですかね〜。

|

« 評論に求めるもの | Main | 不許可! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

母校が甲子園に出る回数は減りましたね~
たまにはあのコンバットききたいのに。
確か私の担任だったK先生の作品だったような。

Posted by: Umi | August 25, 2006 at 07:17 AM

やっぱり名前を聞かないと、なんとなく寂しかったりするから不思議だよね。
松井選手が現役のときは仕事をさぼって喫茶店で、決勝戦に出たときは仕事を休んで部屋で正座してみてたよ(^^;
で、そんな星稜コンバットファンのみなさんに朗報!
なんと携帯着メロ発見。。。
http://www.seiryo-mate.com/m/m_download.asp
校歌まであったよ。

ちなみに、K先生が作曲した星稜コンバットは、初演(俺が1年の春だったかな?)以来演奏された形跡のないPart2の方だと思った。
耳慣れた方は誰が作ったんだろう?今度の同窓会で聞いてみるわ。A君もくるかも。

Posted by: ちはる | August 26, 2006 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 評論に求めるもの | Main | 不許可! »