« August 2011 | Main | October 2011 »

September 06, 2011

星新一さん

※mixiと同文です

今日は星新一さんの誕生日だったようです。
初めて読んだのは、小学校の4年か5年くらいだったかな。
まだ300円を超える文庫本はほとんど無く、角川書店から出てた「きまぐれロボット」が120円くらいだったと思います。

友人にその面白さを教えてもらい、読書なんてあんまりしなかった自分が大量の書物を眺め始めるきっかけになった訳です。
そのアイディアは斬新で、大きなメロンをブドウの様にたわわに実らす研究が失敗し、ブドウの様な小さな実がメロンの様に少ししか実らなかった話「ブロン」など、無知な小学生はドンドン深みにはまって行きました。

最初はショートショートばかり読んでいたのが、星さんの作品を全部読んでみたくなり、星さんの父親のことを書いた「人民は弱し、官吏は強し」、痛烈なブラックジョークをふんだんに盛り込んだ「ほら男爵現代の冒険」(だったかな?)などの長編も読むようになりました。

さらには、独特な世界観から繰り広げられる素晴らしいエッセイの数々。。
もしかすると、僕自身の人格形成も星さんの作品によって作り上げられたものかもしれません。

実家に帰れば、まだ文庫本用の本棚に、星さんの作品が30~40冊ほど入ってると思います。
自分自身の歴史や人生観の根源を確認する意味でも、もう一度ゆっくり星ワールドに浸ってみようかな。。

そんなことを考えながらこの文章を打っていた時、ノックの音がした。。

| | Comments (0)

September 01, 2011

故郷。。

金沢を出てすでに22年目かな。思えば遠くへ来たもんだ。。

10年ほど名古屋に住み、津へ引っ越し。約9年住み、名古屋へ再び越して来て3年目。

名古屋は今現在住んでるので、故郷ってイメージは無いですね。むしろ、津の方が故郷ってイメージに近いかもしれない。色んなことがあったし。。

今日は出張で志摩へ出かけ、約5年ぶりに某現場へ行って来た。竣工当初から面倒を見ていた現場だけど、オーナーさんが変わってから疎遠になっていたもの。何やら妙に懐かしかった。
それと合わせて、志摩の市内も少し廻ってみたけど、ホテルとかも無くなったものや閉店した食堂。。

そのまま高速にのらずに23号線をひたすら走って津にある営業所へ。

津を離れてたった3年だし、2ヶ月に一度は久居の病院へも行ってる。。が、しかし、、

こんなにもお店が無くなっているのか。。と。。

色んな人と一緒に行ったお店。。もう、思い出になっちゃった。。。

故郷って、そんなものなのかな〜。。。振り返る故郷が有るだけ幸せかもしれないけどね。。

| | Comments (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »