« 懐かしさ | Main | 二刀流 »

January 25, 2009

ここは本当に日本?

休日出勤するために、車で走ってた時のこと。
さっさと行ってさっさと帰りたいので、もちろん朝早い時間の話。

信号待ちをしてたら、一人の女性が車に寄ってきてウィンドをノック。
少し老けて見えるが、年齢は俺と同じか少し若いくらいだろう。。
とりあえず少しだけあけて、用件は何かと思ったら、、、

「三日間、何も食べてないんです。2千円貸していただけませんか?」

とのこと。

途中でガソリンを入れたので、財布の中には1万円札しか入って無い気がする。車内を見渡しても、千円札が散らばってる訳も無い。
そもそも「三日間」とか「2千円」の根拠が解らず、まずは何かを食べれれば良いだろうからと、ポケットの小銭300円を渡す。
特に礼を言われる訳でもなく、横断歩道を渡って行った女性を見つめる私。。

その後、走りながら色々考える。
本当に三日間食べてないのだろうか?なぜ2千円だったのか?
返す気があって貸してと言ったのか?そもそも、なんで信号待ちの車に??
俺のしたことは?有り金全て渡すべきだった?他にできることは?
車を降りてコンビニにその人を連れて行くべきだった?
いや、根本的に行く場所が違うのでは?行政って何?津市って、そこまでヒドい町??

謎は深まるばかり。でも、真実は解らない。解らないことは悩まないことにしている。
ただ、決して人ごとではないと言うこと。
もしも、会社がつぶれたら?部屋のものも全て売りつくし、家賃も払えず、、、
そうなった時に、実家に帰るか?いや、帰れるか??

いつから日本はこんな国になったのだろう。。

|

« 懐かしさ | Main | 二刀流 »

苦情・いやみ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懐かしさ | Main | 二刀流 »