« December 2006 | Main | February 2007 »

January 30, 2007

スーパーヒーロー

今日はなんとなく面白く無い。別にトラブルがあったわけじゃないけど、自分以外の原因で無駄な時間を過ごしてしまうはめになった。
そんな時は何をやっても上手くいかない。昨日まで調子良く上向いてきた囲碁も今日はボロボロ。集中力がみじんも無い。。
って、集中力をつけるために囲碁を始めたのに〜(>_<)

ってことで、気分転換に子供の頃のスーパーヒーローについて。
う〜ん、今日も枕は絶不調(^^;

スーパーヒーローと言えば、やっぱり仮面ライダーだろうね。ちょうど幼稚園に通ってるくらいの時に本郷たけし(どんな字だっけ?)がショッカーの皆さんに改造されちゃったわけですね。その後どんどんシリーズ化されたけど、覚えている限りでは次の順番だったと思う。
仮面ライダー1号→2号→V3→(ライダーマン)→X→アマゾン→ストロンガー
と、ここまで。これ以降は仮面ライダーを見る年齢でもなくなっちゃいました。
たぶん、アマゾンやストロンガーもほとんど見てないと思う。。

で、このシリーズの中で一番好きだったのはライダーマン。正式にはサブキャラなんだけどね。でも、取り替えれる腕のアタッチメントに、なんとなくメカを感じたって言うか・・・。当時からパーツ交換が好きだったんだろうね(^^;

次に好きだったのは2号。一文字隼人様ですね。
1号と2号を並べると、やっぱり2号の方が洗練されてるのですよ。たぶん面は同じ型から作られてると思うんだけど、2号の方が色身が少しシルバー系って言うか。
また、スーツのラインも2本線になり、もう少しでアディダスが発売されなかったかもしれない領域だったくらい。また、本郷たけしさんの顔より一文字隼人さんの顔の方がスマートで。。ちょっとクールだったかな〜。

ところで、なんで今頃仮面ライダーかって言うと、、、
最近は日曜もほとんど部屋にいるんですよ。午後は囲碁の放送を見なきゃいけないからね。んで、朝ご飯を食べる前にテレビをつけると、ちょうど仮面ライダーの新しいシリーズをやってるわけですよ。
それで、思い出のライダー達とついつい比較しちゃうわけです。

一番驚いたのは、変身のポーズがクール。。そもそもキャラもクールだし。。
また、ストーリーが暗い。。昔は勧善懲悪が全てであり、ストーリーも簡単明瞭。それが、最近見たものは・・・なんだかいきなりライダーがいっぱいいるし、しかもストーリーが複雑。最近の子供って賢いのね〜。。

そんなわけで、ついつい昔の仮面ライダーを思い出しちゃうわけです。
でもね、少しホッとしたのは、あれだけ武器もゴテゴテしてるし変身ポーズもクールになってるにも関わらず、最後に敵を倒す必殺技が「ライダーキック」だったこと(*^-^*)
幼稚園の頃にようちゃん(だれじゃ・・・)とダブるライダーキックを決めてた頃を思い出しちゃったよ。
もっとも、「らいだー〜っ、き〜っく!!!」と熱く叫ぶライダーは、最近はいないみたいだけどね。。昔のライダーは叫びながら蹴ってたのにね〜(^^;

| | Comments (2)

January 29, 2007

責任とは?

 最近は報道について色々ととりざたされている。このブログではなるべく時事ネタは使わないようにしてるんだけど、まっ、トータル的な考え方ってことで。

おいらは営業的な仕事もしている。自分でネタを探し、計画して提案し、見積もりを書いて契約を交わし、工事の段取りと施工管理、時として施工。その後の保守管理とメンテナンス契約の締結。。個人商店のような部門ですね(^^;

で、当然、お客様に計画と言う名の商品を売るわけです。だから当然商品については万全の知識を仕入れ、お客様からの様々な問い合わせにも対応できるように努力するわけです。そんなおいら達から見れば、自分が売ろうとしている、、つまり宣伝している商品について一切の知識が無いなんてことは信じられないわけです。

さて、察しの良いこのブログの読者の皆様なら何について不満を抱いているか、お解りの事と思います。

もし、あなたが宣伝し、人様に勧めた商品に欠陥があったら、あなたは責任をとれますか?

あなたは何の知識も無いものを、堂々と人様にお勧めする事ができますか?

いえ、決して現在の広告事業についてつばを吐きかけてるわけじゃないんですがね。ただ、それで成り立ってる現代のメディア産業ってなんなのかな〜って。
そして、それに踊らされてる大衆っていったいなんなのかな〜って。

テレビ番組で何か良いものが紹介されると、すぐにそれに飛びつく。そして内容が間違ってるとなると、手のひらを返すようにそれを避難する。逆にけしかける方は、内容をよく吟味しないで鵜呑みにした方が悪いって主張。。

いや、本当に「美しい国・日本」だな〜。

| | Comments (0)

January 28, 2007

言葉色々

 相変わらず肋間神経痛と筋肉痛に悩まされているけど、一番頭を痛めているのは囲碁が上達しない事か(^^;

で、前振りと何の関係もない話を。
中学時代に先輩から「ジェフベックはミュージシャンと呼ぶと『俺はアーティストだ』って怒るらしいぞ」と言われた事がある。もちろん、真偽はさだかではない。
しかし、ミュージシャンとアーティストとはどう違うのか?
日本語に訳せば「音楽家」と「芸術家」なんだけどね。

広義に考えるなら、音楽は芸術の一分野だと思う。となると、日本人の中の三重県人って意味合いで、芸術家の中の音楽家と言えるんじゃないだろうか。
つまり、音楽家は全て芸術家ってことで丸く収まりそうなんだけど。

でもね、狭義に考えるなら「芸術家は創造力を伴う」者で「音楽家は表現力を伴う」者って解釈も成り立ちそうな気がする。
そうなると、芸術家≠音楽家になっちゃうわけ。
ところが、ジャズ屋さんなんかは創造力が必要なわけで、芸術家になっちゃいまして、小沢征爾さんは音楽家になっちゃうわけ。指揮者は創造しないけど表現する(させる)仕事だからね。

う〜ん、相変わらず要旨をすっとばした論法だな〜って我ながら思うのだが(^^;

しかし、音楽ってものがそもそも作曲家→演奏家って流れを全て集約した者であり、歌手やオケの方々のように個々は音楽の一部門でも、出てきた音そのものは無から生み出された、いわゆる創造された物だから芸術なのだろう。
そうなる、これに関わる人達はすべてまとめて芸術かではなかろうか。

もちろん、音楽と芸術を単語だけとらえて比較する行為自体が無意味!と、バッサリ切られては身もふたもないのだけど(>_<)

昔読んだ落語のマンガの中で「師匠の噺は芸術ですね〜」と言われた落語家が「あっしは噺家ですから芸はしますが術は使えませんので芸人です」って下りがあった。最後の芸人云々の下りはうろ覚えなんだけどね。
確かに、術が使えなければ芸術家ではありませんな〜。。ってことは、ジェフベックは技術は素晴らしいのですが、それを術と言うならば、やっぱり芸術家だったんでしょうね。そして彼の音楽は「芸」なんでしょうね〜。

なんだかジェフベックファンからボコボコにされそう。。

※このブログに登場する人名を呼び論法は全て架空のものであり、実在するものではありません。。。

こんなオチで納得して下さいますか(^^;

| | Comments (0)

January 25, 2007

即効性???

今年初めての血液検査です。とは言え、エンテカビルを受け取るために2週に1度は通院してるため、主治医の検診そのものは今年2度目です。さて、恒例の検査結果を。
 GOT 29→38H→38H→25→24→25→30→29→47H→26
 GPT 45H→52H→53H→35→30→30→33→35→63H→30
 LDH 140→153→151→158→158→172→234H→240H→153
 ALP 374H→342→335→475H→331→343→405H→392H→312
 HBV 3.7>→3.7>→4.4→5.5→4.6→4.0→4.4→4.9→4.5→5.4
と言うわけで、肝炎がおさまってる様です。

結果を見てドクターと二人で首を傾げる。。ち「先生、エンテカビルって即効性があるんですか??」ド「う〜ん、まっ、とりあえず落ち着いてますね。。」
噛み合ない(^^;

前回の説明だと、ウィルスが活性化すると自己感染で肝炎を引き起こすから、ウィルスが落ち着けば必然的に肝炎はおさまってくるとのこと。
ふ〜ん、ってことは、エンテカビルは効いてるんだ。。まっ、効いてもらわないと困るけど。。
今回採血したものから次回には現状のウィルス量の測定結果がでるはず。たぶん、おちついてるんだろうね。まっ、嬉しい事ですね。

で、いつものドクターとの無駄話。
ち「毎朝5時に薬を飲んでるんですよ〜」
ド「そりゃ〜大変ですね。でも仕方ないですね。」

ち「肋間神経痛が痛くて。。」
ド「そりゃ〜大変ですね。痛いのは肝臓の辺りじゃないですね?」
ち「はい。右側の肋骨の辺りと、あとは肩甲骨の下側が。。」
ド「じゃ〜大丈夫です。」
ち「・・・(何が??)」
噛み合ない・・・

おいらの主治医、肝臓以外に興味は無いらしい(^^;

| | Comments (0)

January 24, 2007

タイムラグ

 囲碁の話はほとんどmixiに書いてるので、こっちに囲碁の話を書くのを辞めようかな〜とも思ったんだけど、切り口が違うってことで、こっちにも時々書きます。

と言うほど、たいそうな話でも無いんですがね(^^;

プロの棋士と言うのは日本棋院または関西棋院に所属し、そこで手合に応じて報酬を得るシステムになっているようです。
また、新聞社やテレビ局、その他色々な企業が主催する棋戦に出場し、タイトル料(いわゆる優勝賞金)を得るわけですね。

だから我々囲碁ファンがプロ棋士を盛り上げるには、やはり各棋院が出版する雑誌(囲碁未来とか週刊碁とか・・・)や参考書を買ったり、各棋院に赴いて施設利用料を払ったり、はたまた級や段を取得してその認定料を払う等等。。
また、各棋戦やイベントに参加するなんてのもありますね。
スカパーなんかの囲碁チャンネルを見たり、NHKの囲碁講座を見たりテキストを買ったりなんてのも、間接的に棋士を応援する事になるんでしょうね。

で、その棋戦なんですが、けっこう色々ありますね。国内の大きなタイトルと言えば、天元、棋聖、碁聖、名人、本因坊、王座、十段(囲碁の段は9段までしかなく、十段はタイトルなんです)なんてのがビックタイトルですね。その他にも大和証券杯やNHK杯、王冠(中日新聞主催)など。

ところが、これが結構システムが難しい。その年の挑戦者決定リーグと次年度のリーグ戦予選、予備予選なんてのが平行して行われてたりするわけです。
しかも、テレビ放映やなんかの事情により、実際にその手合が行われていても報道が遅い場合が多いわけです。

例えば女流棋聖(NTTドコモ杯)ってのがあって、それの挑戦者はすでに決定しているらしいのですが、放映の関係(囲碁将棋チャンネル)で日本棋院発行の週刊碁なんかでは発表できないらしいのです。
たしかに、F1でもテレビ放送の放映権の関係でニュースで結果を言えなかったりってのはどこの業界でもある話でしょうし、スポンサーがいることだから仕方無いんですがね。

でも、それがあまりにも多すぎる気がします。情報源が少ない時代ならまだしも、近年の情報化社会においては「結果は既に知っている」なんてことがほとんどなんですよね。
おいらでも2chをちょいと見れば、誰が挑戦者に決定したかなんて情報はすぐ手に入ってしまいます。

個人的には、もっと情報をオープンにすれば、また新たなファン層を獲得できるんじゃないかな〜なんて思ったりもするんですがね。
NHK杯だって、とっくに収録が済んでるのを順番に放映してるわけですが、その棋譜は1ヶ月後のテキストにしかのってないわけですし。
確かに結果が先にわかってたら面白く無いなんて言う人もいるとは思うんですがね。野球でもサッカーでも、結果が先にわかってたら面白く無い人は多いだろうし。でも、逆にその過程を楽しむ人は、結果が分かってた方が面白いだろうし。
特に囲碁なんてのは、その過程にこそ深い意味があったりすると思うんですけどね〜。。

| | Comments (0)

January 23, 2007

値上げ

 火狐が復活したおかげでRSSも見やすくなった。見やすくなったと言うより、たんに見慣れた画面に戻っただけなんだけどね。
で、RSSリーダーで見てたら、「MOLESKINEが値上げ」って記事を見つけた。1680円から1890円に値上げするようだ。現地での原価高騰による値上げだそうだ。約12%の上昇ですね。

原価が上がれば売値も上がる。それは自然の摂理ってものでしょう。でもね、再販商品じゃないのに定価の値上げってどうなの?
販売店が仕入れ価格の高騰により値上げ!ってのならわかるけど、代理店から国内販売価格変更のお知らせってのはちょいと変なんじゃないの?

まっ、体裁が気に入って(あくまで体裁が。紙質は国産の方が良いと思います)使ってたけど、今後は違うのにしようかしら。。

もともとモレスキンは雑記や日記に使ってるんだけど、雑記の方はブログのネタになりそうなメモとか、ちょいとした雑感、思いつきなんかを書いてる。中には今晩の献立を書いたページとか、ゴルフのコース戦略なんてのを書きなぐったページもある。たんなる落書き帳に1680円も!と思うなかれ。国産の野鳥やB6ノートでも全然構わないし、そっちの方がよっぽど万年筆に合うんだけどね〜。。

それでもモレスキンを使うってのは、やっぱり道具としての美しさが有るからなわけで、だからこそ、高価なおもちゃとして落書きできるわけなんだけどね。

今回の値上げ、なんとなく面白く無いな〜。今使ってるノートが全部無くなったら、次からは○善のダックノート(こっちの方が高価だけど)にしようかしら。どうせ高いノートに落書きする贅沢な遊びなんだから、万年筆と相性の良いノートの方が楽しいしね。

やっぱり地産地消ってやつですか。その割に国産万年筆は1本だけど(^^;

| | Comments (0)

January 21, 2007

火狐復活/感謝鱪

 朝っぱらから何をしとるんじゃ!?と、言われそうだが、エンテカビルを服用するための注意事項には「朝食前」と「服用の前後2時間は何も食べないで下さい」と「1日1錠」が書いてある。
つまり、朝食を7時半頃に食べるには5時半にはエンテカビルを服用しなければならない。。。難儀な薬じゃ。。
ってわけで、服用を忘れるとエライ事なので、出勤日は5時に起きるからその時に服用する習慣にしてる。。しかし、休日でも服用を中止するわけにもいかず、結局、仕事が休みでも5時には起きるわけです。まっ、年寄りだから可能な技ですね(^^;
毎日5時起きなんて、、、10年前の俺に見せてやりたいよ。。

 さて、早起きは3文(現代のレートでは1文は30〜40円程度。つまり3文だと缶ジュース1本分程度)の得!
ってわけで、最近ず〜っと調子が悪かったFireFoxについて色々と調べてたわけです。って言うか、2chブラウザーを色々と探してたら勝手に見つかったんだけど(^^;

FireFoxのバージョンを2にアップデートして以来、なぜか起動直後に謎のシャットダウン(FireFoxのみ。他のソフトやシステムには影響せず)しちゃうようになったわけです。
んで、仕方なしにシイラってブラウザを使ってたんだけど、2chリーダーのプラグインが無い(おいに見つけられないだけ?)ため、不便してたわけです。
いや、FireFoxと使い勝手は似てるし、安定してるし、RSSリーダーも使いやすいし、、、これはこれで良いブラウザなんですよ。
しっかし、慣れというのは怖いものです。やっぱり恋しくなっちゃうわけですよ。火狐が。。

で、話は前後しちゃいますが、何か便利な2chリーダーは無いかいな?と、ネットをさまよってたらFireFox用のプラグインでおいらが愛用してたbbs2chreaderのバグレポートを発見!!
どうも削除された2chの板をライブブックマークに登録しておくと、起動時に読み込みにいった時に落ちちゃうらしいです。。
いや、目から鱗がはえた。。。

そっか〜、ってことで、FireFoxをセーフモードで起動(こんな機能があるのも知らんかった。。ターミナルからコマンドで起動できるんですね〜)し、ライブブックマークを削除。んで、FireFoxを再起動。。
お〜っ!?復活の火(狐)じゃ〜!!

と言うわけで、無事にブラウザを使い慣れたものに戻す事ができました(^^)v

だって、あまりにも不便ですよね〜。部屋に4台のPCを起動させて、動かすブラウザが全て違うなんて・・・(^^;
PowerBookはサファリ、miniはシイラ、ペン4はIEでアスロンがFireFoxだったわけですから。。
確かに、ブラウザはどれも一長一短があるわけで、どれも捨てがたいのは捨てがたいわけですが。。

とりあえず、これでブラウザー環境が復活したので、めでたしめでたしですね。あとは小林九段が棋聖をダッシュし、祷五段がNHK囲碁講座で新しい突っ込みを開発してくれ、そしてPSPで置き碁せずに勝利を上げて肋間神経痛が治ってゴルフで100を切り、B型肝炎の抗体ができて、宝くじが当たって嫁をもらえれば、こんな素晴らしい人生は無い!ってわけですね。
神様にお祈りしましょうt(^^)

| | Comments (0)

January 18, 2007

難儀な体。。

 ラウンドする日が決まったので、久しぶりに打ちっぱなしへ行ってきた。ゴルフの師から新しいスィング方法を伝授してもらったので、それの実験も兼ねて。
やっぱり少しでも上達したいし、いつも一緒に行く奴らにも「おっ、上達してるね〜!」って言わせたい年頃なので(^^;

とは言え、やっぱり肋間神経痛が怖いので、そ〜っとウェッジで5球くらいアプローチを。うん、良い感じかも〜。思ったより球は散らないし、球の高さもスピン量もまずまず。
おっしゃ〜、次は7番アイアンだ〜!

で、打った瞬間に呼吸困難に(T_T)

はぁ、、、、やっぱり肋間神経痛か〜。今日はいつもより痛いよ〜。。

以前あんまり痛かったので通院してる総合病院の整形外科で見てももらったんだけど、骨にも内蔵にも特に異常がなく、あっさり「肋間神経痛ですね」と言い渡されちゃった。
神経はレントゲンにも写らないし、特に治療法も無いらしい。早い話が「なんともならん」わけです。。

う〜ん、困った。。これじゃゴルフへ行けないじゃん!

で、ネットで色々調べたんだけど、明らかな肋間神経痛の場合、マジで鉄板の治療法って無いらしい。自然治癒に任せるか、麻酔科とかへ行って神経ブロックしてもらうか。。

はぁ、、、湯治でも行こうかしら。。

ほんまに次から次へと難儀な体やな〜。来週は主治医の検診も有るから、一度相談してみよう。少なくとも1日持つ痛み止めがあれば一番良いしね。
まっ、月に一回は血液検査もしてるから、内蔵系の原因に寄る痛みじゃない事がわかるだけでもラッキーなんだけどね〜。

| | Comments (0)

January 17, 2007

予告編

 すっかりご無沙汰してますが、決して熱が冷めたわけではございません。ゴルフのお話です。特にゴルフ熱が下がって情熱が全て囲碁に行ってしまったわけじゃありませんよ〜(^^;
正月以降、体調が良く無かったのと、やっぱり寒くて体が動かないのが相まって。それでも2回くらい練習には行ったんですがね、やっぱり肋間神経痛が響くのと体調不良で、練習していても面白く無いわけです。

とは言え、やっぱりゴルフ熱もまだ続いてるから、そろそろリハビリがてら練習場に通おうかと。もちろん、なまった体をほぐす必要もあるので、しばらくは連続で行くのはやめときます。ここで焦って再び体調を崩してはなんにもなんないからね〜。

さて、そんなわけで、とりあえず2月の頭にラウンドする事がほぼ決定しました。実に1ヶ月ぶりかな。非常に楽しみです。もちろん、そんなに良いスコアを目指してるわけじゃないので、今回もリハビリですね。

去年はゴルフを再開してから2ヶ月の間に4回もラウンドしたんですが、目標にしてた110は切れませんでした。まっ、実力でしょうか(^^;
練習にはほぼ毎日行ってたので、以前のようにチョロは減ったんですがね。でも、逆に飛び過ぎちゃってケガも大きいわけです。OBにしても球を探す気力も無いくらい遠くへ飛んだり、前なら届くはずも無い池に飛び込んだり。
そうなればペナルティーやなんかで、実際に打ってる打数より多いスコアになっちゃうわけです。

そんなわけで、今年はコンパクトなゴルフを目指しちゃったりします。もともと人間がコンパクトなので、ダイナミックなゴルフを目指す方が筋違い(^^;
今年の目標は一気に100を切る事!と、大きく出ちゃいますが、果たして結果やいかに。年末のこのブログをお楽しみに。。
果たして今年は何回ラウンドするんでしょうね〜。まずは2月上旬に今年初ラウンドの結果をご報告させて頂きます。

| | Comments (0)

January 15, 2007

訃報

 先輩がmixiに書いたのを見て知ったんだけど、テナー奏者のマイケル・ブレッカー氏が白血病で亡くなったとのことです。享年57歳。まだまだこれからと言う年齢だけに残念です。

最近はすっかりジャズを聴かなくなってますが、今日は久々にブレッカーブラザースを聴いてます。多分初期のアルバムかな。サム・スカンク・ファンクとか入ってるアルバムです。

おいらがジャズを好きになったのは、以前も書いたけどエリック・ドルフィーの影響でした。ただ、サックスに憧れたのは間接的にブレッカーブラザースの影響もあったからです。
高校1年の時に通ってた学校の向かいの大学で軽音楽部に所属してたOBの方が「今日は君たちにチケットを打ってあげよう」と遊びにきてくれました。この方こそ金沢の主、ドラムのO先輩でした(^^;
売りにきたのは金沢にある3つの大学の軽音楽部の合同演奏会のチケットでした。何も知らないおいらは先輩と一緒に(今は無き)北国講堂へと出向きました。
ここで初めてビックバンドジャズを生で聴いたわけです。そりゃ〜刺激は強かったですよ。とんでもないくらい。
この3つの大学のうちK大学とK工業大学は比較的普通のビックバンド(スィングスタイル)だったのに比べ、先輩の所属するK経済大学はブレッカーブラザースのコピーをやってたわけです。

当時を振り返ると先輩は「編成上これしかできんかったんや〜」とおっしゃいますが、初めて耳にする16ビートのサウンドは(うぶな)高校生を丸め込むには十分でしたね。
しかも、そん時のアルトのO谷さんがとんでもなく上手かった。。はぁ、そこで人生の歯車が・・・

その後、聴くジャズはダンモの方へ行ったんだけど、大学の先輩に教えてもらったステップスアヘッドなんかでマイケルブレッカーの存在は知ってたんだよね。
ただ、古いジャズを中心に聴いていたせいか、あんまりマイケルにのめり込む事は無かったかな。
それでも尊敬するテナー奏者の佐藤達哉さんがブレッカーのファンで、来日したときは一番前の席でかぶりつきで聴いてたなんて話を聞いて、おいらも真剣にブレッカーを聴いてみようかな〜なんて思ったりもした。

ここ数年はバップのプレーヤーがどんどん旅だってしまい、歴史の生き証人もロリンズやオスカーピーターソンくらいになっちゃった。そう考えると、まだまだ時代を作っていける人だっただけに、惜しい人をなくしたと思ってしまう。

あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0)

January 14, 2007

ふりかけ

 今日は久々に打ちっぱなしへ行ってきた。風邪を引いたりなんやと実に久しぶり。ここで無理をしてもいけないので、ゆっくりゆっくりと50球。素振りを数回して一球打つ。のんびりと、のんびりと。
それでも肋間神経痛は少し痛みますね。まっ、仕方ないか。それもそうなんだけど、やっぱり久々ってことも有って、球は右へ左への大運動会(^^;
まっ、極端なダフりやトップが無いだけでも良しとしましょう。体も回ってないし、それでいて手打ちってわけでもないので。ウェッジの50ヤードがそれなりだったので、個人的には大満足の練習でした。

 で、午後には買い物を済ませてさっさと帰ってきて、NHKの囲碁講座とNHK杯の試合を観戦。合間に中華丼なんてのをこれまた久々に作ってみたけど、思ったより上手く作れてこれまた満足。NHK杯の方は応援してた依田九段(2chではマスターヨーダと呼ばれている・・・)が勝ったのでご機嫌。
さらに「官庄杯世界女流囲碁最強戦」をネットで観戦。これまた応援してる日本代表の万波女流棋聖が3連勝の快挙!
今日は非常に良き日ですね。

 その勢いを借り、年末に出汁をひいた後の鰹節を冷凍庫から出して「ふりかけ」作りに挑戦。イメージでは胡麻とみりんの風味が豊かな鰹ふりかけができる予定。だった・・・。
う〜ん、火加減が難しい。酒とみりんと醤油を入れて焦げないように煎るわけですが、、、無理。焦げる(T_T)
しかも想像したようなパリパリにはならない。なんだか中途半端なしっとりかげん。。う〜ん、製造方法を間違えたかな??

さて、出来上がりを晩ご飯の時に試食。ご飯にかけて食べると、、、やっぱり香ばしい。いや、少々香ばしいは通り越してる(^^;
う〜ん、ちょいと失敗か〜。まっ、そんなもんでしょ。
かわりにもやし炒めが上手くいった(失敗する人いるのか?)ので、こんばんは良しとしましょう。

とりあえず、トータルで見れば良き日なのです(^^)v

| | Comments (0)

January 13, 2007

えのき茸

 やっと風邪も治ってきた。やはり治るまで1週間くらいかかったかな。まっ、年初の比較的仕事が落ち着いてるときだから良かった。エンテカビルも大きな副作用は無さそうだ。エコー検査を受けた時にドクターからは「「脂肪肝には特に注意して下さいね!」と念を押された。相変わらずマイレバーは脂肪分が多いようだ(^^;

 で、再び食事に細心の注意を払う事にした。ず〜っと注意してたんだけど、年末年始は若干脂肪分過多になってたと思う。年末は特に自炊も減って外食中心。やはりこれが良く無かったのかも。
ってことで、今年に入ってからは再び自炊の日々を。この時期は食材が少ないとされてるが、今の日本の流通事情から言えば、全く問題のないレベルだ。しかも、おいらはそれほど多くの食材を使用しないからね。せいぜい2〜3種類の食材が有れば大丈夫。

 さて、年末に出汁をひいた後の昆布で作った佃煮が思ったより良くできた。副菜として、1週間以上は活躍してくれたね。素晴らしい。次は冷凍してある鰹節(これまた出汁をひいた後のもの)でふりかけを!って思ったんだけど、急遽予定変更。ナメ茸を作ることにした。

 昔からキノコ類は大好き。特にえのき茸は大好物。鍋に入れたりみそ汁の具にしたり、炒めたり。実に重宝する食材ですね。もちろんなめ茸の瓶詰めは100円均一で見つけると必ず買ってた。そして1瓶無くなるたびに、もっと安くて大きなものは無いかな〜って考えたもの。
それが、ついに作り方を発見!ってほど大げさなものでも無いんだけどね。(^^;
たまたま病院の待合室で見た番組で、その作り方をやってた。以外と簡単に作れるみたい。

そんなわけで、休日の朝っぱらから作り出しちゃいました(^^;
用意するのはえのき茸(当たり前だが・・・)と醤油、みりん、酒、酢。たったこれだけ。なんとお手軽な。。もちろん、出汁を入れたり砂糖を入れたり、中にはコチジャンを入れて辛くしたり、色々とバリエーションが可能みたいですね。
フライパンに1〜2センチの長さ(適当)に切ったえのき茸をいれ、中火くらいで油をひかずに火を通してく。すると、ドンドンしんなりしていくので、一通りしんなりしたら調味料を。おいらは醤油、みりん、酒を大さじ2杯程度入れたかな。
んで、弱火で煮ていくと勝手にネバネバしてきます。(これにはビックリ!ネットでは片栗粉を入れる人もいたけど、そんな必要ないですね)
数分につめたら酢を小さじ1杯程度いれて軽く火を通し完成。
こんだけ。
めちゃ簡単だよね(^^)

さて、さっそくごはんにのっけて食べてみると、、、「◎△※×○!!!」
美味しいです(*^-^*)
調味料の配分を考えれば、十分市販の瓶詰めに匹敵しますね。逆においらは今回作ったくらいの味の方が好きですね。瓶詰めは少々味が濃すぎて。そりゃ〜おかずですからね、当たりまえなんでしょうが。
自家製なめ茸、ちょっとマイブームになりそうな予感!?
スーパーで安売りしてる時にまとめ買いして作り置きするのも良いかも。オムレツやパスタのソースにも使えるしね。
ってことで、ちょっとした感動のお裾分けでした(^^)v

| | Comments (2)

January 11, 2007

久々の購買意欲

  アップルから新製品が発表された。と言っても、アメリカでのお話。日本では発売されないだろう。なんでって、携帯電話だから。
日本とアメリカでは携帯電話の事情がかなり違うらしく、今まで外国メーカーが参入してきても大もうけをした話を聞かない。ノキアが出したスターウォーズ電話ですら、一部のファン層が所有する程度だからね。
また、Palmが全盛時代に似たような携帯端末を発売したけど、これも日本では発売されてなかったと思う。対応するキャリアが無かったんだろうね。

日本で発売されるPDAと移動通信端末がドッキングしたものなんて、今じゃエッヂくらいしか無いんじゃないかな。ドコモからも発売されてたけど、最近は見かけないし。
確かにDDIポケットから発売されてるシャープの端末は俺も衝動買いしそうになったよ。でも、単体でリナザウを超えるパフォーマンスが無いのはもとより、移動通信端末としても不便。しかも、i-モードが使えない。これが非常に不便だったりするんですね〜。
そこらが日本の事情を要約してるんじゃないかな。

で、今回アップルから発売されたiPhone(予想通りの名前・・・)はiPodと携帯電話の合作製品と歌われてるけど、しっかりPDAとしても使えるようになってるみたい。
ジョブズさんの発表公演をQuickTimeで見たけど、かなりドキドキな機能が盛りだくさんだった。

デザインはソニーのクリエの全面液晶タイプに似てる。入力エリアも全て液晶表示タイプだ。裏面や上下辺のデザインはiPodの延長。なかなかシャープですよ。
アイコンも見慣れた作り出し、俺的にはiPodの機能を除外してただのPDA機能としてつけて欲しかったね。移動時間のほとんどをiPodを聞きながら動いてるおいらとしては、今のペースでiPhoneを使った場合、確実に通話する時に電池切れになりそうだから(^^;

それでも興味がそそられるのは、やはりアップルが作ったからだろう。今までPDAではニュートンでこけてるけど、結局、基本になる製品コンセプトはアップルに勝る企業無しって感じだし。
あくまでパーソナルな部分で使う製品は、やはりアップル以外では食指が動かないね。

ところで、今回一番嬉しいのは、どれだけ良い製品でも今までの流れ上は日本で発売されないだろうってこと。おかげで衝動買いをする心配が無い(^^)
ただ、使ってみたい気持ちは200%だね。月末は久々にアップル製品の雑誌でも見ようかしら。

| | Comments (0)

January 09, 2007

 お年玉

 なぜかFireFoxがダウン。起動しない。。非常に都合が悪い。RSSリーダーを始め2chブラウザーから何からすべてこれ一本に頼ってきたから余計に。ってことで、現在シイラを使ってるが、画面が見慣れないのと操作感に少し違和感を覚えるので非常に使いづらい。。
 また、iPodシャッフル君も調子が悪い。ちょいと吹かせてもらう事になった曲のデモを持ち歩こうと思ったんだけど、どのMacにもどのWindowsマシンにもつながらない。接続が断続的になってしまうのだ。。そろそろ寿命なのかしら(T_T)
 さらに今日は応援してた張栩碁聖が負けちゃった。会社でこっそり2chを開いて途中経過を逐次チェックしてたんだけどね〜。残念。。

ってことで、今日はあまり良き日ではなかったのかも(>_<)

そんなことを思いながらテレビでお年玉について言ってたのを思い出した。すんません、前降りに脈略ありません。。今日はそんな日なんです。。

さて、現代っ子がもらうお年玉の総合計額は3万円程度のようだ。まっ、そんなもんなんだろうか。おいらはものすごくもらってた。多分、中学生の頃で12〜13万円はたまった気がする。
そりゃ〜父上様が9人兄妹、母上様が6人兄妹。それに近所に住んでたおばぁちゃんの兄妹が6人で、おいらの育ての親のところが5人兄妹。一人平均は3000円だったと思う。それでもこれだけの人数がいると、それだけの金額になっちゃうわけです。
すごいですね〜。リーサラの初任給ですよ(^^;

で、その使い道は、だいたい3〜4万のギターやアンプを毎年1台買って、残りは全て世界で一番信用のおけない「お母さん銀行」へ預金。
もちろん、おいらはそのお金が二度と手元に返ってこないことを知ってたから、腹も立たなかった。しかし、1歳上の従兄弟は「母親に裏切られた・・・」と真剣においらに打ち明けてきた。。
うちの母上様、おいらが小学校の低学年の時に「あなたがそれだけもらってるって事は、私たちはそれだけ出してるってことだからね。」と、噛んで含めるようにおいらに説明。。これで納得できない!なんて言える愚か者になりたかった(T_T)

で、今にして思うと、おいらの従兄弟は父親筋が11人、母親筋が10人。たしかに多い。また、母親の従兄弟の子供なんかも入れると、うちの両親が出してたお年玉は10万円近くになるものと思われる。
そうすると、おいらが自分の欲しい物を一品だけ買って残りを親に渡していたのは当然の事なのか。。
ん?ちょっとまてよ、俺の分だけじゃなくて妹君の分も持ってったよな。。それ、2重取り??

とまぁ、しょーもないことばかり考えてしまう一日。。はぁ、今日はそんな日なんだね。

| | Comments (0)

January 08, 2007

12月の新譜及び1年のまとめ

 風邪が全然良くならない。いや、少しは良くなってる。良くはなってるんだけど、薬が切れると辛いですね〜。頭痛もするし。。はぁ。。健康が欲しい。。

さて、ゴルフと囲碁のおかげですっかり忘れてましたが、昨年の12月もCDを買ってますのでご紹介します。さすがにだいぶ減りましたね〜。

○交響曲第9番に短調作品125<合唱>
  /小澤征爾 サイトウ・キネン・オーケストラ
○シューマン交響曲全集&「マンフレッド」序曲
  /ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 - ヴォルフガング・サヴァリッシュ

以上2タイトルです。少ないでしょ!?

第九の方は、なんとなく聴き比べをやりたかったので。日本のオーケストラも素晴らしいですね。小澤さんの棒はカラヤンの影響が少しあるように思います。
まっ、特に奇抜な演奏(ラトルみたいな)でもなく、また、全然特徴のない演奏ってわけでもなく、結構好きな演奏家も知れません。いつまでもヴァイロイトが最高!なんて言ってても始まらないですからね〜。

次のシューマンの交響曲は全く初めて聴くものばかり。シューマンの時代ってベートーヴェンの晩年と重なるのかしら?
もしそうなら、曲が大きくヒットしなかった理由はそこらへんにあるのかもしれませんね。でも、どれも聴きごたえのある作品ばかりで、なんとなく新しい世界って気がしてワクワクします。

さて、昨年は1年間でたくさんのCDを買いましたね〜。iTunesで調べると、さくっと130タイトル程度(^^;
いや〜、たくさん買いました。ジャンルもジャズからクラシックまで様々にわたってます。後半はクラシックしか買ってないので、クラシックの印象の方が強いですけどね〜。

で、この1年の最高傑作を一枚決めるとすると、、、
 Rachmaninov: Piano Works(ラフマニノフ:ピアノ作品集)
    /Vladimir Ashkenazy(ウラディーミル・アシュケナージ)
につきますね。

このアルバムに関してはmixiでも紹介してますが、とにかく久しぶりに出会いものに出逢えたって気がしましたね。
色んなジャンルについてそうなんですが、音楽って言うのは楽曲と演奏者の両方がそれぞれ素晴らしければ素晴らしい演奏ってわけでもないんですよ。
それぞれの相性ってのがあるわけですね。

例えば、マイ・ファニー・ヴァレンタインって名曲とマイルス・デイビスってすげぇラッパ吹きが出逢うことによって「Cookin'」ってアルバムのスーパーセッションが生まれたわけです。

ここまで言い切るほど、本当に素晴らしい作品です。よろしければ、一度聴いてみて下さいませ。

さて、新しい年にはどんなCDを買うのでしょう。おいらとしてはハイドンやバッハなんて時代の曲にも挑戦したいな〜って思ってます(*^-^*)

| | Comments (0)

January 07, 2007

世界戦

 まだ風邪が治らないよ〜。と言いつつも、少しずつ回復してるんだけどね。咳や鼻水が落ち着いてくれた(薬のおかげなんだろうけど)だけでも助かるよ。
熱はまだ7度5分くらい。まだまだ高いです。。

そんな中、明日はゴルフの日!だったんです。だったと言うのも、今回の寒波のおかげで早々にクローズが決定。楽しみは楽しみだったんだけど、体調悪くて前々練習に行ってないし、これでコースを回って治りが遅くなったら本物のお馬鹿だもんね。

まっ、これも神様がくれた休日ってことで、感謝感謝。(わしゃなんもしとらんぞ〜!by神)

さて、明日もゆっくり休んでられる事になると、楽しみにしてた囲碁の世界戦、トヨタ・デンソー杯の2局目をダイレクトに観戦(ソフトウェア上に棋譜を再現していくだけなんだけど)することができそう。やっぱりラッキーなのかな。

昨日、たまたまそれもあって日本棋院の「幽玄の間」ってページにアクセスし、無料登録して1局目を観戦することができた。対戦するのは韓国のイ・セドル九段(以下”李九段)と日本の張栩碁聖。李九段は現在世界でも5本の指に入る棋士。
対する張栩碁聖も日本の四天王の一人。
世界に遅れを取っている日本の囲碁界と言われてるけど、なかなかどうして。昨日の試合は半目勝ちと言う僅差での勝利。
張栩碁聖、やっぱり強いですね。

そんなわけで、明日はネットでこの試合を観戦する予定です。楽しみだな〜。これだけおとなしくしてれば、そのうち風邪も治るだろう。

| | Comments (0)

January 04, 2007

エンテカビル使用レポート1

 エンテカビルを1日1錠飲みだして1週間になります。が、役に立たない被験者です。どうも風邪をひいちゃったみたい。。鼻水じゅるじゅるに頭痛と筋肉痛。のども変だし、なんだかだるいし。。。
ところが、全部風邪のせいにしちゃうと、風邪のウィルスが泣きべそをかくかも?

先週処方箋を書いてもらう時にドクターからは「若干副作用があったりしますので、薬局から説明を受けて下さい。」と言われた。
薬局(院内)へ行って処方箋を出したら、、、
薬局の人「あっ、プリンター壊れててこれしか出ないので、これ読んどいて下さい。それじゃ〜」

って、画面のハードコピーと薬を手渡された(^^;
お〜い、説明は??

さて、そのハードコピーの内容は・・・
薬品名:バラクルード錠0.5mg
色:白色〜微黄白色
型:フィルムコーテング錠
中略
効能:
B型肝炎ウィルスが増えるのを押さえたり、B型肝炎に置ける肝機能等を改善する薬です。B型肝炎ウィルスの遺伝子(DNA)の複製を阻害してウィルスの増殖を抑え、肝機能を改善します。
副作用:
頭痛、下痢、鼻や喉の不快感、背中の痛み、不眠、めまい、体がだるい、気持ちが悪い、便秘、お腹の上部の痛み、筋肉のこわばり、臨床検査値異常等が現れる事があります。
注意事項:
薬の吸収を良くするため、服用の前後(2時間位)は、物を食べないで下さい。
自己判断で服薬を中止したり、減らしたりすると病状が悪化する事があります。医師の指示を守って服用して下さい。
女性は治療期間中は避妊して下さい。授乳中の方は授乳を中止して下さい。

だそうな。

う〜ん、背中の痛みや頭痛、喉の違和感、だるさ。。。どうも風邪だけじゃないみたいなんですね〜。
まっ、インターフェロンの副作用もそれほど長くは続かなかったから、これもそんなに長くは無いでしょ。

でもね、薬を飲む前後2時間はご飯を食べちゃダメ!ってのは仕方ないけど、だったら寝る前に飲めって言ってくれりゃいいのにね。
薬の袋には朝食前って書いてある。。お〜い、俺が朝飯食べるのは6時頃だぞ〜。
4時に起きて飲めってこと??
これも体調不良の原因かも(T_T)

はぁ、せめて鼻水と頭痛だけはおさまって欲しいよ。。。
来週の木曜は半年ぶりにエコーもあります。またご報告しますね(^^)v

| | Comments (0)

January 02, 2007

相性色々

 今年の年賀状は全て手書きにしてみた。最初からそうするつもだったわけで、決してプリンターが全て調子悪かったから、、なんてことは、、、ないやい (>_<)

で、当然のように遊びまくってて、全て書き終わって投函したのが30日。やい、郵政公社、根性みせて1日に間に合わせやがれ!!
とは言わないまでも、相変わらず我が家に届く年賀状はごく少数。毎年の事なんだけど、どうもこの地域は配達が遅いようだ。ずいぶん早く出して下さった方でも届くのが3日とか4日だったりするし。
まっ、民営化されて少しはサービスが良くなるのかしら。。

と、そんなことはどうでも良く。。最初の話題に戻るけど、全て手書き。そう、絵まで書いちゃいました。もちろん見る人が見れば解る!見ない人が見ても解る!ってくらい小学校低学年並みの絵だったりします (*_*)
一応、本人は俳画のつもりでかいてたりするんですけどね〜。
来年はもっと頑張ります。。

さて、楽しいのは美術2のお絵描きではなく、万年筆を使った宛名書きの方です。宛名の方はヤンセンのナポレオン+ M800森山スペシャル(3B)、自分の住所は
セーラーのブルーブラック+セーラーヤングプロフェット(FM)。
そして裏の文字が先日ブレンドして頂いた『百人一首』+M600マリンブルー(B)でございます。もう一色使った気もするけど忘れちゃった (^^;

絵に使ったのは顔彩で、これは日本的な色です。おかげで絵と字の下手さは別としても、配色としては満足のいくものになりました (*^-^*)

ところで、このM800にヤンセンのショパン(緑)を入れたところ、なぜかジョイント部分からインク漏れが (T_T)
これは修理かな〜。。。って思いながらナポレオンを入れたら全然漏れない!?
はて?
これってインクとの相性なんでしょうかね〜。
とりあえず怖いから、しばらくは「百人一首」かペリカンの「ロイヤルブルー」でもいれようかしら。
どうせこの色は使い道無いし、捨てるのももったいないから、しばらく仕事用ってことで消費しようかな〜。

| | Comments (0)

January 01, 2007

佃煮

 新年明けましておめでとうございます。今年もみなさんが幸せでありますように。そして世界の平和と発展のためにも、みんなでゴルフと囲碁をやりましょう (^^;

さて、年末にはちょいと高い昆布と鰹節から出汁をひくのが恒例となってまして、今回も非常に良い出汁がひけました。それだけでも何となく良い年が迎えられそうな、そんな気分になっちゃいます。
んで、新年早々に口にするのも、その出汁を使った雑煮と決めています。

その雑煮なんですが、これまた地方色が豊かな様です。おいらの故郷、金沢ではすまし汁スタイルの上品なものが主流だったと思います。
まっ、親戚の家をまわって同じようなものを食べてたので、それで良いと思うのですが。。
おいらの実家では具はセリとかまぼこぐらい。すっげ〜シンプルだったんだけど、どこの家庭でも同じかどうかはわかりません。

んでも、それにのっとり、おいらもかまぼこと角餅。セリは買ってなかったので入れてません。また、鳥の胸肉を入れてタンパク質の補給(肝臓の調子が良くないので・・・)を行います。
かまぼこは1本500円以上のものを使います。やっぱり高いものだと甘みが違いますからね〜。正月くらい贅沢しましょ (^^)
また、餅は角餅を焼いていれます。実家では焼かずに出汁で煮てましたが、焼いた餅に出汁をかけた方が、出汁の風味が飛ばなくておいらは好きですね〜。

さて、今回使った昆布が非常に肉厚で立派なものだったので、そのまま食べるのもなんだったから佃煮にしてみました。
醤油に砂糖とみりんを入れてひたすら煮詰めていっただけなんですが、それなりにできあがったと思います。干し椎茸もあったので、それを戻して一緒に煮詰めました。いわゆる「椎茸昆布」ってやつですね。
もう少し味付けに工夫すれば、けっこうご飯のおかずに使えそうです。

また、出汁をひいた後の鰹節も今回は冷凍してあります。みりん風味のふりかけを作ろうと思って。
最近また肝臓の調子が良くなさそうなので、そんな時は外食より自炊ですね。しっかりした食生活と睡眠。これが何よりの特効薬ですから。

それにしても、佃煮。。。ちょっと癖になりそう。。
次は七味を利かせてみようかしら (*^-^*)

| | Comments (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »