« January 2012 | Main | October 2013 »

June 26, 2012

本当のことを教えて下さい。

最近、Facebookを使うことが多いですが、記録に残しておきたいものとかは、こっちにも転載することにします。

ってか、アンポンタンが多すぎwwww

-----------------------以下Facebookより転載

中部電力圏内は今年の夏の節電目標を5%から4%に引き下げられたらしいです。

5月分の我が家の電気使用料は129kwh。まぁ、エアコンは真夏でもそんなに使わないのですが、仮に倍とします。。すると、約260kwhです。
これを5%減らそうとすると、1ヶ月で13kwh減らすことになります。

1ヶ月で260kwhってことは、単純に1日に8.4kwh使ってる計算なので、約1.5日分。
ブレーカー落として2日過ごせば良いってことか??

まぁ、自分の場合は昼間は仕事してるので、家にいるのは夜ばかり。んじゃ、寝る時間を2時間ほど早くして、テレビとかパソコンとか切っちゃえば良いってことだよね。

んなわけねぇ〜だろ、アンポンタン!

私の知識が古いのかもしれないけど、発電機ってのはそんなに負荷追従しないでしょ?
水と違って、電気ってたくさん溜め込めないでしょうが。
昼間の2時のピークに合わせて発電所を動かしといて、夜になったからって発電量を半分とかにしないでしょ??
ピーク時の電力需要を減らさないといけないって話じゃないの??

つまり、全体で何パーセント節電ってより、ピーク時の消費電力を削減しなきゃダメなんじゃないの?
むしろ、夜間の使用量、特に深夜から明け方の需要量に昼間の需要をシフトすることが大切なんじゃないの??

そんなに消費電力を削減しなきゃいけないのなら、官公庁の営業時間を12時間ずらしなさいよ。

電力会社の事務所もそう。メンテ員以外の事務屋は全員昼夜逆転したらいいやないの。

違うのかな?

そう言うこと、ちゃんと報道してよ。アンポンタン政府もしっかり説明しろよ。

なんで、意味の分からんことばかり言うんだろうね。
頭は生きてるうちに使っておくれ。

|

June 22, 2012

業界再編

本文はFacebookから転載です。
時代はどんどん移り変わります。アンポンタンな規制緩和の裏で行われてるアンポンタンな規制。
世界に先駆けて、日本が産業構造を変えて行くのですねわかります。

--------------------以下、自身のFacebookより転載----------------

アンポンタンな業界団体の圧力に屈し、アンポンタンな議員が姑息で卑怯なやり方でアンポンタンな法律を作りました。自分たちの無知と厚顔を恥じること無く、作られた卑劣な法律です。

http://www39.atwiki.jp/dl-ihou/pages/38.html
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/171/1251917.htm

法律の原文は読むに耐えませんので、庶民的な解説を読めば、そのくだらなさが解るでしょう。

現代の人間と著作物との関わり方を考えれば、この法律の意味することが何かはいとも簡単に理解できます。
それは、、、、、音楽産業の衰退。。
音楽に限らず、映像もそうかもしれません。

業界団体は(別ににほんちょさっけんきょーかいとか言ってるわけでは・・・)、その利権に目がくらみ、適切な芸術創造への助成活動を放棄し、いや、それらの素晴らしい活動そのものを破壊し、自ら滅亡します。
ヘソで茶を沸かしながら、その行く末を見届けたいものです。

このアンポンタンな法律施行を受け、私は、、、
・新譜は今後iTunes等のダウンロードサイトから購入します
(じゃないとiPhoneやiPodで聞けないし)
・基本的にCD、DVDは購入しません
(私的利用でもリッピングできないなら邪魔になるだけだし)

自分で購入した音楽等を自由に外部へ持ち出すことができなくなる以上、ハードウェアを購入する意味が自分の中ではなくなる訳ですから。今更CDウォークマンとか持ち歩きたくないでしょ。
車の中で聞くのに、何十枚ものCDを外に持ち出し、気分に合わせて抜き差しなんてしてたら事故をおこしちゃいますからね。


アンポンタンな政府がアンポンタンな議会で制定したアンポンタンな法律。。

これにより、今でも十分に売れないCDやDVDはさらに売れなくなるでしょう。

まぁ、へそ曲がりなものの見方をするのであれば、、、
・ダウンロード販売業界はますます活性化するでしょう
・半端なプロは淘汰され、逆に素人の制作したものが脚光を浴びる確率が増えるでしょう
・音楽等が全てデジタルで管理されるため、利権団体が淘汰されて行くでしょう

さぁ、アンポンタンな報道機関を巻き込み、国家をあげて既存文化の破壊を行おうとしているアンポンタンな政府の、今後も続くであろう自爆テロを楽しみましょう(^^)/

| | Comments (0)

« January 2012 | Main | October 2013 »