« September 2011 | Main | December 2011 »

October 07, 2011

ジョブズが残したもの

自分のブログを読み返してみた。。そして、いかに自分がAppleファンかと言うのを改めて認識した。

入社間もない頃に何気なく入ったのが今は無きOAシステムプラザ。そこで目に留まったのがClassicII。価格は18万くらいしてたんじゃないかな。欲しくなり、買おうとしたら店長さんに「来月まで待てば値下がりしますよ」と言われ、翌週お邪魔したら13万くらいに値下がりしてた。。

そんな出会いから20年近くが経過。。一時期はWindowsマシンに流れたものの、再びMacに戻ってから10年くらい経つ。。その間にインターネット環境は飛躍的に進化し、今や常時接続は当たり前。
それどころか、電波がつながるとこならどこででも人とつながることができる。。

果たしてそれがジョブズが描いた世界かどうかはわからない。

しかし、彼がまとめあげたAppleと言う会社が、その世界観を作り上げたのは事実だと思う。
誰もがやりたいと思ったことを、簡単にできるようになった。そういう世界を作り上げた。。

Macintoshのおかげで一般的になったグラフィカル・ユーザー・インターフェース、制作したコンテンツを直感的に表現するWISWIG、フロッピーディスクを過去の遺物にしたのもMacだったと思う。
クリエーターが、そのクリエイティブな部分だけに集中できるように、道具が道具として機能するように。プロフェッショナルのレベルに近い道具を、一般の人にも手軽に扱えるように。。

iPodは音楽を外へ持ち出した。もちろん、それまでにも携帯音楽プレーヤーは存在した。しかし、部屋中にある音楽を全て持ち出せたのは、iPodがもたらした一番大きな恩恵じゃなかろうか。

聴きたいと時に聴きたいものがそこにある。

なんて素晴らしい。響きだ。それが「見たいものが見たい時にそこにある」となり、「つながりたい人とつながりたい時につながることができる」とどんどん変化していった。。
iPhone。。Appleが電話を再発明した。。

別にジョブズがいなくても、いつかは実現したことだろう。
しかし、これほどまでに急速に浸透したのは、やはり彼のおかげではないか。。

時代は新しいステップを踏もうとしている。。そこに彼はもういない。。

でも、確かにそこにいて、多くの足跡を残していった。。

自分はこれからも多くのApple製品を買うと思う。そのイズムが残されている限り。。
彼の残した、多くのビジョンとともに。。

| | Comments (0)

« September 2011 | Main | December 2011 »