« ゴルフ4 | Main | のだめ »

October 22, 2006

トスカ

 生まれて初めてオペラを生で観てきました。ハンガリー国立歌劇場の公演です。友人にチケットを押さえてもらいました。
席は三階席の真ん中の真ん中辺り。はっきり言ってベストポジションです。オケピット(オペラでは舞台手前の客席より一段下がった場所にオーケストラが入ります)の中も見えるし、ステージ全体も綺麗に見渡せるし。

最初にオーケストラがバラバラと入場してきます。おっ、、初めて見る三管編成(管楽器が3本ずつ)でした。なんだかうるさそう(^^;
バランスがどうなんだろう?とか、どんな音なんだろう?とか。ドキドキわくわくでオープニングを待ちます。

まっ、最初に序曲なんですが、いきなり金管舞台が全開。こんなんで歌が聞こえるのかしら?なんてことを考えてしまいます。
ところがところが。歌手の方々の声量たるや想像を絶します。3階席のおらのところまでスッコ〜ンと声が飛んでくるのです。唯一バスドラムのロール部分では音がかぶるようで消されてしまいますが、ほとんど関係ありません。

そして、このオケの素晴らしさ。。いや〜、さすが国立。アンサンブルが見事です。しかも、歌手との息もバッチリ。おいらの持ってるムーティーのトスカも良いのだけど、やっぱり生の方が凄いですね。

1幕は息をつく間もなく、あっと言う間に終わってしまいました。コントラファゴットの生音って凄いですね。生ハープも初めてかも。感動の連続です。

そして2幕はいよいよ大好きなアリア、「歌に生き、恋いに生き」です。オペラの場合、通常はその歌の歌いだしの歌詞が曲名として呼ばれるようです。
おいらの持ってるDVDも良いのですが、iTunesでダウンしたマリア・カラスの歌は本当に凄かった。。
しかし、何よりも生の迫力はとてつもなく素晴らしかった。このアリアを聴いただけでもチケット代のもとはとれたと思ったよ。。

やはり2幕命で見てたので、3幕目は少々気合いが抜けちゃったんだけど、もともとこの「トスカ」ってオペラそのものが3幕目の盛り上がりが今一の印象があるので、こんなものかと。歌手もオケも2幕よりは雑だった気がする。もちろん、その雑さはおいらの印象だけなので、別に手を抜いてるわけじゃないので。。

しっかし、生のオペラは本当に凄い。それに、このハンガリー国立か劇場の方々、本当に素晴らしかった。歌もオケも本当に一流。こんなん、この金額で、しかも津で見れるなんて。。あたしゃ満足だよ〜。

ただ、三重県総合文化センターの大ホールでも、オペラを演じるには少々狭い気がした。贅沢は敵だが、アイーダなんかは無理だろうな〜。もちろん、音は申し分無く良かったですよ(^^)v

|

« ゴルフ4 | Main | のだめ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゴルフ4 | Main | のだめ »