February 01, 2009

アンドリュー・ワイエス展

モネを見に行った時のブログを書いた時に玲子さんから教えていただいた「アンドリュー・ワイエス展」を見に行ってきました(^^)

愛知県美術館、地下5階にはたまに行くのですが、上層階は年に数回しか行かないので、また迷子です(^^;
まぁ、案内にそって10階まで行くだけなんですけどねw

本当に、初めて見る絵ばかり。そして、水彩画をじっくり見たのも初めてかもしれません。もちろん、テンペラなるものも初めてでしょう。技法そのものは古くからあるようですから、目にしたことくらいは有るでしょうが、なにぶん絵に詳しくないので(^^;

展示されていたのはデッサン、水彩、テンペラと、色んな技法を楽しむことができました。
特に、テンペラによる作品は素晴らしかったです。油絵よりもきめ細かい仕上がりになるようで、全体的に絵がつややかに見えます。また、髪の毛の一本まで細かい部分が描かれているのも新鮮でした。
そう言えば、印象派ばかり見に行ってたような(^^;

特に気に入ったのが、入ってすぐにあった「幻影」でした。
まるで、見ている自分までもが何やら幻影を見ているような、、、そんな不思議さがありました。
また、「松ぼっくり」「火打石」「そよ風」も好きな感じです。「松ぼっくり」の松の葉、その存在感がすごく当たり前で、虚飾が無いんですよえん。「火打石」の光もモネの淡い光とは全然違い、まばゆくさえ感じます。「そよ風」も、透き通るような白さの女性の肌、そしてそよ風になびく髪。。
水彩というとどうしても淡く明るいってイメージしてしまうのですが、どれもこれも存在感があり、奥行きの深い作品ばかりでした。見に行って良かった〜。。

本当に、世の中には色んなアーティストがいらっしゃるのですね。。なるべく偏らないように見に行きたいと思います(^^)
でも、モネは別ねw

| | Comments (0)

January 10, 2009

モネ展

名古屋市美術館で、モネ「印象 日の出」展をやってる。来月初旬まで。

たまたま地下鉄の中でチラシを見たのをきっかけに、ふらふらと見てきました。
(現場の横に美術館があるので、ちょこっと立ち寄ってみた訳ですw)

モネは去年も見る機会があったのですが、やっぱり大好きなアーティストです。

圧倒的な光の美しさ。。それでいて、まぶしくないんですよね。優しい光。。
「印象 日の出」も、鮮烈な朝日と小舟の陰のコントラストが印象的です。そして、水面に反射する朝日が、その水面のゆらぎを強調します。。
この絵は初公開時に「描きかけ」と評されたらしいですが、そんな話を聞くと、「時代は常に新しいものを否定するのか?」なんて思っちゃいますね。

この絵以外にも、ロンドンでの作品も数点ありまして、これがまた美しい。。
去年はルーアン大聖堂の絵を見たのですが、今回見た「チャリング・クロス橋」の数点も、やっぱり好きですね。モネの作品独特の柔らかい光が、たまらなく優しく目に焼き付きます。

なんだか、モネの画集が欲しくなってきます。。ポケット判では小さすぎて(^^;

まっ、絵も生で見るのが一番ですけどね。
展示期間中に、また見に行ってきます。。やはり、美しい絵を見ると、心が癒されますね(^^)v

| | Comments (2)

June 29, 2008

モネ

じつに多くの方々から誕生日の祝福メールandコメントをmixi、goxi、そしてここに頂き、なんと嬉しい後厄の船出となったことか。あらためて、みなさんありがとうございます(^^)

さて、そんな嬉しさの余韻の中、本日は名古屋ボストン美術館へモネを鑑賞に行ってきました。はぁ、なんて贅沢な時間(^^)

絵は描けませんが大好きで、特に印象はの、特にモネが大好きなんです。
もちろん、難しいことはよく分かりませんし、他の印象派の作家の作品を「これ、モネよ!」と言われれば「ふ〜ん、そうなんや〜」くらいのことは言いそうな私w

それでもあえて、「モネが好き」と言い放ってしまおうw

モネの作品はほとんど好き(全部見たわけじゃないので)ですが、中でも一番好きなの「は睡蓮」。どの「睡蓮」とは言えませんが、たくさんある「睡蓮」のどれもがほとんど好きですね。
また、「ルーアン大聖堂」もたくさんあり、これまたどれも好きですね。その他にも「テームズ河と国会議事堂」や「チャリング・クロス橋」、「国会議事堂」のように建物を描いたものも結構好きです。

モネの絵からは、すごく柔らかく優しい光を感じるんですよね。。以前、ルノワールを見たときには強烈な力を感じたんですが、モネの作品にはそんな力(圧力?)を感じないから不思議です。もちろん、存在感はものすごいんですけどね。。何言ってるんだろ(^^;

まぁ、そんなわけで、ちょっと高価でも、モネの画集が欲しいな〜なんて思ったりします。たぶん、ブックオフで探したらありそうだな〜w

ところで、今回はボストン美術館所有の作品ということもあり、モネを中心に他の印象派の作品も少し展示されていました。モネが影響を受けたといわれる作家や、モネが影響を与えた作家などなど。。
それに加え、モネが影響を受けたと思われる日本の版画、、広重の浮世絵版画からも数点展示されていました。
そう言えば東海道五十三次の版画は、永谷園のお茶漬けのおまけの絵しか見たこと無いですね。。。それって、日本人としてどうよ(^^;

で、とりあえず帰りに本屋さんで立ち読み(いえ、重そうだったので買わなかったんですw)してきました。
なるほど、あらためて眺めてみると、浮世絵版画ってのも素晴らしいですね。たぶん、今週中には東海道五十三次の版画集を買ってしまいそうな予感w

まっ、そんなわけで、絵と言うのは、本当に心が和みます。琴棋書画とはよく言ったもので、そのどれもを楽しいな〜って思える自分が、ちょっとだけ自慢でしたw

| | Comments (4)

June 11, 2006

読み物

 最近盛り上がってる”和”熱。俳句は相変わらず稚拙なレベルだけど、句を読むことよりも本を読む方が面白かったりする。
当然おいらのことだから俳句に関するハウツー本も読んだりするんだけど、やはり一番心引かれるたのは「歳時記」だろう。

とうぜん中学や高校の国語の時間にも習ってるから説明不要なんだけど、おいらみたいに俳句に興味を持つまでは手に取って開いたことも無い人だっているかもしれない。そんな人のために少々説明を。

俳句には「季語」が用いられている。この「季語」ってのは読んで字のごとく「季節を表す言葉」なわけです。だから「春」は当然春の季語なんだけど、「桜」でも春を表すわけですね。
で、おいらが買ってきたのは夏の歳時記。季語の数が多いから一冊では収まらないため、春夏秋冬正月の5季節にそれぞれ一冊づつ出てたりします。もちろん、一冊で収まってるのもあるんだけど、字が小さかったり紙が薄かったりで使いにくいので。
これが非常に面白く、梅雨や南風(はえ)なんてのもあれば黴(かび)や鯵なんてのも収録されてます。
さらに面白いのは「桜桃忌」なんてのが。これは太宰治さんが自殺した日なんだけど、この日を「桜桃忌」と言って夏の季語にも使えるわけです。凄いですよね、日本人の季節感って。

 そんな季語になる言葉とその言葉の説明、それにその言葉を使った有名な句(この句の選び方も出版するセンスみたいですね)をいくつかづつ網羅してあるわけです。これをダイジェストにしたのが「季寄せ」で、これも一冊買ってきました。
おいらが買ってきたのは「ホトトギス季寄せ」で、これの便利なところは四季だけでなく月でも分類されてるところです。夏の季語でも「五月雨」を7月に使うのはおかしいわけで、やっぱり6月(旧暦の5月あたり)に使うのが正解ってことですね。だから月ごとにも分類してくれてるのは非常にありがたいのです。この分類方法を使ってるのはホトトギス編と虚子編で、後者の場合はちょいとおいらには編集が古過ぎて使いにくかったので。

で、やっぱりこれらを読み進んで行くと、いかに季節感が麻痺してるかってのが解ってきます。歳時記なり季寄せに掲載されている言葉ってのは、本来、日本人なら誰でも共通のイメージとして心に持ってたものなはずなんです。
誰だって「蚊」を春の虫とは思わず、夏に飛び回る寝苦しくていやな虫ってイメージがありますね。また「万緑」なんてのも初夏の緑が深い、そんなイメージがあるわけです。そんなものを網羅したのが歳時記な訳ですね。

実にこれまた奥が深く、「こんな言葉がこの時期をさしたのか!」とか、「こんな言葉は知らなかった」など、読むごとに発見があるわけです。ちょっとした小説を読むよりも面白かったりします。もし読む本が無くなったな〜って人がいたら、一度は読んでみて下さいね。国語辞典を読む(小学生の頃読んだ覚えがある)よりは面白いですよ。

それにしても、万年筆からとうとうここまで来たか!って感じだけど、やっぱり「日本人としての心」なんてものは大切にしたいな〜って思いますよね。

| | Comments (0)

June 04, 2006

恐るべし鹿

 奈良まで旅行へ行ってきました。詳細は別ブログをご覧くださいませ。最近はすっかり旅にはまってますね〜。今回もカバンには「トラベラーズノート」を!
とは言え、近鉄のパックだったので、ただのスタンプ帳でしたが(^^;

さて、奈良公園の鹿を見ていて思ったことが少々。と言うか、偶然にも恐るべき事実を私は知ってしまった。

やつらは奈良を占領して支配下においている!

と言うことだ。これはどういうことか?

やつらはすでに奈良公園周辺の土産物売り場人達を支配している。やつらが人間達に出している指示とは、「観光客に鹿煎餅を売りつけることにより外貨を獲得すること」だ。きっとその上前をはねているに違いない。その証拠に、やつらは決して土産物売り場に置いてあるしか煎餅には手を出さない。やつらが鹿煎餅を奪うのは、あくまでも観光客からなのだ。
みなさんもうすうすは気がついていることだろう。やつらが観光客を襲い、鹿煎餅を略奪しているのは、奈良公園周辺でよく見かける光景だ。しかもやつらは鹿煎餅を買った人間しか襲わない。また、襲い方もまるで「じゃれている」ように見せかけ、人間がやつらに構ってもらいたいために鹿煎餅を買うようにしむけているのだ。
そうやって人間を操り、外貨を奈良へ落とさせたやつらは、奈良公園にたむろし、徒党を組んで人間どもを見ながら次の作戦を練っている。。

などと書いていると、やつらの間者に後ろからつつかれそうだが・・・(^^;

それにしても、奈良って素敵な街ですね。京都ともまた違った雰囲気があり、それでいて独特の文化もある。歴史に詳しければさらに面白いことだろう。
飛鳥時代から奈良時代あたりの歴史をもっと探ってみたい気がする。知り合いの歴史オタクマニアにでも色々聞いてみようかしら。

あっ、今回は絵はがきは買わなかったので、不幸の手紙を送りつけられることは無いから心配しないでね〜。我が友たちよ!
でも、奈良の切手は1シート買ってきたので(^^;

| | Comments (0)

May 30, 2006

カルチャークラブ

 と言っても、メンバーが麻薬で捕まったバンドの名前じゃない。。。ちょいとネタが古かったか(^^;
いわゆる文化部。おいらは根っからの文化部系人間。もっとも学生時代に所属してたクラブはなぜか体育部会系ののりだったが。。

今日は今月最後の代休消化日。それでも余った代休達よ、さよ〜なら〜。
で、せっかくだから名古屋(いつもと一緒って話もあるが)へ。目的はただ一つ、タワーズの高島屋で開催されている「北大路魯山人展」を見るため。今までも魯山人の作品は何度か生で見たことがあるけど、今回は6年ぶりくらいかな?

個人的に魯山人を知ったのは、ご多分に漏れず「美味しんぼ」と「料理の鉄人」の影響。その後、魯山人に関する本も数冊読み、その作品も展示会やなんかで何度か見に行った。
もちろん、その内容云々に関しては今更ここで語る必要もないでしょう。なんたって超有名人だし。興味のある方は専門書が山ほど出てますので、そちらをどうぞ。

さて、おいらが一番好きなのは備前や伊賀、織部、美濃と言った素朴な焼き物。だから金沢出身だけど、それほど九谷にはひかれなかったりする。
当然魯山人の作品でもそう。独特の文字をあしらった作品にはそれほど魅力を感じない。逆に織部のまな板皿なんてのは、その迫力に鳥肌が立ってしまう。
また、備前の割り山椒なんてのも深い味わいとかわいらしさが相まって、ついつい欲しく(おいおい・・・)なってしまう。もちろん、本物なんて買えないが。

今回の展示会で気に入ったのは、魯山人の作品に、実際に盛りつけ(レプリカだけど)がされてるものがあったこと。そんなんが展示されてるのは見たこと無いから驚いた。
でも、魯山人本人が「器は使ってなんぼ」って人だったから、まさにその趣旨を反映してるわけです。しかも盛りつけは八勝館(名古屋で超有名な料亭。昭和天皇がいらっしゃった「御幸の間」は圧巻でした)の協力によるもの。その美しい料理が器の魅力を更に引き出していました。素晴らしい。。
誰だって魯山人の器に盛られた鯛の兜煮を食べたい!って思うよね。
鰹のタタキなんかも並んでたけど、その色合いの美しさと言ったら、、、嗚呼。。

ちなみに書も展示されてたけど、書は、、、特に魯山人の書は好きではないので、軽く流してしまいました(^^;

そして、今回は吉兆庵美術館の蒐集作品が展示されてまして、当然、吉兆庵の和菓子も即売されてました(*^-^*)
買ってきたのは「陸乃宝珠」と「百合根きんとん」。「陸乃宝珠」はマスカットを求肥でくるんだ和菓子で、そりゃ〜も〜上品の一言。どちらもそうだし、極上の和菓子ってのは常に甘さがおとなしい。(おいらがおとなしい甘さを好むだけかも)

もちろん、1個300円近い和菓子がまずかろうはずもないのだが(^^;

| | Comments (0)

May 21, 2006

漢字

 万年筆好きがこうじると、文書を書きたくなる。手紙を書くことも日記を書くことも、そして日々の雑記をするにしても。
そしてどんなものを書いても何かおかしいと感じた時、自分の国語力の無さを受け止めることができる。

最近では成人向けのドリルが流行ってるそうだ。塗り絵に始まり、絵手紙の勧め、写経に漢字検定など。脳を適度に使い、老化防止やストレス解消につなげようとするものらしい。

もちろん、ストレスとほぼ無縁なおいら。それらすべては、単なる興味の対象でしかない。おいらって、平和だな〜。

さて、字をもう少し綺麗にしたいと思い、ペン字の本を買ってきてなぞったりもしている。その結果、ある重大なことに気がついた。

おれって、漢字を全然知らない。。しかも書き順、むちゃくちゃ(T_T)

そう、マジで驚いた。そう言えば小学校の頃から「出来上がった形が同じなら筆順なんてどうでもいいやん!」って論争をしてた気もする(^^;
実際、欧米人が表意文字を書くときって、たんなる記号やデザインと思って書くらしい。だから逆さまで書こうが斜めで書こうか、それほど大きな差はないそうだ。

もちろん、それなりに字を読むことはできるが、やはりワープロ世代の悲しさで書くことができない。
そこで漢字の筆順を書いた小辞典を買ってきた。700円程度と手頃だったしね。その結果、ここまでノックアウトされるとは思っても見なかった。
ここまで自分が筆順を考えずに字を書いてたなんて。。

最近はちょこちょこ手紙とかを書いてるけど、その都度、辞書を引くように心がけてる。忘れた漢字をワープロ(携帯を使う人も多いのでは?)で調べるより、筆順辞典を使って調べながら書くことをお勧めするね。国語辞典よりもためになるかも。

ってことで、お知り合いの方々には、またちょこちょこ不幸の手紙(?)が届きますので(^^;

| | Comments (0)

April 20, 2006

ハリーポッター

 ふら〜っとコンビニに入ったら「ハリーポッター炎のゴブレット」が発売になっていた。そう言えば、見に行こうと思いながらも行けなかった映画だったな〜。
ってことで帰りにタワレコで買ってきた。

原作はすでに第6巻まで発売されていて、いよいよ次回作が最終回となる。日本語版も第5作まで発売されていて、5月には第6巻も発売されるようだ。
英語がチンプンカンプンなのに、なんとか第6巻まで読んだ(眺めた)から、次回作が待ち遠しくてしかたない。

で、買ってきたDVDを見たけど、あの厚い本をうまくまとめたな〜ってのが印象。マッドアイ・ムーディーをどうやって表現するのか楽しみだったが、さすがにこれが限界かな〜って感じ。第5作目の「フェニックス・オーダー」では、もっと実写での表現が難しいキャラクターが出てくるけど、大丈夫かしら??
まっ、湖の底のキャラを丁寧に作ってあったからなんとかなるの思うけど。
おいらの読み違えか、セドリックが○○されるシーンが少し順番が違ってる気がした。
それより何より、ハーマイオニーがセクシーになっちゃって(*^-^*)
前作より全然美しいじゃあ〜りませんか。おじさん、ニコニコ。でも、チョウにはがっかり。。もっと端正な顔立ちを想像してたんだけど、まるっきりガキだった。インリン様でも出しといた方が(年齢的に無理があるけど)良かったかも。

それにしても、このシリーズはどんどん陰鬱になっていきます。原作がそうなんだから仕方ないけどね。シークレット・チャンバーで見せたような爽快さはみじんもございません。
たぶんフェニックス・オーダー、そして最新作のハーフブロッド・プリンス(放題は「謎の王子」になったようだ。さすがに「混血の王子」はまずいか・・・)なんかは、もう涙無くしては見ることができませんな。
この話題で盛り上がりたいんだけど、早く翻訳版が発売されないかしら。

さて、個人的には映画化されてない残りも今と同じ俳優さんで作成して欲しいんだけど、物理的に人間の成長が早すぎるからな〜。なんとか作りきって欲しいものだ。せめてハーマイオニーだけは変えないでおくれ〜。
そして、早く最終話が発売されないかしら。もう、結末が気になって仕方ない。たぶん来年の今頃のような気がするけど、その前にもう一度おさらいとして一通り読もうかしら。

一つだけ言うなら、ファイヤー・ゴブレットが醸し出す陰鬱な雰囲気は、まだまだプロローグにすぎないのだ。。

| | Comments (0)

December 13, 2005

日本語はどこへ行く?

 電車の中の吊り広告を見てたら、日本語の乱れについておもしろおかしく書いた本を紹介していた。「千円からお預かりします」なんて表現を憂う内容のようだ。
そんな広告を見た後でコンビニへ行って買い物をした。525円の買い物で1025円渡したら「1025円からお預かりします」と言われた。う〜ん、どこのレジへ言っても良く聞く表現かも。聞くたびに突っ込んでやろうか?とも思うのだが、疲れるのでしない。

 このように日本語として?マークが四つくらい頭の上に点滅するシーンは多い。仕事で電話をかけたら相手方の事務員さんが「少々お待ちいただけますか?」。。「嫌だ!」と言ったらすぐに替わってくれるのか??
うちの事務員さんからメールが届く。「○○株式会社の××さん、電話下さいとのこと」。。お〜い、俺は電話屋さんじゃないぞ〜。。
またまたコンビニのレジにて。商品代金を払うと「ちょうど○○円、お預かりします」って、返してくれるのか?
事務所へ戻ったら机の上にメモが。「○○さんより電話がありました」。で?

と、思いつくままに書いてみるが、やっぱりこれらの表現は乱れた日本語じゃなかろうか?
国文学を専攻していた友人がいるせいか、たまにこれらの日本語について語ったりするのだが、この手のことは考えだすととことん耳についてしまう。

自分自身、たいそうご立派な日本語を使うから、人の言うことにいちいち突っ込みを入れるのもどうかと思うけど、もう少し母国語を大切にしたいな〜って思う。
と、書きなぐってる文書がすでに日本語としてはおかしい文書かも(^^;

| | Comments (0)

November 16, 2005

冬の足音

 詩的なタイトルにしてみたけど、たんに寒いって話なんだけどね。さすがに11月も真ん中を超えると、後は冬へまっしぐらだね〜。豚汁食べたいけど脂肪分が気になるから豚肉抜きで作ろうかしら。。って、単なる汁じゃね〜か(T_T)

 そうこうするうちに年賀状を書く季節になっちゃいますね。毎年ぎりぎりなんだけど、今年もぎりぎりなんだろうな〜(^^;
しかも毎年プリンターで印刷してるんだけど、今年は万年筆で宛名を書こうと思ってるからよけい大変。裏面はことしもプリンターのお世話になりそうだけどね。
その前に住所録も整理しないと。。う〜ん、年内に間に合うかしら。。

 で、今年は万年筆を使うことを前提にインクジェット用年賀状を買わなかったんだよね〜。インクジェットプリンターで印刷する分には問題無いんだけど、宛名書きを万年筆でするとにじみまくっちゃうからね〜。

 若い頃は年賀状を書くのは面倒(今でもそうなんだけど)で嫌だったけど、最近は年賀状だけのおつきあいになってきた友人もいるから、なんとなくまじめに出すようになっちゃったな〜。今年は暑中見舞いなんかも出したりしちゃったしね。
そりゃ4万も5万もする万年筆を買ったんだから、ちゃんと使わなきゃ(^^;

| | Comments (0)

より以前の記事一覧