« October 2009 | Main | December 2009 »

November 16, 2009

来年の手帳

実は、まだ悩んでいる。。

去年から今年にかけて、鞄または事務所の卓上にフランクリンプランナーを。リフィルはユニバーサルを使い、リングは20cmのちょい薄型を使用。2ヶ月分のリフィルとマンスリーを放り込み、後ろには打合せメモ用のロングラインを数枚。

んで、ポケットにはシステムダイアリーを。これに24時間ダイアリー(C-44)を1ヶ月分入れている。後は、領収書用にビニルポケット、いま一番アクセスの多いお客様の名刺をBindexの名刺コントローラーに、そして、ドライバーズポケットを入れている。まぁ、このくらいならなんとかポケットに収まるから。

この2冊の連携方法は、
まず、システムダイアリー(以下SD)の当日のページに、色々とメモをする。かかって来た電話、打ち合わせた内容、現場で記録したデーター。。
それを翌朝、フランクリンプランナー(以下FP)の昨日のところへ書き写す。そうすると、前日の出来事がやんわりと頭の中をよぎり、メモし忘れた電話や、お客様との間の戯言なんかが思い出されて来る。それを一つ一つ吟味しながら、必要ならFPに書き写す。

書き写した内容と、前日のToDoで残っているものを、当日のToDoへ全て書き写す。量が増えたら優先順位も付ける。
その日で無くて良いものは、先のデイリーへ書き写す。

そして、そのToDoのうち、外出先でチェックしなければならないことはSDに書き込み、順次タスクを処理する。

案外この方法を続けてると、やり忘れたことが減る。まぁ、自分的にはほぼ満足しているシステムなんだが。。。

この時期になって、いきなり大きな問題が発生。。
それは、、、、SDの紙質が悪くなったこと。。

ストックの24時間ダイアリーが無くなったので、6冊(1冊60枚入り)ほど購入。まぁ、これで一年は買わなくて済むかなと。。

ところが、どれもこれも、今まで使ってる万年筆で裏抜けする。。
もともとSDを使うのは、普段使ってる万年筆で裏抜けしなかったから。それが裏抜けするとなると、多いに問題。。
なぜなら、、、筆記具って、趣味なので(^^;

紙質が悪いと定評のあるモレスキンですら裏抜けしなかったサファリF+セーラー極黒ですら裏抜けする始末。。これじゃ〜、一年間も気分良く落書きできない。

で、選択肢はそれほど多く無い。。モレスキン+マンスリーを使うか。まぁ、悪くは無いけど、モレスキンの分冊デイリーは既に売り切れだと思う。。
それでは、フランクリンプランナーのブックレットではどうだろうか?
実は、これが結構気になっている。もしかすると、そのままコンパクトサイズのFPが不要になるのでは?と思ってしまう。
が、、やはり気になるのは紙質。。むぅ。。

困ったもんだ。。どうすっとな〜。。

| | Comments (0)

November 08, 2009

Ubuntu

部屋で寝てたEeePC-4G-X(初期型のEee)がもったいなかったので、久々にUbuntuを入れてみた。
以前にも入れたことは有ったけど、当時はまだWindowsじゃないと動かないソフトを何本か使ってたのでXPに戻してしまった。

今回は会社からネットブックを1台貸与されたので、自分のを使う必要が無くなり余ったので、完全にUbuntu専用にしてみようと。
まずはNetbook Remixってのを入れてみた。。。が、どうも日本語フォントを入れなければならないようで、Linux初心者の私にはハードルが高すぎました(^^;

んで、少々無謀だけど、9.10をフルインスコ。
重いかと思ったけど、案外普通に動いてくれます。まぁ、ディスプレーの表示領域が狭いのはもともとなので(^^;

WineでEcoNoteも動いて("-"が文字化けする。"ルート"が"ル□ト"になるw)るし、Linux用のFreeMindも文字化けせずに快適。
まぁ、それだけでも十分って感じですね。
ただ、まだEMOBILEの設定がよくわかんなくて、、無線LANじゃないとネットに入れない。。
これさえクリアすれば問題無いかな〜。

とりあえず、KGSにも入れるし、○ま碁にも入れるし。。もっとも、これで碁を打とうとは思わんけどw
mixiのアプリが動かないのは、フラッシュとの相性のせいかしら?

いずれにしろ、何かを書くためだけのマシンとすれば申し分が無い。。


とは言え、、、普段使うのはMacなんだけどね(^^;

しばらくは、お遊び専用機として現役復帰してもらおう。
メッセンジャーは便利そうだし、Linuxのソフトって種類がめちゃ多いしね(^^)v

| | Comments (0)

November 01, 2009

石川の郷土料理

このブログも、なんとなく更新月一パターン。
まぁ、Niftyがアホコメントのブロックを真面目に対策しないから、だんだん書いてても開くのが嫌になってるのは事実。
迷惑なコメントを削除することそのものが面倒だからね。。
とは言え、随分長く続けてるブログなので、今更削除するのどうかなと思うし。。まっ、mixiにほとんど移行しちゃったから、どうでもいいんだけどねw

ところで、、、、、、

通販で購入した「とり野菜味噌」が到着しました(^^)/

Img001_1600x1200_2

これ、石川県の郷土料理(家庭料理)の一つにもあげられるくらい有名な「とり野菜」に使う鍋味噌。
ってか、郷土料理ってことすら知りませんでした。。金沢離れて20年近く。。そろそろ住んでた年数より、出て来た年数の方が長くなりそうだな〜。。しみじみ。。

まぁ、料理としては鍋にこの味噌と白菜、鶏肉を入れて煮るだけのシンプルなもの。家庭によっていは色々入れるんでしょうね。実家では焼き豆腐とかも入ってた気がする。。

味は、、、素朴です。白菜の甘みがしっかり出て、本当に美味。。

と、そんなことを書いてるうちに、石川の郷土料理に付いて興味が湧いてきました。
オーソドックスなところで「治部煮」がある訳ですが、その他にも色々有るようです。
ウィキペディアで郷土料理を調べたら、石川県のところに書いてある料理の半分も知りませんでした(^^;
まぁ、石川県って言っても広いからね。。

それにしても、、、甘エビの「具足煮」が郷土料理とは知らんかった。。
けっこう煮物に甘エビが入ってて、頭のところの味噌を吸って、後は出汁くらいにしか考えて無かったんですが、実は甘エビを煮ることが珍しかったんですね。。驚きです。。

他にも色々有るでしょうが、私としては「車麩の卵とじ」が一番好きで、その他にもレンコンの饅頭(これ、蒸すのが良いのですが、面倒なのでよく揚げて作ってました)とか。。
冬になると、めった汁もよく作ります。
全国に知られていると言えば、カブラ寿司やなんかも有名ですし、ふぐの卵巣のぬか漬けも郷土料理ですね。とても家庭料理とは言えませんが(^^;
お祭りの時に食べるエビスも郷土料理ってのは知らなかったし、こんかいわしとか、こんかニシンも郷土料理だったとは・・・

そんな訳で、故郷の知られざる料理、、まだまだ発掘してみたいな。。
その土地に合った、その土地でしか食べられないもの。。それこそが、究極のグルメなんじゃないかなって思う今日この頃でした(^^)v

| | Comments (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »