« 紙 | Main | 運命 »

September 05, 2006

久々のブラームス

 最近、少し疲れが溜まってきてるみたいです。また歯槽膿漏がうずきだしたので、なんとなくそんな予感が。。確かに、忙しい日々が続いてるしね〜。
そんな時こそ音楽でリラックス!

ここんとこ、毎日ドヴォルザークを聴いてます。もちろん今も。溜息が漏れてきます。はぁ、、、美しい。。
こんなに美しい旋律、どこから出てきたんでしょうね〜。

と、素直に聴いていれば良いものを、この指揮者はどうのこうのとか、このオケはハーモニーが云々、、あげくの果てにはこの指揮者を聴くなら何年もの!なんて話をしだしちゃったら、もうリラックスどころの騒ぎじゃないですね(^^;

いや、確かに楽しいひと時なんですがね。でも、みなさんも「新世界より」を一日に5回くらい、それも違う指揮者で聴いてみて下さいな。
きっと疲れますから。。(当たり前か・・・)

そんなことで、久々にブラームスの1番をサイトウキネンオーケストラで聴いてみました。OEKじゃないところがみそだったりします。(どんなミソやねん)

いやはや、やっぱり美しいですね。世界的にも10本の指に入ると言われるオケだけあって、本当にハーモニーもバランスも素敵です。これも小沢征爾さんの手腕なんでしょうかね〜。

と思いながら聴いていたら、ふと思い出した。
俺、ブラームスが嫌いだったんだ・・・。。

今はブラームス大好きっ子(子?)なんですがね。好きになったきっかけはOEKの演奏。サイトウキネンオーケストラ版は去年あたりから持ってたんだけどね。なぜか好きになれずに、1回聴いたくらいだったと思う。。

なるほど。先入観って恐ろしい。そして、先入観の呪縛が外れたとたん、この素晴らしい音色がス〜っと入ってくるわけです。いやはや、得した気分。

それでも、今のところ一番好きな演奏はOEK版だったりします。なんでやろ?
これもドヴォルザークが一段落したら(するのか?)、少し(本当に少しか?)聴いてみようと思います。のだめじゃないけど、正しいカレーは存在するのでしょうか。楽しみです。

|

« 紙 | Main | 運命 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 紙 | Main | 運命 »