« ゴルフ4.2 | Main | クールな練習 »

November 06, 2006

10月の新譜

10月は少なかったですね〜。11月に至ってはまだ一枚も買ってません。ゴルフにはまってるってのもあるんだけど、今までさんざん買いまくったアルバムを、じっくり聴き込んでるってのもあるし、また、欲しいものがほとんどなくなっちゃったってのもあるかな(^^;

で、厳選された(?)6枚です。

Dvořák: Symphonies 7 and 8:ノイマン指揮=チェコ・フィル
最後の日本公演のライブ録音のようです。誰がなんと言っても、おいらにとってドヴォルザークはノイマン=チェコフィルなんだな〜って思っちゃいます。
ひたすら美しいです。ただ、最後の「新世界」を聴いた時ほどのインパクトはありませんでした。

Schubert /Beethovenピアノソナタ:Irina Mejoueva
「のだめカンタービレ」に出てきたシューベルトのピアノソナタが聴きたくて買ったのですが、、、。。あんまりのめり込む事はできませんでした。
シュベルトは・・・気難しい人のようです(^^;

Schumannピアノ作品集:Vladimir Ashkenazy
アシュケナージのピアノが聴きたくて買った1枚です。やはりロマン派の作品を弾かせたら当代随一と思います。

The Duo Sessions:バイバ・スクリデ
オーケストラ・アンサンブル金沢の公演でモーツァルトの協奏曲のソリストとして演奏しているのを聴きました。ものすごく美しい音と激しい音を使い分けます。
まあまだ若いのに、将来が楽しみです。

モーツァルト/ピアノ・ソナタ 第8・11・14・15番:内田光子
参りました。モーツァルトのピアノソナタを一枚も持ってない事に気がついて買ったのですが、とんでもないピアニストがいたものです。他の作品を知りませんが、モーツァルトの世界に引き込まれてしまいました。
こんなに素晴らしい演奏をする日本人ピアニストがいたなんて。。
そのうち内田さんのモーツァルトピアノソナタ全集でも揃えようと思います。
10月に買ったアルバムの中では1番のお気に入りです。

Chopin練習曲集:Ashkenazy
少々ピアノに入り込んだ月でした。ショパンのエチュードも持ってなかったので。って言うか、そもそもショパンはそれほど好きじゃなかったりします(^^;
たんにアシュケナージさんの演奏だから買っただけです。
もちろん、練習曲をここまでの水準に高めたショパンは凄いのですが、それをさらにコンサートプログラムの域まで高めてしまうアシュケナージさんはやっぱり凄い。一度は生で聴いてみたいな〜。

この月はピアノを少し聴きたい気分だったので、重点的に買いました。別にオケに飽きたわけじゃないのですが、聴きたい作曲家が今のところ無く、まだ聴いた事の無い作曲家の作品を聴くほど心にゆとりも無いので。。
11月はまだ1枚も買ってないし、何度タワレコに足を運んでも、欲しい!って思う作品が見つかりません。。
まっ、今まで山ほど買ったのを順番に聴き込んでいきましょう。

|

« ゴルフ4.2 | Main | クールな練習 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

内田さんのピアノは、なんといいますか、別世界ですよね~。
大好きなピアニストです♪

Posted by: みやび | November 07, 2006 at 12:11 PM

本当だね(^^)
一番好きなピアニストはアシュケナージなんだけど、最近はあんまりピアノを弾いてないみたいだし。それにカラー的にもモーツァルトって感じじゃない(弾いてるんだけどね)しね。
内田さんの音って本当に素敵だよね。きっとそのうち全集も買っちゃうんだろうな〜。
モーツァルト以外も聴きたくなってきちゃうね。

Posted by: | November 07, 2006 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゴルフ4.2 | Main | クールな練習 »