« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

自己啓発

今年一年も、色々と楽しいことがありました。

が、反面、反省すべき点も多々あります。年初の目標の2割も達成できてない気がするし、そもそも年初の目標を思い出せない(^^;

せっかく使おうと思ってはりきってたフランクリンプランナーも、数ヶ月後には日々のルーチンワークに耐えかねてノーコントロールに(┰_┰)
その段階で、この手帳の一番必要時期に使用することを放棄してた訳ですね。よろしくないっス。

そんな怠惰な自分を戒めるためには、やはり自己啓発本ってのが有力なアイテムだったりします。

そもそも私が仕事へのモチベーションをあげるのに使うアイテムは、「課長島耕作」と「摩天楼はバラ色に」だったりしますw
この二つはどちらも、気分が高揚してビジネスに取り組もう!って気にさせてくれます。

ただ、気分が盛り上がるだけで、具体的には熱意だけで終わってしまうのですね(^^;

そこで、今回は素晴らしいアイテムを(今更)手に入れました。「TQ:心の安らぎを発見する」(キングベア出版)です。
この本、「7つの習慣」と同じようなことが書いてあるんですが、「7つの習慣」より具体性があり、また噛み砕いてあるようでして、非常にわかりやすいのです。

普段ビジネス関係の本ってほとんど読みませんから、この本はかなり刺激的です。
もちろん、平行して「7つの習慣」と「7つの習慣:最優先事項」、「PQ:プロジェクトマネジメントの探求」も読み直します。
私のような凡人は、本は何回も読まなければ、なかなか理解できるものじゃないですから。。

で、とりあえず、この正月休みの間に、自分なりの価値観を発見したいと思います。
まぁ、何事も初めて見なければ進まない訳で、何もしなくても1年過ぎるなら、何かやって1年過ぎた方が楽しいですから(^^)

こういう自己啓発もしていかないと、この先はどんどん怠け者になるだけですからね。
まぁ、ここまでブログに書いておけば、去年よりはがんばるでしょうw

| | Comments (0)

December 30, 2008

石焼スパ

今日は病院の帰りに本や巡りを。お昼はうどんにしよう!と、昨日の昼から決めていたw
(だったら昨日の昼に食べれば良いのだが・・・)

最近、UDONって映画のDVDを借りて見た影響か、少々うどんがマイブーム。なんてわかりやすい私w
昔から、ソバ党ってほどでもないけど、ソバが好き。まぁ、実家の金沢では蕎麦よりうどんが主流だったため、蕎麦に対する憧れも有ったんでしょうけど。
もちろん、北陸地方には「越前蕎麦」って有名ブランドもあるんだけど、やはりうどんの方が多かったかな〜。
※金沢の古い人は「越前」を「えっちぇん」と発音します。「えっちぇんかいがん」とか。。

しかも、金沢のうどんって、コシがほとんど無いんですよね。その柔らかさが一つの特徴なのかもしれませんが、そんな私が名古屋のみそに込みを初めて食べたとき、「これ、うどんに火が通ってない!」と思ったのは当然のことでしょう。。

で、映画の影響は別にしても、歳とともにうどんが美味しく感じるようになってきたから不思議です。
子供の頃は、あの太さが野暮ったく感じたのにね〜w

さて、そんな訳で気分はうどん!。ところが、お目当てのお店は満員。。
しかし、幸い私が行くゴルフ練習場の向かいにはうどん屋さんがありますから、今日はそこで食べよう!となった訳です。

が、定休日。。。。やっぱりね。。そば屋さんなら営業してるんだろうけど(┰_┰)

と、隣を見ると、パスタ屋さんがw
まぁ、この際、麺類なら何でも桶(ーー;

ってことで入って注文したのが「カキフライ入り石焼パスタ・ハンバーグ」でした。

味の方は、別に悪くないのですが、、、、、、

なぜ、石焼なの??

そう、石焼ビビンバ用の石鍋の中に、パスタが入り、ハンバーグとカキフライがその頂上に。。
名古屋には鉄板焼きスパなるものがあり、焼いた鉄板の上に溶き卵を流し、その上にスパをのせる邪道な食べ物があります。。
はっきり言って、その上を行ってます。。

いえ、味が悪いとかどうとかじゃなく、、、、単に猫舌だからなんですが(ーー;

はい、最後まで熱く召し上がれ??  余計なお世話じゃ。
そもそも、ご飯と卵が石鍋の中で焼けてお焦げになり、それが香ばしいから石焼ビビンバは存在価値があるわけですが、パスタ焦がして美味い??

まぁ、ベースのスパもハンバーグも不味くないから許せる訳ですけど。。
とりあえず、普段の2倍の時間をかけて完食。。

次からは、「石焼スパを皿で。」と頼もうかしら(┰_┰)

| | Comments (0)

PQ・TQ

フランクリンプランナーのことを書いたついでに。

ちょっと前に買った本で「7つの習慣」ってのがあります。まぁ、有名な本なので解説の必要もないでしょう。
で、その姉妹品って訳でもないんですが、日常の業務を進める上で参考になるため「PQ/プランニング・クエスト」って本を買ってきて読みました。
もともとプロジェクトマネージメントなんてものは興味もなく、我々の業界には不要かなと思ってたのですが、建設業ってのは一つの物件がすでに一つのプロジェクト(規模の大小を問わず)ですので、この考え方ってのは大変重要なんですよね。。ってことに、遅まきながら気がついたわけですw

まぁ、営業(立案)から設計、積算、行程・品質・安全・施行の各種管理、と、ある種の定型業務のような、それでいて、どれもが一回ぽっきりだったり。。不思議な業界なわけです。。

で、その本が個人的には役にたったかな〜って思ってたわけですが、それよりもさらに詳しく時間管理についてい言及してる本がありまして、それが「TQ/タイムクエスト」だったりします。

以前から買おうと思ってたんですが、案外近場に売ってなくて、たまたま今日、近くのブックオフで見かけたので買ってきました。900円。。安い!

さっそく読み始めまして、まだ第1章を読んだばかりですが、「7つの習慣」の一部を丁寧に説明してあるような感じです。そのせいか、「7つの習慣」より読みやすく感じます。

まぁ、この手の自己啓発本って、読んでるうちはすごく理解した気になるんですが、いざ実践しようと思うと数ヶ月で尻すぼみになってしまいます。。定期的に読め!ってことなんでしょうかw

とりあえず、今年の冬休みは、この本をじっくり読んでみようと思います。んで、新しいリフィルに、来年の目標やなんかを書き込んでみようと思います(^^)v

まるで、サラリーマンやな〜w

| | Comments (0)

December 23, 2008

また・帰ってきたフランクリン

毎年、年末年始になると登場するこのネタw

ここしばらくは使う手帳が固定されています。ナラコムのシステムダイアリーで、「C-1A  マンスリー・メモランダム」と「C-44  24時間ダイアリー」を一ヶ月分入れています。
C−44の使い方は見開き24時間ではなく、フランクリンプランナー的に、右側はメモを、左側にはタイムスケジュールをタイムラインを無視して使ってますw
当日のToDoは一番上に書くのですが、これが少々狭くて使いにくいのをのぞけば、けっこう重宝してます。
なにより、手帳はポケットに入るべき!と思ってるので、これが今のところベストですね。

また、最近はそれに「M-9  IDカードポケット」を入れ、SuicaやToica、Edyに各種ポイントカードと千円札1〜2枚を放り込んで、財布代わりに使ってますw
まぁ、冬はそこまでする必要が無いんですが、夏は作業服のポケットの数が限定されてしまい、財布を入れておくポケットが無いんですよね〜。。
無理にズボンのお尻のポッケに差し込むと、キャッシュカード類が折れちゃうので(┰_┰)

さらに「M-7  ドライバーズポケット 」に名刺や付箋紙を入れ、「M-1  透明ポケット」を一枚入れて領収書やらを溜め込むので、実は、案外分厚かったりしますw

さて、それで手帳は間に合ってるのですが、やはり小さいのですよ。。

いえ、大きくて重くてポケットに入らなくて持ち歩けない!から、毎年フランクリンプランナーを勝手も半年くらいで(特に夏場w)使わなくなっちゃうんですがね。。

でも、やはり便利なんですよ。。

毎年年末年始は駆け込み工事(年度末、期末の予算消化)や来期の計画、そして今期の決算処理なんかで、いろんな業務が立て込むんですよね。
それらを処理するのに、フランクリンプランナーのプロジェクトマネージメント方法は、個人的に最強だと思ってるんです。。

そんな訳で、今年もまたメーカーの罠にはまるがごとく、来年のデイリーを注文しちゃいましたw
もちろん、あくまでメインの手帳はシステムダイアリーなんですが、各種業務をパラレルにこなそうと思うと、小さすぎちゃうので。。
なんたって、おいらの字は超達筆。。自分でも判読不能ですから(┰_┰)

