« 帰ってきたモレスキン | Main | 現在発未来行き »

March 12, 2011

災害から学ぶこと

まずは、災害に遭われた皆様のお見舞い申し上げます。
東北から関東にかけて、多数の友人知人が住んでいます。まったく人ごとではありません。
知り合いの業者さんの中には気仙沼近辺に住んでいらっしゃる友人の方と連絡が取れなくて不安がっている方もいます。
とにかく、当分は情報が交錯することでしょう。自分としては、出来ることを探して行うだけです。

さて、災害とは言わないまでも、先日の大雪で私自身もしらさぎに24時間閉じ込められました。その時に何を考えて何をしたかを少し。

まず、情報が解りません。車掌さんからの情報も詳しいものでは有りませんし。
幸い、携帯の電波が入ったので、twitter、mixi、facebookと言ったソーシャルメディアを使って外部の情報を得ていました。
ただ、いつ外に出られるかが解らないのと、通電されているとは言え車内のコンセントが限られていることから、携帯の使用を極力控えました。
気にして頂いて電話をかけて下さった方もいらっしゃいましたが、それに対応していると電池の消耗が激しくなるので全ての着信を拒否させて頂きました。
そして、各ソーシャルメディアにアクセスする回数と時間も自分の中である程度決めていました。

その時に思ったのが、つまらないTL(タイムライン)が多いと言うこと。欲しい情報がなかなか入手できません。
また、怪しい情報も多いのです。ニュースソースがはっきりしないものや、憶測に基づくような情報が。そう言う情報は閉ざされた空間にいる者にとっては不安の材料でしか有りません。

逆に、報道機関からの情報が無かったため、ソーシャルメディアの情報フィルタリング機能が十分機能していることも確信しました。
つまり、多くの人が色んなソースから得た情報のうち、信憑性の高いものしか残らないと言うことです。

今回の災害でも、自分の経験を参考にしてみました。
例えばtwitterでは様々な情報が飛び交っています。「拡散希望」とタイトルをつけた情報にも信憑性の薄いものがありました。
それらを自分で出来る限り調べ、信憑性の高いもののみ公式RT(リツイートには公式と非公式があり、情報ソースの管理上、公式RTを使用しなければいけない)しました。
これは自分自身をソーシャルフィルターとして使うことであり、現場で何も出来ない以上、最低限自分が出来ることと思い、可能な限りアクセスしています。
そうすることで、少しでも現場の方々必要と思われる情報を得ることができると思うのです。
また、自分のフォロワーの中でも被災時にふざけたツィートや広告ツィートをしている人はフォロー解除やブロックをしました。これにより、さらに情報の信憑性を高めることができると考えたからです。

また、災害時には電話よりインターネットを利用した連絡網の方が有効であることは、阪神淡路大震災の時に学びました。なので、電話は使用せず、e-mailやtwitter、mixi等を用いた連絡を行いました。

日本は地震大国であり、この先いずれは起こる可能性が有る東海地震に備え、これらの情報メディアの使い方、マナー等を学ぶことは非常に大切なことではないかと思います。

現代は何が正しい情報かを自分自身が選択する時代です。そして、自分自身が情報を発信する立場でもなり得る訳です。
数々の災害の中から、少しでも多くのことを学び、そして学んだことを生かさなければなりません。


ちなみに、我が家にはテレビがありません。しかし、NHKをはじめとする報道各局がUstreamによる情報配信を行っているので、テレビと同じ情報を得ることができます。
そこでひとつ思ったのは、やはりテレビを買おうかと。そしてNHKの受信料を払おうと。その受信料により、少しでもNHKの情報収集配信能力が上がるのであれば、それは自分意外の人に対しても有益だからです。

|

« 帰ってきたモレスキン | Main | 現在発未来行き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 帰ってきたモレスキン | Main | 現在発未来行き »