« April 2010 | Main | June 2010 »

May 17, 2010

自分流のiPadとは

iPadをまだ注文していない。

と言ってる間に、オーダーストップww

Apple製品の初期動作を信用するほどAppleとの付き合いは短く無いので。システムが安定してから買うのが一番良いかな。本当は秋のOSバージョンアップまで待ちたいところだけど、さすがにそこまでは待てないでしょう。Pocket WiFiも届いた(代引き1円で送って来たw)し、環境としては整って来てるからね。

さて、iPadをどう使うか。そもそもどういう位置づけなのか。
向谷実さんのUstream番組を見ていると、どうみてもiPadは楽器にしか見えないww

まぁ、それはさておき。
個人的にはiPhoneの補完ツールと考えている。もちろん、購入予定はWiFiモデルで、3Gモデルを買う気は無い。Pocket WiFiもあるし、iPhoneもあるのだから。

例えば、地下鉄に乗ってる時に、ちょっとした本を読みたいとか、軽いゲームをしたいとか。そんな時にiPadを出すだろうか?
普通は出さないよね。
また、ちょっとメールやtwetter、facebookのタイムラインをチェックするのに、いちいちiPadを取り出すか??
やっぱり出さないよね。

んじゃ、どういう時に使うか。

喫茶店でどっしり腰をおちつけて、のんびり資料を眺める。またはiWorkで書類を作る。
もしくは、じっくり本を読んだり、ビデオを見たり。。
そんな時にiPhoneではどうか?
やっぱり画面が小さいよね。そんな時こそiPadだよね。

音楽をやるものとしては、やはりiPadにはノーテーションソフトを入れて欲しいと思う。
それを鍵盤と連動してくれれば、どこでも作曲が楽になる。

また、RealBookとかの楽譜をPDF化し、セッションの時にそれを使いたいとも思う。
もう、分厚いRealBookを持ち運ばなくても良いわけだ。
それだけでもiPadの恩恵はある。

そんな使い方を考えると、僕の場合は3Gモデルが不要って結論になった。

逆に言えば、それだけiPhoneが素晴らしいってことなのかもしれない。

いずれにしろ、スタバにSoftBankのネットが入るようだし、これからのiPadを取り巻く動向からは目を離せませんね。楽しみがいっぱいです(^^)v

| | Comments (2)

May 15, 2010

新しく感じたこと

部屋にいる時は常に1台以上のPCが起動中。そして、常に「twhirl」ってソフトが起動してて、iTunesから流れてくる音楽と同じく画面上にtwitterのTLがたれ流れてますww

まぁ、最近はYahooやMSNのメッセンジャー、iChatは起動せず、Skypeだけ立ち上げっぱなしにしてありますが、これも特にチャット依頼が来ることも無く、静かなものです。もっとも、特に用事もないのにチャットかけられても困りますがw
Skypeに関しては、もう少しネット上での作業が増えてくれば有効に利用できるかもしれませんが、今のところはマイクもつなげてないし、本当に起動してるだけですね(^^;

さて、今朝もtwitterのTL見ながらmixiのサンシャイン牧場で水をやってると、何やらUstreamで講演をやるとのつぶやきを発見。
最近、Ustreamが面白くて、昨日も孫さんの対談を見てたし、向谷さんの番組もちょくちょく参加させて頂いてます。
こう言うとき、光に変えて良かったな〜と思います(^^)

で、その講演は岩元貴久さんの番組でした。ソーシャルネットワークと個人との関わりについてなど、興味深い内容のもので楽しく参加させて頂きました。
まぁ、内容はアーカイブ(たぶん出るんじゃないかな?)でも見て下さい。

その講演を見ながら、twitterやfacebookに色々コメントを書いて行く訳ですが、それ自体は向谷さんの番組でもやってたので珍しくは無いのです。
ただ、それが同じPCの別のウィンドウにTLとして流れるのはいつ見ても不思議な感じがします(^^)

で、twitterに自分で感じたポイントを覚書の様に書いて行くのですが、もう少しキチンとノートにしたいな〜と感じてきまして。んで、起動したのがEVERNOTEでした。

このソフトはいわゆるクラウドを利用したシームレスノートシステムの代表作でもあります。
これにtwitterに書いたことをコピペしたり、直接タイプしたり。。
はたまた流れるTLの中から他の人が上手くまとめた文章をコピペしたり。。

なんか凄いことをやってるな〜。。と、自分で感じながらw

で、新しく感じたこととは、、、講演が終わって八百屋へ買い物に出かけた時のこと。
当然iPhoneは持って歩いていますから、それでtwitter見たりfacebook見たりしてたんですが、ふと思い出してEVERNOTEを起動。先ほどのノートを読み返します。。

その時に、新しい!って感じたんです。

つまり、新しい勉強の方法。教育の方法。もしくはそれらの方向性。

Ustで講演を聞き、質問や感嘆をtwitterでつぶやき、講演者もそれを見ながら講演を巧みに操る。
さらに、その講演で感じたことをEVERNOTEに書き込み、それをiPhoneで適当な時に見る。。

この一連の流れ、、、単純なことをしているのですが、実に新しい。

と言うか、時代はとうとうここまできたか!?ってことです。

とまぁ、一人で感動してても仕方ないですが、きっとこれからiPad等の端末が発売され、それによって私と同じような体験をする人がどんどん増えてくることだと思います。

この新しい流れ、、、まだまだ凄いムーブメントの序曲かもしれませんね(^^)v

| | Comments (0)

May 12, 2010

様々なコミュニケーション

ネット上には様々なコミュニケーション方法がある。20年前はBBSと言う言葉すら目新しかったのではなかろうか。いわゆるパソコン通信の時代。。

それがWWWの登場で爆発的に進化した。HTMLを扱えなくてもWebページを作成することができ、かなりの人が自分のホームページを作成した。
しかし、その管理はかなり難しく、あちこちに放置状態のホームページが散らばることに。

そこで登場したのがBlogサービス。これによりネットにおける自己表現方法が大きく変わったと言える。不特定多数の人が自分の言葉を聞いてくれ、そしてコメントを寄せてくれる。
これは凄いことだった。
それにより、共通の趣味を持つ不特定多数の人とつながる機会が増えた。

そんな中現れたのがSNS。mixiの登場により、ネットにおけるコミュニケーションは次のステップに進んで行った。
情報のオープン化、一般共有化が進む中、まるで時代に逆行する様に閉鎖的なシステムにより、距離が離れてかなりの年数が経つ友人達や同級生との再会があった。
またSNSは一部の分野に特化したものも現れ、どんどん拡大して行った。

そして、、今度はより開放的なシステムに、そして、より緩やかなつながりをもつシステムに移行する。Twitterの登場だ。
TwitterやFacebookは現在一番進化したコミュニケーションツールかもしれない。

もちろん、各種メッセンジャーやSkypeもまだまだリアルタイムチャットを中心にビデオチャットへも進化している。
また、YouTubeやニコニコ動画、そしてUstreamと自己表現を発表する場所は増えている。

これらのプライベートユースはどんどん増えているが、ビジネスユースも色々と研究されている。
これは凄いことかもしれない。

ハードとソフトの進化合戦が落ち着き、今はいかに情報をサバクかが焦点になっていると思う。

自分自身、その様々な情報の波にいかに対応できるか。。。

研究すべきテーマは多い。。

|

May 06, 2010

ZUL-WOF久々

楽しかったゴールデンウィーク、、、さようなら〜(┰_┰)/


その初日、今年初めて楽器を引っ張りだしてきました。
某所にてゆるやかなセッション大会が有り、それにゆるやかに参加させて頂きました(^^;

久しぶりに吹いた愛しのZUL-WOFちゃん、、、やっぱいい。。すごくいい。。

場所の特性上、フルトーンは出せません。なるべく標準の音量程度からサブトーン気味で吹きます。そのせいか、音色も暴れず、おとなしく吹くことが出来ました。

この楽器、ノンラッカーのせいか響きに遠慮がありません。入れた息がほぼ全部音に変わってしまいます。
そのため、ブレスコントロールが上手く出来ない自分みたいなヘタピーは、フルトーンに近くなればなるほど音が暴れてしまいます。そう、コントロールできなくなっちゃうんですよね〜。

それにしても、購入して1年ちょっと。実際に吹いたステージは5本の指でおつりがきます。なんともったいないこと。。

もっと可愛がらなきゃダメですよね。罰があたります。

自分には音楽があるんですから。。棺桶の中まで音符を持っていこうと思います。。
どんな時も、振り返ったらそこに音楽が有る人生なので。。それなのに、、、

いかんね。。すぐ楽な方へ逃げようとする性格。。。頑張れ自分(^^)/

| | Comments (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »