« 感動の対面! | Main | 求めていたもの »

December 18, 2006

ピアノ曲

 今日は月曜日。ってことで、ドラマ「のだめカンタービレ」の放映がありました。みなさん、ちゃんと見ましたか?

放映も残りわずかとなってしまいました。原作がまだまだ続いているので、このペースでドラマを作り続けると春までに原作を追い越してしまうので仕方ないですね〜。
残念ですが、ぜひセカンドシーズンも制作して欲しいものです。

さて、毎回すばらしい音楽が使われていて、日本のクラシックファン層もじわじわ拡大してると思います。今日のエピソードに出てきたシューマンのピアノソナタなんて、実に味わい深く素晴らしいのに、あまりメジャーじゃない作品の一つじゃないでしょうか。

そもそもピアノソナタで一番思い浮かべるのはベートーヴェンの三大ソナタやモーツァルトくらいじゃないでしょうか?
もちろんシューベルトやブラームスも好きですし、その他にも素晴らしい作品はたくさんあるのですが、やはりメジャーでは無い気がします。

そんな中で、たとえドラマで一部分が流れただけとは言え、シューマンのピアノソナタに魅せられた人は多いんじゃないでしょうか?
「11月の新譜」でも紹介しましたが、このドラマで使われたシューマンのピアノソナタ第2番、本当に美しいです。テクニックもかなり必要なことは素人でもわかるんですが、おいらの持ってるアシュケナージ盤はそれを見事に昇華した演奏です。
7枚組と言う事もあり、毎日聞いても未だに新しい発見があります。

もともとシューマンには明るいわけじゃなく、せいぜい「子供の情景」を知ってる程度でした。それも曲はほとんど聴いたことが無く、まさに「知ってる」レベルでした。
それが、このアルバムを聴いて、マジで虜になりました。

自身がピアニストだった(病気の影響でピアノを弾けなくなったらしいです)ってこともあり、また、かみさんがピアニストってこともあり、本当にピアノが好きだったんだな〜って思います。
有名な曲では「子供の情景」に含まれる「トロイメライ」でしょうか。改めて聞くと、本当に心が洗われる気がします。
ピアノって、本当にすごい楽器ですよね。のだめのように、オーケストラを感じさせるような生演奏を聴いてみたいものです。また、まだまだ知らない素晴らしい曲がいっぱいあるんでしょうね〜。

みなさんのお気に入りのピアノ曲、良かったら紹介して下さいね(^^)v

あっ、もちろんジャンルは問いませんよ。キースジャレットのケルンコンサートもバドパウエルのクレオパトラの夢も佐山さんのルンバやレイラの後半、ジョージウィンストンのオータムン、そして龍さんの戦メリも、み〜んな好きですから。

|

« 感動の対面! | Main | 求めていたもの »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 感動の対面! | Main | 求めていたもの »