« 値上げ | Main | 即効性??? »

January 24, 2007

タイムラグ

 囲碁の話はほとんどmixiに書いてるので、こっちに囲碁の話を書くのを辞めようかな〜とも思ったんだけど、切り口が違うってことで、こっちにも時々書きます。

と言うほど、たいそうな話でも無いんですがね(^^;

プロの棋士と言うのは日本棋院または関西棋院に所属し、そこで手合に応じて報酬を得るシステムになっているようです。
また、新聞社やテレビ局、その他色々な企業が主催する棋戦に出場し、タイトル料(いわゆる優勝賞金)を得るわけですね。

だから我々囲碁ファンがプロ棋士を盛り上げるには、やはり各棋院が出版する雑誌(囲碁未来とか週刊碁とか・・・)や参考書を買ったり、各棋院に赴いて施設利用料を払ったり、はたまた級や段を取得してその認定料を払う等等。。
また、各棋戦やイベントに参加するなんてのもありますね。
スカパーなんかの囲碁チャンネルを見たり、NHKの囲碁講座を見たりテキストを買ったりなんてのも、間接的に棋士を応援する事になるんでしょうね。

で、その棋戦なんですが、けっこう色々ありますね。国内の大きなタイトルと言えば、天元、棋聖、碁聖、名人、本因坊、王座、十段(囲碁の段は9段までしかなく、十段はタイトルなんです)なんてのがビックタイトルですね。その他にも大和証券杯やNHK杯、王冠(中日新聞主催)など。

ところが、これが結構システムが難しい。その年の挑戦者決定リーグと次年度のリーグ戦予選、予備予選なんてのが平行して行われてたりするわけです。
しかも、テレビ放映やなんかの事情により、実際にその手合が行われていても報道が遅い場合が多いわけです。

例えば女流棋聖(NTTドコモ杯)ってのがあって、それの挑戦者はすでに決定しているらしいのですが、放映の関係(囲碁将棋チャンネル)で日本棋院発行の週刊碁なんかでは発表できないらしいのです。
たしかに、F1でもテレビ放送の放映権の関係でニュースで結果を言えなかったりってのはどこの業界でもある話でしょうし、スポンサーがいることだから仕方無いんですがね。

でも、それがあまりにも多すぎる気がします。情報源が少ない時代ならまだしも、近年の情報化社会においては「結果は既に知っている」なんてことがほとんどなんですよね。
おいらでも2chをちょいと見れば、誰が挑戦者に決定したかなんて情報はすぐ手に入ってしまいます。

個人的には、もっと情報をオープンにすれば、また新たなファン層を獲得できるんじゃないかな〜なんて思ったりもするんですがね。
NHK杯だって、とっくに収録が済んでるのを順番に放映してるわけですが、その棋譜は1ヶ月後のテキストにしかのってないわけですし。
確かに結果が先にわかってたら面白く無いなんて言う人もいるとは思うんですがね。野球でもサッカーでも、結果が先にわかってたら面白く無い人は多いだろうし。でも、逆にその過程を楽しむ人は、結果が分かってた方が面白いだろうし。
特に囲碁なんてのは、その過程にこそ深い意味があったりすると思うんですけどね〜。。

|

« 値上げ | Main | 即効性??? »

囲碁」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.