« スコア | Main | 楽しいひと時 »

November 23, 2006

細く長く

 ゴルフとともに最近盛り上がってるのが囲碁。この1年はほとんど本を読んだり勉強したりしてなかったんだけど、新聞や雑誌に書いてある詰め碁なんかはチャレンジ(挑戦するのは勝手だし・・・)したりしてました。また、テレビでも見る時間がある時は(この1年で数回だったけど)見てました。まぁ、細く長く続ければ良いかな〜って具合に。

それがまた盛り上がってきたので、以前買った本を再び眺めたりしてます。さすがに以前読んだ時よりは書いてある内容が理解できる部分が増えてますね。
で、回りに打つ場所を知らないし、ネット碁を打つのも敷居が高く感じるので、細々とパソコンソフトで遊んでるレベルです。
対戦レベルは一番弱い(PC側が)にセットし、13路盤(本物は19路盤です)の置碁(先にいくつか石を置かせてもらって有利な状況から始める)の9子だと楽勝ってレベルです。早い話が超初心者ってことで(^^;

せめて今持ってるソフト(2004年製)でPCのレベルを標準にして、ほぼ対等に戦えるようになったら級をとろうかと思ってます。いつになるのやらね〜。

ところで、この囲碁ってゲームは奥が深く、あらゆるものに相通じるものがあるわけです。
例えばゴルフ。いや、碁石を飛ばせ!って言ってるわけじゃないんですがね。ゴルフにも攻守ってのがあり、狙い所ってのもあり、コースを責める定石ってのもあるわけです。また、音楽にも通じるものがあります。棋譜を眺めて盤を想像するのも、スコアを眺めて音を思い浮かべるのも同じこと。19かける19の盤の上を自由に、しかし法則に従ってイマジネーションのおもむくままに石を置くのも、空間に自由に音を放つのも、まるで極上のジャズを奏でているようだと思いませんか?

のだめの最新刊を読んだ人は知ってるだろうけど、音楽ってのもそもそも神様が創造した世界を解き明かす手法の一つとして用いられていたらしいです。
同じように碁盤は宇宙を表すとも言います。ねっ、古今東西を問わず、あらゆるものと通じてる気がしませんか?

そんなわけで、へぼ碁もまた楽し。誰かまわりに打てる人いないかな〜。もちろん、碁を打つ時間がなければ一緒なんだけどね〜。

|

« スコア | Main | 楽しいひと時 »

囲碁」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.