January 05, 2012

シャッフル再発見

iPod shuffleは2台持っている。一番最初に発売された512MBの細長いやつと、第2世代(だったかな?クリップになった四角いやつ)の1GB。

最近はiPhoneに入れて聞いているので、出番は無くなってしまった。初期型のは、風呂に入る時に使ってるけど、第2世代はインターフェースが特殊ってこともあり、完全に放置。。
他のiPodは車の中で使ったりするんだけどね〜。

で、年末年始に色々やってて、久しぶりに第2世代のシャッフルに火を入れてみました。

どうせならってことで、自分のiTunesに入ってるコンテンツ全てから1GB分のランダム選曲でw

最近はプレイリストを作り、それを聞くことが多かったんですよね。
1ヶ月間に買った曲ってのもあれば、お気に入りばかりを集めたヘビロテ、年代別に区切ったロックや、作曲者別とか演奏者別、交響曲、室内楽等に細分化したクラシック。。とにかく、方向付けした音楽を耳にすることが多かった訳です。

それを、全く無秩序のランダムにピックアップして抽出したものを聞く訳です。まぁ、ようするに、iPod shuffleが発売された当初のAppleからの提案に沿った聞き方を再発見した訳ですね。

これがなんとも、、、清々しいw

BoAの次にブラームスの交響曲1番の1楽章がかかり、チャーリーパーカー、甲斐バンド、中島みゆき、英語の単語練習用音源が流れたかと思ったらベト7の4楽章。。。
津に住んでる頃に私の部屋へ遊びにきてくれた人なら経験したことがあるような無秩序ジュークボックス状態です。

そうすると、いかに自分が曲名を知らないかってのや、今聞いたブラ1が誰の指揮でどこのオケなのかわからない!等、本当に音楽をぞんざいに聞いてたってことを思い知らされる訳です。

しかし、それがまた楽しいww

iPodを発売し、部屋中の音楽を外に持ち出していつでもどこでも聴きたいと思った曲を聴ける喜びを提案したApple。次に、無秩序ランダムに、しかも曲名の表示すらしないけどたっぷり長時間音楽が聴ける遊びを提案したApple。そして、多くのコンテンツの中からお気に入りをチョイスする楽しみを提案したApple。

常に新鮮な環境を提案し続けたAppleの、そんな遊び心を久しぶりに体感できた一日でした。
しばらく、これで行こうかな(^^)

ちなみに、そんなに多い訳でもないですが、私のiTunesには約10000タイトルの曲(落語とかも入ってるかもw)が入ってます。80GBくらいあり、連続して再生すれば38日ほど必要です。

次に何が再生されるのか、、、楽しみですo(^-^)o

| | Comments (0)

October 07, 2011

ジョブズが残したもの

自分のブログを読み返してみた。。そして、いかに自分がAppleファンかと言うのを改めて認識した。

入社間もない頃に何気なく入ったのが今は無きOAシステムプラザ。そこで目に留まったのがClassicII。価格は18万くらいしてたんじゃないかな。欲しくなり、買おうとしたら店長さんに「来月まで待てば値下がりしますよ」と言われ、翌週お邪魔したら13万くらいに値下がりしてた。。

そんな出会いから20年近くが経過。。一時期はWindowsマシンに流れたものの、再びMacに戻ってから10年くらい経つ。。その間にインターネット環境は飛躍的に進化し、今や常時接続は当たり前。
それどころか、電波がつながるとこならどこででも人とつながることができる。。

果たしてそれがジョブズが描いた世界かどうかはわからない。

しかし、彼がまとめあげたAppleと言う会社が、その世界観を作り上げたのは事実だと思う。
誰もがやりたいと思ったことを、簡単にできるようになった。そういう世界を作り上げた。。

Macintoshのおかげで一般的になったグラフィカル・ユーザー・インターフェース、制作したコンテンツを直感的に表現するWISWIG、フロッピーディスクを過去の遺物にしたのもMacだったと思う。
クリエーターが、そのクリエイティブな部分だけに集中できるように、道具が道具として機能するように。プロフェッショナルのレベルに近い道具を、一般の人にも手軽に扱えるように。。

iPodは音楽を外へ持ち出した。もちろん、それまでにも携帯音楽プレーヤーは存在した。しかし、部屋中にある音楽を全て持ち出せたのは、iPodがもたらした一番大きな恩恵じゃなかろうか。

聴きたいと時に聴きたいものがそこにある。

なんて素晴らしい。響きだ。それが「見たいものが見たい時にそこにある」となり、「つながりたい人とつながりたい時につながることができる」とどんどん変化していった。。
iPhone。。Appleが電話を再発明した。。

別にジョブズがいなくても、いつかは実現したことだろう。
しかし、これほどまでに急速に浸透したのは、やはり彼のおかげではないか。。

時代は新しいステップを踏もうとしている。。そこに彼はもういない。。

でも、確かにそこにいて、多くの足跡を残していった。。

自分はこれからも多くのApple製品を買うと思う。そのイズムが残されている限り。。
彼の残した、多くのビジョンとともに。。

| | Comments (0)

April 06, 2011

悩めるAppleファン

Classic II の時代に初めてMacを購入。今から20年近く前かな。
その後、LC630とかPowerBook160を経てPower Mac7200。
少し間をおいて、Power MacG3、iMac DV 、Mac mini、PowerBookG3、iMac、そしてMacBook Pro。

最初の頃は、その金額の高さから「借金トッシュ」とも言われていた。しかも、ハードがソフトに追いつかず、フリーズなんて日常茶飯事。
そんなMacがなぜか気に入っていた。。

Appleの提供するものはMacに限らず、iPodも色々買った。
最初に買ったのは第3世代の40GB。そしてiPod Photo60GB。
iPod shuffle 512MB 、iPod nano 4GB、iPod shuffle 1GB、第5世代80GB、第6世代160GB、iPod touch 16GB。

iPhoneは3Gを最初に買い、去年iPhone4に。

とまぁ、個人としては普通にApple製品を買ってきた。

基本は、直感的に使えるため、それほどPCのスキルを要しないってところかも。
アプリケーションにしても、iLife、iWork、Logic Expressを主に使い、サードパーティー製は楽譜作成ソフトやDVDコピー程度。
提供するサービスとしても、.Macの時代からMobaile meを。信者とは言わないけど、よく使ってる方だと思う。
LANのルーターもAirMacExpress、AirMac Extreme。

もちろん、この会社も他のメーカーと同じでユーザーの神経を逆撫ですることは多いw
それを許し続けてきたユーザーのサポートで発展した会社でもあるww
一生懸命お金を貯めて買った翌週に値下げ&モデルチェンジなんてごく当たり前の話ww

今回もAppleからメールが。
MobileMeカレンダーをバージョンアップしろ!と。
それはかまわないのだが、、とうとうMacOSも10.4は切り捨てられるらしい。

いや、それは困る。。

職場にはPowerBookG4を持っていって、予定をiCalで打ち込み、MobileMe経由でiPhoneに送っている。
そして、PowerBook用のOSは10.4。10.5は販売を終了していて、ネットオークションで16000円くらい。

・・・ネットで落として10.5に上げろと申すか。。。

年間9800円払ってMobileMeを契約してるのに、それは無いでしょ。。

とAppleにメールを送ったら、技術革新だからさっさと新しいやつに買い替えろと返事が。。

まぁ、、そういう部分も含めてAppleなのでしょうが。。

という訳で、、、困った。。わざわざそのために16000円払うのか。。おとといMacBook Proを買ったばかりなのに。。
部屋に2台は置いときたいし、スケジュール管理のためだけにMacBookAirを買うのも不経済。
そもそも、さっさとiPad2を発売してくれれば問題ないのだが、部品供給の関係から考えて数ヶ月は無理だろう。
かといって、2が発売されるのわかってて現行機種のiPadを買うのもあほらしい。。

うーん、、、Appleふぁんだが、、、、、困ったな〜。。こどもの日までに解決せねば。。。

| | Comments (2)

November 17, 2010

それぞれのアップル

あんまり嬉しいんで、myspaceにもfacebookにも同じ記事を転載してます(^^;

----------------------------------------------------------------

2010年11月17日、AppleのiTunesストアで、とうとうBEATLESの作品取り扱えるようになった。人それぞれだけど、個人的にはこれは重大ニュース。素晴らしいことだと思う。

もちろん、否定的な意見もいくつかTwitter上で見かけた。大別すると次の二つ。

1)これが重大ニュースなのか?(今更ビートルズ!も含む)

2)作品をばら売りするのはいかがなものか。

まず1)について。

まぁ、好みなのでどうでも良いけど、現代音楽シーンのほとんどがビートルズの影響を受けているのは明らかでしょう。音楽の演奏面、作曲等の製作面だけではなく、録音技術やアルバムを作ると言う技術等、多方面にわたり、当時としては革新的なものだったと思う。(その時代にダイレクトで生きてたわけじゃないので詳細は不明ですが)

そう言う意味でビートルズは偉大であり、それをAppleが扱えるようになった(両アップルの確執についてはネット上に色々話が出てるので割愛)ことが素晴らしいと思うのですね。

もちろん、私はビートルズファンでもありAppleファンでもありますから、ある程度恣意的な意見ですがw

さて、次は2)について。

ビートルズはすごい。でも、アルバムをばら売りするのは、そのアルバムの意味(曲順などの製作意図)を無視するもので、商業主義的であり許せない。との意見も見かけた。

これも思うのは勝手なんだけど、その議論はLPレコードからCDに移り変わったときもありましたよね。

A面、B面の概念が無くなる!とか。

基本的にこの手の議論は無意味。なぜなら、作品をどう聴こうが、それはユーザーの自由なのだから。

そもそもその理屈で言うなら、レコード会社編集による(本人達の意図しない)ベスト盤などは排除されるべきと言うことになるし、んじゃ、シングル盤なら良いの?ってことにもなるわけですね。

LPレコードからCDに変わったとき、アルバムの製作概念も変わったわけです。そして、アナログからデジタルに変わったことにより、録音技術(音楽の可聴音域の問題など)に対する概念も変わってきた。

これは音楽の圧縮技術(MP3など)が広まった時にも起こった議論。もちろん、意味は解るが、そこまでの感性を私は持ち合わせていないので同調はできない。

それより何より、一番大切なことは、、

ビートルズを知らない世代。つまり私のように間接的(親や近所のお兄ちゃんの影響)にビートルズを知った世代は別として、それよりも若い世代。ビートルズを直接知らない世代の人たちが、その素晴らしい旋律に触れる機会が増えたことこそが、今回のiTunesストアでビートルズを取り合え使えることになったことの最大のメリットだと考えるわけです。

オンライン配信サイトでは一切ダウンロード販売をしなかったBEATLESが、とうとうオンライン配信された。これはCD時代の終焉ともいえる。

そう言う意味で、今、自分達は、時代の転換期を目の当たりにしてるんだと感じるのですね。

とまぁ、昨夜から興奮冷めやらぬわけですが。。

本当のところはごちゃごちゃした理屈なんて実はどうでも良くて、、、

BEATLESがiTunesにやってきた!

それだけで十分なんですよ(^^)v

| | Comments (0)

October 24, 2010

いまさらw

すっかりこちらもご無沙汰しています。
日記的なことも、友人関係とはmixi、それ以外の部分はfacebook、何気ない話はtwitterと使い分けています。そのため、大げさな独り言だったこのBlogもどんどんその役割を果たさなくなってきたのかもしれません。

まぁ、Niftyそのものが、ココログをどうしたいのか解らないし、Blog黄金期を作った勢いも無くなってきましたからね〜。
私自身、友人達のBlog巡回も減り、RSSリーダーも見ない(ってか、使い方を忘れましたw)ようになっちゃいました。

で、そんな時代だからこそ。。。
突然、ホームページを作りたくなってきましたww

mixiのお仕着せがましいスタイルに飽きてきたって言うか、、どこのSNSを見てもビジネス利用の集客目的が増えちゃって、まぁそれはそれで良いのですが、もっと趣味的な部分が欲しいって言うか。。

そこで思い出したのが、「.mac」から「mobile me」に変わって行ったAppleのWebページ。変更とともに見れなくなりましたが、実は数年前に作ってました。
macを買えば普通についてくる「iWeb」ってソフト(iLifeの一つ)を使い、さくさくとホームページが作れちゃうんですね。
ただ、ちょっと処理が重いのと、当時の通信インフラの関係で放置してました。

それが、最近のMacは処理スピードも速いし、我が家のネットもいつの間にか光に変わりましたし。
そして、iLifeの他のアプリケーション(iPhoto、iMovie、GarageBand)もMacの処理スピード工場とともに使いやすくなりまして、、、、ってか、私が使い方を覚えまして(^^;

ようするにMacさえ買っちゃえば、ホームページに自分で作ったムービーや音楽をパンパン貼付けて公開できちゃう訳です。。

http://web.me.com/chiharu.michikura/chiharus_room/Welcome.html

まぁ、いつかはポッドキャストも作りたいなと思ってたりしますし、今更ながらこう言うことをやってみようかと。
それに、iMovieの使いやすさが素晴らしく、iPhone用のiMovie appも買っちゃったしw

そのうち、ショートショートムービー(数分程度の映画)にもチャレンジしてみたいなと思ったりもするのです。

こう言うこと考えてるうちに40代も半ばなんですが、いつまでも好奇心を持ち続けてる自分に、少し喜びを感じてます。

さて、まずはポッドキャストから。どんなのにしようかな〜。。こう言うことを考えてる時って、本当に至福の時間ですよね。素敵な道具をありがとう、Appleさん(^^)v

| | Comments (0)

May 17, 2010

自分流のiPadとは

iPadをまだ注文していない。

と言ってる間に、オーダーストップww

Apple製品の初期動作を信用するほどAppleとの付き合いは短く無いので。システムが安定してから買うのが一番良いかな。本当は秋のOSバージョンアップまで待ちたいところだけど、さすがにそこまでは待てないでしょう。Pocket WiFiも届いた(代引き1円で送って来たw)し、環境としては整って来てるからね。

さて、iPadをどう使うか。そもそもどういう位置づけなのか。
向谷実さんのUstream番組を見ていると、どうみてもiPadは楽器にしか見えないww

まぁ、それはさておき。
個人的にはiPhoneの補完ツールと考えている。もちろん、購入予定はWiFiモデルで、3Gモデルを買う気は無い。Pocket WiFiもあるし、iPhoneもあるのだから。

例えば、地下鉄に乗ってる時に、ちょっとした本を読みたいとか、軽いゲームをしたいとか。そんな時にiPadを出すだろうか?
普通は出さないよね。
また、ちょっとメールやtwetter、facebookのタイムラインをチェックするのに、いちいちiPadを取り出すか??
やっぱり出さないよね。

んじゃ、どういう時に使うか。

喫茶店でどっしり腰をおちつけて、のんびり資料を眺める。またはiWorkで書類を作る。
もしくは、じっくり本を読んだり、ビデオを見たり。。
そんな時にiPhoneではどうか?
やっぱり画面が小さいよね。そんな時こそiPadだよね。

音楽をやるものとしては、やはりiPadにはノーテーションソフトを入れて欲しいと思う。
それを鍵盤と連動してくれれば、どこでも作曲が楽になる。

また、RealBookとかの楽譜をPDF化し、セッションの時にそれを使いたいとも思う。
もう、分厚いRealBookを持ち運ばなくても良いわけだ。
それだけでもiPadの恩恵はある。

そんな使い方を考えると、僕の場合は3Gモデルが不要って結論になった。

逆に言えば、それだけiPhoneが素晴らしいってことなのかもしれない。

いずれにしろ、スタバにSoftBankのネットが入るようだし、これからのiPadを取り巻く動向からは目を離せませんね。楽しみがいっぱいです(^^)v

| | Comments (2)

January 28, 2010

iPad発表されましたね(^^)

つい数時間前、とうとうiPadが発表されましたね。
面倒くさいので詳細は他の人のブログでも見て下さいw

Twitter上では既に賛否両論の乱れ打ち状態。一瞬Twitterの鯖落ちは、やっぱりiPadのせいかしら。

結局、iPadが気に入った人と気に入らなかった人の違いは、iPhoneの時と同じなのかもしれないですね。

iPhoneが発表された時もすごかった。でかくて使い物にならない!とか、動作が遅くて!とか。
特に日本では、お財布携帯付いてないし、絵文字も駄目、ワンセグも駄目。そんな携帯いらない!とか。

その結果がどうなのか。。結果的に、iPhoneを道具として考える事ができる人にとっては、もはや無くてはならないビジネスパートナーではなかろうか。
また、ソフトバンクの回線が好きじゃないとか、アップル製品が嫌いとか、そう言う人も、結局はアンドロイドとかに流れて行ってるだけで、「iPhone的な物」は入手してると思う。

今回はどうなのか。やはり「こんなものいらない」って意見は多く見かける。
でもね、最終的にはキンドルとかへ流れて行くだろうし、時代の流れから行っても「iPad的な物」が今後の新しいデバイスとして社会に浸透するのは必然では無かろうか。

そして、そのデザインとインターフェース、メディア販売スタイルなど、全てにおいてアップルには一貫性があり、美しい。。と、私は思う。

アップルの基本姿勢は「道具は使うもの」だと私は考えている。しかも、「洗練された美しい道具」がコンセプトの中でも重要なポジション。
そのおかげでiPhoneからはストラップを奪い、電池交換も奪った。メモリーのハードウェア的拡張すら認められなかった。そのせいでiPhoneを使わない!と決めた人はまずいないだろう。

それを考えると、iPadが何かを感じる事ができれば、これが史上最大のオールインワンメディアツールであり、iPhoneと共存共栄する道具だと知る事ができると思う。

と、現物が無いところで何を語っても無意味ではあるがw

今は、とにかく早く供給が安定し、我々下々の手元に届く日を待ちこがれるだけですね(^^)v

| | Comments (0)

January 23, 2010

iPhoneすげぇ

iPhoneを使っています。今年の秋になればまる2年。かなり重宝しています。

基本的にシリコンカバーも何もつけてません。裸でポケットに放り込んでいます。
なので、月に何度かは宙を舞いますww

おかげで、ドックコネクターの部分は変形し、コネクターがしっかりロックがかかるまでささりません。
それでも、何不自由無く同期できます(^^;

もともと.Macの時代から契約しているため、Mobilemeの素晴らしさは購入してすぐから体感しています。アドレスも、カレンダーも、何不自由無くリンクしています。
最近では手帳の用途も変わって来て、基本スケジュールはiPhoneで管理しています。
なので、iCalを使ってる関係で、PowerBookG4を会社に持ち込んでます(^^;

自宅と会社とアウトドア。どこでも全てシームレスに管理できるのって、素晴らしいですね。
それにEvernoteも使いだしました。いや、なんで今まで使わなかったんだろう?ってくらい便利です。

それと、GDTを取り入れようとしているため、オムニフォーカスってソフトも使ってます。これもMacとiPhone両方でリンクしますから、本当に便利。贅沢言うなら、もう少し早く同期が完了して欲しい程度。

ここにきて、さらに素晴らしい使い道が。
「iPhone情報整理術」って本に影響され、アマゾンで購入したscansnap(PFU製のドキュメントスキャナ)で色んな書類をPDF化し、iPhoneに入れて出先で読んでます。
読み終えた雑誌はどんどんバラバラにしてスキャン。専門誌の記事なんて、何度も読み直したいですからね。
そして、今日はとうとう、、、
ブックオフで105円の文庫本を買って来て、、、、、入刀。。

常時かばんの中には2〜3冊の本が入ってて、さらにフランクリンプランナーが一冊にモレスキンが1冊入ってたりもします。
おかげでかばんがめちゃ重たいのです。
なので、1日に2ページくらいしか読まないような本は、PDF化した方が楽なんですよね。

かと言って、新刊をカットするのももったいない気がするし。と、思ってたら、以前から読みたかった「1日1分!英字新聞」をブックオフで発見しまして。。
迷わず購入。。で、入刀。。。の流れです(^^;

結局、読んでなんぼ。古本をどれだけ流通させたところで著作者には得にもならないし。
ならば、読んで捨てるだけならバラバラにしちゃえ!ってことで。

いや〜、これで混雑する地下鉄の中で、いちいちポケットをまさぐって本を探す必要が無いですね。
まさに、ビバ、iPhone。

最近ではGoogle携帯なんかも発売されて、スマートフォンがブームになりつつあるようです。
はい、私はiPhoneを気に入りましたが、Google携帯でも同じこと。
自己流の使い方をどんどん増やし、快適な生活を送ろうでは有りませんか。

それにしても、、、やっぱりiPhoneが一番かっこいいと思うのは仕方ないかな(^^)v

| | Comments (0)

December 13, 2008

Macが我が家に

とうとう我が家に(4台目の)Macがやってきました(^^)
iMacの20インチ。もちろん、一番安いやつですが。

とは言え、初めてのインテルMacです。そう、我が家に有るのは先輩からの頂き物のiMac-DV(G3)、Mac mini(G4)、そしてPowerBookG4-"12の3台。つまり、すべてパワーPCだったわけです。
今時G5ですら無いのもすごいですが、日常的にネットを徘徊したり、DVDを見たり、iTunesで音楽を聴いたりする分には、なんの問題も無かった訳です。

が、やはり、音楽を作ろうととか、写真を加工しようとか、DVDを作ろうなんて思うと、さすがに重すぎてきついのですよね。。
かと言って、今更Windowsマシンを買うのもね〜。。使いにくだけだし、そもそも野暮ったいしw

ってことで、ボーナスの出るうちに(来年はどうなるかわかんないですからw)買ってしまおう!ってことで。
ちなみに、とあるショップで買うと、本体は定価売りなんですが5%のボーナスポイントがつきます。そのボーナスポイントで、新型のiPod shuffle(1G)をゲットしたのは内緒w
iPodも増殖しちゃいました。。
iPhone(16GB)、iPod touch(旧型16GB)、iPod classic(160GB)、iPod nano(4GB)、iPodPhoto(80GB)、iPod shuffle(旧型512GB)、そして今回のニューiPod shuffle(1G)。。。。あ、、、7台目だ(^^;
耳は普通に二つしか無いのにね。。。。(ーー;

さて、初めてのコアデュオ体験をした訳ですが。。。。すげぇ。。
とにかく、早い。何がって、普通にブログを書いてるだけでも早い。。文字の入力スピード、画面の描画速度、とにかく早い。
そして、iTunesへCDを取り込んでAACに変換するスピードまでもが速い。。何者。。

まぁ、さすがに2世代前のCPUと比べたら失礼な訳ですがw
何をやってもストレスが無いってのはすばらしいですね。しかも、Macはとにかくシステムの移行(PCの移行)が簡単。フォルダーを移して、、、以上w
まぁ、iTunesは若干癖がありますが、それでも問題なく移行完了。しかも、それにiPod touchを接続しても、とくに不自由無く移行完了。。あっけないくらいですね。。

さらに、今回は奮発して500GBの外付けHDも購入。さすがにタイムカプセルは買いませんでしたがw
タイムカプセルも良かったんですが、500ギガで3万5千円。。こちらは500ギガで1万円。。
まずは、こちらで十分。そしてレオパルド(最新のMacOS-X)のタイムマシン機能で完全バックアップ。なんと豪華な。。。

いやはや、何もかもが新鮮ですね。画面にしても、今まで12インチのPowerBookを使ってた場所に置いたものだから、、、、でけぇ。
20インチは迫力ですね。これで見るムフフな、、、失礼、スターウォーズは最高。
最初は24インチを買うことも考えたのですが、その差額で外付けHDも買えたし満足です。

さらにさらに、クロスオーバーってソフトがありまして、それも購入。
何するものかと言うと、Windowsのソフトを動かす環境を作るソフトなんです。
もともとインテルMacはWindowsもインスコしてデュアルブートする環境が標準であるんですけど、それだといちいち再起動しなければならない。(再起動してWindowsを起動すると、普通にコアデュオのWindowsマシンになる)
そこで、パラレルデスクトップだとかフュージョンだとかのソフトを使って、MacOSが動いてる状態のままWindowsを起動することもできたりします。もちろん、Windowsを別途購入する必要がありますが。

それが、このクロスオーバーってソフトは、Windowsが不要なんですよね。
ためしにWindows用の囲碁の棋譜ソフトをインスコしてみたら、若干グラフィックの色を変な場所もあったけど、全然普通に使えちゃいます。どぇりゃ〜感動です。

まぁ、そんな訳で、まだまだ素晴らしい機能が目白押しなのですが、それはまた思い出したときに。
とにかく、今一番コストパフォーマンスの高いPCじゃないでしょうか。少なくとも、購入後の満足度は最高だと思いますよ(^^)v

| | Comments (0)

November 28, 2008

フツフツ

フツフツと湧くもの。。それは物欲w

久々にアップルストアへ行ってきた。まぁ、現行のラインナップを見るのと、Mac用の譜面ソフトの値段を調べるために。。

んで、色々と見て回ったんだけど、、、
最新のMacBook(ノートパソコン)、めちゃすごい。
トラックパットがまさに最先端。ちゃんとiPod-touchやiPhoneで使われてる技術が反映されてる。
例の日本指で拡大や縮小したり、ページをめくるようにiTunesでアルバムを選んだり。。
(この機能はイメージ的に指の動作とアルバムが動く方向が逆なので違和感があったけど)

そして、やっぱり画面が綺麗。。
我が家にはPowerBookG4の12インチが一台、iMacG3-DVが一台、そして枕元メインのMac-miniG4が一台と、3台のMacがあるけど、やはり最新型のスピードにはかなわない。。当然だけどw

実は12月にiMacを買おうと考えてたわけです。が、型落ちのMacBookProの17インチがめちゃそそるんですよ。。困った、困った(^^;

ここ最近のアップル製品は、やっぱり物欲をそそるものが多く、最新のiPod-nanoも、実に面白い寸法。
でも、やっぱりMacなんですよね〜。。エアーも欲しいけど、まずはメインマシンをもう少し新しいものにしたいし、そもそも部屋から不細工なWindowsマシーンを排除したいし。。

はぁ、、まさに毎年恒例ではありますが、物欲の師走ですな〜。。。
今年買っとかんと、来年はもうなんも買えんかもしれないですからね〜。超不況突入前に、欲しいものは全部買っておこうかしらw

| | Comments (0)