« sopa | Main | 手帳のお話 »

October 22, 2007

論点は何処・・・

風邪をぶり返し、またまた微熱と頭痛に悩まされる私。喉も痛くなってきた。。やっぱり風邪はちゃんとひいてちゃんと治さないと・・・(T_T)

テレビは見ないんだけど、ネットでは比内地鶏と赤福が大ブーム。まぁ、食品衛生法のことは別として、私も含めて人間の味覚がおかしくなってるな〜とおびえる今日この頃。

赤福は生産当日販売売り切りがモットー。風味が落ちるからだそうだ。で、今回のニュースになるまで誰も冷凍ってことに気がつかなかったわけですよね。。
ってことは、そもそも冷凍や再利用品と当日生産品の味の見分けはつかないってことですよね。だったら「鮮度」にこだわるべき商品じゃ無かったってことなのか。
それとも、本来は見分けがつくはずの味の変化に、現代人は麻痺してしまったってことなのか。

比内地鶏が話題になる前に名古屋コーチンも盛り上がってた。名古屋コーチンでは無いものが売られていたらしい。で、これも味で気がついた人はどの程度いたのだろう?
もちろん「な〜んだ、これが名古屋コーチンか〜。。別に普通の鳥じゃん!」で終わり、二度と買わない人も中にはいるだろう。
少なくともおいらはシャモを出されて名古屋コーチンと言われても、ふ〜んってくらいにしか思わないだろう。。逆に、そこまで名古屋コーチンに思い入れもこだわりも無い。食べて美味しければ良い。その程度。。
もちろん、本物の名古屋コーチンをきちんと料理して食べたことが無いからそう思うのかもしれない。でも、ガキんちょの頃に裏の養鶏場で親戚のおっちゃんがサバキたての鶏をくれて、それでママリンが作ってくれた親子丼は本当に美味しかった。。
初めてブロイラー(らしきもの)を食べた時は吐きそうになった。。それからしばらく鶏肉が食べれなくなったくらい。。

ここで思ったのだが、、
企業が嘘をついたから叩かれてるとしたら、それは論点が違うのでは?
カペリンをししゃもと呼び、ひらたけをしめじと信じ込み、醸造用アルコール添加の純米酒を飲み、人工イクラの寿司を食べる。そんな輩が何を今更??

私が思う論点は、食品衛生法に長期にわたり抵触している事実を今まで確認できなかったシステムや、中途半端なブランド意識を持たせてしまい、それに対して何の疑問も抱かない社会を作り上げた教育システムそのものだと思うが。

これを機会に、本当に安全な食とは何かを論じてもらいたいものだ。役所も企業から圧力をかけられて対応できないものを、事件が起こってからやっきになって叩く風潮をあらためて欲しいものだ。。。

いかんね〜。。。頭痛が続くと、つい愚痴っぽくなる(T_T)

|

« sopa | Main | 手帳のお話 »

苦情・いやみ」カテゴリの記事

Comments

伊勢には縁があるだけに今回の赤福騒動には胸を痛めてます。
でも、やり方が結構悪質だったようなので
これを機に誠実な商いをしてくれればと祈るばかりですね。

そもそも、出荷量が増えたので冷凍して出荷調整しますってはなから発表できてれば
ここまで手の込んだことしなくて済んだと思うんですが
今更言っても、という感じですね。

が、ひとつ擁護させてもらうと利益の出し方があくどかったのはいけませんが
赤福の地域貢献度は高かったはず。
そこまで否定する声もありましたが
そこまで手の平返さなくても~と思いました。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ですかね。

賞味期限ぎりぎりの特価品を買いこんでは
冷蔵庫で熟成させてる主婦でした。

Posted by: リーダー | October 23, 2007 at 12:44 PM

>リーダー
そうだよね。「できたての味を確保できるだけの冷凍技術を導入しました!」で、一般のお客は満足できると思うのだけど。。「赤福氷(氷赤福だっけ?)」だけは現地で!って方が老舗っぽくていい感じだけどな〜。
そもそも、おいらなんて賞味期限3ヶ月くらいの商品と思ってたくらいだし(--;

赤福の地域貢献度は半端じゃなく、だから今まで放置されてたわけだよね。そんなわけで、今回のテーマ「論点は何?」に行き着くわけですよ。今頃、「赤福さんとは深いおつきあいはございません」って資料作りに大わらわの人達がいっぱいいることでしょうね。。

Posted by: | October 23, 2007 at 06:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« sopa | Main | 手帳のお話 »