まぁ、システム手帳は使い慣れてくると、本当に手放せなくなるんですよね。大学2年の頃から使ってますが、未だにまともに使いこなせてないですが、いろいろと用途別に使い分けてます。
そりゃも〜、一番小さなミニ5穴からA5サイズまで。。
趣味の手帳と言われても仕方ないですが、、、、まぁ、趣味ですわw

そんなわけで、、、、つい、、、、、フランクリンプランナーのバインダーも新しく買ってしまいましたw
まぁ、楽天のポイントも溜まってたので(^^;

本当は女性用なんでしょうけど、エルブリッジ・バインダーのアップルグリーン(15mm)です。
とにかく、プロジェクト関係と1ヶ月のデイリーが入れば問題ないので。
色は緑系が好きなので。。ちょっと明るすぎるかな?と思ったけど、現物は思ったより落ち着いてて良い感じです(^^)
ただ、リングは20mmにすれば良かったかとも思ったんですが。。まぁ、持ち歩きようなので、これ以上厚いと、また持ち歩かなくなるしw
机の上には、今まで使ってた25mmリングのを置いとけば良いし。

さてさて、今年は何ヶ月使うことやらw

|

December 13, 2008

Macが我が家に

とうとう我が家に(4台目の)Macがやってきました(^^)
iMacの20インチ。もちろん、一番安いやつですが。

とは言え、初めてのインテルMacです。そう、我が家に有るのは先輩からの頂き物のiMac-DV(G3)、Mac mini(G4)、そしてPowerBookG4-"12の3台。つまり、すべてパワーPCだったわけです。
今時G5ですら無いのもすごいですが、日常的にネットを徘徊したり、DVDを見たり、iTunesで音楽を聴いたりする分には、なんの問題も無かった訳です。

が、やはり、音楽を作ろうととか、写真を加工しようとか、DVDを作ろうなんて思うと、さすがに重すぎてきついのですよね。。
かと言って、今更Windowsマシンを買うのもね〜。。使いにくだけだし、そもそも野暮ったいしw

ってことで、ボーナスの出るうちに(来年はどうなるかわかんないですからw)買ってしまおう!ってことで。
ちなみに、とあるショップで買うと、本体は定価売りなんですが5%のボーナスポイントがつきます。そのボーナスポイントで、新型のiPod shuffle(1G)をゲットしたのは内緒w
iPodも増殖しちゃいました。。
iPhone(16GB)、iPod touch(旧型16GB)、iPod classic(160GB)、iPod nano(4GB)、iPodPhoto(80GB)、iPod shuffle(旧型512GB)、そして今回のニューiPod shuffle(1G)。。。。あ、、、7台目だ(^^;
耳は普通に二つしか無いのにね。。。。(ーー;

さて、初めてのコアデュオ体験をした訳ですが。。。。すげぇ。。
とにかく、早い。何がって、普通にブログを書いてるだけでも早い。。文字の入力スピード、画面の描画速度、とにかく早い。
そして、iTunesへCDを取り込んでAACに変換するスピードまでもが速い。。何者。。

まぁ、さすがに2世代前のCPUと比べたら失礼な訳ですがw
何をやってもストレスが無いってのはすばらしいですね。しかも、Macはとにかくシステムの移行(PCの移行)が簡単。フォルダーを移して、、、以上w
まぁ、iTunesは若干癖がありますが、それでも問題なく移行完了。しかも、それにiPod touchを接続しても、とくに不自由無く移行完了。。あっけないくらいですね。。

さらに、今回は奮発して500GBの外付けHDも購入。さすがにタイムカプセルは買いませんでしたがw
タイムカプセルも良かったんですが、500ギガで3万5千円。。こちらは500ギガで1万円。。
まずは、こちらで十分。そしてレオパルド(最新のMacOS-X)のタイムマシン機能で完全バックアップ。なんと豪華な。。。

いやはや、何もかもが新鮮ですね。画面にしても、今まで12インチのPowerBookを使ってた場所に置いたものだから、、、、でけぇ。
20インチは迫力ですね。これで見るムフフな、、、失礼、スターウォーズは最高。
最初は24インチを買うことも考えたのですが、その差額で外付けHDも買えたし満足です。

さらにさらに、クロスオーバーってソフトがありまして、それも購入。
何するものかと言うと、Windowsのソフトを動かす環境を作るソフトなんです。
もともとインテルMacはWindowsもインスコしてデュアルブートする環境が標準であるんですけど、それだといちいち再起動しなければならない。(再起動してWindowsを起動すると、普通にコアデュオのWindowsマシンになる)
そこで、パラレルデスクトップだとかフュージョンだとかのソフトを使って、MacOSが動いてる状態のままWindowsを起動することもできたりします。もちろん、Windowsを別途購入する必要がありますが。

それが、このクロスオーバーってソフトは、Windowsが不要なんですよね。
ためしにWindows用の囲碁の棋譜ソフトをインスコしてみたら、若干グラフィックの色を変な場所もあったけど、全然普通に使えちゃいます。どぇりゃ〜感動です。

まぁ、そんな訳で、まだまだ素晴らしい機能が目白押しなのですが、それはまた思い出したときに。
とにかく、今一番コストパフォーマンスの高いPCじゃないでしょうか。少なくとも、購入後の満足度は最高だと思いますよ(^^)v

| | Comments (0)

December 08, 2008

ラ・フランス2

なんでタイトルに”2”が付くかと言うと、数年前にこのタイトルはすでに使ってるからw

その時に、ラ・フランスはフランスではほとんど作ってなくて、日本で流通してるものはほぼ国産(特に山形産)ってことを書いた。
いや、、本当に日本の農家の方々って素晴らしい!
フランスで作られなくなった理由も、手間だから。。だそうで。。

で、数年前はかなり高級な果実だったラ・フランスも、近年は安価で売られるものも出てきたようです。
近所のスーパーで、一個98円。。
ここ1~2週間は、ほとんど毎日一個食べてますw

そもそも洋ナシって、嫌いな人が多いんですよね。食感グニャっとしてるのがその理由のようでうす。
食べごろになればなるほど、実がどんどん柔らかくなりますからね~。
一番美味しいときが、一番グニャグニャしてますからw

だいたい、皮をむくのも一苦労。前はくし型に切り分けてから皮をむいてたんですが、最近は横着になり、皮むき器で皮をむいてから、くし型に切ります。
この方が皮を薄くむけるし。。

そう、梨の皮の話になると、いつもおばぁちゃんの言葉を思い出すんですよね。。
「梨は貧乏人に、柿は金持ちにむかせ!」
って。

梨は皮のすぐ下まで実が甘いので、薄くむかなきゃいけないから、貧乏人だとケチケチして皮を薄くむくから良いのだそうだw

まぁ、そんなことを考えながらも、今日もラ・フランスをいただきます。。
はぁ、、、美味♪

| | Comments (2)

December 07, 2008

ミュージックDVD

音楽関係のDVDは値段が高いので、めったに買いません(^^;

いま持ってるのを全部並べても、、
・レジェンズ/ライブ・アット・モントルー
・向井滋春クインテット
・中島みゆきライブ
・JAZZ LIFE Vol1/ジョニーグリフィン、リッチーコール
・近藤房之助/A Bandman Standing
・コルトレーンレガシー
・セロニアス・モンク
・熱帯ジャズ楽団/Live 2002
・SHOW-YA/Hard Way Tour 1991
・SHOW-YA/大復活祭
・SHOW-YA/Live 2006 別格
・モーニング娘。/Live Revorution21
・モーニング娘。/Memory~青春の光~1994.4.18
・モーニング娘。/ライブ初の武道館
・中澤裕子/紳士はミニがお好き!
・オペラ タイトル列挙
 (ノルマ、ルサルカ、魔笛、オテロ、アイーダ、トスカ、サロメ、カルメン、トゥーランドット)

・・・案外あるのに驚いたw

まぁ、どれもこれも素晴らしい作品ばかりなんですが、とりわけすごいのを入手しちゃいました。これ、一般発売されるんかな?
ネット販売だけかも。。

・上原ひろみライブ・イン・コンサート
・上原ひろみソニックブルーム・ライブ・イン・コンサート

の2枚。
なんで2枚もって? 2枚同時に発売だったからw

実は上原ひろみさんのファンになって、まだ数ヶ月w
なんとも底の浅いファンなんですが、とにかくすげぇ。何がって、うたい文句にもあるとおり「元気の出るピアノ」まさにそのもの。
好きなピアニストはウラディーミル・アシュケナージ、チック・コリア、キース・ジャレット、レッド・ガーランド、オスカー・ピーターソン、バド・パウエル、佐山雅弘、、、、と、ピアノが好きな割にはそれほど多くない(たんに知らないだけ)わけです。

しかし、そのどこにも属さない。。まさに新鮮そのもの。。たしかにチック・コリアと競演したものもありますが、別にチック・コリア風ってわけでもないし。
むしろ、そんな色んなスタイルを全て吸収して昇華しているようなイメージもあります。

聴いてて楽しくなる。本当に。色彩がとにかくゆたかで、しっとりしたバラードから激しい感情あらわの曲、さらにはテクニカルでメカニカルなサウンドまで。。もう、なんでもありですね。ご本人も「ジャンルを意識してない」とおっしゃってるとおり、まさに無国籍って言うか、もう国境なんて無用って言うか。。

まさか40過ぎて、こんな素晴らしい音楽に出会えるとは思っても見ませんでした。

そんなわけで、ネット画像やCDのおまけ画像でライブの雰囲気はある程度感じてたのですが、サクッとDVD注文したわけです。
もう、本当に素晴らしい。。。。。。感嘆。。。

音楽は聴くものなので、CDでも事足りると言えばそれまで。でも、DVDに映し出される表情がまた素晴らしいのですよ。音を慈しみ、音に愛されている。。。そんな情景が映像としても入ってくるわけですからね。
はでなカメラワークも不要。妙なエフェクトもいらない。。このくらいシンプルな映像が一番良いですね。

いや~、、当分、ターンテーブルから降りませんよ、このDVDたち(^^)v

| | Comments (0)

December 04, 2008

約2年

たまには囲碁の話題でも。。ってか、結構久しぶりかもw

先月の終わり頃より、再び囲碁熱再燃。と言うより、やっと囲碁をやろうかなって余裕が出てきたのかも。
囲碁って、だいたい1局打つのに1時間程度かかるんです。もちろん、もっと早く打つことも遅く打つことも可能ですが、一般的なアマチュアだとそのくらいが妥当かなと。
なので心身ともに充実してないと、とても形にならないのです。思慮の足りない適当な手を打っちゃうと、相手の方にも失礼だしね。
なので、時間を捻出するのが難しいと、つい疎遠になってしまいます。

まぁ、趣味が多すぎて、そのどれもをそれなりにやろうと思うと、やっぱりどこかにしわ寄せが出ちゃうんですよね〜。何事も程々にしなければ(^^;

さて、某インターナショナルなネット碁会所で打ってるのですが、これがまた面白いのです。
色んなネット碁会所で打ったことがありますが、ここが一番レーティングがしっかりしてる、つまり棋力の判定基準がしっかりしてる気がするのです。
なので、レーティングを打つ限り、実力差が飛び抜けて違う人とあたることが少ないんですよね。しかも、自分に近い棋力の人がかなりたくさんいらっしゃる。打ちたい時にすぐ打てちゃうんですよね。さらに、無料会員ばかりなのに、比較的真摯な人達が多いのも嬉しいですね。

で、そんなこんなで12〜13k辺りをうろうろしてるわけです(^^;

風邪引いてて囲碁打ってる場合じゃないんですが、碁敵が着々と経験を重ねているのを指をくわえて見てるのも悔しいので、今日は一局打ってみました。。
ある程度予想はしてましたが、完敗。中押し負け(途中で降参すること)でした。
自分の手が未熟なのはさておき、とても1k差とは思えないくらい相手の方が上手でした。いやはや、本当に参りました。。もっと勉強せねば。。その前に、風邪を治さねば(^^;

そもそも、囲碁って、一人じゃできないんですよね。さらに、一人では絶対に上達しないんですよね〜。んじゃ何が必要か?って言うと、良い参考書でも良い指導者でもなく、それは「碁敵」なんですよ。
おいらにも一人、とてつもない「碁敵」がいましてですね。まぁ、始めた頃もほぼ同時、棋力も1子差が付くか付かないかってところをうろうろ。。まぁ、ここ1年(囲碁始めて2年程度ですがw)は全然勝ててない(打って無いですがw)です。。
そやつに勝つこと。。それ以外、あんまり勝負に頓着は無いですね。

今月は、いよいよ碁敵との一騎打ちができそうです。まぁ、別に時間を合わせてネットで打てば良いだけなんですがね(^^;
でも、やはり囲碁は実際に生で対戦するのが一番面白い訳ですよ。。
どれほどネットの碁盤や音がリアルになろうとも、チャットがタイプだろうが音声だろうが、そんなんではダメなんですよね。対面し、相手の表情、視線の全てを見て感じ、そして手を打つ。。
その反応の一つ一つが囲碁なんですよね〜。。

そう、おいらにとっての囲碁元年は2006年11月。その2年前に始めようと思い挫折w。さらに一年後、何冊か参考書を勝ってくるも挫折。。結局、2006年12月に碁盤を買ってきた辺りから、本格的に始めた訳です。。そう思うと、やっと2年か〜。。

ちったぁ成長したんだろうね。。たまに勝つこともあるしw

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »