February 01, 2015

ソプラノサックス

去年くらいに買った中古のシリーズ2を使ってます。楽器屋さんをやってる後輩くんが整備して、ラッカーを全部剥いだやつw

学生時代から使ってたシルバーのヤナギサワ(たぶんS-6)は、整備するのに新品より高くなりそうだったので処分。。まぁ、仕方ないですね。。
サックス族の中で一番好きなのがソプラノなんだけど、いまいち使用頻度が少ないのです。
セッションとか行かない(参加する技術がない・・)し、BigBandでも持ち替えの曲が無ければ出番はなし。。。
でも、好きなので今年は少し力を入れたいなと。
そう思ってたら、BigBandではソプラノじゃなくクラリネット持ち替えの曲がどしどしと(^^;
B♭菅つながりって言えばそれまでなんですが、、、いや、それ以前の問題やしw
ところで、マウスピースはアンサンブル時代はS90-180を使ってたんですが、ジャズだと少々吹きにくい。ってことで、学生時代から使ってたヤナギサワの7番をつけてたんだけど、歳のせいか少しきつい(^^;
ってことで、中古度S80-Eを購入。
これにグランドコンサートの3番を合わせると、案外良い感じ。。
もっといろんなマウスピースを試せばいいんだけど、やっぱり高いから(^^;
しばらくはこのセッティングで練習してみようかな(^^)

| | Comments (0)

December 13, 2010

EWI USB

今月はiPadを買おう!

と、心に決めていたけど、2月くらいにマイナーチェンジか何かあるらしい。そう思うと、一気に決心が揺らいでしまいましたw

では、Mac Book Airでも!と思ったのですが、横幅が思ったより大きくて購買意欲激減。。
やっぱりB5サイズのノートはAppleからは出ないかな〜。。

そんな訳で、やり場の無い購買意欲は別の方向へ。
EWI USBを買いました(^^)

以前から欲しかったのですが、なんとなくなじめないかな〜って思って今に至る。。

とりあえず、iMacには問題なく使えます。思った以上に軽く、PowerBookG4にも何の問題も無く使えました。これは素晴らしい!
今年は、やっと作曲にも着手。昔から曲を作りたかったので、その第一歩をやっと踏み出せました。
というのも、やっぱり機材の発達が後押ししてくれたから。
昔では考えられ無いような録音機材が、シミュレーション技術によって凡人でも触ることができる。なんて素晴らしい世の中だろう。

当然、高校や大学時代に憧れたウインドシンセも、当時の価格から考えれば1割〜2割。本当に素晴らしいですね。

で、昨日からちょこちょこ触ってるのですが、やはりキーがセンサーになっているため、サックスと同じ感覚で扱うと誤った音がボンボン出てきます(^^;
慣れるまではしばらく時間がかかりそうですね。

それでも、これを使ったフュージョンっぽい曲を作ってみたいなと。
大学時代の自分に、今持ってる機材を使わせてあげたいですわww

| | Comments (0)

May 06, 2010

ZUL-WOF久々

楽しかったゴールデンウィーク、、、さようなら〜(┰_┰)/


その初日、今年初めて楽器を引っ張りだしてきました。
某所にてゆるやかなセッション大会が有り、それにゆるやかに参加させて頂きました(^^;

久しぶりに吹いた愛しのZUL-WOFちゃん、、、やっぱいい。。すごくいい。。

場所の特性上、フルトーンは出せません。なるべく標準の音量程度からサブトーン気味で吹きます。そのせいか、音色も暴れず、おとなしく吹くことが出来ました。

この楽器、ノンラッカーのせいか響きに遠慮がありません。入れた息がほぼ全部音に変わってしまいます。
そのため、ブレスコントロールが上手く出来ない自分みたいなヘタピーは、フルトーンに近くなればなるほど音が暴れてしまいます。そう、コントロールできなくなっちゃうんですよね〜。

それにしても、購入して1年ちょっと。実際に吹いたステージは5本の指でおつりがきます。なんともったいないこと。。

もっと可愛がらなきゃダメですよね。罰があたります。

自分には音楽があるんですから。。棺桶の中まで音符を持っていこうと思います。。
どんな時も、振り返ったらそこに音楽が有る人生なので。。それなのに、、、

いかんね。。すぐ楽な方へ逃げようとする性格。。。頑張れ自分(^^)/

| | Comments (0)

March 10, 2010

ちまちまDTM

やっとGarageBandの使い方がわかってきた(^^;

ので、曲を作ろうと試行錯誤中。。

とにかく、一曲作ってみようと、ギターやらベースやらまたまた出してきて、ミニ鍵盤で音を探りながらちまちま。。

なんとなく曲っぽくなってきてるんだけど、当初予定していた「かっこいいフュージョン」が「四畳半フォーク」っぽくなってきてるのは気のせいかしら(^^;;

最初にドラムパターンをループから探してきて貼付け。それにベースもループから簡単そうなのを選んでペタペタ。適当にコードを修正。
んで、ギターを繋いでサイドのバッキングを録音。これもループにしてコピペ。
シンセリードでそれらしくメロディーをつけてみた。。
・・・の結果がフォークww

イントロとかくっつけて、もう少し曲っぽくなったら、PowerBookとマイクもってスタジオでサックスをかぶせようと。
う〜ん、楽しいけど難しい。。

ってか、だんだん色々欲しくなるんですよね〜。
まずは、フルサイズのMIDI鍵盤。小さい鍵盤は疲れるんですよ。。どうせならKX8辺りが欲しいですね。
それに、DAWソフト。GarageBandも高機能なんですが、やはり微妙に使いにくい。。
やはりLogicにするかCubaseにするか悩むところ。。まぁ、これはおいおいと。

それより何より、ソフトシンセ。。音源がもう少し欲しいですね。タイコとかベースは要らないけど、せめてDX7の音が。。FM音源シミュレーションのフリーソフトもあるけど、やっぱりちゃんとしたのがね〜。。ぶつぶつ。。
まぁ、とにかく一曲作ってから考えましょうw

どんなできになろうが、初めて0から作る自分の音楽。。。なんか楽しいです(^^)v

| | Comments (0)

February 20, 2010

高まる欲求

凄い勢いでTwitterが盛り上がってる。
特に#twiNAGOYと#team_R40は爆発してるw

そんな中、名古屋のアマチュアミュージシャンと少しずつ交流を持てないかな〜と思ってます。
名古屋に引っ越して来てそろそろ一年。やっぱり楽器を吹きたいな〜って思ってしまいます。

津では本当に恵まれた音楽環境にいたと思います。
恵まれたメンバーと恵まれた練習場所。。自分にはもったいない環境でした。。
しかし、サックスアンサンブルも楽しいのですが、やはり自分はジャズよりの人間。
もっとジャズを演奏できるようになりたいな〜って痛感する訳です。

コードもまともに理解できてないし、スケールもしっかり吹けない。。
それでジャズもへったくれも無いのですが、もう一度ジャズを勉強してみようかなと。。
なんてことを、何度も思いつつ挫折しつつ、はや数十年www

まぁ、ブログ書いてる暇があったら、写譜の一つでもやれ!って話ですが(^^;

幸いにも、今済んでる場所から一番近い練習スタジオが東に地下鉄1駅。そして、たまに行くライブハウスが西に地下鉄1駅。
ありゃ、やっぱり恵まれてるわw

そんな訳で、気分が盛り上がって来た今、やっぱりまたまたジャズを聴いたりするのです。
死ぬまでこの繰り返しなんだろうな〜。。

結局、、、音楽が好きなんですね(^^)v

| | Comments (0)

November 03, 2008

音の楽しみ

音楽関係のことはほとんどmixiに書いてるので、こっちにはあまり音楽の話を書かなくなりましたが、相変わらず騒音を振りまいています(^^;

先月購入したZUL-WOF姫のご機嫌も麗しく、、、、相変わらず「お前はそんなもんか。。ふっ。」と言われてるような気がしてなりません(┰_┰)
まぁ、それでもがんばって吹いてたりします。。

で、今日は松阪まで呼んでいただき、セッション大会に参加してきました。
管楽器はアルト2本だけだったので、もう、目一杯楽しませていただきました。栄養がきつすぎて、少々消化不良ですが(^^;

その方のアルトはアクション80。個人的にセルマーだとシリーズ2の方がジャズ屋さんが好んでるとばかり思ったのですが、なかなかどうして。。
時代的に吹き込まれたアクション80の音に接する機会が無かったのですが、しっかり太い音が鳴ってます。吹かせていただきましたが、想像以上に息の入りが良くて、大変素晴らしい楽器だったと思います。
なるほど。。使い続けて音を鳴らすってのは、こんなことを言うんでしょうね。。

セッティングも同じレイキーの番手違い(私より一番手上)でしたが、私のレイキーより音がクリアだったような気がします。だからと言って音が軽い訳でもなく、吹きやすかったですね〜。

で、ZUL-WOF姫は今日も見目麗しく。。「お前、また同じフレーズかよ。。」と、あざ笑っていらっしゃいました(┰_┰)

でも、本当に随分久しぶりのセッションだったので、めちゃ楽しかったです。
また機会があればお邪魔したいものです。楽器って楽しいですね(^^)
ちなみに、、約20年ぶりで「枯葉」を吹きました。。ほとんど「枯木」でしたが.....orz

| | Comments (0)

October 12, 2008

人生最後のアルト

今日はアンサンブルの練習日。と言っても、贅沢な個人練習だったりしますがw
誰かテナーかアルトかソプラノかバリトン、吹きにこないかな〜(^^;

で、練習終了後はしっかり45分、7km走ってきました。LSD(Long Slow Distance:長い時間、ゆっくりと、長い距離を)
それからシャワーを浴びて晩ご飯。。はい、また味噌汁とカロリーメイト2本でしたw
まぁ、寝る前だから(^^;

と、タイトルに関係ない前振りはおいといて。。

アルトサックスを買いました。まだクレジット会社のものですが、数年後には私のものにw

人生において、よっぽどのマニアでもない限り、アルトサックスを2本以上買う人は少ないと思います。そもそも、2本目を買う人も少ないかも。
私も5年ほど前からアルトを買い替えると言い続けてたんですが、以前にも書いた通り楽器から逃げてましたので。。

で、自分を言い訳のできないギリギリまで追い込んでみたいと思い、今回の購入に至った訳です。

モデルはYAMAHAのYAS-82ZUL-WOF。。。なが(^^;

グレード的にはカスタム875と62の中間に位置する82Zなんですが、それのノンラッカーモデル。はい、すぐ錆びますw
しかも、F#キー無し。普通のアルトサックスの最高音であるF#を出すキーがついてません。でも工夫すれば出るので、特に支障はありませんw
ちなみに写真一番右が、送られてきた時に入ってた段ボール箱です。受注生産モデルらしく箱の型名表示まで手書き("WOF"が手書き)でした(^^;

本当は月曜日に配達されてて、すでにスタジオを借りて吹いてたんですが、メンバーを驚かすために、ブログに書きたいのを”ぐっ”とこらえてました。。
が、、、練習中、誰も突っ込んでくれません
どうも音色が変わったことは気がついてたようですが、様子をうかがってたようですw

さて、その音ですが。。。
参りました。ノックアウトです。人生最後のアルトサックスと言い切れます。とにかく、すごい。。
まず、レスポンスが良い。。息を入れた時の反応が凄いんです。まるで完璧にチューニングされたF1のハンドルのように。。
そして、有り余る余裕。。化け物です。どれだけ息を入れても音を上げません。それどころか「そんなもん?」と言わんばかりに挑発してくる勢いです。
こちらが優しく吹けば優しい音色が、強く吹けば強い音色が。。
ほとんど楽器に試されてるような状況です。

しかも、「買ったその日からビンテージ」と言わんばかりに音がクリアです。クリアなのに、キンキンしない。。この楽器を使い込んだら、いったいどんな音になるんだろう。。

メンバーの875と62とも吹き比べてみたのですが、私にとってはこれが最高です。62Sにせんで良かったかも。。

とにかく、素晴らしい楽器です。きっと吹き手の意思がそのまま音になってしまうんですね。。YAMAHAの本気を見ました。
吹き手がクラシックをやりたければクラシカルな音が、ジャズをやりたければジャジーな音が、演歌を吹きたければ妖艶な音が。。。
個人的には、現在入手し得るアルトの中では最高峰だと思います。

とうとう出会ってしまいました。きっとリーダーが素敵な名前を付けてくれると思いますが、私にとっては本当に最後のアルトになります。。
はぁ、、、出会いって、、、素晴らしい

Img_0035


Img_0040


Img_0042

| | Comments (2)

September 19, 2008

サックスの音

昨夜は久しぶりに名古屋のライブハウスへ音楽を聞きに行ってきました。
お目当てのミュージシャンは「小林美千代」さん。
向井滋春さんのライブで2回ほど聴いたことがある方です。

最近のサックス熱にあいまって、アルトサックスの音を研究したくなり、CDを数枚買いました。
キャンディーダルファー、リッチーコール、小林香織、藤野美由紀、などなど。。
その中に、小林美千代さんのCDもあったわけです。
最初に聞いた印象は意外と悪く(失礼wobbly)、どちらかと言うと小林香織さんの82Zの音にばかり興味がいってたわけです。。

それが、ふと部屋のオーディオ(それまではずっとiPodで聞いてました)で聴いたとき、その印象が一変しました。
なんて素敵な音。丸く、柔らかく、優しい音色。。それでいて、芯があり、輪郭がくっきりしてる。。もしやこれは62の音?それともメイヤーの音??

そうなると、当然生で聴きたくなるわけでして、さっそくHPをチェック。。ありゃ、金山でライブ!!!

ってことで、昨夜に至ったわけです。当然津に帰れませんので、ただいまマンガ喫茶にいますw

さて、昨夜のライブはギターとアルトのデュオ。あまり聞かない編成です。そして、小林さんの音は・・・・
あれ、、マーク7かもw

もう、鬼のようなゴリゴリした音。。CDとまるで違いますnote
デュオでそんな音色使うかな~とも思うのですが、これはこれで面白いんですよね~。不思議。
そういえば、最初に小林さんの音を聴いた時も、「なんてゴリゴリ吹く人だろう!」って印象でした。そっか、CDの方が特別だったんだw

ライブ終了後も気さくに話しかけていただき、お疲れのところを遅くまでお相手していただきました。レコーディングの裏話や楽器のお話、地方でのツアーの話などもして頂き、本当に素敵な時間でした。

まだ全国区ではメジャーじゃないですが、きっとこれから全国でご活躍されることでしょうね。実に楽しみですheart02

それにしても、、ヤマハの62、すげぇ音だな~。。小林さんが使われてるのは、どうも初期型のようです。そう、世界にヤマハのサックスの名を知らしめた名機。。。
私の周りにも何人か現行機種の62を持ってる人がいて吹かせてもらいましたが、やはりどれもすばらしい楽器です。
そして、最近みたHPに、プロの方が何種類かのサックスを吹き比べた音源がありました。。
その中で、一番素敵だったのが、、、、、82ZUL-WOF。。
なんとまぁ、、誘惑の多いことw

さてさて、、どこら辺に落ち着くんでしょうねw

※mixiと同じ内容です

| | Comments (0)

September 02, 2008

恥の上塗り

先日行ったライブの映像。mixiでは編集してごまかしてある、、と言うより、投稿できる映像の長さの関係でカットしてしまいましたが、こっちではノーカットでお届けできてしまいます(┰_┰) 言い訳をするなら、待ってる間にG#キーがくっついちゃって、Bを出そうとしたらB♭が出ちゃったって、まぁ、よくある話です orz とにかく音色が最悪で、音もへろへろ。。。練習不足が丸ばれです。。次回、もう少しまともな映像がお届けできることを目指します。。。とほほほ。。。

でも、ライブってやっぱり楽しいですね~♪

| | Comments (2)

May 30, 2007

トロンボーン

久しぶりに楽器のお話です。

私はサックス吹きです。たぶん(^^;
でも、一番好きな楽器はフルートで、その次がトロンボーン。そしてクラリネットと続きます。ずいぶんサックスに失礼なやつですが、仕方ないです。。
んじゃ、サックスやめれば?
って話になりそうですが、、、、まっ、尊敬する人は?って聞かれて「両親!」って答えるのはおかしい訳で。。おいらにとってサックスは別腹ってことで。
あぁ苦しい(--;

で、今日はこれまた久しぶりにトロンボーンを引っ張りだして吹いてみました。
入院して体力が落ちてからは全然吹かなくなってたんですが、体力も戻ってきたので、また練習しなきゃ〜って感じで。

楽器自慢もずいぶん昔に書いたのですが、おいらの楽器は大好きな向井滋春さんの選定品。KINGの3Bです。良い楽器ですよ〜!
って、みんなが誉めてくれます。。私にはまだ楽器本来の音は出せませんが。。

で、ベルにもケースにもサインを書いてもらってます。ミーハーですよね〜。

トロンボーンって、本当に難しい楽器なんですよ。なんたって、正しい音程は自分で見つけなきゃいけないんですから。
もちろん、サックスをはじめ、他の楽器も正確なピッチの調整は自分でやるんですがね。トロンボーンの場合はその指標になるものがすでに存在しないんです。。
スライドの位置と口で倍音を変えることで音程を変える訳ですが、そのスライド上のどこにも目印なんて無いんですよ。
木管なら指使いで音を半音刻みで変えることができるし、トランペットとかの一般的な金管楽器でも、ピストンの組み合わせで変えることができます。

しかし、トロンボーンだと、一応目安として7つのポジションがあるのですが、、、そのポジションを師匠に習ったときも「はい、そこらが第2ポジション。もう少しのばして、、そこらが第3ポジションかな〜」ってな具合です(^^;
それがトロンボーンの魅力的な不思議さを醸し出してるんでしょうね〜。

さら〜に、難しい問題が。
普通の管楽器は譜面上の音と楽器から出る音が違うものがほとんどなんです。わかりやすく言うと、楽譜でドが書いてあって、普通のクラリネットでそのままドを吹くと、出てくる音はピアノのシのフラットと同じ音がでます。また、テナーサックスもそうですし、アルトサックスだとミのフラットがでます。面白いでしょ?

なんで?って思った人は自分で調べてくださいな。不親切ですんまそ。。

だから、トロンボーンもドを吹くとシのフラットが出るんですが、なぜか楽譜ではシのフラットと書くのです。
頑張ってついてきてくださいね(^^;
つまり、トロンボーンの楽譜でドって書いてあれば、ピアノで出すドと同じなんですよ。ところがトロンボーン奏者はその楽譜を見てレのポジションで吹くんです。
振り落とされた方、、別にそれで普通ですので悩まないで下さいね〜。

とまぁ、そんなややこしい楽器ですが、個人的には全ての管楽器奏者はトロンボーンを練習すべきじゃないかと思ったりもします。少なくとも木管奏者は。
金管奏者だと、似た楽器なため、本業に支障を来す可能性があるので。。

なんでかって言うと、やっぱり正確な音感が必要とされるため、自ずと正しい音感が身に付くからです。
木管奏者は指の組み合わせでほとんどの目的の音程が出せちゃうもんだから、けっこう細かいピッチに対する感覚が薄いんですよね〜。。って、俺だけか(^^;

まぁ、そんなこんなで、今日は久々にトロンボーンの練習をして満足満足♪

| | Comments (5)