« ラ・フランス2 | Main | また・帰ってきたフランクリン »

December 13, 2008

Macが我が家に

とうとう我が家に(4台目の)Macがやってきました(^^)
iMacの20インチ。もちろん、一番安いやつですが。

とは言え、初めてのインテルMacです。そう、我が家に有るのは先輩からの頂き物のiMac-DV(G3)、Mac mini(G4)、そしてPowerBookG4-"12の3台。つまり、すべてパワーPCだったわけです。
今時G5ですら無いのもすごいですが、日常的にネットを徘徊したり、DVDを見たり、iTunesで音楽を聴いたりする分には、なんの問題も無かった訳です。

が、やはり、音楽を作ろうととか、写真を加工しようとか、DVDを作ろうなんて思うと、さすがに重すぎてきついのですよね。。
かと言って、今更Windowsマシンを買うのもね〜。。使いにくだけだし、そもそも野暮ったいしw

ってことで、ボーナスの出るうちに(来年はどうなるかわかんないですからw)買ってしまおう!ってことで。
ちなみに、とあるショップで買うと、本体は定価売りなんですが5%のボーナスポイントがつきます。そのボーナスポイントで、新型のiPod shuffle(1G)をゲットしたのは内緒w
iPodも増殖しちゃいました。。
iPhone(16GB)、iPod touch(旧型16GB)、iPod classic(160GB)、iPod nano(4GB)、iPodPhoto(80GB)、iPod shuffle(旧型512GB)、そして今回のニューiPod shuffle(1G)。。。。あ、、、7台目だ(^^;
耳は普通に二つしか無いのにね。。。。(ーー;

さて、初めてのコアデュオ体験をした訳ですが。。。。すげぇ。。
とにかく、早い。何がって、普通にブログを書いてるだけでも早い。。文字の入力スピード、画面の描画速度、とにかく早い。
そして、iTunesへCDを取り込んでAACに変換するスピードまでもが速い。。何者。。

まぁ、さすがに2世代前のCPUと比べたら失礼な訳ですがw
何をやってもストレスが無いってのはすばらしいですね。しかも、Macはとにかくシステムの移行(PCの移行)が簡単。フォルダーを移して、、、以上w
まぁ、iTunesは若干癖がありますが、それでも問題なく移行完了。しかも、それにiPod touchを接続しても、とくに不自由無く移行完了。。あっけないくらいですね。。

さらに、今回は奮発して500GBの外付けHDも購入。さすがにタイムカプセルは買いませんでしたがw
タイムカプセルも良かったんですが、500ギガで3万5千円。。こちらは500ギガで1万円。。
まずは、こちらで十分。そしてレオパルド(最新のMacOS-X)のタイムマシン機能で完全バックアップ。なんと豪華な。。。

いやはや、何もかもが新鮮ですね。画面にしても、今まで12インチのPowerBookを使ってた場所に置いたものだから、、、、でけぇ。
20インチは迫力ですね。これで見るムフフな、、、失礼、スターウォーズは最高。
最初は24インチを買うことも考えたのですが、その差額で外付けHDも買えたし満足です。

さらにさらに、クロスオーバーってソフトがありまして、それも購入。
何するものかと言うと、Windowsのソフトを動かす環境を作るソフトなんです。
もともとインテルMacはWindowsもインスコしてデュアルブートする環境が標準であるんですけど、それだといちいち再起動しなければならない。(再起動してWindowsを起動すると、普通にコアデュオのWindowsマシンになる)
そこで、パラレルデスクトップだとかフュージョンだとかのソフトを使って、MacOSが動いてる状態のままWindowsを起動することもできたりします。もちろん、Windowsを別途購入する必要がありますが。

それが、このクロスオーバーってソフトは、Windowsが不要なんですよね。
ためしにWindows用の囲碁の棋譜ソフトをインスコしてみたら、若干グラフィックの色を変な場所もあったけど、全然普通に使えちゃいます。どぇりゃ〜感動です。

まぁ、そんな訳で、まだまだ素晴らしい機能が目白押しなのですが、それはまた思い出したときに。
とにかく、今一番コストパフォーマンスの高いPCじゃないでしょうか。少なくとも、購入後の満足度は最高だと思いますよ(^^)v

|

« ラ・フランス2 | Main | また・帰ってきたフランクリン »

Apple製品」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラ・フランス2 | Main | また・帰ってきたフランクリン »