« 即効性??? | Main | 責任とは? »

January 28, 2007

言葉色々

 相変わらず肋間神経痛と筋肉痛に悩まされているけど、一番頭を痛めているのは囲碁が上達しない事か(^^;

で、前振りと何の関係もない話を。
中学時代に先輩から「ジェフベックはミュージシャンと呼ぶと『俺はアーティストだ』って怒るらしいぞ」と言われた事がある。もちろん、真偽はさだかではない。
しかし、ミュージシャンとアーティストとはどう違うのか?
日本語に訳せば「音楽家」と「芸術家」なんだけどね。

広義に考えるなら、音楽は芸術の一分野だと思う。となると、日本人の中の三重県人って意味合いで、芸術家の中の音楽家と言えるんじゃないだろうか。
つまり、音楽家は全て芸術家ってことで丸く収まりそうなんだけど。

でもね、狭義に考えるなら「芸術家は創造力を伴う」者で「音楽家は表現力を伴う」者って解釈も成り立ちそうな気がする。
そうなると、芸術家≠音楽家になっちゃうわけ。
ところが、ジャズ屋さんなんかは創造力が必要なわけで、芸術家になっちゃいまして、小沢征爾さんは音楽家になっちゃうわけ。指揮者は創造しないけど表現する(させる)仕事だからね。

う〜ん、相変わらず要旨をすっとばした論法だな〜って我ながら思うのだが(^^;

しかし、音楽ってものがそもそも作曲家→演奏家って流れを全て集約した者であり、歌手やオケの方々のように個々は音楽の一部門でも、出てきた音そのものは無から生み出された、いわゆる創造された物だから芸術なのだろう。
そうなる、これに関わる人達はすべてまとめて芸術かではなかろうか。

もちろん、音楽と芸術を単語だけとらえて比較する行為自体が無意味!と、バッサリ切られては身もふたもないのだけど(>_<)

昔読んだ落語のマンガの中で「師匠の噺は芸術ですね〜」と言われた落語家が「あっしは噺家ですから芸はしますが術は使えませんので芸人です」って下りがあった。最後の芸人云々の下りはうろ覚えなんだけどね。
確かに、術が使えなければ芸術家ではありませんな〜。。ってことは、ジェフベックは技術は素晴らしいのですが、それを術と言うならば、やっぱり芸術家だったんでしょうね。そして彼の音楽は「芸」なんでしょうね〜。

なんだかジェフベックファンからボコボコにされそう。。

※このブログに登場する人名を呼び論法は全て架空のものであり、実在するものではありません。。。

こんなオチで納得して下さいますか(^^;

|

« 即効性??? | Main | 責任とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 即効性??? | Main | 責任とは? »